スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本を救うのは・・・

 2012-01-19
今日の回覧です。


image.jpg


It's just dawned on me....
思い当たってしまいました。


My dog sleeps about 20 hours a day.
私の犬は、1日に大体20時間寝ています。

He has his food prepared for him. He can eat whenever he wants.
食事は用意されていて、食べたいときにいつでも食べられます。

His meals are provided at no cost to him.
食事はただで提供されます。

He visits the Dr. once a year for his checkup, and again during the year if any medical needs arise.
1年に一度、検診のために獣医を訪れ、何か健康上の問題があれば、又訪れます。

For this he pays nothing and nothing is required of him.
診察代は払わず、要求もされません。

He lives in a nice neighborhood in a house that is much larger than he needs and he is not required to do any upkeep.
環境の良い住宅街の、必要以上に大きな家に住み、手入れをする必要もありません。

If he makes a mess, someone else cleans it up.
汚してしまったら、誰かがきれいにしてくれます。

He has his choice of luxurious places to sleep.
豪華な寝る場所を選ぶこともできます。

He receives these accommodations absolutely free.
この住む場所は、全くのただ、です。

He is living like a King, and has absolutely no expenses whatsoever.
まるで王様のような暮らしぶりで、何にも一切費用はかかりません。

All of his costs are picked up by others who go out and earn a living every day.
かかる費用は全て、誰かが毎日働きに行って、払ってくれます。

I was just thinking about all this, and suddenly it hit me like a brick ........
こんなかと全てをよく考えてみたら、突然ガツンとレンガで殴られたような気がしました。

OMG! I think my dog is a member of Parliament!
なんということ!! 私の愛犬は、議会の一員だったとは!!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


このジョークを笑って済ませられると言うことは、

いろいろ問題はあっても、とりあえず、


多くの人が、生きていくための最低限の環境を確保されている、

ということなのかもしれません。



今は、こんなジョークも笑えません・・・


カナダBC州、ネルソンからです。

The Nelson Daily


Greens say Health Canada failed to reveal radioactivity in rainwater
緑の党、ヘルスカナダ(カナダ公共衛生局)が雨水の放射性を明らかにしなったと主張



by Contributor on 18 Jan 2012


The Green Party of Canada said despite public concern over fallout from the nuclear disaster in Fukushima, Health Canada failed to report higher than normal radioactive iodine levels in rainwater.
カナダ緑の党は、福島の放射能災害からの降下物についての人々の懸念にも関わらず、ヘルスカナダが、雨水に含まれる放射性ヨウ素のレベルが上がったことの報告を怠った、と述べました。


may_pic.jpg
怒ってます!


The Greens have been calling for Canada to increase transparency around possible radioactive contamination in the wake of the Fukushima nuclear disaster.
緑の党は、カナダ政府に対し、福島放射能災害後の、あり得る放射能汚染についての、透明性を強化するよう要求してきました。


“We were worried that this important information would not reach the public and unfortunately, it looks as if we were right,” said Green Leader Elizabeth May, MP for Saanich Gulf Islands in a written press release.
「重要な情報が国民に伝えられないのではないかと、心配していました。残念ながら、その懸念は当たってしまったようです。」と緑の党の党首、Saanich・ガルフ諸島地区のエリザベス・メイ議員は、書面声明で述べました。


It has now been revealed that data were not released from a Calgary Health Canada monitoring station detecting levels of radioactive iodine in rainwater well above the Canadian guideline for drinking water.
今になり、カルガリーのヘルスカナダのモニタリングポストで検出された、カナダの飲み水のガイドラインをあまりにも越えていた、雨水の放射性ヨウ素レベルのデータが発表されなかったことが、明らかになりました。


This isotope was known to be released by the nuclear accident and also showed up in tests in Vancouver, Winnipeg and Ottawa. Lower levels of contamination resulted in a don't-drink-rainwater advisory in Virginia.
この放射性同位体は、原発事故により放出されることで知れていて、バンクーバー、ウィニペグ、オタワの調査でも現れていました。バージニア州(アメリカ)では、その低レベルの汚染から、雨水を飲まないように、という勧告が出されたのです。


