スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

津波で流された瓦礫の受け入れ体制整う

 2012-03-15
globe_and_mail_logo.jpg

The Canadian Press

Date: Thursday Mar. 15, 2012 12:34 PM ET

Japan seeks Tofino’s help in the aftermath of the tsunami
津波の後で、トフィーノの助けを求める日本



sunny dhillon
VANCOUVER- From Monday's Globe and Mail
Published Sunday, Mar. 11, 2012 9:22PM EDT
Last updated Wednesday, Mar. 14, 2012 10:46AM EDT


As they kept one eye on Japanese ceremonies honouring thousands of people killed in last year’s earthquake and tsunami, residents of the Vancouver Island community of Tofino also watched the shore, where debris believed to be from the disaster continues to wash up and recently prompted a plea from consular officials.
去年の地震と津波の何千もの犠牲者に敬意を称す式典を片目で見続けている一方で、バンクーバー島のトフィーノの住民は、その災害からの瓦礫が打ち上げられるとされている海岸を見つめていました。そして、そのことは最近、領事館からの嘆願を促す事になりました。


Tofino mayor Perry Schmunk met with the Japanese consul-general just over one week ago. Mr. Schmunk said the consul-general, who is based in Vancouver, had a request for residents and visitors of Tofino, as well as nearby communities.
トフィーノのPerry Schmunk市長は、1週間ほど前に日本領事と会談しました。Shmunk氏は、バンクーバーの領事が周辺の地域に対してと同様、トフィーノの住民と旅行者に対して要望があったのだ、と述べました。


“Over the next year or two, we are inevitably going to see more stuff come ashore,” Mr. Schmunk said in an interview. “In the event that it is from Japan, that it is traceable in any way - like a unique mark, name, photo - his message to us is that they will make every effort possible to get this material back to the people affected by the event.”
「来年、再来年にかけて、さらに多くのものが海岸にやってくるのを見ることは避けられません。」とSchmunk氏はインタビューで話しました。「日本からの流れてきたもので、どんな形でも痕跡をたどれるもの-ユニークな印、名前、写真のような- は、被災した人々にあらゆる努力をして返すつもりであると事を伝えられました。」


Debris believed to be connected to the disaster has been washing up on Tofino’s shores since late last year. Lumber and bottles featuring Japanese characters were among the first items to be spotted, and the mayor himself soon found a sock and toothbrush with similar markings.
その災害に関連していると思われる瓦礫は、去年の暮れから、トフィーノの海岸に打ち上げられています。日本語のような特色のある木材やボトルが最初に見つけられたもので、市長自信も間もなく同じようなマークのついた靴下や歯ブラシを見つけました。

web-jean-paul-f_1383943cl-8.jpg
Jean-Paul Froment holds debris that washed up on beaches near Tofino, Vancouver Island. Froment has found and catalogued various items including empty plastic Japanese drink bottles and Japanese-stamped wood, possibly from the first wave of debris created by Japan's March earthquake and tsunami.
Deddeda Stemler/The Globe and Mail



Last week, a large grey barrel was discovered on the sand. The Japanese lettering indicated it once held some type of seasoning.
先週、砂浜で大きな灰色のたるのようなものが発見されました。日本語の文字は、それが、かつては何かの調味料が入っていたものだと示していました。


A connection between the items and the tsunami has not been confirmed, a fact the mayor is quick to point out. None of the items discovered so far is believed to be of great significance.
それらのものと、津波との関係はまだ確証されていないのだと、市長は指摘しました。発見されたどれもが、今のところ重大なものとは思われていません。


Terry Lake, B.C.’s Environment Minister, said the province in the past few weeks made preliminary contact with the Japanese consulate about the tsunami debris.
BC州環境相Terry Lake大臣は、ここ数週間、津波からの瓦礫について、日本領事にあらかじめ連絡をとっていたのだと話しました。


“We’re working with the Japanese consul-general to make sure that we have processes in place that are sensitive to the people that did lose their property,” Mr. Lake said. “Some of these will have high emotional value. We want to make sure that we handle any debris with sensitivity, to make sure that people in Japan who have lost these items will feel they’re being well looked after by people finding it.”
「わたしたちは、日本の領事と協力し、自分たちの財産を失った人々にとって、取り扱いに慎重を要する対応を確実に講じます。」と、Lake氏は述べました。「これらのうちいくつかのものは、とても心情的に価値の高いものでしょう。私は、あらゆる瓦礫を大切に扱い、それらのものを失った日本の人々が、それを見つけた人々に丁寧に扱われたと感じてもらえるよう、念を入れます。」


