スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海底魚・淡水魚には特に注意!

 2012-02-05
Picture3_20111109000213.jpg


Saturday, Feb. 4, 2012


Scientists say contamination of ocean fish minimal so far
科学者の見解~海の魚の汚染は今のところ最小限


By MIZUHO AOKI
Staff writer

The massive radioactive fallout from the Fukushima No. 1 nuclear plant has sparked fear in seafood lovers and commercial fishermen both at home and abroad, and some worry the contamination could pass through and even become more concentrated in the ocean food chain.
福島第一原発からの膨大な放射性降下物は、国内外のシーフード愛好家や漁師に恐怖心を抱かせました。中には、汚染が食連鎖の中で広がり、更に濃縮させされると心配する人もいます。


But more than 10 months after the three reactor meltdowns, testing of thousands of fish, including tuna, bonito and "sanma" (Pacific saury), caught far from Tohoku's coast has turned up little contamination.
しかし、原子炉のメルトダウンから10ヶ月以上たち、東北海岸から遠いところで獲られた、まぐろ、かつお、さんまを含む何千もの魚を調査からは、汚染がほとんど見つかっていません。


Nevertheless, experts point out that consumer concern and uncertainty will remain regarding bottom fish from coastal areas near Fukushima Prefecture, including "hirame" (Japanese flounder), as well as freshwater fish from Fukushima and parts of Gunma and Tochigi prefectures.
しかしながら、専門家たちは、消費者の懸念や不確かさが、福島県近郊の海岸からの海底の魚に残っているのだと指摘します。


Radioactive materials tend to accumulate on the seabed near coasts, and they usually remain longer in the closed environment of lakes. Freshwater fish also discharge radioactive cesium slower than sea fish, experts say.
放射性物質は、海岸近くの海底に蓄積される傾向にあります。そして通常、閉ざされた環境の湖では、より長く留まることになります。淡水魚は、海の魚より、セシウムを排出するのがゆっくりなのだと、専門家は言います。


"(Contamination) levels of freshwater fish and seabed fish such as flounder haven't declined," says Satoshi Katayama, a professor of fisheries biology and ecology at Tohoku University.
「淡水魚とカレイのような海底の魚の(汚染)レベルは、減少していません。」と、東北大学の水産生物学、生態学の教授、カタヤマ・サトシ氏は話します。


"It's hard to say the contamination peak among such fish has passed."
「そのような魚の汚染のピークが過ぎたかを見極めるのは難しいのです。」


Other than those caught near Fukushima Prefecture, no bottom feeders have been found to exceed the provisional maximum level for radioactive cesium of 500 becquerels per kilogram.
福島県近くで獲られた魚以外、海底(で餌をとる)魚から、県が定める1kgあたり500ベクレルの放射性セシウムの最大レベルを超している物は見つかっていません。


Fishermen have voluntarily stopped all commercial fishing off the Fukushima coast since March, while beach seine fishing off northern Ibaraki Prefecture was halted late last month.
漁師たちは、3月から、福島海岸沖での漁を自主的にやめています。一方で、茨城県北部の海岸沿いの地引網業が、先月停止されました。


Still, experts stress that close monitoring of bottom fish off Fukushima should continue because there's no telling when contamination levels will peak.
専門家たちは尚、福島沖の海底魚の綿密なモニタリングが続行されるべきだと強調しています。いつ汚染のピークが来るのか分からないからです。


A few samples of fish such as flounder and "ainame" (rock trout) have been found to contain radioactive cesium in excess of the 500-becquerel threshold since July. One sample of ocean bottom fish off Ibaraki Prefecture was also found to be over the limit in September.
7月以来、カレイやアイナメのような魚のいくつかのサンプルから、500ベクレルのしきい値を越す放射性セシウムが見つかっています。


Takashi Ishimaru, a professor of ocean science at Tokyo University of Marine Science and Technology, says contaminated plankton and waste from fish naturally sink to the seabed and are then eaten by miniscule benthos organisms, which bottom fish feed on. As a result, radioactive materials are passed up the food chain.
東京海洋大学の海洋科学の教授、イシマル・タカシ氏は、汚染されたプランクトンと、魚からの自然排泄物が海底に沈み、非常に小さい底性生物組織に取り込まれ、それを海底魚が食べるのです。放射性物質は食物連鎖の中で移動していきます。


Picture2_20120206170002.jpg
(NHKスペシャルより)


