スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

学校の先生のストライキ

 2012-02-11
burnaby now logo


Students learn 'meaning of disappointment'
「失望の意味」を学んだ生徒たち

By Jennifer Moreau, Burnaby Now

February 1, 2012


Some parents of Armstrong Elementary students are upset that teachers have cancelled a longtime annual field trip due to the partial strike.
アームストロング小学校の生徒の保護者の幾人かは、長い間続いていた恒例のフィールドトリップを、ストライキの一貫として教師が中止したことについて、当惑しています。


"(The students) have anticipated and look forward to celebrating the end of their elementary school years at Armstrong. Unfortunately, for those kids, they are now learning the meaning of disappointment," said Janice Beecroft, who has two kids attending Armstrong.
「アームストロングでの小学校生活の終わりを祝うことを予定し、楽しみにしているのです。残念ながら、それらの生徒にとって、今では、失望の意味を学ぶことになってしまっています。」とアームストロングに通う2人の子どもを持つJanice Beecroftさんは、言いました。


6084327.jpg
Photograph by: Jason Lang, BURNABY NOW


The school's Grade 7 students usually go to Timberline Ranch in Maple Ridge for two-and-ahalf days in the summer, a tradition that's been taking place for more than 20 years. But in a Jan. 24 letter to Grade 7 parents, Armstrong teaching staff warned that there is a strong possibility the trip will not go ahead because of the job action.
この学校の7年生(卒業生)たちは、いつも、メープルリッジのティンバーラインランチに、夏の2日半行き、20年以上の伝統となっています。しかし1月24日の、7年生の保護者に宛てられたレターで、アームストロングの教師は、ストライキ中なので、旅行が催行されない可能性が強い、と通知したのです。


"Timberline requires us to make a commitment to the camp by the end of this month, and in consideration of our job action, we are unable to make that commitment at this time," the letter states.
「ティンバーラインは、今月末までに確約するように求めています。ストライキの状況を考えると、現時点での確約はできません。」と書かれています。


Contract negotiations between the provincial government and the B.C. Teachers' Federation started in spring but little progress was made, and the union called a partial strike in September. Teachers have been refusing to do administrative work in an attempt to pressure their employer without impacting the classroom.
BC州政府と、BC州教職員連盟の間での契約交渉は、春に始まりましたが、ほとんど進展はなく、組合は、9月に一部業務をストライキすることを呼びかけました。教員たちは、クラスに影響がなく、雇用主に圧力をかけるため、事務的業務を拒否しています。


"Phase 1 of the teachers' job action was not intended to affect children," Beecroft said. "Can anyone tell me how this is in the best interest of the children?"
「第1段階の教員のストライキは、子どもたちに影響を与えることを意図されていません。」とBeecroftさんは言います。「これが、子どもたちに最良のことだと誰が言えるのでしょう?」


Richard Storch, president of the Burnaby Teachers' Association, told the NOW that field trips at the elementary level, as always, are optional and that he visited Armstrong to clarify that.
バーナビー教職員協会の代表、Richard Storch氏は、当紙に対し、小学校レベルでのフィールドトリップは、通常任意のもので、それを明らかにするためにアームストロング小学校を訪ねた、と話しました。


The teachers then stuck to the cancellation plan and issued the letter, even though extracurricular activities are not supposed to be impacted by the strike.
そして、教員たちは、計画を中止することを変えず、レターを発行したのです。課外授業は、ストライキに影響を受けない、とされているにも関わらず。


Picture1_20120213021513.jpg


"They feel that right now they are possibly not being respected because what's going on at the bargaining table," Storch said. "There's some people who are feeling we've done this all the time before, but this year is different. We're in job action right now. I can voluntarily decide to withdraw some things whether they are part of the (Labour Relations Board) ruling or not."
「交渉テーブルで今行われていることを考えると、それら(自分たちの要求)が尊重されているとは現在では思えない」とStorch氏は話しました。「幾人かは、これら全てのことは、前に終わっていることだと感じているかもしれないけれど、今年は違うのです。今私たちは行動中です。労働委員会の決定事項の一部であろうがなかろうが、私が自主的に撤回することができることもあるのです。」


Beecroft acknowledged that teachers have the right not to volunteer.
Beecroftさんは、教員がボランティアを断る権利があることも認識しています。