The province has also been in touch with the consul-general about what to do in the unlikely event human remains wash ashore.
そして、あまりないとは思われる人々の遺体が打ち上げられたときの対応方法についても、領事に連絡を取っていました。


The consul-general could not be reached for comment Sunday.
日曜日に、領事からのコメントをとろうとしましたが、連絡がとれませんでした。


Provincial and federal officials have formed a tsunami debris committee to ensure all ministries and governments understand their roles and responsibilities. The committee is also working with the U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration.
州政府とカナダ政府は、全ての省庁と行政が、それぞれの役割と責任を確認するために、津波瓦礫委員会を結成しました。この委員会はまた、アメリカ海洋大気庁とも協力しています。


Mr. Lake said the committee is still in its early days, but anyone finding debris that appears to be valuable can report the finding through the provincial Ministry of Environment’s website. That information was only posted online Friday, and Mr. Lake said no reports have yet come in.
委員会はまだ初期の段階である、とLake氏は話しましたが、明らかに貴重なものであると思われる瓦礫を見つけた人が誰でも発見物を環境省のウェブサイトを通して報告する事が出来ます。情報は、金曜日に掲示されます。Lake氏によると、まだ報告は何もあがってきていないとの事でした。


A protocol on how to handle the material has not been established.
発見物の取り扱い規定についてはまだ作成されていません。


Mr. Lake said the vast majority of debris is expected to arrive in 2013, though that doesn’t mean some of it can’t wash up sooner. Just how much will reach B.C. or U.S. shores remains to be seen.
2013年に、大量の瓦礫が漂着すると予測されているのだ、とLake氏は述べました。しかし、いくらかのものが、それより早く打ち上げられることがない、ということではありません。どの位のものがBC州やアメリカの海岸に達するかというのは、まだ知られていないのです。


Because of the nuclear accidents that occurred in Japan last March, samples of the debris will be tested for radioactive contamination. The committee has said the risk of contamination is slight. Testing methods - as with many other elements in the Canadian response -are still being determined.
去年3月に起こった原発事故のため、瓦礫のサンプルの放射能汚染についての検査が行われます。委員会は、汚染の危険性は取るに足らないものだ、と話しました。検査方法は-カナダの対応においては他の多くの要素もあるので-まだ決定されていません。


“From everything I know, we’re in uncharted territory,” Mr. Schmunk said.
「全て分かっている事からしても、まだまだ未知の領域なのです。」と、Schmuck氏は言いました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


B.C., coastal states united on plan to clear tsunami debris
津波瓦礫かたづけにBC州とアメリカ沿岸州が団結


JAMES KELLER

VANCOUVER- The Canadian Press

Published Wednesday, Mar. 14, 2012 10:46AM EDT
Last updated Wednesday, Mar. 14, 2012 9:17PM EDT


web-debris_jpg_1384765cl-8.jpg
A woman kneels near a pile of debris while offering prayers in the earthquake and tsunami devastated city of Rikuzentakata, Iwate prefecture, northeastern Japan, Sunday, March 11, 2012.
Koji Sasahara/AP



As the massive field of lumber, refrigerators, fishing boats and other wreckage from last year’s Japanese tsunami drifts across the Pacific Ocean, state and provincial governments along coastal North America are planning what to do when pieces of the devastation arrive on their shores.
木材、冷蔵庫、漁船、そのほか、去年の日本の津波からの大量の漂流物が太平洋を渡っています。北米の海岸沿いのアメリカ、カナダの州政府は、自分たちの海岸にその荒廃の断片が漂着したときにどうするべきかの計画を立てています。


The governments of British Columbia, Washington state, Oregon and California agreed this week to work together on a plan for tsunami debris, which experts believe could begin washing ashore in Canada and the United States later this year or early 2013.
BC州、ワシントン州、オレゴン州とカリフォルニア州が、今週、津波瓦礫の計画に共同で取り組むことに同意しました。専門家によると、その瓦礫は、今年の後半か、2013年にカナダとアメリカの海岸に打ち上げられ始める考えられています。


