スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

????? な国際協力

 2012-01-29
discovery_logo.jpg


Japan Wants UN Atomic Agency in Fukushima
国連原子力機関を福島に置きたい日本



Tokyo wants an international seal of approval for the energy-hungry country's nuclear industry, but has failed to inspire confidence.
東京中央政府、エネルギーの乏しい国の原子力業界の認可印章を求めたものの、信頼回復に失敗。


Mon Jan 23, 2012 07:04 AM ET

Content provided by AFP


Japan is asking the UN's nuclear agency to set up a permanent office in Fukushima to monitor its efforts to contain the world's worst nuclear accident since Chernobyl.
日本は、国連の原子力機関に対し、チェルノブイリ以来最悪の原子力事故を収束させる取り組みを監視するため、福島に常設オフィスを設けるよう、要請しています。


fukushima.jpg


The International Atomic Energy Agency was "carefully considering" the request, said James Lyons, who is leading a team of IAEA experts reviewing Japan's safety tests for idled reactors.
国際原子力機関は、その要請を「注意深く考慮している」、と休止している原子炉の日本の安全調査を検証しているAIEAの専門家たちを率いるJames Lyons氏は述べました。


Tokyo wants an international seal of approval for the energy-hungry country's nuclear industry to bolster its faltering efforts at reassuring the public it is safe to resume atomic operations.
中央政府は、原発再稼動の安全性を国民に保証するための、まごついている取り組みを強化するために、エネルギーの乏しい国の原子力業界に国際的な承認印章を欲しているのです。


The vast majority of Japan's 54 commercial nuclear reactors are offline because popular opposition is preventing their being restarted in the wake of the Fukushima nuclear crisis.
日本の54の原子炉の大多数が、停止しています。一般民衆の反対で、福島原子力危機のあと、再稼動できずにいるのです。


The disaster, triggered by the March 11 earthquake and tsunami, contaminated the environment and forced tens of thousands of residents around the Fukushima nuclear site, in northeast Japan, to evacuate their homes.
その災害は、3月11日の地震と津波によって引き起こされました。東北の福島原発付近の環境を汚染し、何万人もの住民が避難しなければならなかったのです。


Many still do not know if or when they will be able to return.
多くの人は、自分たちがいつ戻れるのか、未だに分かりません。


Utility companies say Japan will experience severe power shortages if nuclear electricity production is not re-started.
東電は、もし原子力発電が再開しなければ、深刻な電力不足になるであろうと述べています。


"We are making contact with the International Atomic Energy Agency to see what's possible after we received requests from Fukushima that it hoped IAEA will have a permanent presence in the area," a Japanese diplomat told AFP, under customary condition of anonymity.
「福島から、IAEAに現地に常駐して欲しいという要望を受けた後、IAEAに連絡をとり、何が出来るのかを探っています。」と日本の外交官は通例の匿名でAFP(フランス通信社)に話しました。


Foreign Minister Koichiro Gemba, whose parliamentary constituency is in Fukushima, told residents on Sunday that he was making the push after requests from local leaders.
福島の選挙区から選出された外務大臣の玄葉 光一郎氏は、住民に対し、地元の先導者たちからの要望を受けて、後押ししたと言います。


"We are calling on IAEA Director-General Yukiya Amano for the international agency's constant presence," he said in a speech, according to Jiji Press.
「私たちは、IAEAの事務局長である天野之弥氏に、国際機関の常駐を要請しています。」と、スピーチで述べた事を、時事プレスが伝えました。


The announcement coincided with a visit by a 10-member team of IAEA experts led by Lyons, the agency's director of nuclear installation safety.
この発表は、IAEAの原子力施設安全課の長官である、Lyons氏が率いるIAEAの10名の専門家チームの訪問の時になされたものです。


"That's a very important request that we received and it's something that is going to take careful consideration by the IAEA," Lyons told Japanese reporters. "That consideration is underway now."
「この要請はとても重要なものであり、IAEAが慎重に考慮するものです。」とLyons氏は、日本のレポーターに話しました。「今、現在進行中です。」