"But if a group decides to cancel a 20year-old tradition, I can't help but wonder how this is an individual decision," she said.
「でも、もし、グループが20年の伝統を中止すると決めるのなら、これが、どうして、それが個人の決断であると言えるのか不思議に思わずにはいられないのです。」


Beecroft is also asking what's going to happen with the field trip funds. Parents took over the fundraising this year, because the job action precludes teachers from handling money. According to the district, $1,750 was raised for the field trip. The teachers' letter suggests they will find some other way to spend the money.
Beecroftさんは、フィールドトリップ基金がどうなるのかも尋ねました。ストライキ行動で、教員たちが、お金を取り扱うことができなくなったので、保護者たちが、今年基金活動をしたのです。教育委員会によると、そのフィールドトリップのために$1750集められたそうです。教員からのレターには、そのお金の使い道は、他に考えると、示されていました。


"Because the Grade 7s have raised a significant amount of money over the past two years, we feel that we need to use the money for a year-end experience that meets our objectives of being educational, fun and developing a sense of community among the Grade 7 students," the letter states. "Please be assured the monies raised by the Grade 7s will be used accordingly."
「7年生たちは、この2年間に、たくさんのお金を集めたので、教育的な目的に合う、年度末の行事に使う必要があると考えている。」と、レターに述べられています。「7年生によって集められたお金は、状況に応じて使うと、保証します。」


That's something Beecroft takes issue with.
それが、Beecroftさんが、論争するところです。


"For teachers to say they are going to use it accordingly is unacceptable," she said.
「教員が、状況に応じて使う、と言うのは、許容できません。」


Storch said if parents have concerns about how the money will be spent, they should raise that with the teachers through the parent advisory council.
Storch氏は、保護者が、そのお金の使い道を懸念しているのなら、保護者諮問委員会を通して教師に問題を挙げるべきだ、と言います。


Beecroft also pointed out that some schools are continuing field trips, while Armstrong's has been cancelled.
Beecroftさんはまた、アームストロング小学校が中止している一方で、フィールドトリップを続けている学校もあるのだと指摘します。


"This job action is affecting the children. It is not status quo at all schools. Every school district in B.C. is treating job action differently. There is no unity, no guidance or no direction given from the BCTF," she said.
「この行動は、子どもたちに影響を与えています。それはどの学校の現状でもありません。BC州のそれぞれの学区で、ストライキ行動をいろいろな形で扱っています。BC教育連盟からの、統一がなく、ガイダンスも、方向性も与えられていません。


In response, Storch said everything teachers do or don't do affects the kids, but there's a bigger picture.
これについて、Storch氏は、教員がすることは全て、子どもたちに影響を与えることもあるし、与えないこともあるけれど、私たちは、もっと大きな絵を描いているた、と言いました。


"The core service we provide to students (is education)," he said. "All the other stuff is extra."
「生徒に提供する中心は、教育です。他全てのことは、追加のことなのです。」


Storch said he hopes parents would be very concerned about inadequate funding from the provincial government and the deterioration of services to students in the core area of basic public education.
Storch氏は、保護者が、州政府からの不適切な資金提供と、公的基本教育の中心部分で、生徒たちが受けるサービスの低下について心配して欲しいのだ、と話しました。


"That, as teachers, is something we are trying to highlight," he said.
「教師として、それを強調しようとしているのです。」


~*~*~*~*~*~*~*~*~



今年卒業の7年生、ラビ君たちは、担当の先生が、去年から計画されていることだから、と組合に理解を求め、10月にサンシャインコースとのキャンプ施設に2泊3日の旅行に行ってきました。


374.jpg


ボア君の卒業式のときに感じたのですが、

何かと生徒のスピーチの話題に出てくるのが、

7年生のフィールドトリップ。


431.jpg


誰もが、小学校生活で最高の思い出だといい、

510.jpg


下級生の誰もが、学校にいる間中、何よりも楽しみにしている特別な行事です。


20111026-132150.jpg



だから、そう簡単に諦められるものではありません。



Students fight to save field trip
フィールドトリップを守るために戦う生徒たち



By Jennifer Moreau, Burnaby Now

February 8, 2012


Grade 7 students at Armstrong Elementary are appealing to Premier Christy Clark, the school board and the B.C. Teachers' Federation to try to reverse their teachers' decision to cancel a field trip because of the job action.
アームストロング小学校7年生の生徒たちは、ストライキ中ということでフィールドトリップを中止すると下した先生たちの決断を変えるように、Christy Clark知事と、教育委員会、BC州教職員連盟に嘆願しています。


