スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島原発による海洋汚染の真相に迫る世界の科学者

 2012-02-17
ocean_sciences_meeting_207774.jpg



Fukushima Session at 2012 Ocean Sciences Meeting
福島について、海洋科学会合、特別セッション


February 16, 2012 - 5:00pm


The March 11, 2011, earthquake, tsunami, and subsequent radioactivity releases from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plants resulted in the largest accidental release of radiation to the ocean in history.
3月11日の地震、津波に引き続き起こった福島第一原発からの放射性物質放出で、海に、歴史上最も多くの放射性物質を流す事になりました。


In a special session on Tuesday, Feb. 21, during the 2012 Ocean Sciences Meeting in Salt Lake City, researchers will present early results from several field and modeling studies examining the fate of more than a dozen radioactive isotopes in the air, water, and organisms impacted by the Fukushima releases. This is the largest international gathering to date of experts in this area. The session will feature 15 talks, including two by Woods Hole Oceanographic Institution (WHOI) scientists.
ソルトレイクで開かれる、2012年度海洋科学会議中に行われる、2月21日の特別セッションで、いくつかの分野からの初期の結果と、12種以上の、空気中、水中、福島の放出で影響を受けた組織体中の放射性アイソトープがもたらす結果について、試験されたモデル研究を紹介します。これは、今のところ、この分野で専門家に国際的に集められた最大の物です。このセッションでは、15名からの話があり、そのうちの2名は、ウッズホール海洋研究所の科学者です。


WHOI talks in the session:
このセッションでの、ウッズホール海洋研究所の話:


WHOI marine chemist Ken Buesseler led a group of scientists from the U.S., Japan, and Europe on a June 2011 research cruise to study Fukushima-derived radionuclides in the waters off Japan. During the two-week cruise, 17 researchers and technicians collected more than 3,000 liters of water samples for analysis.
ウッズホール海洋研究所の海洋科学者Ken Buesseler氏は、日本の海岸沖の海水に含まれる、福島から漏れた放射性物質を研究するために、2011年6月に調査船を出し、アメリカ、日本、ヨーロッパの科学者グループを先導しました。17名の調査員と技術者が、分析のための海水サンプルを3000リットル以上集めました。



graphics-K_Buesseler-_350_207734.jpg

Buesseler's talk will focus on cesium-137 and cesium-134 surface distributions and vertical profiles that were obtained during the June 2011 cruise. The highest cesium concentrations found in the waters at that time were 70-100 kilometers off shore, rather than at the closest sampling point, which was 30 km from the Fukushima Nuclear Power Plant. Buesseler said the data suggests that the Kuroshio Current-a strong, western boundary current comparable to the Gulf Stream in the Atlantic Ocean-prevented contaminated water from spreading southward. Fukushima-derived cesium was found out to at least 600 km off shore. While cesium isotopes are elevated 10-1000 times over prior levels, radiation risks for waters >30 km off Japan are below those generally considered harmful to marine animals and human consumers, though continued releases from the nuclear power plant and accumulation of contaminants in sediments may be of long-term concern.
Buesseler氏の話は、2011年6月の航海で得た、水面と水深プロファイルのセシウム137とセシウム134に焦点を当てます。そのときに発見された最も高いセシウム濃縮は、(原発から)最も近いサンプル地点ではなく、海岸沖70-100kmのところでした。Buesseler氏は、大西洋のメキシコ湾流に匹敵する、西の境界の強い流れ、黒潮が、南へ汚染水が流れ込むのを防いでいることをデータが示している、と述べました。福島がもたらしたセシウムは、少なくとも海岸から600km沖で発見されました。セシウムアイソトープが、以前のレベルより10-1000倍に跳ね上がった時に、日本海岸沖30km未満の海水の放射能の危険性は、海洋動物や人が消費したときに害だと一般的に考えられているレベルより低かったのです。引き続き原発から放出され続けられ、堆積物内の汚染の蓄積は、長期的な懸念かもしれませんが。


Presentation Title: Impacts of the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plants on the Ocean
Date: Tuesday, Feb. 21 Time: 11:30 a.m. Location: Ballroom E
プレゼンテーション題:福島第一原発が海に与えた影響
日時:2月21日(火) 11:30am  場所:ボールルームE