At the request of the Japanese government, his team will review the methodology of Japan's "stress test" before Tokyo approves any nuclear reactor re-starts.
日本政府の要請では、IAEAのチームが、政府が原子炉を再稼動させる前に、日本のストレステストの方法論を検証することになっています。


The Vienna-based IAEA has offices around the world -- including in Tokyo -- but it does not normally have permanent bases to monitor commercial reactor sites.
ウィーンが拠点のIAEAは、東京を含め、世界中に事務所を持っています。しかし通常は、民間の原発現場での監視をするために、常駐する事はありません。


Tokyo has struggled with public trust on the nuclear issue since the disaster.
日本政府は、この災害以来、原子力問題についての国民の信頼を得るのに苦戦しています。


It appeared to have suffered a further setback on Monday when it was revealed the body set up to manage the unfolding atomic catastrophe at Fukushima kept no records of its meetings.
それは、月曜日に、福島の原子力惨事を明らかにするために立ち上げられた組織の会議の記録が残されていないという事が明らかになり、さらにぶり返す事になりました。


The government's nuclear disaster task force, headed by then prime minister Naoto Kan and including all of his ministers, has no minutes of the meetings that approved the evacuation of people living near the crippled reactors.
政府の原子力災害対策本部は、当時の菅直人首相と、内閣の大臣に率いられていましたが、破壊された原子炉周辺に住む人々についての避難を承認する会議の議事録が全く取られていなかったのです。


The Cabinet Office, in charge of keeping all public records, said it has told the agency to study what it can do to create a written record of the decision-making processes.
公文書記録を保管する担当の内閣事務局は、決断がなされる過程の書面の記録を作成するのに何が出来るのかを、調べるように申し渡した、と述べています。





いくらなんでも、ありえない話だと思いますが・・・

表に出したくないだけ?と勘ぐってしまいます。。。。。


不信感と言うものは・・・

根が深いものです。。。



IAEAと言えば、グリーンピースが、4つの頭を持つ怪獣、と呼んでいる組織です。


6月に検証に訪日したたときは、


「日本政府の、避難を含む国民を保護に対する対応は、感銘を受けるもので、すばらしく系統だっていた。」と絶賛し、


10月に訪日したときは、(CTVカナダより抜粋)


A team of experts from the International Atomic Energy Agency praised Japan on Friday for steps it has taken to reduce radiation exposure for the public, particularly children, near the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear plant.
IAEAの専門家チームは、金曜日(2011年10月14日)に、国民の被ばくを少なくするための、特に福島原発近くの子どもにとった対策について、賞賛しました。


800_japan_fukushima_radiation_ap_111014.jpg


In a preliminary report submitted to the government, the 12-member team said Japan had developed "an efficient program for remediation -- allocating the necessary legal, financial and technological resources to bring relief to the people affected by the accident, with priority being given to children."
政府に提出した予備報告書のなかで、12名のチームは、日本が「修復にあたって、事故の被災者の救済に、特に子どもを優先し、法的、財政的、技術的供給源をもたらし、効果的な政策を展開した。」と述べました。


Tero Tapio Varjoranta, deputy chief of the IAEA team, told a news conference in Tokyo that many of the Chornobyl cancer cases came from drinking milk that contained radioactive cesium, but that Japan's food controls in this area were in "very good order."
IAEAチーム次官Tero Tapio Varjorantaは、東京での記者会見で、チェルノブイリのガン発症の事例は、放射性セシウムを含んだミルクを飲んだことが原因でした。しかし、日本の、その地域の食品管理は、「とても良く秩序が整ってた」、と述べました。


The team found Japan's radiation monitoring system was "very good, very extensive," said leader Juan Carlos Lentijo, adding that it would detect any dangerous spike in radiation.
日本の放射能モニタリングシステムは、「とてもよく、かなり大規模」だった、とチームの先導者 Juan Carlos Lentijoは述べ、そのシステムは、どのような放射能の危険な急上昇をも検出したであろう、と付け加えました。




あいた口がふさがらなかったのは・・・・

私だけではないですよね???

こういうのを、


茶番劇・・・というのでしょうか・・・・???