"Radioactive materials circulate at the bottom of the ocean. . . . It won't be reduced easily," he says.
「放射性物質は、海底で循環するのです。。。。簡単に減少はしません。」とイシマル教授は言います。


Researchers have yet to obtain data on how contamination from the Fukushima No. 1 plant has spread along the sea floor, so consumers should keep a watchful eye on bottom fish, Ishimaru advises.
調査員たちは、福島第一原発からの汚染が、海底沿いをどのように広がっているのかについてのデータを入手していません。なので、消費者は海底魚には引き続き注意するべきだとイシマル教授は忠告します。


"There could be hot spots under the sea," he warns. "If hot spots exist on the ocean floor, contamination levels of fish that inhabit such areas may spike."
「海の下のホットスポットがあり得ます。」と彼は警告します。「もし、海底にホットスポットが存在すれば、そのような場所に生息する魚の汚染レベルが急上昇するかもしれません。」


Picture3_20120206170001.jpg

Picture4_20120206170001.jpg
(2ヶ月間の汚染の進行。NHKスペシャルより。)


Meanwhile, samples of freshwater fish caught in Fukushima and Maebashi, Gunma Prefecture, have revealed high levels of contamination exceeding the government limit. Tests conducted between April 19 and Jan. 10 in Gunma on 34 freshwater fish showed that 11 caught in Lake Onuma exceeded the maximum level.
一方で、福島と群馬県の前橋で獲れた淡水魚のサンプルからは、政府の限界値を超える高いレベルの汚染が明らかになりました。調査は、4月19日と1月19日に分まで行われ、34匹の淡水魚のうち、大沼湖で獲った11匹の魚が、政府の最大(許容)レベルを超えました。


In Tochigi Prefecture, meanwhile, "ayu" (sweet fish) caught in May in the Kinugawa River near the city of Utsunomiya and the Nakagawa River near the town of Motegi contained radioactive cesium above 400 becquerels per kilogram - less than the current provisional limit but four times higher than the new limit the government will introduce in April.
一方、栃木県では、5月に宇都宮市の鬼怒川と、茂木町中川で獲れたアユが、1kgあたり400ベクレルを超える放射性セシウムを含んでいました。現在の県の限度を下回っていますが、政府が4月に導入する新しい限度の4倍です。


Unlike sea fish that quickly discharge radioactive cesium along with salt, freshwater fish retain salt for a much longer period, says Ishimaru, the ocean science professor.
塩と共に放射性物質をすばやく排出する海の魚と違って、淡水魚は、塩分をずっと長い間保ち続けるのだと、海洋科学のイシマル教授は言います。


"Freshwater fish may continue to be contaminated for a longer period than sea fish," he says.
「淡水魚は、海の魚より、長期に渡り汚染が続くかもしれないのです。」


Picture5_20120206170000.jpg
チェルノブイリの淡水魚汚染の例 (NHKスペシャルより)


Meanwhile, regular studies nationwide have found no alarming signs among ocean fish caught outside the coastal areas of Fukushima and Ibaraki prefectures.
そうしている間に、全国的に行っている通常の研究からは、福島・茨城県の外の海岸地域で取れた海の魚に、警告を発するほどの徴候は全く見られていません。
(水産省で行っているモニタリングのことだと思います。おすすめリンクにあります。)


According to 5,524 sampling tests conducted by the central and local governments, no ocean fish except those caught off Fukushima and Ibaraki had been found to contain radioactive cesium above 500 becquerels per kilogram as of Jan. 24.
中央、県政府で行われた5524のサンプルによると、1月24日の時点で、1kgあたり500ベクレルの放射性セシウムを超えたものは、福島と茨城沖で獲れた海の魚以外、全く見つかっていません。


Fish caught in southern waters should be especially safe to consume, because the Black Current (the north-northeast-flowing Kuroshio current along the Pacific coast) is preventing radioactive materials from spreading any farther south than Chiba Prefecture, experts say.
南の海で獲れた魚は、特に消費しても安全です。黒潮が、放射性物質を千葉県より南に広げることを防いでいるからだ、と専門家は言います。


Radioactive materials off the coast of Fukushima are carried southward to Chiba by the Oyashio Current, where it meets the Black Current that pushes the isotopes away from Honshu and out into the Pacific, they say.
福島海岸沖の放射性物質は、大潮によって、南の千葉の方に運ばれ、そこで黒潮とぶつかり、放射性同位体を本州から太平洋の方へ押し流すだ、と言うのです。


