スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国 VS 国民~悲しい戦い (前)

 2012-01-21
被曝はしないほうが良い、ということだけは、議論の余地がないことでしょう。

命の糧である食べ物。

国、ではなく、「日本に暮らす人々」の賢明な取り組みは、

世界中に伝えられています。


ニューヨークより。


the-new-york-times1.jpg


Japanese Struggle to Protect Their Food Supply
食料供給を守るために奮闘する日本人
(前)



By MARTIN FACKLER

Published: January 21, 2012
Makiko Inoue contributed reporting.

ONAMI, Japan — In the fall, as this valley’s rice paddies ripened into a carpet of gold, inspectors came to check for radioactive contamination.
大波、福島 -秋にこの谷あいの土地の田んぼが、一面黄金色に熟すと、放射能汚染検査の調査員がやってきました。


22japanmap-popup.jpg


Onami sits just 35 miles northwest of the wrecked Fukushima Daiichi nuclear plant, which spewed radioactive cesium over much of this rural region last March. However, the government inspectors declared Onami’s rice safe for consumption after testing just two of its 154 rice farms.
大波は、去年の3月に放射性能セシウムをこの田園地帯に吐き出した、破壊された福島第一原子力発電所から北西に35マイル(56km)のところに位置しています。しかしながら、政府の調査員は、154箇所の農地のうち2件を調査しただけで、大波のお米が安全だと宣言したのです。


Then, a few days later, a skeptical farmer in Onami, who wanted to be sure his rice was safe for a visiting grandson, had his crop tested, only to find it contained levels of cesium that exceeded the government’s safety limit. In the weeks that followed, more than a dozen other farmers also found unsafe levels of cesium. An ensuing panic forced the Japanese government to intervene, with promises to test more than 25,000 rice farms in eastern Fukushima Prefecture, where the plant is located.
そして、数日後に、大波で疑いを抱いた農家が、自分の孫息子を訪ねるのに安全なお米だと確信を持ちたいと思い、自分のお米を調査し、政府が安全と定める限界を超えたセシウムのレベルを含んでいると分かったのです。その後数週間、十数件の農家が、セシウムの安全基準を超えていたことを知りました。その後のパニックが、日本政府に、原発のある福島県東部の2万5000以上の農場を検査する約束をせざるを得なくさせたのです。


The uproar underscores how, almost a year after a huge earthquake and tsunami caused a triple meltdown at the Fukushima Daiichi plant, Japan is still struggling to protect its food supply from radioactive contamination. The discovery of tainted rice in Onami and a similar case in July involving contaminated beef have left officials scrambling to plug the exposed gaps in the government’s food-screening measures, many of which were hastily introduced after the accident.
巨大地震と津波が福島第一原発のトリプルメルトダウンを引き起こしてもうすぐ1年、人々は、どうやって(検査をするのか)、と騒ぎたて、日本は未だに放射能汚染から食物供給を守るためにあがいているのです。大波の汚染米の発見と、汚染牛を巻き込んだ7月の似たようなケースは、明らかにされた政府の食品スクリーニング対策の隙間を、あわてて埋めさせることになりました。その対策の多くは、事故後、軽率に導入されていたのです。


Picture3_20120122154913.jpg
Some cattle farmers in Fukushima Prefecture say they had not received any guidance on precautions from government officials in the wake of the radiation leaks.


The repeated failures have done more than raise concerns that some Japanese may have been exposed to unsafe levels of radiation in their food, as regrettable as that is. They have also had a corrosive effect on public confidence in the food-monitoring efforts, with a growing segment of the public and even many experts coming to believe that officials have understated or even covered up the true extent of the public health risk in order to limit both the economic damage and the size of potential compensation payments.
その繰り返される失策は、遺憾にも、危険なレベルの放射能を含んだ食品に被曝してしまった人がいるかもしれないと言う懸念以上のものを引き起こしたのです。それは又、食品のモニタリング対策に対する国民の信頼を腐食させる効果をもたらし、人々の分裂は深まり、多くの専門家さえもが、官僚たちが、経済への悪影響やあり得る賠償金の額を抑えるために、国民の健康リスクについて控えめに述べたり、隠蔽さえしていると思うまでになっています。


Critics say farm and health officials have been too quick to allow food to go to market without adequate testing, or have ignored calls from consumers to fully disclose test results. And they say the government can no longer pull the wool over the public’s eyes, as they contend it has done routinely in the past.
批評家は、農家や衛生局が、適当な調査をせずに、あまりにも早急に食品を流通させ、消費者からの、調査結果を全て公表するように、と言う要求を無視しているのだ、と言います。そして、過去にいつものようになされてきたのだと論争するにつれ、政府はもう国民の目を欺けないのだ、と言うのです。