IAEAが何者なのか?


guardian_logo.jpg


How nuclear apologists mislead the world over radiation
原子力弁護論者たちが、放射能についてどのように世界を欺いたか



~抜粋です~

In the early days of nuclear power, WHO issued forthright statements on radiation risks such as its 1956 warning: "Genetic heritage is the most precious property for human beings. It determines the lives of our progeny, health and harmonious development of future generations. As experts, we affirm that the health of future generations is threatened by increasing development of the atomic industry and sources of radiation … We also believe that new mutations that occur in humans are harmful to them and their offspring."
原子力が始まったばかりのころ、WHOは1956年に出された警告のような、放射能の危険性についての率直な声明を発していました。「遺伝の遺産は、人間にとって最も貴重な財産です。それが、私たちの子孫の生活、健康、未来の世代の調和の取れた発展を決定づけるのです。専門家として、我々は、未来の世代の健康は、原子力業界の、原子力の産地の発展が進むことにより、脅かされることを、断言します。我々は又、人に新しく起こる突然変異が、自分たちにとって、そしてその子孫にとって危険なものであることを主張します。」


After 1959, WHO made no more statements on health and radioactivity. What happened? On 28 May 1959, at the 12th World Health Assembly, WHO drew up an agreement with the International Atomic Energy Agency (IAEA); clause 12.40 of this agreement says: "Whenever either organisation [the WHO or the IAEA] proposes to initiate a programme or activity on a subject in which the other organisation has or may have a substantial interest, the first party shall consult the other with a view to adjusting the matter by mutual agreement." In other words, the WHO grants the right of prior approval over any research it might undertake or report on to the IAEA -a group that many people, including journalists, think is a neutral watchdog, but which is, in fact, an advocate for the nuclear power industry. The IAEA's founding papers state: "The agency shall seek to accelerate and enlarge the contribution of atomic energy to peace, health and prosperity through the world."
1959年以降、WHOは健康と放射能について一切声明を出していません。何が起こったのでしょう?1959年5月28日、第12回世界健康総会で、WHOはIAEAと協定を作成したのです。その協定の、12.40箇条は、「両組織(WHOあるいはIAEA)の一方が、他方の重大な利害が絡むプログラムや活動に着手するいかなる場合も、双方の同意により調整するように、当事者は、他方に意見を求めなければならない。」つまり、WHOは、自分たちが手がける、または報告するあらゆる調査について、事前にIAEAの承認を得る、という(IAEA)の権利を容認しているのです。IAEA-それは、ジャーナリストを含み、多くの人が中立な監視機関だと思っているのですが、実際には、原子力業界の推進者なのです。IAEAの資金文書には、こう書かれています。「この機関は、世界中を通しての原子力エネルギーの平和的、健康的、繁栄への貢献を加速、拡大することに務めるものである。」



170441591.jpg



原子力を推進するための国際機関は、原子力の安全、人々の健康の安全に対しても、権限を握っています。


今までの2回の訪問で、日本政府の政策を絶賛したこと以外に

具体的な解決案などの提示がありません。



原子力の安全規制をする機関と推進する機関を独立したように、(実際機能しているかどうかは置いておいて)

人々の健康を守る機関も、独立させなければなりません。


一方、毎日新聞によると。。。


(Mainichi Japan) January 25, 2012


Japan, Ukraine to launch talks on nuclear cooperation this week
日本とウクライナ、放射能協同について、今週話し合いを開始



TOKYO (Kyodo) -- Japan and Ukraine will begin negotiations for an agreement to help strengthen cooperation on nuclear accidents, the Foreign Ministry said Tuesday.
共同--日本とウクライナは、原子力事故についての協力体制を強化するための同意書に対する話し合いを始めることを、外務省が火曜日に述べました。


The talks will start on Thursday in Kiev. By concluding a bilateral agreement, the Japanese government is hoping to obtain information about the effects of the 1986 Chernobyl nuclear disaster on human health and the environment from the former Soviet republic.
話し合いは木曜日にキエフで開始されます。双方の協定を締結することによって、日本政府は、1986年のチェルノブイリ放射能災害が人の健康や環境に及ぼした影響についての情報を、旧ソ連から入手することを望んでいます。