The two-day field trip to Timberline Ranch in Maple Ridge has been an end-of-year tradition for Armstrong's Grade 7 students for more than 20 years. The teachers normally do the field trip on paid and volunteer time, because it takes place while school is in session but involves staying overnight.
メープルリッジにあるティンバーラインランチへの2日間のフィールドトリップは、アームストロングの7年生にとって、20年以上続いている、学年末の伝統でした。教員は通常、業務、そしてボランティアの時間として、このフィールドトリップを行います。授業時間内に行われるものですが、宿泊を含むからです。


"When we found out we weren't able to go to Timberline, it really sucked," said 12-year-old Cassandra Boyle. "So we decided if we spoke up about it, it could actually do something and maybe we could actually get to go."
「ティンバーラインにいけないと知ったとき、本当にがっかりしました。」と。12歳のCassandra Boyleさんは言います。「なので、もし声を上げれば、それがどうにかなって、実際に行けるようになるかもしれない、と決めたのです。」


6121292.jpg
Photograph by: Jason Lang, BURNABY NOW


According to Cassandra, the students were disappointed when they learned their field trip was cancelled.
Cassandraさんによると、フィールドトリップが中止になったと知ったとき、生徒たちは、失望したのだそうです。


"Most kids were looking forward to it since the day they came to school. It's something all kids look forward to when they come to Armstrong," she said. "I guess some people were asking all these questions to see if there was even the slightest chance to go to Timberline, and everyone was really upset."
「ほとんどの子どもたちが、この学校に通い始めたときからずっと楽しみにしてたのです。アームストロングに通う全ての子どもたちが楽しみにしていることなのです。ティンバーラインに行く事のできる、ほんの少しのチャンスもないのかと、あらゆることを問いかけている人たちがいると思います。みんな、本当に当惑しているのです。」


Cassandra and some of her friends have been leading the letter-writing campaign and have about 30 fellow students on board.
Cassandraさんと何人かの友人たちは、約30人を従えて、手紙を送るキャンペーンを行っています。


"We met up at recess and lunch, and figured out what was really wrong with the situation," she said. They then drafted letters on behalf of the Grade 7s to send to the BCTF, the premier and the school board. According to Cassandra, the kids are leading the initiative.
「休み時間や昼休みに集まり、何がこの状況で間違っているのかを見出しました。」と話しました。そして、7年生を代表してBC州教職員連合、知事、教育委員会に宛てた手紙を書いたのです。Cassandraさんによると、このキャンペーンを主導しているのは、子どもたちだと言います。


"It's mostly just the students, but we have full support from our parents. Some of the situations were pretty hard to understand, so our parents helped with that, but it was mostly the Grade 7s," Cassandra said.
「ほとんどが、生徒だけです。でも、両親たちからも、充分に支援してもらっています。中には、理解するのが難しい状況がありました。両親たちが、それを理解する手助けをしてくれました。でも、ほとんどが7年生の生徒たちです。」


When asked what she thought about the teachers' right not to volunteer, Cassandra replied: "Then I guess the time we spent fundraising and what we were promised was kind of pointless then and telling us we would be going and just saying no."
先生たちの、ボランティアをしない、という権利についてどう思うかたずねてみると、Cassandraさんは、こう応えました。「それならば、私たちがお金を集めているとき約束されていたことは、意味がなかったような気がします。フィールドトリップにいけるだろうと言い、ただ、もう行かない、とだけ言う。」


Armstrong mom Janice Beecroft is trying to organize a group of parents to take on the field trip instead. She handed out a letter at the school for kids to take home, asking parents if they would like to see the field trip go ahead with parental supervision. The field trip is two-and-a-half days, and the group typically stays overnight. According to Beecroft, all of the parents who responded were supportive and eager to see the field-trip plans back on.
アームストロングの生徒の母親であるJanice Beecroftさんは、代わりに、このフィールドトリップを催行する保護者のグループを結成しようとしています。子どもたちが家に持ち帰れるように学校にレターを渡しました。父兄の管理の下にフィールドトリップを行いたいかどうかをたずねるものです。2泊半の旅行です。そして、皆宿泊します。Beecroftさんによれば、回答した全ての父兄が、協力的で、フィールドトリップの計画を元に戻すことに熱心だと言います。


