スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

安全じゃなくてもおいしい食品

 2012-03-18
Picture1_20111112135036.jpg

REPORT AIR DATE: March 13, 2012

Fukushima's Food Fallout: Testing Groceries for Radiation in Japan
福島の食物降下:日本の放射能商品検査


Watch Testing Groceries for Radiation in Japan on PBS. See more from PBS NewsHour.




NewsHour science correspondent Miles O'Brien has been reporting on the continuing concerns in the region, including fears of contamination.
ニュースアワー科学部門の特派員、マイルズ・オブライアンが、汚染に対する恐れを含む、その地域の止まない懸念について報告してくれました。


Tonight, how Japanese citizens are grappling with very real questions about farming and food safety.
今夜は、日本の市民が、農業や食の安全についてのとても本質的な疑問とどんなに格闘しているのか、と言うことについてお伝えします。


MILES O'BRIEN: In his barn, rice farmer Toshiyuki Nishiyama has all the latest gear get the job done. This planter will sow six rows at a time, but these days his farm machines are in mothballs and his fields lie fallow.
マイルズ: 納屋の中には、農家のニシヤマ・トシユキの仕事をこなすための最新の器具全てがあります。この種まき機は、1度に6列の種をまきます。しかし、ここの所、彼の農機具は長い間保存されたままで、農地は、作付けされていません。


Toshiyuki and his wife, Fumiko, are back home alone in the village of Kawauchi, about 13 miles from the Fukushima Daiichi nuclear power plant. The village is not officially in the mandatory evacuation zone, but it is contaminated with cesium fallout, and the farmers were told not to plant their rice fields. So the place is all but abandoned.
トシユキさんとその妻、フミコさんは、福島第一原発か約13マイルの川内村の家に2人きりで戻っています。その村は強制避難地区ではありませんが、セシウムの降下で汚染されていて、農地に作付けしないように言われています。なので、その場所は完全に人気がありません。


"I was born and grew up here," Toshiyuki told me. "But this land and these houses are inherited for generations. We have to protect them. So we can't help but return."
私はここで生まれ育ちました。トシユキさんは、私に話しました。「この土地と、これらの家々は、何世代にも受け継がれてきました。それを守らなければなりません。なので、帰って来ずにはいられないのです。」


But it is not easy living here now. The Nishiyamas drive more than an hour just to stock the fridge. And everywhere they turn, they are reminded of happier times, when they measured their children's height on this door frame.
しかし、ここに今住むのは容易ではありません。ニシヤマさんは、冷蔵庫のものを蓄えるのに1時間以上車で行かなければなりません。そして振り返る所どこもが、幸せだった時代を思い出させるのです。子どもたちの身長を刻んだ柱時の。


Picture.jpg


So this is?
では、これが?


They showed me pictures of them and the grandchildren, all gone now because they do not believe it's safe to live here anymore, for fear of radiation contamination in the air and in the food. In food, radiation contamination is commonly measured in a unit known as Becquerels. The government here initially set the limit at 500 Becquerels per kilogram of food, but there is talk of lowering it to 100. The limit in the U.S. is 10 times higher.
彼らは私に自分と孫たちの写真をみせてくれました。ここが住むのに安全であるとはもう信じられず、皆出て行ってしまいました。空気中、食物の中の汚染が怖いのです。食物につていは、放射能汚染を一般的にベクレルという単位で測ります。日本の政府は当初、1kgの食品につき500ベクレルの限界値を定めましたが、100まで下げるという話があります。アメリカでの限界値は、その10倍です。


"The stricter standard is indispensable for everyone to feel safe," Toshiyuki told me.
「より厳しい基準は、皆が安全だと判じるために不可欠です。」とトシユキさんは話しました。


But the confusion about what levels are truly safe has triggered widespread unease all over Japan. People are skeptical of government assurances the food is safe. And so an ad hoc cottage industry of radiation testing services is filling the void.
しかし、どのレベルが本当に安全なのか、という混乱は、日本中に不安を広げることになりました。人々は食品が安全だという政府の保証に懐疑的なのです。なので、放射能検査事業がその隙間を埋めています。


Picture6_20120319144538.jpg


Business is robust at this testing facility in Kashiwa, a hot spot at the outskirts of Tokyo. The manager says they have measured food with several hundred Becquerels of contamination.
ビジネスは、柏の検査場で活気付いています。柏は東京郊外のホットスポットです。マネージャーは、数百ベクレルを含む食品を測定している、と述べました。


Yuka Sasaki came here to test some fruit from the place where her son's kindergarten class was headed on a strawberry-picking field trip. It turns out the berries were safe and the trip was a go.
ササキ・ユカさんは、息子の幼稚園がイチゴ狩りでとってきたものを検査しにここに来ました。そのイチゴは安全だと分かり、イチゴ狩りは大丈夫だった、ということがわかりました。


