スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アラスカアザラシの奇妙な病気~放射能検査結果

 2012-02-18
アラスカのアザラシに放射能による健康障害が疑われ、その調査結果の第一弾が発表されました。


Fobnd_St_7.jpg


アンカレッジからです。

Radiation ruled out, for now, as cause of Alaska seal deaths
放射能、アラスカのアザラシの死の原因と認められず


Yereth Rosen

ANCHORAGE, Alaska | Fri Feb 17, 2012 9:23pm EST

(Reuters) - Preliminary tests appear to rule out radiation from Japan's tsunami-wrecked Fukushima nuclear power plant as the cause of mysterious deaths and illness that struck scores of Alaska seals last year, federal officials said on Friday.
ロイター通信:津波で崩壊させられた福島原発からの放射能が、多数のアラスカアザラシを襲った、不可解な死と病気の原因としては、予備調査では認められませんでした。


Preliminary tests of tissue samples from animals that fell victim to the lesion-causing disease found that radiation levels were normal and within "the typical background range for Alaska," The National Oceanic and Atmospheric Administration said in a statement.
国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局の発表によると、外傷が原因の病気で犠牲となった動物からの細胞組織のサンプルの予備検査では、放射線レベルはノーマルで、「アラスカの自然界の範囲」以内だったことが分かりました。


More than 60 dead and 75 sickened seals, most of them ringed seals, were found on the northern and western coasts of Alaska last summer and fall. Some walruses were also afflicted by the disease, with a smaller number found dead.
60匹以上が死に、75匹以上が病気になったアザラシのほとんどがワモンアザラシで、去年の夏と秋に、アラスカ海岸の西と北で発見されました。いくらかのセイウチも、その病気に苦しみ、同じくらいの数が死にました。


The affected animals have bleeding lesions on their flippers and other body parts, patchy loss of hair, labored breathing and lethargy, according to NOAA, which in December declared the problem an "unusual mortality event."
その病気にかかったものは、尾びれや他の体の部分の損傷から出血し、所々の毛が抜け落ち、呼吸が困難になり、こん睡状態になります。国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局により、12月に「異常死亡事象」の問題だと、宣言されました。

headleasions_b_sinnok_sm.jpg


(**参考:Alaska Dispatchに記載されている症状は、
Symptoms have included ulcers on organs, patchy hair loss, and open sores, especially around the rear flippers and eyes.
内臓の腫瘍、所々の脱毛、特に尾びれと目の周りの傷。。。とあります。)

seallesionflipper_b_sinnok_sm.jpg


The findings that appear to clear the Fukushima plant of blame are only preliminary, Juneau-based NOAA spokeswoman Julie Speegle said, and more analysis will be conducted. Tests on healthy animals also found normal levels of radiation.
調査結果から、福島原発のためではないと明らかになったのは、予備的なものに過ぎない、とジュノーが拠点の国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局のスポークスマンは述べました。更なる分析がなされます。健康な動物の検査からも、通常のレベルの放射線が認められました。


"Part of the reason it doesn't rule it out is we need to do more in-depth tests for Cesium 137 and Cesium 134," Speegle said.
「それを除外しきれない理由の1つは、セシウム137とセシウム134についての、さらに徹底的な検査が必要だという事です。」とSpeegleさんは話しました。


An international team of scientists continues to investigate the outbreak, she said. Among possible causes being investigated are viruses, bacteria, biotoxins, or chemicals, she said.
科学者たちの国際チームが引き続き、その発症を調査するのだといいます。可能性のある原因は、ウィルス、細菌、毒素、化学物質などだと、話しました。


There may be "something in the environment that's messing up the animals' immune systems," she said.
「何か、動物の免疫システムをおかしくしてしまうもの」が環境内にあるのかもしれない、と言います。