"I can't even tell you the emails I've been receiving," she said. "The responses I got actually brought me to tears."
「Eメールで自分が受け取ったものを語りつくすことはできません。」と彼女は言います。「私は、実際にもらった回答を見て、涙が流れたのです。」


Beecroft is also trying to get the $1,750 raised for the field trip released from the school.
Beecroftさんは、フィールドトリップのために集められた$1750を、学校から受け取ろうとしています。


The teachers' job action started in September, after little progress in contract negotiations between the BCTF and the B.C. Public School Employers' Association, the bargaining agent for the provincial government. The partial strike mostly covers administrative work, and teachers have not been issuing report cards or meeting with administration. Since volunteer activities are, by nature, optional, they weren't supposed to be affected by the job action, but teachers always have a right to refuse.
教職員のストライキは、BC教職員連合とBC州政府の交渉役であるBC公立学校協会との契約交渉の進展があまり見られなかった後、9月に始まりました。この一部ストライキは、ほとんどが事務的作業についてです。教員は、成績表をだしたり、業務上の会議に参加していません。ボランティア活動は、その性質から、任意なので、このストライキ行動に影響するとはされていませんが、教員たちは、いつでも、それを拒む権利があるのです。






数年前には、教職員ストライキが何週間も続き、

働く両親を持つ家庭の子どもたちの行き場がなく、

親が休暇を取らなければならない事態になり、

批判も多くされました。



今回のストライキが始まったばかりのころ、


教員がストライキ中にすることは、自分たちがやりたいこと、つまり教えることだけだ、

という宣言を新聞でみかけたりしました。



主に生徒たちに説明しているのは、「クラスサイズが大きすぎる。」

現状は、低学年で20人以下。高学年で24人くらいだと思います。



授業の準備も、成績表の作成も、事務的な作業も、

全ては、生徒たちの教育のため、だと思うのですが。。。



私は、彼らの主張が今ひとつ理解できません。

私から見ると、労働条件は、かなり整っているように思えるので・・・



組合組織の中で、本意ではなくても、行動を共にしなければならない先生がたもたくさんいることも理解していますが、


学問だけではなく、子どもを人として教育する、

という正に人間教育の現場での教職員のストライキ、というものは、


いつも、しっくりいかないものを感じます。



アームストロングの7年生!!

どうか、伝統のフィールドトリップが実現しますように!!!



「失望」から、TAKE ACTION、


そして最後に、


「達成」感を経験して欲しいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/667-0458c880

コメント
低学年で20人以下!
最高じゃないですか。

よくわかりませんが、手がかかる子がおおいのでしょうか?

うちの子は、5年で40人ひとクラスです。
いっぱいいっぱいで、かわいそうです。

41人いたら、ふたクラスになるのに。。。

郵便局もストライキをしたり、教職員もストライキをしたり、いろいろありますね~。

【2012/02/12 15:14】 | meme #- | [edit]
memeままさん 

カナダの学校は、知的障害のある子も普通のクラスにいます。
だから、その子専門の先生(?)がついています。
これは州政府がまかなっているはず。
そういう予算ならどんどん使ってもらっていいと思うんです。
だから、クラスの人数が20人だって、先生の負担にはならないはず。

日本では40人なんて普通だから、はじめ聞いたときは本当にびっくりしました。
要するに、労働条件=給料を上げて欲しい、ということだよなぁ、とどうしても感じてしまいます。

大きい組織で組合があるところは、もともと労働条件や福利厚生が整っていて、さらに毎年よくしようとストライキをするわけですが、組合のない組織は、そういうところより低所得で、ストライキをすることもなく、黙ってもくもくと働いている、という印象が強いんです。

なんか違うよなぁ、っていつも思ってしまいます。
私は、今まで待遇がものすごく良い所で働いた経験がないので、余計感じるのかな。笑
なぜか、そういうところで仕事がしたい、と思えない、というか、縁がない?のが悲しいです。
それでも今の職場は、給料は安いけど、仕事内容や、福利厚生を考えると、今までの中では一番良い環境なんですけどね。

でも、自分の待遇をよくするために、卒業旅行をキャンセルできる先生、って。。。と思わずにはいられません。
息子の学校は、皆出来るだけ通常通りに課外活動もイベントもやってくれてありがたいです。
成績表が出ず、面談もキャンセルになりましたが、個人的に頼むと時間をとってくれて、成績も含めていろいろ話をしてもらえたので、かえってよかったくらいです。
【2012/02/13 20:58】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。