Jayne_350_207835.jpg

WHOI physical oceanographer Steven Jayne will report on what researchers learned from 24 surface drifters that were deployed and tracked in the waters off the eastern coast of Japan. The trajectories of these drifters indicate that much of the contaminated water was being pulled away from the coast on the northern side of the Kuroshio Extension. A few of the drifters stayed in the coastal region, suggesting that some of the contaminated water may actually recirculate in this area before being washed offshore. The absence of drifter crossings across the Kuroshio Extension core suggests that it inhibits the southward spreading of contaminated water, at least over the western Pacific Ocean. The drifter trajectories can be used to extend the tracking back to the initial releases and into the future to track the fate of the contamination, Jayne said.
ウッズホール海洋研究所の海洋学者、Steven Jayne氏は、日本東海岸沖の海中に配置され、追跡された24の浮きから調査員が学んだことを報告します。その浮きの軌道は、黒潮が流れ込む北の海岸から多くの汚染水が流れ出ていることを示しています。いくつかの浮きは海岸地域に留まり、それは、汚染水のいくらかが、沖に流されるまで、その地域を再循環しているかもしれないことを示唆しています。黒潮の中心を渡っていった浮きがなくなっている事は、汚染水が南に、少なくとも西の太平洋に広がるのを防いでいることを示しています。浮きの軌道は、もともとの(放射性物質の)放出へと戻って辿ることから、将来の汚染の結果を辿るのにも有効なのだとJayne話しました。

Presentation Title: Tracing the Circulation Around Fukushima
Date: Tuesday, Feb. 21 Time: 11:45 a.m. Location: Ballroom E
プレゼンテーション題:福島付近の循環の軌跡
日時:2月21日(火) 11:45am  場所:ボールルームE


~*~*~*~*~*~*~

全スケジュールはこちら


海の汚染は、特に日本の食文化にとっては、深刻な問題。。。

全て、一般人にも分かる用語で、どこかのメディアに報告してもらいたい、とても興味深い内容です。


その中でも気になるのは。。。

TRENDS IN COMMUNITY STRUCTURE OF ZOOPLANKTON AND MICRONEKTON FROM WATERS NEARBY FUKUSHIMA AND THEIR RELATION TO BIOACCUMULATED CESIUM RADIONUCLIDES
福島付近の水中に住む動物性プランクトンと微小遊泳生物の群構造の傾向と放射性セシウムの生態蓄積への関係


The release of artificial radionuclides into the ocean from the Fukushima Daiichi nuclear plant is the largest accidental release into the ocean in history. Of particular interest is the bioaccumulation of long-lived radionuclides in marine food chains. Despite their importance, information on radionuclide bioaccumulation in zooplankton and micronekton in the western Pacific is limited, and in particular there is sparse information on the relationship between radionuclide uptake and the composition of these animal communities. A US-Japan collaborative cruise in June 2011 enabled us to collect zooplankton and micronekton samples between 141E (~30 km away from the plant) and 147E. Both 134Cs and 137Cs were detectable in various zooplankton taxa mixed together and micronekton at most sampled stations. 137Cs concentrations exceeded recent background levels by 2 to 3 orders of magnitude, however at levels below current Japanese standards for seafood safety, and Cs concentration factors were typically higher in the decapod-dominated community than the euphausiid-dominated community. The relationship between community structure of zooplankton/micronekton and radionuclide concentrations will be discussed.
福島第一原発からの人工放射性物質の放出は、海へ流れた放射性物質の史上最大の事故です。特に興味深いのは、長期に存在する放射性物質の、海洋食物連鎖における、生態蓄積です。その重要性にも関わらず、西太平洋の動物性プランクトンと微小遊泳生物における放射性物質生態体積についての情報が限られていて、特に、それら微生物の群構成と放射性物質の吸収との関係については少ないのです。2011年6月に行ったアメリカと日本の共同航海で経度141度から147度の間(発電所から30km)のサンプルを集めることができました。セシウム134と137がいろいろな種類の動物性プランクトンと、ほとんどのサンプル採取場所の微小遊泳生物から検出されました。セシウム137の濃縮は、最近の自然界レベルより2桁から3桁多いものでした。しかし、現在の日本の海産物安全(最大)レベルを下回っています。そして、セシウムの濃縮は、典型的におきあみ類より十脚目群で高くなっています。動物性プランクトンと微小遊泳生物の構造と、放射性物質の濃縮について話合います。