“Since the accident, the government has tried to continue its business-as-usual approach of understating the severity of the accident and insisting that it knows best,” said Mitsuhiro Fukao, an economics professor at Keio University in Tokyo who has written about the loss of trust in government. “But the people are learning from the blogs, Twitter and Facebook that the government’s food-monitoring system is simply not credible.”
「事故以来政府は、事故の深刻性は理解していて、自分たちが一番良く分かっているのだと主張するような、平常どおりの取り組みを続行しようとしてきました。」慶応大学の経済学教授、フカオ・ミツヒロ氏は話しました。政府の信頼喪失について書いた人です。「しかし人々はブログ、ツイッター、フェイスブックで、政府の食品モニタリングのシステムが、単に信用性のないものだと、学んでいるのです。」


One result has been a burst of civic activism, rare in a nation whose civil society that depends on its elite bureaucrats more than citizen groups to safeguard the national interests, including public health. No longer confident that government is looking out for their interests, newly formed groups of consumers and even farmers are beginning their own radiation-monitoring efforts.
1つの結果は、市民運動に火がついたことです。国民の健康を含み、国事を守るために、市民団体よりも、エリーと官僚にたちに依存してきた社会性を持つ日本と言う国ではまれなことなのです。政府が、自分たちの関心事については目をむけているという信頼はもはやなく、新しく消費者グループや、農家の人たちのグループさえもが結成され、独自に放射能モニタリングの取り組みを始めています。


radiation2-popup.jpg
Setsuko Suzuki, 56, of Fukushima, took cabbage and rice to a citizens' radiation testing center.
Copyright 2012 The New York Times Company



More than a dozen radiation-testing stations, mostly operated by volunteers, have appeared across Fukushima and as far south as Tokyo, 150 miles from the plant, aiming to offer radiation monitoring that is more stringent and transparent than that of the government.
十数か所の放射能検査施設が、主にボランティアで運営され、福島のいたるところ、原発から150マイル(241km)の東京の南にまでも現れているのです。政府のモニタリングより、より厳格、透明性のある放射能モニタリングを目指しています。


“No one trusts the national government’s safety standards,” said Ichio Muto, 59, who farms organic mushrooms in Nihonmatsu, 25 miles northwest of the Fukushima Daiichi plant. “The only way to win back customers is to tell them everything, so they can decide for themselves what to buy.”
「だれも国の安全基準など信頼していません。」と原発から北西に25マイル(40km)の二本松でオーガニックのきのこを栽培している、ムトウ・イチオさん(59)は、言いました。「お客様を取り戻す唯一の方法は、全てを話すことです。そうすれば、皆、自分で何を買うべきなのかを決められるのです。」


Mr. Muto is one of 250 farmers in Nihonmatsu who started a makeshift radiation-testing center at a local truck stop. On a recent morning, he and a half-dozen other farmers gathered in the truck stop’s tiny kitchen. There, they diced daikon, leeks and other produce before putting them separately into a $40,000 testing device that was donated by a nongovernmental group.
ムトウさんは地元ニ本松のトラック駐車場で、間に合わせの放射能検査センターを始めた250軒の農家の人たちのうちの1人です。最近のある朝、彼と他十数人の農家の人々がトラック駐車場の小さなキッチンに集まりました。そこで、大根、ねぎ、他の作物をみじんに切り、別々に4万ドル(約3百万円)の検査機に入れるのです。その検査機は、行政以外の団体から寄付されたものです。


The farmers test samples of every crop they grow, and then they post the results on the Internet for all to see. Mr. Muto knows firsthand how painful such full disclosure can be: he destroyed his entire crop of 110,000 mushrooms after tests revealed high radiation levels.
農家の人たちは、自分たちが育てた全ての収穫物のサンプルを検査します。そして、皆が見れるように、インターネットに投稿します。ムトウさんは、そのような全ての公開がどんなにつらいものか、じかに感じていました。検査で高い放射能レベルが明らかになった、11万もの全てのきのこを、捨てたのです。


But such efforts do not address one of the biggest questions asked by consumers: whether farming should be allowed at all in areas near the plant.
しかし、このような取り組みは、消費者が抱く最大の疑問の1つに言及していません。原発付近で農作物を作ることが許されるべきなのかどうか?



~つづく~
To be continued...



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/641-08707616

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。