“Serious questions are arising about how Health Canada tests for radiation, and why it has failed to properly alert the public,” said May.
「ヘルスカナダは、放射能をどのように調査しているのか、なぜ、住民に適切な警告しなかったのか、という深刻な問題が持ち上がっています。」とメイ議員は話しました。


“We find out now that monitoring appears inadequate, Health Canada data does not agree with that from independent researchers, and no information is making its way to the public.
「モニタリングが不適切だったことが分かり、ヘルスカナダのデータが、フリーの調査員からの数値と異なっているのです。何の情報も人々に明らかにされる様子はありません。」


"In effect, Health Canada has not allowed Canadians to take any preventative steps to reduce our exposure to this radiation.”
「事実上、ヘルスカナダは、カナダ人が放射能被曝を減らすために予防策をとることを許していないのです。」


“We now ask, what changes will be implemented to restore public trust in our health regulators?” said May.
「お尋ねします。私たちの健康規定についての国民の信頼を取り戻すのに、どのような変更を施行されるのでしょうか?」







そして、オールトラリアから、 北アジア特派員、マークのレポートです。


abc_australia.jpg


Japan 'betrayed citizens' over radiation danger
放射能の危険について、国民を裏切った日本


By North Asia correspondent Mark Willacy

Updated January 20, 2012 06:30:47

Japan has been accused of betraying its own people by giving the American military information about the spread of radiation from Fukushima more than a week before it told the Japanese public.
日本政府は、福島からの放射能拡散についての情報を、自国民に発表する一週間前に、アメリカ軍に提供していたとして、国民への裏切りを非難されています。


The mayor of a Japanese community abandoned because of its proximity to the Fukushima nuclear plant has told AM the government's actions are akin to murder.
福島原子力発電所に近接しているために、土地を放置しなければならなかった地域の市長は、ABC・AMに対して、政府の行ったことは、殺人と同様のことだ、と言いました。


An official from Japan's science ministry, which was in charge of mapping the spread of radiation, has acknowledged to AM that perhaps the public should have been told about the dangers at the same time the US military was informed.
放射能拡散の地図の作成を任されている、文部科学省の役人は、ABC・AMに対し、おそらく、アメリカ軍が知らされたのと同時に、その危険性について告げられるべきだったのだろう、と認めました。


In the hours after the meltdowns at Fukushima, unseen plumes of radiation began to roll over the Japanese landscape.
福島のメルトダウン後の1時間、日本の地の上を放射能の見えないプルーム(雲)が転がり始めたのです。


Just a few kilometres from the oozing remains of the nuclear plant the people of Namie village gathered to evacuate.
放射能漏れを起こしている原発から数キロの浪江村の人々は、避難するために集まりました。


With no information coming from Tokyo, mayor Tamotsu Baba decided to lead the people of his community further north away from the plant.
東京からの情報が全くないまま、ババ・タモツ村長は、原発からはるか北へ、村民を先導することにしました。


He did not know it at the time, but that was the very direction the plumes of radiation were also blowing.
そのとき彼は知らなかったのです。向かっている先が、放射能のプルームが風に吹かれている正にその方角だったとは。


"Because we had no information, we were unwittingly evacuating to an area where the radiation level was high. So I'm very worried about the people's health," he told AM.
「何の情報もなかったからなのです。私たちは、放射能レベルの高かった地域へ、そうとは知らずに避難していたのです。皆の健康がとても心配です。」と彼はABC・AMに話しました。


2659404-3x2-340x227.jpg
Photo by Reuters


"I feel pain in my heart but also rage over the poor actions of the government."
「心が痛みますが、政府の不十分な対応には怒りも覚えます。」


While the people of Namie and the Japanese public as a whole were not getting any clear idea from their government about the possible spread of radiation, the Americans were.
浪江の住民と日本国民が、放射能の拡散の可能性について、政府からの全体としてのはっきりとした見解を持てずにいたとき、アメリカ人には、分かっていたのです。