Each of those jurisdictions has already started working on its own local plans for potential tsunami waste, from cleaning up wreckage to returning anything of value to Japan, and this week's agreement aims to co-ordinate those efforts.
それぞれの管轄で、漂流物の片付けから、あらゆる貴重なものを日本に返却することに至るまで、可能性のある津波の廃棄物のための各々の地域での計画は、すでに動き出していました。そして、今週のこの合意は、それらの取り組みを、調整するものです。


“What we’re trying to do is get us all sharing the same information so we’re able to leverage the resources of the entire coastal community to be able to talk to our local jurisdictions about here’s what you can expect, here’s some misnomers about what you may have heard and here’s what you might want to do,” said Kelly Huston of the California Emergency Management Agency.
私たちがしようとしているのは、皆が同じ情報を共有し、自分たちの管轄地区で、何が予測できるのか、耳にすることについて、何が誤っているのか、そして、何をしたいのか、などについて話ができるように、沿岸地域全体の情報源を活用することができるのです。」とカリフォルニア緊急管理庁のKelly Hustonは述べました。


“Our biggest challenge is that people don’t know what to expect.”
「最も大きなチャレンジは、皆が何を予測すればよいのか分からないことです。」


As much as five million tonnes of debris were swept into the ocean off Japan last March when a magnitude-9 earthquake and resulting tsunami destroyed entire communities, killed 19,000 people and led to a nuclear crisis at the Fukushima Dai-ichi power plant.
去年の3月に、マグニチュード9の地震が起き、それにより津波が全地域を破壊し、1万9000人の犠牲者を出し、福島原発の放射能危機を導いたとき、5百万トンもの瓦礫が、日本から沖へ流されました。


Much of that waste likely sank immediately, but more than one million tonnes is believed to be floating in the Pacific Ocean. Researchers at the University of Hawaii have estimated that only one to five per cent of debris still in the ocean could reach North America.
そのほとんどの廃棄物は、すぐに沈んだと思われますが、百万トン以上は、太平洋を漂流していると思われています。ハワイ大学の調査員たちは、海に浮かんでいる瓦礫の1-5%だけが、北米に到達する可能性がある、と予測しました。


CTV_tsunami_house_adrift_ap_file_120229.jpg



Water bottles, buoys and other debris with Japanese markings have already been reported washing ashore on the west coast of Vancouver Island and in the United States, but none has been confirmed to be from the tsunami. Experts have said some may have other sources, such as fishing vessels at sea, or may have floated away from Japan before last March.
水のボトル、浮き、日本語が記されたほかの瓦礫が、バンクーバー島やアメリカの西海岸に打ち上げられたことがすでに報告されていますが、そのどれもが、津波からのものとは確証されていません。専門家は、漁船のような、他からのものであるかもしれないし、去年の3月以前に日本から流されたものかもしれない、と話しました。


This week’s agreement lists three areas for collaboration: communicating information about the tsunami to the public, ensuring beach cleanups are done safely, and attempting to return anything of sentimental value to Japan.
今週取り交わされた合意は、協力体制に3つ点がリストされています。
1.津波についての住民へ情報の伝達する
2.浜辺の清掃が安全に行われることに念を入れる
3.心情的なものは全て日本に返却するよう試みる


Mr. Huston said the largest area of concern is educating the public about what to do if they come across potential tsunami debris.
最も懸念されている点は、もし、津波瓦礫に出くわしたら、どうすればよいか、ということを教育することだと、Huston氏は話しました。


“It’s not going to be first responders that are finding this debris, it’s going to be the general public,” he said.
「瓦礫を見つけるのは、救急隊員では無いのです。それは一般市民なのです。」と言いました。


“If you see something that looks hazardous, don’t touch it, or give us a call, and if you find something that looks like it’s of value to people in Japan, let us know, as well.”
「もし、危険なように見えるものを見つけたら、触れてはいけません。私たちに電話をしてください。そして、もし、日本の人にとって価値のあるように見える物をみつけら、やはり私たちに知らせてください。」


