スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大人のエゴに犠牲になる子供たち

 2012-02-16
Picture3_20111109000213.jpg


Tuesday, Feb. 14, 2012

SENTAKU MAGAZINE
センタクマガジン

Put children before politics
政治の前に子供が優先




Almost a year after the crisis at Tokyo Electric Power Co.'s Fukushima No. 1 nuclear power plant following the March 11, earthquake and tsunami, one serious question remains: to what extent have residents in the vicinity of the plant been exposed to radiation?
3月11日の地震と津波の後に続いた福島第一原子力発電所の苦境からほぼ1年たち、1つの深刻な問いが残ったままです。発電所近くの住民が、一体どの程度まで被曝しているのか?


As recently as January, it was reported that a new condominium had been constructed with materials containing a high concentration of radioactive cesium, affecting those living there. This was the latest piece of evidence testifying to the degree of radioactive contamination caused by the nuclear crisis.
ごく最近の1月に、高度に濃縮された放射性セシウムを含む建築素材で立てられた新築マンションの事が報告され、そこに住んでいる人に影響を与えました。このことは、原子力危機が原因の放射能汚染の程度を示す、もっとも最近の証拠となりました。


Although the government has been trying to pacify citizens by claiming there is no immediate threat to human health as a result of exposure to radiation, medical experts are deeply concerned about children and their exposure and the potential hazard to their health.
政府が、放射線被曝の結果として人間の健康に対する即時の脅威はないと、人々を静めようとしてきましたが、医療専門家たちは、子供たちと、子供たちの被曝、そして健康に与えるかもしれない危険について、深く懸念しています。


Even though the area contaminated by radioactive fallout from the Fukushima plant is smaller than the region contaminated by the Chernobyl disaster (1986), radiation levels in some places are similar. A medical doctor working in the contaminated area has said the government has been moving much too slowly to cope with the situation. The pace has been compared to that of the government of the former Soviet Union in its dealing with the Chernobyl disaster.
福島発電所からの放射性降下物によって汚染された地区が1986年のチェルノブイリ事故によって汚染された地域より小さいにもかかわらず、いくつかの場所の放射線量のレベルは、同じようなものです。汚染地区で働く医師は、この状況に立ち向かうには、チェルノブイリ災害の全ソ連の政府の対応の速さと比べると、政府の動きがあまりにも遅いと言ってきました。


Two chemical elements that could seriously expose children to radiation are iodine-131 and cesium-137. If iodine-131 is taken into the thyroid gland, it remains there for a long time, damaging adjacent tissues through beta decay (by which a beta particle, an electron or a positron, is emitted from an atom). This volatile element can spread quickly to other areas.
子供が深刻にさらされている2つの化学成分は、ヨウ素131とセシウム137です。もしヨウ素131が甲状腺に取り込まれると、そこに長く留まり、隣接した細胞組織を、ベータ素粒子の崩壊を通して、傷つけるのです。(その崩壊により、ベータ粒子、電子、あるいは陽電子が原子から放たれます。)この激しやすい成分が他の部分にもすばやく広がるのです。

220px-Betadecay.jpg
原子核が[[β-崩壊]]してベータ粒子(電子)を放出している by Wikipedia


And since its half-life (the time it takes for radioactive material to decay by half) is only eight days, it disappears within months, making it difficult to detect unless a medical test is conducted at an early stage of exposure.
そして、その半減期は、たったの8日間で、数ヶ月で消滅します。それは、医療検査が被曝初期に行われない限り検出するが難しいということです。


The amount of iodine-131 detected in the area within 20 km of the ill-fated nuclear plant reached a maximum 55,000 becquerels per square meter, yet 2,5 million becquerels was detected per kilogram of weeds collected in Iidate Village. Radiation figures in some places are not much different from measurements of contamination near Chernobyl.
災難をもたらした原発から20km圏内の地域で検出されヨウ素131の量は、最大で1平方メートルあたり5万5000ベクレルでしたが、飯舘村で集められた雑草からは1kgあたり250万ベクレルが検出されました。いくつかの場所での放射線の数値は、チェルノブイリの汚染量とあまり変わらないのです。


The municipal hospital at Minami-Soma, about 30 km from the nuclear plant, measured 100,000 counts per minute on clothing from some patients.
南相馬私立病院は、原発から約30kmのところにありますが、何人かの患者の服から、毎分10万カウントを測定しました。


Tomoyoshi Oikawa, a doctor at the hospital, has complained that even though he has time and again talked about the exposure of patients to high-level radiation, most media has not reported his findings.
その病院のオオイカワ・トモヨシ医師は、彼自身の時間があり、患者が曝されている高線量の被曝について話しても、ほとんどのメディアがそのことをレポートしていないのだと訴えます。


In Chernobyl, an estimated 6,000 children suffered from thyroid gland cancer. This suggests that, proportionately, it won't be surprising if several hundred children in Fukushima Prefecture are affected similarly. Although this cancer is curable if treated at an early stage, victims remain subject to the aftereffects of operations or radiation treatments for years to come.
チェルノブイリでは、甲状腺ガンで苦しむ6000人の子供たちが推定されていました。このことは、比例して、福島県の数百人の子供たちが同様な影響を受けても不思議ではないことを示しています。初期に治療すれば、このガンは治るものですが、その犠牲者は、手術の後遺症があったり、その後何年にもわたる放射線治療の対象となるのです。