No sickened seals have been reported recently to NOAA, Speegle said. "We've had reports from hunters of healthy animals," she said. "We're hoping spring doesn't bring a new outbreak."
Speegleさんによると、最近は、国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局に、病気にかかったアザラシは報告されていないとのこと。「猟師からは、健康な動物たちの報告を聞きます。春になり、新たな発症がないことを祈ります。」


国立海洋大気圏局と合衆国魚類野生生物局からの発表です

noaa_logo.jpg


2011 Northern Pinnipeds
Unusual Mortality Event (UME)
Preliminary Assessment of Radionuclide Exposure
北方フィン足の哺乳類(セイウチ科、アシカ科 、アザラシ科)異常死亡事象
放射性物質被曝、予備査定



Summary of findings: Scientists have conducted preliminary qualitative screening of a few tissue samples from both healthy and sick pinnipeds (ice seals and walruses) involved in this UME for possible
radionuclide exposure. No radiation levels were found in these samples that would directly cause the
symptoms seen in the pinnipeds. Test results show radiation levels are within the typical background range for Alaska.
調査結果の要約:科学者たちが、異常死亡事象とされた病気の氷あざらしとセイウチと健康なものから、放射性物質被曝の可能性を探るため、細胞組織のサンプルの予備検査を行いました。それらの動物に見られる症状と直接関連している原因となる放射線レベルは、これらのサンプルからは見つかりませんでした。検査の結果は、アラスカの典型的な自然界の放射線レベルの範囲であることを示しています。



An international team of scientists continues to investigate the cause of the 2011 Northern Pinnipeds UME.This investigation includes a broad assessment of a number of potential contributing factors to the disease outbreak.
科学者の国際チームは、引き続き2011年の北方フィン足の哺乳類の異常死亡事象の原因を調査しています。この調査は、その病気の発生に起因している、可能性のあるいくつかの要因の広範囲にわたる査定を含んでいます。


Because of the timing and scope of the March 2011 Fukushima Daiichi nuclear power plant accident in Japan, radiation exposure is one of many factors being assessed.
2011年3月の日本で起きた福島第一原発の事故の事とそのタイミングが故、放射線被曝が査定されるべき多くの要因のひとつです。


● At this point, scientists do not believe that radiation is a primary factor in this UME or that radiation is causing the symptoms and deaths in pinnipeds.
現時点で、科学者たちは、放射能が異常死亡事象の主要な要因、あるいは、放射能が、フィン足の哺乳類の病気や死亡の原因であるとは考えていません。


● Marine animals and fish close to the accident site in Japan were impacted, but there is no evidence
that supports any impacts to marine animals in Alaska.
日本の事故現場に近い海洋動物や魚は影響を受けましたが、アラスカの海洋動物への影響を示す根拠がありません。


● Scientists studied and considered the wind and ocean patterns in relation to the nuclear accident in Japan in their assessment.
科学者たちは、査定をする上で、風向きや海流の日本の放射能事故との関係を研究し、考慮しました。


● The UME investigative team is committed to continued testing of samples from both sick and healthy
pinnipeds to document current levels of radionuclides in these species.
異常死亡事象調査団には、病気の、そして健康なフィン足の哺乳類両方のサンプルを引き続き検査し、これらの種における最新の放射性物質のレベルを記録する事が委託されています。


seal-face-386.jpg

Drs. John Kelley and Douglas Dasher, who are the leads for the UME radiation assessment, are working with the University of Alaska Fairbanks’ School of Fisheries and Ocean Sciences and College of Natural Science and Mathematics Engineering, Science and Technology Experiment Station on this investigation.
異常死亡事象の放射性物質査定を先導するJohn Kelley博士とDouglas Dasher博士は、アラスカのフェアバンクス大学の水産海洋科学科と、自然科学数学工学研究科と共に、この調査を行っています。


● Muscle tissues from sick and healthy pinnipeds will be measured for the presence of Cesium-134
(134Cs) and Cesium-137 (137Cs).
病気の、そして健康なフィン足の哺乳類の筋肉細胞について、セシウム134とセシウム137の存在を測定します。