Part of that education will be dispelling the myth that tsunami debris will be radioactive. Mr. Huston said it's almost impossible that would be the case despite the attention paid to the Fukushinma nuclear crisis.
教育の一環としては、津波瓦礫が放射性である、という神話を振り払うことでしょう。Huston氏は、福島放射能危機が注目されているけれど、この場合はほとんどあり得ないだ、と言います。


He said too much time has passed since the tsunami and most of the debris wasn’t from the area around the damaged nuclear plant.
津波からあまりにも長い時間が経過していて、ほとんどの瓦礫が損傷した原発周辺からのものではないのだ、と述べました。


Local authorities are being urged to clean up most debris as they would any other wreckage.
地域の行政は、他の漂流物と同様にほとんどの瓦礫を片付けるように、説得されています。


Dianna Parker of the National Oceanic and Atmospheric Administration, which is co-ordinating the federal government response in the U.S., said the public will be urged to take special care if they encounter something intact that could have sentimental value to someone in Japan.
アメリカ政府の対応を調整しているアメリカ海洋大気庁のDianna Pakerは、日本の誰かにとって、心情的に貴重である可能性のある無傷のものについては、特別な配慮をするよう、促がしています。


Picture1_20120316154614.jpg



“We’ve been working closely with the Japanese government, and they’ve expressed interest in helping return any items that can be traced back to a person,” said Ms. Parker.
「日本政府とも親密に取り組んでいます。彼らは、痕跡のあるものを人々に返すために協力する趣向を表明しています。」と、Parkerさんは言いました。


“It would have to be really clear whose property it was and that it came from the tsunami, and if all those factors are there they are asking whoever found it to report it to the local authorities and the authorities can work with the Japanese consulate to help return the items.”
「津波から流れてきたとしたら、それが誰の所有物だかは明らかでなければならないでしょう。そして、聞かれていいることが全て一致したら、それを見つけた人は誰であっても、地域の行政に報告してください。彼らは、日本領事と返還することに協力できます。」


Even when debris does wash ashore, Ms. Parker said it may not be possible to pinpoint what actually came from the tsunami, especially if wreckage has broken apart at sea.
瓦礫が打ちあがったとしても、それが実際に津波からのものだとはっきり分からないかもしれない、とParkerさんは言います。特に、漂流物が海でばらばらに壊れてしまっていたとしたら。


“It’s very difficult to fingerprint debris back to a source,” she said.
「持ち主を特定するのはとても難しいのです。」


“We’ve been hearing reports of debris and buoys washing up on the West Coast already, and from our perspective, it’s difficult to tell where those buoys came from. Those types of things wash up from Asia all the time.”
「瓦礫や浮きがすでに西海岸に打ち上げられたと聞いていますが、私たちの見解では、それらの浮きがどこから来たのか特定するのは難しいのです。それらようなものは、アジアから常に打ち上げれています。」






海水の汚染度は、日本の福島沖沿岸でも驚くほど高くなく、ほとんどが、海底に沈んでいると言うデータもあるので、おそらく、瓦礫の汚染度はかなり低い、というのは本当なのかもしれません。


それでも、海流にぐるぐる回されて、なかなか沖に放射性物質が流れないように、瓦礫も同じ場所でぐるぐる回っていたかもしれない、など、いろいろな、今は考慮されていない自然的要因があるかも、知れません。

ガンダーセン氏が言っていたように、 爆発当初、風が海に向かって吹いていました。まさに瓦礫が陸から流され始めたときに、放出された大量の放射能物質の70%以上はその、海に向かって漂っていたのです。


いずれにしても、漂着したところの自治体が処分しなければならないのであれば、


安全であることを確証するためにも、検査は必要でしょう。


これこそ、「国際的広域瓦礫処理」ですね



確か1kgあたり100ベクレル以上のものは、放射性廃棄物として、特別な施設に厳重管理される、と言うのが、国際的な原則だったはずですので、日本の、8000ベクレルまで埋めてもよい、などという妄想をどうか取り入れないように願うばかりです。。。

それにしても、行きあたりばっかりの日本の対応とは違い、かなりPROACTIVEであることを、評価したいです!
(って、当たり前のことなんですけど。。。ね。)


その調子で、海産物、日本からの輸入食品についても、


GO! 





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/714-964317fd

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。