スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダ・アルバータ州~原発建設反対住民の揺るがぬ想い

 2012-02-08
NHK BS世界のドキュメンタリー・シリーズ 原子力発電を問う「お隣さんに原発が!~住民の選択~」


カナダのアルバータ州ピースリバーで、原子力発電所を建設する計画が持ち上がった。静かで平和な町の安全が脅かされると反対する市民がいる一方で、町の経済の活性化を期待し、歓迎する人びともいた。
建設計画を進めるブルース・パワー社は住民の理解を得るための説明会を開催するが、原発の安全性や核廃棄物の処理について「説明が足りない」と感じた参加者も少なくなかった。建設候補地に隣接する土地で農業を営むロレインと友人のブレンダは納得のいく答えを求め、専門家や原発の町を訪ねる旅に出る。

電力の20%を原発に頼るオンタリオ州。原発の町・キンカーディンの住民のほとんどは原発を不安視しておらず、人口が増えて景気がいいと満足げ。さらにブルース・パワー社のCEO自身の案内で原発を見学することになった二人。そこでは、退役軍人を中心とした屈強な警備チームが原子炉だけでなく大量の使用済み燃料をテロ攻撃から守っていた。ロレインとブレンダは、キンカーディンの人びとの多くが原発にはよい面と悪い面があると語りながら、その悪い面について積極的には語らないことに気づく。

旅を終えても二人は確実な答えは得られなかったが、自らの意志で次世代のために判断し、それを貫くしかないと悟る。

原題:My Nuclear Neighbour
制作:Reel Time Images (カナダ 2010年






核廃棄物の処理方法は孫の代には解決策が見つかっているはず。

低線量は体にいい。

そう思い込んで、危険より恩恵の方が大きい、と思う人。



抱えている問題を先送りせず、今、向き合い、

そのような繁栄より、危険を回避し、今の自然のままの生活を守りたいと思う人。



どちらが、未来に対しても責任のある選択なのでしょう?



原発は、そこに住む人のためだけにあるべきです。

そこに住む人が原子力に依存する繁栄が一番、と思うなら、作ればよい。



繁栄より、人の健康、自然の保護の方が大事、と思うなら作るべきではない。


どこか他のところに住んでいる人のために作るものでは、あり得ません。


誰かの犠牲になるには、許しがたい負担なのです。




それにしても、

ふと、不安になったのは。。。。


日本の原発付近には、訓練された自衛隊が配備されているのでしょうか???

近隣の国からの脅威は、カナダよりあるはずですし。。。




このピースリバーの原発は、去年の12月に、電力会社が建設を取りやめる、と言うことで決着しました。


住民の人の揺るがぬ意志にも、電力会社の理解にも、


当然あるべき姿の民主主義がうかがえて、元気がでます。



福島の事故が、この結末を導くのに、大きな役割を果したのかもしれません。


きっと、違う意見を持つ人々が、危険の現実を身近に感じながら、選択できたのでないかと。



以下、カナダ市民活動団体(The Council of Canadians:カナダ評議会)の記事です。


WIN! Bruce Power abandons plan for nuclear power plant in Alberta
勝利!ブルースパワー社はアルバータ州の原発建設計画を断念


By Brent Patterson, Tuesday, December 13th, 2011


CBC reports, “Bruce Power announced Monday it will no longer go ahead with a controversial nuclear power plant proposed for Peace River, Alta. …The company wanted to build Alberta’s first nuclear power plant on a site outside Peace River, about 480 kilometres northwest of Edmonton. The first site, located on Lac Cardinal, 30 kilometres west of the town, alarmed some residents who worried about its proximity to a freshwater aquifer that provides drinking water for the area. …A second location, about 30 kilometres north of Peace River, was chosen two months later, but residents also worried about the site’s impact on water and wildlife in the area. The company will now focus its attention on its Ontario operations, Hawthorne said.”
CBCは、「ブルース電力が、月曜日に、アルバータ州、ピースリバーに提案されていた議論の的の原子力発電所について、これ以上の取り組みは辞める、と発表した。」と伝えています。ブルース電力は、エドモントンから北西に約480kmのピースリバーの外側に、アルバータ州で最初の原発を建設したかったのです。最初の候補地、カーディナル湖は、その町から西に30kmのところにあり、その地域の飲料水を供給している水の帯水層に近いことを心配している住民を不安にさせました。第2の候補地は、ピースリバーから北に30kmほどのところで、2ヵ月後に選ばれたのですが、やはり住民たちは、その地域の水や野生動物に与える影響を心配しました。わが社は今、オンタリオ州のオペレーションに焦点を絞ることにする、とHawthorne氏は述べました。」