"The Black Current flows eastward at a very high speed. So it's just impossible for radioactive materials to go any farther south beyond that point," says Tohoku University's Katayama.
「黒潮は、高速で東方へ流れます。なので、放射能物質がそのポイントより南へ行くことは、単純に不可能なのです。」


Some migratory tuna and bonito, deep-ocean fish, have tested at around 10 to 20 becquerels of radioactive cesium, but the levels aren't likely to increase because ocean contamination levels at present are barely detectable and the amount of radiation in the plankton and other materials that fish feed on has declined, according to experts.
マグロやカツオなど深海魚は、移動します。調査の結果10から20ベクレルの放射性セシウムが見つかりました。しかし、そのレベルはまず増加しないでしょう。なぜなら、現在の海水の汚染が、ほとんど検出されず、それらの魚が食するプランクトンや他の物質の放射線量が減少しているからなのだ、と専門家は付け足しました。
(そのメカニズムが知りたいです。シアトルの海洋学者、Curt Ebbesmeyer氏
に質問してみたら。。。時間がないそうです。。。残念。。。でも、よく考えてみたら、聞く人間違えてました。この方は、海の浮遊物を追っている人。。。海洋検査専門の方は、Ken Buesseler氏でした



"As for migratory fish far off the coast, I'm not too worried," Katayama says.
海岸からはるか彼方を移動する魚は、あまり心配しすぎることはありません。」とカタヤマ氏は述べました。


Even if fish swim through the polluted waters off Fukushima, "migratory fish only stay there for a few weeks or about a month at the longest. . . . So basically, contamination levels are more likely to decline than increase," he says.
福島沖の汚染水の中を泳いでいる魚でさえも、「移動する魚は、そこに数週間か最長でも1ヶ月しか留まらないのです。。。つまり、基本的に、汚染レベルは、増加すると言うよりは、減少すると言うことです。」


Ishimaru, the ocean science professor, says that if a contaminated fish is put into clean water, any radioactive cesium it contains will fall by half in about 50 days as fish discharge the isotopes through their gills and in their excreta, he says.
イシマル海洋科学教授は、もし、汚染された魚が淡水に入れられた場合、えらから放射性同位体を排出し、排泄物として排出するので、約50日で体内の放射性セシウムは半分に減るのだ、と言います。


"If it passes through polluted seawater, the fish may become contaminated to a certain level. But the radioactive materials in the seawater has been diluted and diffused," Ishimaru says.
「もし、魚が汚染された海水を通り過ぎるとすれば、その魚はある程度まで汚染されるかもしれません。しかし、海水の放射線物質は薄められ、拡散されます。」とイシマル氏。


Picture6_20120206170000.jpg
(海底土の汚染。NHKスペシャルより。)


"As long as contamination levels of their food and seawater don't increase, (migratory fish contamination) levels will decline."
魚が食べているものと、海水の汚染が増加しない限り、(移動する魚の汚染)レベルは下がるでしょう。」






とはいっても、相手は放射能。


専門家の方が警告されているように、ホットスポットをミスしているかもしれません。


海の汚染地図を描く難しさは、すでにNHKスペシャルでレポートされています。
(カナダで食べるシーフード、大丈夫?(後)に動画あり。)



産地の表示よりも、


小売店に並ぶ商品全ての測定値表示が必要だと思います。



以前、モントリオールのThe Gazette紙に掲載された記事と比較すると、

その視点に大きな違いを感じます。



カナダで食べるシーフード、大丈夫?(前)

カナダで食べるシーフード、大丈夫?(後)


汚染されているか、されていないか。汚染の度合いが高いか低いか。


汚染が常に付きまとう当事国と、太平洋を挟んだ遠く対岸の国との「現実」の違いなのかもしれません。



いずれにしても、正しい情報の元に、各個人が判断して食材を選ぶべる仕組みが必要です。



カナダでも、日本からの輸入品には、ベクレルの測定値の表示を。

太平洋岸の回遊魚のサンプル検査の続行を!!





うちのガイガーカウンター。。。

誤ってタイル張りの床に落としてしまい。。。。


測定できなくなってしまったのです。。。。


いつも測定値は。。。。0.00マイクロミリSv/H!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/660-d319b8db

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。