Picture7_20120319144538.jpg


"Those who have little kids or grandchildren are careful about milk, mushrooms and some other foods," she said.
「小さい子供や孫がいる人々は、、ミルク、きのこ、他のいくつかの食品に注意しています。」と、彼女は話しました。


At this store in Tokyo, they are promoting produce grown in Fukushima, but they claim it is all tested for radiation. Cesium readings are posted right beside the price. Manager Motoi Kitazawa says it is the right thing to do for farmers enduring such hardship.
東京のこのお店では、福島の産物を促進販売しています。しかし、全ての放射能検査をしていると主張します。セシウムの測定値は価格のすぐ横に掲示されています。マネージャーのキタザワ・モトイさんは、困難に耐えている農家の人達のために、こうすることが正しいのだ、と言います。


Picture8_20120319144538.jpg



"Most crops read below 10 Becquerels. Actually, measuring radiation, we realize there are not so many reading high radiation. So it's really important to inspect and release information. Then farmers can confidently ship their crops and customers can feel safe to buy them. I hope this kind of effort spreads."
「ほとんどのものが10ベクレル以下です。実際に放射能を測ってみると、高い値を測定するものはそんなに多くありません。なので、調査し、情報を公開することが、本当に大事なのです。そうすれば、農家の人達も自分たちが収穫したものを自信を持って出荷でき、消費者も、購入するのに安全だと感じることが出来るのです。


But Sachiko Sato is not so sure. She channeled her worries into a nonprofit in Fukushima City that sells produce she purchases from outside the region. When a shipment comes in, as these dry radishes did on the day we met, she walks a few blocks to a testing center to ensure they are okay to eat. Turns out these were harvested before the meltdown and most certainly safe, so they were fine to put on the shelves.
しかし、サトウ・サチコさんは、はっきりと分かりません。彼女はが購入している他の地域からの産物を売っている、福島市内の非営利団体にも心配な気持ちを向けています。私が彼女にあった日は、乾燥大根が入ってきたのですが、食べても大丈夫かどうかを確信するために、数ブロック先に検査場まで足を運びます。それは、メルトダウンの前に収穫されたものだとわかり、確かに安全なので、棚に並べてもよい、と言うことが分かりました。


Do you think it's not safe to buy food at a typical market right now?
今、普通のスーパーで食品を買うのが安全ではないと思いますか?


"I think food in the market is not safe," she said. "If they're inspected and data are released to the public, I would feel safe. I'm concerned because an inspecting system has not been established yet."
「スーパーの食品は安全ではないと思います。」と、彼女は言いました。「検査がされて、データが公表されていれば安全だと思うでしょう。検査のシステムが確立されていないので心配なのです。」


That's why Jinko Iseki shops for her children here.
なので、イセキ・ジュンコさんは、子供たちのためにここで買い物をするのです。


"I'm concerned," she said. "I can't trust the safety standards set by the government."
「心配です。」と彼女は言います。「政府が定めた安全基準が信用できないのです。」


Many here believe the government is placing business interests over people's health. It turned Ryoko Sashizaw and her American expat husband, David Sydney Moore, into radiation testing activists.
ここの多くの人達は、政府が人々の健康より、ビジネスの利益を優先していると思っています。そのことで、リョウコさんとアメリカ人の夫、デイビットさんを、放射能検査活動家になりました。


Picture10_20120319144537.jpg


DAVID SYDNEY MOORE, American: Two-inch sodium iodide, NaI, thallium-doped, scintillation probe.
デイビット: 2インチのナトリウム、ヨウ素化、ヨウ化ナトリウム、 タリウム添加物、閃光放射 探針。


MILES O'BRIEN: They've spent more than $5,000 on sophisticated radiation sensors and began testing their Tokyo neighborhood of Suginami for hot spots, bringing contaminated soil back home, because there's no place to legally dump it.
マイルズ: 彼らは、5000ドル以上も高級な放射能センサーに使い、東京杉並の近所のホットスポットの検査を始めました。汚染された土は家に持ち帰ります。合法的に捨てられる場所がないからです。


There's no place to put it?
置き場がないのですか?


RYOKO SASHIZAW, Tokyo, Japan: No. Yeah.
リョウコ: ありません。ええ。


MILES O'BRIEN: But it's okay. . .
マイルズ: でもそれでよいのですか?

MILES O'BRIEN: Right? That's what you hope.
マイルズ: でしょ?それが望んでることですね。


DAVID SYDNEY MOORE: Now we have got 1,238 followers.
デイビット: 今では1238名ものfollowersがいます。


MILES O'BRIEN: They started posting their readings on a Facebook page. And now people send them a steady stream of soil and food to test. He says food from Fukushima should be banned entirely, the farmers compensated for their losses.
マイルズ: 彼らは、フェイスブックに測定値を掲載し始めました。そして今では人々が常に土や食べ物を検査のために送ってきます。福島からの食べ物は、全て禁止し、農家には損害賠償するべきだ、と彼は言います。


DAVID SYDNEY MOORE: The only thing to do is to cut the product from the market 100 percent until we can guarantee a certain amount of stability.
デイビット: ある程度の量が安定してくるまで100%市場から産物を市場からなくしさえすればよいのです。

Wow. Do you want to play something or do you want to watch something?
ワォ。何か遊びたいの?それとも何か見たいの?