10-1.jpg



The Summer 2009 issue of Canadian Perspectives features an article on the Council of Canadians Peace River chapter which was formed to fight against this proposed nuclear power plant near their community,
2009年の夏に、その地域に提案された原発に反対するために、カナダ評議会、ピースリバー支部が結成されたことについて、会報で特集しました。


Picture2_20120209151137.jpg


In the article, chapter activist Mandy Melnyk states, “One day I woke up and heard that the government was seriously proposing to build a nuclear plant in our region with Bruce Power. A bunch of us from the community came together to educate ourselves and connect with other people who had the resources we needed to learn more. We formed as a chapter because of this in August 2008 and became active in the Keep Alberta Nuclear Free coalition.”
その記事の中に、その支部の活動家、Mandy Melnykの言葉があります。「ある日目を覚ましたら、政府が、ブルース電力と共に、この地域に原発を建設する本気で提案してたのです。地元の私たちの多くは団結し、独学し、もっと知る必要のある情報源を持っているほかの人々と繋がりました。そのために支部を2008年8月に結成し、アルバータ原発フリー連合として活動を始めたのです。」


Picture1_20120209151136.jpg


The Edmonton Journal notes, “Public consultation was done in 2009, with more than half of 3,600 respondents opposed to adding nuclear into the province’s energy mix. …The Bruce Power proposal didn’t sit well with some residents of the region, including Denis Sauvageau, spokesman for the Peace River Environmental Society. His group fought the plan for years because of the risk something could eventually go wrong at the plant. …’They’ve been pretty quiet for the last six months to a year here,’ he said. ‘I feel Alberta spoke up. We looked at this and said we really don’t want this going on in our backyard. There’s a lot of other options we need to exhaust before we consider nuclear.’”
エドモントンジャーナルは、こう記しています。
「住民調査が2009年に行われ、3600名の回答者の半数以上が、アルバータ州のエネルギー政策に原子力を加えることに反対しました。ブルース社の提言は、ピースリバー環境団体のスポークスマン、Denis Sauvageauさんを含む、いくらかの住民には、しっくりいきませんでした。その団体は、原発でいつか何か起こるという危険性が故に、何年もの間その計画に反対しました。『ここ半年から1年は音沙汰がありませんでした。』と言います。『アルバータ州が声を上げたのだと思います。私たちは、このことを考え、自分たちの裏庭で原発など動いて欲しくないと言ったのです。原子力を考える前に、論じつくす他の選択肢がたくさんあるのです。』」


The Council of Canadians rejects nuclear power because it poses an unacceptable risk to people and the environment. It is neither clean, safe, peaceful, nor economic. Staff and chapters are currently campaigning against the proposed shipments of nuclear waste from the Bruce Power nuclear plant on the Great Lakes, the disposal of nuclear waste in Saskatchewan, the building of two new nuclear reactors on the north shore of Lake Ontario east of Toronto, and has expressed opposition to the relicensing of the Point Lepreau Nuclear Generating Station in New Brunswick.
カナダ評議会は原子力を拒否します。なぜなら、それが、人々と環境に受け入れることのできない危険を引き起こすからです。原子力は、クリーンでも、安全でも、平和的でも、経済的でもありません。カナダ評議会と、各支部は現在、カナダ5大湖にあるブルース電力からの放射能廃棄物処理の輸送、サスカチワンでの廃棄物の処分、トロントの東、オンタリオ湖沿岸の2つの新しい原発の建設に反対するキャンペーンを展開しています。


Congratulations to everyone involved over the years to stop the nuclear power plant in Alberta.
アルバータ州の原発建設を止めるために関わってきた全ての人に。おめでとう!





カナダの厳しい自然の中で暮らしている人たちは、

自分たちに本当に必要なものが何なのか、分かっているのです。



他の地の人が、繁栄だ、と感じていることを、


全く望んでなどいない人もいるのです。



いろいろな文化を尊重し、

それぞれの価値観を尊重する。

ずっと、そんなカナダでいて欲しいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/663-24f03d8e

コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
【2014/06/19 17:49】 | 履歴書の封筒 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。