Just three days after the tsunami crushed the Fukushima nuclear plant, Japan's science ministry handed over computer predictions about the radiation dispersal to the US military.
津波が福島原発を破壊したわずか3日後に、日本の文部科学省は、放射能拡散についてのコンピューターの予測をアメリカ軍に渡していたのです。


Itaru Watanabe from the science ministry says the government did this to secure US support in dealing with the nuclear crisis.
文部科学省のワタナベ・イタル氏は、政府は、放射能危機の対応について、アメリカの支援を確保するために、情報を渡した、と言います。


But he admits that maybe that same data should have been shared with the public too.
しかし、彼は、同じデータが国民にも共有されるべきだったのかもしれない、と認めました。


"According to the government panel investigating the disaster, the information about the potential spread of radiation could have been given to the public," he said.
「災害を調査している政府の審査員によると、放射能拡散の可能性についての情報は、国民に示せたものだ、ということです。」


"The science ministry should have told the nuclear disaster task force to pass on the data to the people. But we didn't think of that. We acknowledge that now."
「文部科学省は、原子力災害特別対策本部に、データを人々に公開するように言うべきだったでしょう。しかし、そうは考えなかったのです。今では、そうするべきだったと認識しています。」


'Act of murder'
「殺人行為」


Mr Baba, who is now homeless, accuses the Japanese authorities of abandoning his village by withholding information and leaving his community at the mercy of unseen radiation.
今では家を失ったババさんは、情報を抱え込み、自分の地域を目に見えない放射能の思うままにさせることで、村を見捨てた日本政府を非難しています。


"It's not nice language, but I still think it was an act of murder," he said.
「良い言葉ではありませんが、やっぱり殺人行為だと思うのです。」


"What were they thinking when it came to people's dignity and lives? I doubt that they even thought about our existence."
「人の尊厳や命について、なんだと思っているのでしょう? 政府が自分たちの存在についてさえ考えていないように思えます。」


It is true Japan's science ministry struggled to glean accurate information about the amount of radiation spewing from the Fukushima plant, with some data about its spread proving wide of the mark.
文部科学省が、福島原発から噴出している放射能量についての正確な情報をかき集めるのに苦労しているのは本当です。拡散についてのいくつかのデータは、間違っていました。


Mr Watanabe acknowledges whatever data was available should have been passed on to the public.
ワタナベ氏は、可能な限りのデータが、国民に示されるべきだった、と認めました。


"We acknowledge the criticism that if the data was publicly known that people could have avoided areas of high contamination. So we will study what's happened to see how we can use the system more effectively," he said.
「もしデータが公表されていたら、人々は高い汚染度の地域を避けることができたのだ、という批判は承知しています。なので、何が分かり、どのようにそのシステムを効果的に使うことができるのかを研究します。」と話しました。


For the 20,000 people of Namie that probably does not mean much - they have lost their homes and many fear for the health of their children.
浪江の2万人の住民にとって、それは何の意味もなさないことです。家を失い、多くの人が、子どもたちの健康を怖れているのです。


A system that was designed to protect and warn them has clearly failed.
人々を守り、警告するためにつくられたシステムは、明らかに失敗に終わりました。






このようなことが報道されても、

はぁ、またかぁ・・・

と、いまさら驚くことでもありませんが、


日本人として、なぜ、こんな、情けない想いをしなければならないのかと思うと、

腹が立ったりしてしまいます。



温かい心を持ち、先見の明があり、抜群のリーダーシップを持つ、

カリスマ的救世主が現れないか、

などと言う淡い期待は、もうとっくに捨てました。



日本という国の誇りを取り戻し、

日本の未来を救うことができる、本当の救世主は、


人の痛みを自分の心で感じることのできる、


動物、植物、全ての命を育む地球の痛みを感じることのできる、


99%の一般人、一人一人なのだと、


そう、信じているのです。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/639-f98c76fe

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。