スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「Inside the Meltdown」製作者に聞く

 2012-03-05
Picture1_20111203153330.jpg


When the Dosimeters Were Screeching
線量計が叫びだしたとき


By MARK MCDONALD| March 4, 2012, 9:32 am

HONG KONG — Next Sunday will mark all manner of anniversaries in Japan, one-year remembrances of death, fear, survival, suffering, chaos, anger.
香港-今度の日曜日は、日本で、死、恐怖、生存、苦難、混乱、怒りの全てを追悼する一周忌を刻みます。


The one-two punch of the earthquake and tsunami in Japan on March 11, 2011, killed nearly 20,000 people. But nobody has died — not yet — from the alarming events at the Fukushima Daiichi nuclear plant. Cancer comes later.
2011年3月11日の日本での1.2回の地震の打撃と津波で、2万名に近い人々が亡くなりました。しかし、まだ、福島第一原子力発電所からの死亡者は出ていません。癌が、後にやってきます。

中略 ~Omission~

“I must admit when I started reporting this film I expected the story to be about radiation deaths,” said Dan Edge, the filmmaker. “It just isn’t the case, at least not yet.
「私がこのフィルムをレポートし始めたとき、これが、放射能による死についての話になるだろう、と思っていたことは認めなければなりません。」と、「インサイド・the・メルトダウン」の製作者であるDan Edgeは述べました。「そうではなかったのです。少なくとも、まだ。」


About 100 people were exposed to dangerous and possibly carcinogenic levels of radiation, the film says.
約100名が、危険で、おそらく発癌するレベルの放射能を浴びたのだ、とフィルムは語ります。


“Our reporting suggests that, given the crisis and the extreme conditions over the first few days, radiation doses among the workers were handled carefully by Tepco and their affiliates,” said Mr. Edge, referring to the Tokyo Electric Power Co., which operated the reactor complex.
「私たちのレポートは、それを示唆します。最初の数日間にわたる危機と、極度の状況のため、作業員の放射線被曝量は、東電とその関係機関により、注意深く扱われたのです。」と、Edge氏は言いました。


中略(ドキュメンタリーのあらすじ)~Omission~


The current prime minister, Yoshihiko Noda, acknowledged on Saturday that the government shared the blame for the Fukushima disaster. In remarks reported by my colleague in Tokyo, Hiroko Tabuchi, Mr. Noda said officials had been blinded by a mistaken belief in Japan’s technological infallibility.
現在の主相、野田佳彦氏は土曜日、福島の惨事は政府も責めを負うところだ、と認めました。私の東京の同僚である、タブチ・ヒロコが言うには、日本の技術が絶対なものだとう、間違った信頼が、物事を見えなくしてしまっていたと述べた、とのこと。


Two of Japan’s 54 nuclear reactors are still operating, Hiroko writes, with many local communities resisting Mr. Noda’s push to restart the ones that are shut down.
日本の54機の原子炉のうち、2機がまだ稼動しているのだ、とも書いています。多くの地元は、野田主相が停止しているものを再稼動するのを押し進めていることに、抵抗してる、と。


Another colleague in the Tokyo bureau, Martin Fackler, recently reported that an upcoming postmortem on Fukushima will describe “how Japan’s response was hindered at times by a debilitating breakdown in trust” among Mr. Kan, Tepco headquarters and the plant manager.
東京局のもう一人の同僚、Martin Faklerは、最近、今度の福島の事後検証が、菅氏、東電本社と発電所所長の間で、「当時、信頼関係が損なわれたことにより、どのように、対応の妨げになったのか」を描くことになるだろう、とレポートしました。


Mr. Edge, the filmmaker, in an online chat moderated by Maggie Koerth-Baker, spoke about the documentary project. (Some of the exchanges have been slightly compressed for space.)
フィルム製作者のEdge氏は、Maggie Koerth-Bakerとのオンラインチャットで、このドキュメンタリープロジェクトについて話しました。


Q.Studies from the area around Chernobyl have shown that the mental health toll has been almost as severe as any radiation-linked cancers. What are you seeing people dealing with in Japan? Is there any help available to them?
質: チェルノブイ地域からの研究は、放射能が関連した癌と同じくらい、精神的な健康状態が深刻だと示しています。日本で人々はどのように扱っていますか?彼らが受けられる救助はありますか?

A.I think it’s fair to say that many of the Japanese people I met whose lives have been upended by both the tsunami and the nuclear disaster would not even think of seeking help for mental health difficulties. There seems to be very much a culture of endurance, especially in the northeast of Japan. I was repeatedly astonished by the bravery and stoicism of those who have been forced to leave their homes, but I do worry about the long-term psychological costs.
答: 私が会った、津波と放射能災害の両方で生活がひっくり返ってしまった日本人の多くは、精神的な健康困難について助けを求めはいないように思えた、と言ってよいでしょう。文化として、忍耐力があるように思われました。特に日本の東北は。家を立ち去ることを強いられた人々の勇敢さと冷静さには、繰り返し驚かされました。しかし、長期での心理的代価については、心配です。


Q.I was really struck by the interviews you were able to get with anonymous Tepco employees working at Fukushima that day. When you set out to make this kind of documentary, how do you go about finding sources like that?
質: 福島で、あの日、匿名の東電の作業員とのインタビューができたことに、本当に衝撃を受けました。この種のドキュメンタリーを作ろうと着手したとき、あのような情報源を見つけるのにどのようにしたのですか?

A.The key is time. Our team spent many months -from May last year through to February this year - up in Fukushima. It was good old-fashioned journalism. We were literally heading to bars where we thought nuclear workers might hang out and striking up conversations with them. It took many, many such conversations to get to the guys who were actually there for the first few days of the crisis.
答: その鍵は、時間です。私たちチームは長い月日-去年の5月から今年の2月まで-を、福島で費やしました。これは古き良きジャーナリズムでした。私たちは、文字通り、作業員たちが通っていると思われる飲み屋に向かい、彼らと話し始めたのです。危機の当初の数日に実際にそこにいた男達にたどり着くには、たくさんの、本当にたくさんの会話が必要でした。


Q.I was surprised to find that these guys were still alive now, honestly. How are some of the workers doing today, healthwise?
質: 正直、彼らが今でも生きていることに驚きました。作業員たちの健康状態は、今どうですか?

A.All the workers I met for the film are doing fine healthwise. However, almost all of them told us they expect to die of cancer over the coming decades. Also, some are struggling with P.T.S.D. (posttraumatic stress disorder). They have been through a lot and, of course, at the time many of them believed they were about to die. That sort of trauma has a lasting effect.
答: 私がフィルムのために出会った作業員は全員健康的に問題ありません。しかしながら、ほとんど全員が、数十年の間に癌で死ぬだろうと思っている、と話しました。また、心的外傷後ストレス障害と戦っている人もいます。彼らは、もちろん、多くのことを体験し、そのとき、彼らの多くは、死んでしまうのだと信じていたのです。その種のトラウマは、持続的な後遺症が残ります。





2月23日にイギリスでこのドキュメンタリーが放送された後、

3月3日に日本の、NHKスペシャルで、「原発事故 100時間の記録」

が放送されました。



NHKスペシャル「原発事故_100時間の記録」 by gomizeromirai



この悲劇と戦いは、まだまだ、進行中です。


始まったばかりです。


その行く手は、気が遠くなるほど長く......



だから、

子どもたちの健康を、経済よりも何よりも優先しなければ。。。。。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/699-030cb59a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。