日本の科学者グループの興味深いプレゼン。

CESIUM-137 DISPERSION AND BIOLOGICAL TRANSFER IN PELAGIC AND BENTHIC ECOSYSTEMS OFF THE COAST OF FUKUSHIMA
福島海岸沖、遠海、水底のエコシステムにおけるセシウム137の離散と生物学的移動


Following the release of radionuclides from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, radioactivity was detected in seawater, sediment and various marine organisms including edible fishes. Consequently, commercial fishing is banned in Fukushima regions and the local fishery industry is severely damaged. Projections for future development of radioactivity in commercially important fish species will depend on proper understandings of paths and transfer mechanisms of radioactive materials within biota and environment. Distribution of radioactivity among marine biological community is, however, only poorly depicted so far. We report cesium-137 data from a cruise of R/V Umitaka-maru conducted in July 2011 at sites along 37oN or about 45km south of the power plant. The cruise was dedicated to a comprehensive survey of radioactivity distribution in seawater, sediment, plankton, benthos, and fish species. Combining other available information, we will discuss radioactivity transfer in pelagic and benthic ecosystems in this region.
福島第一原発からの放射性物質放出の後で、海水、堆積物、食用の魚を含むあらゆる種類の海洋組織体から放射性物質が検出されました。その結果として、福島地域での漁が禁止され、地元の漁業業界は、深刻な打撃を受けました。商業で重要な魚の種類における放射性物質のこれらの進行を予測するには、生物相と環境内の放射性物質の移動と経路のメカニズムを正確に理解する事にかかっています。しかしながら、今のところ、海洋生物群間の放射性物質の分布は、乏しくしか描かれていないのです。2011年7月にうみたか丸の航海で、緯北37度、原発から約45kmの地点で集めたセシウム137のをデータを報告します。その航海は、海水、堆積物、プランクトン、底生生物、魚類においての放射性物質分布の包括的調査に献身しました。他に可能な情報と合わせ、この地域の遠海魚と底生エコシステムについて話し合います。


そして、今まで報道で見られなかった、この話題。

PRESENCE AND FATE OF SR-90 IN SEAWATER OFF JAPAN AS A CONSEQUENCE OF THE FUKUSHIMA DAI-ICHI NUCLEAR ACCIDENT
福島原発事故による、日本の海水中のストロンチウム90の存在とその末路
 (抜粋)

A sampling cruise off Japan was completed in June 2011, from about 30 km from Fukushima to 600 km in the open ocean, paying special attention to the potential role that the Kuroshio Current may play in the transport and distribution of the artificial radionuclides. A total of 58 samples from the surface waters and vertical profiles were collected and analyzed for 90^Sr through the measurement of its decay product 90^Y via radiochemical purification and beta counting. Preliminary results showed 90^Sr concentrations enhanced by at least one order of magnitude at some stations.
サンプルをとる航海は2011年6月に日本沖で行われました。福島から約30kmから600km沖です。人工放射性物質の移動と分布に黒潮が果たす役割の可能性について、特に焦点をあてました。水面と水深プロファイルの58のサンプルが集められ、放射化学的精製を通して崩壊して作られるイットリウムとベータ線の測定を通して、ストロンチウム90を分析しました。予備結果は、ストロンチウム90の濃縮が、いくつかの地点で少なくとも1桁増加した事を示していました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



今までの、海洋汚染についての記事は、


海に広がる放射能汚染  

海を汚染する放射能~海洋生態系への影響

カナダで食べるシーフード、大丈夫?(前)

カナダで食べるシーフード、大丈夫?(後)

海底魚・淡水魚には特に注意!


これらに出てくる科学者の方々が、皆さん、参加される会合のようです。

世界中の科学者の調査結果の現時点での集大成。


あらゆるデータと、知識、経験、叡智を結集し、


何か、教訓と、光が見えてくることを、


期待したいと思います。




命を育む海に、これ以上ゴミを、放射性物質を、放出してはいけません!!


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/676-678d6341

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。