Another source of radiation exposure besides iodine-131 is cesium-137, which, if taken internally, will spread throughout the body, damaging tissue, primarily muscle, through beta decay. Although some scientists dismiss the likelihood of cesium-137 causing cancer, the fact is that little scientific research has been done on the matter.
ヨウ素131以外にもう一つの被曝の源は、セシウム131で、もし内部被曝をすると、体中に広がり、ベータ素粒子崩壊を通して、細胞組織、主に筋肉を傷つけます。科学者の中には、セシウム137がガンを引き起こす可能性を退ける人もいますが、事実は、このことについての科学的調査があまり行われていないということです。


A Ukrainian researcher is quoted as saying that although he does not know of any increase in the number of cancer patients as a result of the cesium-137 that leaked from the Chernobyl nuclear power plant, he doesn't believe the Soviet Union, which was on the verge of political collapse at the time, made an honest effort to publicize relevant data.
ウクライナの調査員は、こう述べています。チェルノブイリ原発から放出されたセシウム137の結果としてのガン患者の数が増えているかは分からないけれど、政治的崩壊寸前だったソ連が、関連するデータを正直に公表しようとしたとは考えにくい、と。


Yury Bandazhevsky, an anatomic pathologist in Belarus, who concluded from research that cesium-137 adversely impacts human blood-forming and immunity functions, was imprisoned, though on a charge unrelated to his work.
ベラルーシ原子病理学者のYury Bandazhevsky氏はその調査から、セシウム137が人間の造血や免疫機能に悪影響を与えると結論をくだしたのですが、彼の仕事に無関係であると言う罪で投獄されました。


Medical checks by the Minami-Soma Municipal Mospital using Whole Body Counters (WBCs) show the seriousness of radiation exposure. Of the 527 children checked in and after September, 268, or 51 percent, were found to have suffered from internal exposure to cesium-137. One doctor at the hospital said some of the children had been eating wild plants picked in the mountains. Evidence of high-level exposure to gamma rays was detected in the clothes of some children, indicating, he said, that their parents were paying little attention to the risks of radiation exposure.
南相馬私立病院のホールボディーカウンターを使用した医療検査は、深刻な被曝を示しています。9月以降訪れた527人の子供たちのうち、268人、51%がセシウム137の内部被曝を受けていることが分かりました。その病院の一人の医師は、何人かの子供たちが野生植物を山からつんで食べていたのだと話しました。いくらかの子どもたちの服からは、高いレベルのガンマ線に曝されている証拠が検出されました。その医師によると、それは、親が放射線被曝の危険性にあまり注意を払っていなかったことを示しているのだと言います。


article-2100901-0B34309500000578-808_224x333.jpg


The municipal hospital is capable of examining and treating only 110 children per day due to the small number of WBC machine's available. Efforts by the hospital staff to purchase more equipment has been hindered by an internal power struggle within the municipal government. Minami-Soma Mayor Katsunobu Sakurai's call for buying additional machines has met opposition from city office workers who harbor antipathy toward the mayor.
その私立病院では、ホールボディーカウンターが少ししかないので、1日に110人の子供たちしか検査できません。病院スタッフの更なる機器の購入への試みは、市の内部争いによって妨げられました。南相馬のサクライ・カツノブ市長の更なる機器の購入のための要求は、市長に反感を抱く市の職員の反対にあったのです。


The Fukushima prefectural government is not helping the hospital, either. Even though a large budget has been allocated by the central government to the prefecture to cope with radiation issues, no funds have gone to the Minami-Soma Municipal Hospital for purchasing the WBC devices. This has forced the municipal government to bear the entire cost of examining the children exposed to cesium-137. As it examines more children, it incurs greater costs.
福島県も、その病院を援助していません。放射線問題に対処するために、中央政府から福島県に多額の予算が割り当てられているにもかかわらず、ホールボディーカウンターを購入するために南相馬病院には一銭も提供されていないのです。つまり、市が、子どもたちのセシウム137の被曝量を検査する全ての費用をまかなわなければならないということです。より多くの子どもたちを検査すれば、より多くのコストがかかるのです。


Not only citizens of Minami-Soma but also those from other municipalities in Fukushima Prefecture have expressed a desire to be examined by the WBC machines. In reality, though, only a small number of them have had the chance.
南相馬の市民だけでなく、福島県の他の市町村からも、ホールボディーカウンターの検査を望む声があがっています。しかし、現実は、ほんの少しの人だけが、その機会に恵まれているだけなのです。


As the prefectural government continues to drag its feet, several municipalities like Fukushima City, Iwaki City and Hirata Village, as well as some private medical institutions, have decided that they can no longer wait and are working to purchase the devices on their own.
福島県が足を引きずり続けているうちに、福島市、いわき市、平田村のようないくつかの市町村と、いくつかの私立医療施設は、もうこれ以上待てず、その機器を自分たちで購入する事に力を注ぐのは止めると決定してしまいました。