MILES O'BRIEN: For now, they are feeding their young boys purified water, rice harvested before the meltdown, and food they feel certain is safe.
マイルズ: 今自分の小さい息子たちには、浄化水を飲ませ、メルトダウン前に収穫された米と、確実に安全だと思われる食物だけを食べさせています。


RYOKO SASHIZAW: We are unusual. We -- I don't know anybody else who spends as much time, labor and money as we've done around us.
リョウコ: 私たちは普通とはちがいます。ほかの人たちが、私たちがこうしているのと同じくらいの時間、労力や出費を費やしたりしているのかはわかりません。


MILES O'BRIEN: Yes. Worth it?
マイルズ: そうですね。そうする価値がありますか?


RYOKO SASHIZAW: Yes, yes, because adults need to do it. Adults, we're responsible.
リョウコ: はい。大人はそうする必要があるからです。責任があるのです。


MILES O'BRIEN: But the stress has taken a toll, and they will soon be moving back to the U.S.
マイルズ: それでもストレスが大きく、彼らはもうすぐアメリカに戻ります。


So how long will people in Japan be dealing with this problem? Many farmers here were dismayed to learn crops that did not have any direct contact to the Fukushima fallout were still too tainted to be brought to market.
それでは、日本では人々がどのくらい長い間、この問題を抱えているのでしょう。多くの農家のひとたちは、福島の放射性降下物に直接関係していなかったのに、市場に出されるには汚染がひどすぎるを知り、失望しました。


KATHRYN HIGLEY, Oregon State University: They were a little bit surprised at how much of the cesium translocated from the old leaves into the new growth, particularly in the tea leaves.
キャサリン、オレゴン州立大学: 古い葉から新しく育っているものにセシウムがどれだけ移動していることに少し驚きました。特にお茶の葉です。


MILES O'BRIEN: Radio ecologist Kathy Higley is reading Fukushima tea leaves at Oregon State University. She studies how radionuclides move through the environment.
マイルず: 放射能生態学者のキャサリンさんは、オレゴン州率大学で福島のお茶の葉を測っています。彼女は、放射性物質が環境を通してどのように移動するのかを研究しています。


Picture15_20120319144536.jpg
(ちなみにこの方は、太平洋から流れて着く瓦礫に放射能汚染の心配はありません、と発表した人です。)


KATHRYN HIGLEY: When the initial releases occurred, the radionuclide contamination fell to the ground and it contaminated the old, mature plants, the old, mature leaves, if you will. And later on, as the weather warmed up and you started getting new growth, what they found in the tea leaves was that the new growth was also contaminated.
キャサリン: 最初に(放射性物質)が放出されたとき、汚染は土地に落ち、古く、成長していた植物、古くて育ちきった葉を汚染しました。そしてその後に、気候が暖かくなり、新しい芽が育ち始めました。お茶の葉から分かったことは、新しく育っているものも、やはり汚染されていたと言うことです。


MILES O'BRIEN: Whatever the mechanisms, Toshiyuki Nishiyama is not waiting for the soil to be safe enough for rice. He and some of the others who used to farm here are thinking of building greenhouses to grow vegetables hydroponically.
マイルズ: それがどんなメカニズムであろうと、ニシヤマ・トシユキさんは、土が米のために十分に安全になるのを待っています。彼や、ここで農業をしていた何人かの人達は、グリーンハウスを立てて、水栽培で野菜を育てることを考えています。


"I believe everyone is angry about this situation because our lives are devastated," he told me. "It's furious anger, but how can we express our anger?"
「皆、この状況に腹を立てていると思います。私たちの生活は荒廃してしまったのですから。」


And fully aware of the irony, he took me to another barn to show me this: the bags of rice this lifelong rice farmer had to buy at the market.
本当に皮肉なことに、彼は私を他の納屋に連れて行き、これを見せました。: 生涯の米農家が市場で買わなければならなかったものです。







いろいろな国の基準
table1.jpg


カナダ緊急時の基準
Picture1_20120319141645.jpg


日本の新しい基準
Picture22_20120319141644.jpg



こんなに基準に差があるというのは・・・


そもそも、それぞれの国は、どんな根拠があって、定めているのでしょうか???

ICRPの基準が、原子力業界の圧力で、科学的根拠が無く定められているのなら、

結局、許容できる基準というのは、各自の主観で、それぞれが決めるしかないのでしょう。



市場にでている食品全てに測定値を提示し、

毎日の空気中の線量とともに

それを皆が生涯記録し、

健康状態の経緯と総合的にデータを取らなければ、


結局のところ、

何も証明できないのでしょう。



でも、そんなことまでしなければ、

原子力を廃絶することもできないのだとしたら、



なんとも悲しいことです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/719-57f049f0

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。