The government will use the data in treating people exposed to radiation in the worst disaster since Chernobyl at the Fukushima Daiichi power plant, a Foreign Ministry official said, adding that the agreement will enable the two countries to facilitate exchanges of experts on nuclear accidents.
政府はチェルノブイリ以来の最悪の災害で、福島第一原発で放射能に被ばくした人々を扱うのに、そのデータを使用します、と外務省筋が伝えました。その協定を結ぶことで、両国が放射能事故の専門家の交流を促進することも可能になる、と付け加えました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~


政府同士の協定が、どれだけ偏りのないものになるか、



良い結果になりますように。。。

今は、見守りたいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/650-3c59d2a2

コメント
3・11が起こり、これ以上この国はこのままではいけない、
自分にできることをしていけば、
国の政策は変わるかもしれないと思って微力ながら行動していたのですが、
WHOとIAEAの協定を知ってから、私の考えは少し変化しました。

国際的に、放射線による生命への真の影響を隠そうとしている、
原子力産業を守ろうとしている、大きな力が存在するのだと。

そうだとすれば、ちょっとやそっとの国民の気付きでは、
国は変えられないんじゃないかと思うに至りました。
よほど多くの国民の気づきと行動がなければ、
国を変えることは難しいのではないかと。

ちょうど政府ががれきの拡散をごり押ししようとする意図がわからないと
考えていたときにこの協定を知ったので、
もしかすると、関東・東北での低線量の放射線ひばくによる健康被害を隠蔽するために、
全国に放射性物質を運んで、希釈しようとしているのか?
という疑問も沸きました。

それと同時に、関東・東北の(特に首都圏の)
地価やその他の資産価値だけが下がるのを防ぐため、
人口の流出を防ぐため、
その地域の産物が売れなくなるのを防ぐために、
全国総被ばく地帯にしてしまおうとしているのかと考えたりしますが、
政府が放射性物質を拡散しようとする真の意図は、未だわかりません。

そこにどんな意図が働いているとしても、
被害が広がることを、指をくわえてみているという選択肢はありません。

実際に健康被害が出て苦しむかもしれないのは、
私たち自身なのですから・・・

【2012/06/20 23:55】 | さくらさく #- | [edit]
さくらさくさん

世界的な人の気づきが必要ですね。
福島の事故は、世界中に影響を与えました。
技術先進国の日本でさえ、あのようなことになるのだ、という衝撃があったのだと思います。

しかしながら、被曝の危険性を本当に深刻に受止めている人は、世界的に見ても、本当に少ないですね。
なんでそんなにタブーになってしまうんだろう。。。みんな本能的に、ものすごく怖いって分かってるからじゃないかな?口にするのが怖いくらい。認めるのがこわすぎるとか?

技術が発達し、人々の生活がその分忙しくなり、遠い将来のことに想いを馳せる余裕もなくなってしまっているとか。。?恐怖を紛らわせてあえて考えないようにしているとか?5年先の健康状態より、20年先の発がん性より、今こなさなければならないことで頭は一杯にしよう!としちゃうとか。

政府は放射能の拡散より、人々の健康障害より、目先の欲望の渦に巻き込まれてるのではないでしょうか?
発言がころころ変わったり、主旨が見えない人、彼らは、相当の圧力がかかっているのだと思います。政治家としての立場と言動を、本心や個人的感情にふたをして、押し通さなければならない。そんな重い事情もあるでしょう。魂を抜かれたような人がどんどん増えてきていますよね?そうでなければやっていけないのでしょう。だって、みんなゾンビのようじゃないですか?

その圧力に屈しないリーダーが出てくるか否か。
可能性は限りなく無に近いと思いますが。
少なくとも、次の選挙結果は、今までとは違ってくるでしょう。
とにかく、諦めずに、声を上げ、政治家を監視し、一人でも多くの人が、一票の力を発揮させなければなりませんね。

同時に、善意の専門家、市民で、被曝障害の治療と、理解のある社会作りを実現させなければなりません。
そして、既に、そのような動きはあるはずです。

自分が最大限できること。それを毎日考えています。
【2012/06/21 22:15】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。