It may be wrong to overemphasize the danger of exposure to radiation, but it appears inevitable that at least some children living in the vicinity of the Fukushima nuclear power plant will face health hazards in the future. The risk will only worsen if administrative officials fail to perform their duties or obstruct efforts by hospitals and doctors.
放射能被曝の危険性を過剰に強調するのは間違っているかもしれませんが、明らかに、少なくとも、福島原発近くに住む何人かの子供たちが将来健康障害に直面するのは避けられないのです。行政役人が彼らの義務を果たし損ねる、あるいは、病院や医師たちによる取り組みを妨害するような事があれば、その危険性は悪化するだけなのです。


It is imperative that incompetent and dilatory bureaucrats within the prefectural and municipal governments be removed so that a medical system that contributes to the protection of the health of local residents is established. The entire country must support medical services for citizens of Fukushima Prefecture.
県、市町村行政の、無能な、時間稼ぎの官僚たちを解任し、地元の住民たちの健康を守ることに貢献する医療システムが確立されることが、成されなければなりません。国を挙げて福島県の市民たちの医療サービスを支援しなければならないのです。


Nothing would constitute a more serious "man-made calamity" than destroying the future of children through the egotistic games of grown-ups.
大人の利己的なゲームを通して、子どもたちの未来を破壊するほど深刻な「人災」は他にありません。


This is an abridged translation of an article from the February issue of Sentaku, a monthly magazine covering Japanese political, social and economic scenes.
これは、日本の政治、社会、経済について書かれた月刊誌、センタクの2月号の記事の短縮翻訳したものです。





この記事に対して、ミズーリー州立大学、社会的責任医師団のSteve Starr氏がコメントを寄せていました。


Health threat from cesium-137
セシウム137が与える健康への脅威



Picture1_20120217135158.jpg

Regarding the Feb. 14 article reprinted from Sentaku magazine, "Put children before politics": Thank you for endorsing this idea. I would like to comment on one aspect of the article regarding cesium-137, which makes up 40 percent of the long-lived radionuclides created by nuclear power plants.
2月14日のセンタクマガジンからの記事「政治の前に子どもが優先」の記事について:
この考えを支持してくれてありがとう。私は、原発で作られる長い間存在する放射性物質の40%を占めるセシウム137についてのこの記事の1つの局面についてコメントをしたいと思います。


Because cesium-137 has a 30-year half-life, the land seriously contaminated by the Fukushima disaster will remain dangerously radioactive for up to 300 years. There is a great deal of experience with cesium-137 in the seriously contaminated regions of Belarus and Ukraine. Once radioactive cesium makes its way into the soils, it will bioconcentrate and biomagnify in foodstuffs, particularly mushrooms, berries and wild game.
セシウム137は30年の半減期を持つので、福島事故で深刻に汚染された土地は、300年間にいたるまで、危険なほどに放射線を放つことになります。ウクライナのベラルーシの深刻に汚染された地域には、このセシウム137にまつわる放射線体験からの知識がたくさんあります。ひとたび放射性セシウムが土の中に入ると、食物内に、特に、きのこやベリー類、そして野生の獲物に生物濃縮します。


Food grown in these regions is contaminated with cesium-137, and sadly most of the children living there who eat this food have become unhealthy. The Belrad Institute, after nine years of research and hundreds of autopsies, found that cesium-137 concentrates in the vital organs, particularly the heart and endocrine system. Professor Yuri Bandazhevsky discovered that children contaminated with cesium-137 that produced 50 atomic disintegrations per second (becquerels) per kilogram of body weight caused irreversible heart damage in a child.
これらの地域で育つ食物はセシウム137で汚染されます。悲しいことに、そこで暮らすほとんどの子どもたちがその食物を食べ、健康を害するのです。ベルラド研究所は、9年間の調査と何百体もの検死の後、生命をつかさどる器官からセシウム137を検出しました。特に心臓、内分泌系からです。Yuri Bandazhevsky教授は、子どもたちが、体重1kgにつき、50ベクレルのセシウム137で汚染されていて、取り返しのつかない心臓障害になっていることを発見しました。


Because the Belarusian government did not want his work accepted or known, he was put into prison.
ベラルーシ政府は、その彼の取り組みが受け入れられたり知れ渡ったりするのを望まなかったので、彼は投獄されたのです。





投獄されたBandazhevsky教授についてついては、

知識を得た民主主義の責任ある行動記事内の、1つ目の動画で語られています。


---そして、このバンダジェフスキー教授は、なんと、日本で講演されるようです。
詳細は、こちら



日本では、その土地だけではなく、全国に汚染食物が流通され、


避難していた人が汚染地域に戻ることや、


汚染地域で作られた産物を、全品検査をすることなく奨励し、


。。。。被害は拡大する一方ですが



警告を発している専門家の方々が投獄されていないだけ、まだ希望があるのかもしれません。


隠されても、


潰されそうになっても、


強い意思さえあれば、


声を上げ続けることができるのです。




今のところは




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/674-2b789655

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。