● Using the 134Cs/137Cs ratio from the Fukushima accident the amount of 137Cs contributed by Fukushima can be estimated.
福島事故からのセシウム134と137の比率から、福島からのセシウム137の量が推測できます。


● The results for each sample will go through quality assurance first and be provided to the UME
working group followed by timely reporting to the public.
それぞれのサンプルの結果は、品質保証を経て、異常死亡事象の作業グループに提供され、適時、公に報告されます。


Any finding of radiation levels that exceed human food consumption guidelines would be immediately
reported to the Alaska Public Health authorities, subsistence hunters and their communities.
人が消費する食物についてのガイドラインを超える、いかなる放射線物質レベルが発見された場合も、即時にアラスカ衛生局、自給猟師とその地域に報告されます。


Information on the UME assessment progress and findings can be found at:
異常死亡事象査定の過程と結果についての情報は、こちらでご覧になれます。

Ice seals(氷アザラシ): http://alaskafisheries.noaa.gov/protectedresources/seals/ice/diseased/default.htm

Walruses(セイウチ): http://alaska.fws.gov/fisheries/mmm/walrus/disease_investigation.htm


Additional radiation information can be found at:
その他の放射線情報については、

http://www.epi.alaska.gov/eh/radiation/default.htm





昨日の記事の、2012年海洋科学会合の中にの、この展示が、とても参考になりそうです。


RADIONUCLIDE FALLOUT LEVELS FROM THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR DISASTER IN THE ALEUTIAN ISLANDS AND WESTERN COASTAL REGIONS OF ALASKA
福島第一原子力災害からアリューシャン列島とアラスカ地域の西海岸に降り注いだ放射線物質のレベル


almap1.jpg

Air parcels from the Fukushima Daiichi nuclear disaster crossed over the Aleutian Islands and other regions of Alaska within days of the accident. U.S. Environmental Protection Agency RadNet stations located in Alaska detected radionuclides in the air samples. However, outside of air sampling no other environmental sampling was done at that time. In the summer of 2011, during the Amchitka Island Underground Nuclear Test Site environmental assessment, the Alaska Department of Environmental Conservation and the University of Fairbanks (UAF) School of Fisheries and Ocean Science collected terrestrial and marine samples. These samples and others are being analyzed for Cesium 134 and 137 and other radionuclides at UAF and Lawrence Livermore National Laboratory (LNL). Results of this work will provide information on the magnitude of the Fukushima fallout release in western Alaska coastal regions, providing input into biological uptake models, and help test predictive models of atmospheric fallout deposition.
福島第一原子力災害からの空気中の粒子が、アリューシャン列島とアラスカのほかの地域に事故から数日間で飛んできました。アラスカにある、アメリカ環境保護庁のRadNet測定所は、空気中のサンプルに、放射性物質を検出しました。しかしながら、空気中のサンプル以外の環境中のサンプル採取は、そのときなされませんでした。2011年の夏、アムチャッカ島の地下核実験現場の環境査定の際、アラスカ環境保護省とフェアバンクス大学の水産海洋科学学科は、陸と海中のサンプルを集めました。これらのサンプルや、他のものも、フェアバンクス大学と、ローレンス·リバモア国立研究所にて、セシウム134と137について分析されています。その結果は、福島の放射性降下物の放出の、西アラスカ海岸地域における規模を示し、生物への吸収モデルの考えを示し、大気中の降下物の堆積についての、予測されるモデルを分析するのに役立ちます。

~*~*~*~*~*~*~*~*~


放射能を解明すると言う事は、

地球上の自然、生物、全ての仕組みを解明する事に匹敵する深遠なものです。

あらゆる分野からの知識と叡智の結集なくして、

その全容を見出す事など出来ないでしょう。


明らかにされてくる1つ1つの事から目を背けず、

謙虚に受け止め、

地球本来の営みの姿に少しでも戻っていけたら。

それはすべて、

人間次第です。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/677-509ebc4f

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。