スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダで食べるシーフード、大丈夫?(前)

 2012-01-14
カナダモントリオールからです。

GazetteLogo.jpg


After Fukushima, fish tales
アフター福島~魚のお話
(前)


By ALEX ROSLIN, Special to The Gazette

January 13, 2012 9:06 PM


After the world’s worst nuclear accident in 25 years, authorities in Canada said people living here were safe and faced no health risks from the fallout from Fukushima.
ここ25年で世界最悪の放射能事故の後で、カナダ政府筋は、カナダの住民は安全で、福島からの降下物から健康に与えるリスクはない、と述べました。


They said most of the radiation from the crippled Japanese nuclear power plant would fall into the ocean, where it would be diluted and not pose any danger.
又、日本の機能を失った原子力発電所からの放射能のほとんどが海に降下し、薄められるので、危険を引き起こすことはない、と述べたのです。


Dr. Dale Dewar wasn’t convinced. Dewar, a family physician in Wynyard, Sask., doesn’t eat a lot of seafood herself, but when her grandchildren come to visit, she carefully checks seafood labels.
Dale Dewar医師は納得していませんでした。サスカチワン州、Wynyardの開業医、Dewar医師は、自分は海産物はあまり食べないけれど、孫たちが尋ねてきたときは、海産物のラベルを注意深く確認しています。


She wants to make sure she isn’t serving them anything that might come from the western Pacific Ocean.
孫たちに太平洋西部からのものを一切出さないように、念を入れたいと思っているのです。


Dewar, the executive director of Physicians for Global Survival, a Canadian anti-nuclear group, says the Canadian government has downplayed the radiation risks from Fukushima and is doing little to monitor them.
Dewar医師は、 (IPPNWのカナダ支部である)グローバルサバイバル医師団(PGS)の取締役であり、カナダ政府が福島からの放射能の危険性を小さく見せようとし、ほとんどモニタリングをしていないのだと言います。


“We suspect we’re going to see more cancers, decreased fetal viability, decreased fertility, increased metabolic defects – and we expect them to be generational,” she said.
「癌の増加、胎児の生育能力低下、不妊の増加、新陳代謝欠陥の増加を見ることになるでしょう。それは何世代にも引き継がれていくと思われるのです。」


And evidence has emerged that the impacts of the disaster on the Pacific Ocean are worse than expected.
この災害が太平洋に与えた影響は、予測していたより悪いという証拠が出てきています。


Since a tsunami and earthquake destroyed the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant last March, radioactive cesium has consistently been found in 60 to 80 per cent of Japanese fishing catches each month tested by Japan’s Fisheries Agency.
去年の3月に、津波と地震が福島第一原子力発電所を破壊して以来、日本水産庁による毎月の調査によると、放射性セシウムは、漁獲されたものの60-80%に、ずっと発見され続けているのです。


In November, 65 per cent of the catches tested positive for cesium (a radioactive material created by nuclear reactors), according to a Gazette analysis of data on the fisheries agency’s website. Cesium is a long-lived radionuclide that persists in the environment and increases the risk of cancer, according to the United States Environmental Protection Agency, which says the most common form of radioactive cesium has a half-life of 30 years.
水産庁のウェブサイトからのGazette紙のデータ分析によると、11月には、65%の漁獲物にセシウム(原子炉で造られた放射性物質)が検出されています。セシウムは環境に長く存在する放射性物質で、アメリカ合衆国環境保護庁によると、癌発症の危険を高めるものです。放射性セシウムは最もよく知られた放射性物質で、半減期が30年とのこと。


The Canadian Food Inspection Agency, which monitors food safety, says it is aware of the numbers but says the amounts of cesium detected are small.
食品安全のモニタリングを行うカナダ食品検査庁は、その数は認識しているけれど、検出されたセシウムの量は小さいのだ、と言います。


“Approximately 60 per cent of fish have shown to have detectable levels of radionuclides,” it said in an emailed statement.
「約60%の魚に検出可能なレベルの放射性物質が示されています。」とカナダ食品検査庁はEメールで述べました。


“The majority of exported fish to Canada are caught much farther from the coast of Japan, and the Japanese testing has shown that these fish have not been contaminated with high levels of radionuclides.”
「カナダに輸出される大多数のものは、日本の海岸からはるかに離れたところで捕られたものです。日本の調査は、これらの魚が、高いレベルの放射性物質に汚染されてはいない、と示しています。」


But the Japanese data shows elevated levels of contamination in several seafood species that Japan has exported to Canada in recent years.
しかし、日本のデータは、ここ何年かカナダに輸出している海産物の数種類に、汚染のレベルの上昇を示しているのです。


In November, 18 per cent of cod exceeded a new radiation ceiling for food to be implemented in Japan in April – along with 21 per cent of eel, 22 per cent of sole and 33 per cent of seaweed.
11月には、18%のcod(たら)、21%のeel(うなぎ)、22%のsole(ひらめ)、33%の海藻が、日本が4月から施行する新しい食品放射能限界を超えました。


Overall, one in five of the 1,100 catches tested in November exceeded the new ceiling of 100 becquerels per kilogram. (Canada’s ceiling for radiation in food is much higher: 1,000 becquerels per kilo.)
全体として、11月に検査された1100の捕獲物の5つのうち1つの割合で、新しい規制値の1kgあたり100ベクレルを超えたのです。(カナダの食品放射能限界値は、更に高く1kgあたり1000ベクレルです。


“I would probably be hesitant to eat a lot of those fish,” said Nicholas Fisher, a marine sciences professor at the State University of New York at Stony Brook.
「これらの魚を多く食べることには抵抗があると思います。」とストーニーブルックのニューヨーク州立大学、海洋科学の教授、Nicholas Fisher氏は話しました。


Fisher is researching how radiation from Fukushima is affecting the Pacific fishery. “There has been virtually zero monitoring and research on this,” he said, calling on other governments to do more radiation tests on the ocean’s marine life.
Fisher氏は福島からの放射能が太平洋での漁業にどのように影響を与えるのかを調査しています。「このことについて行われているモニタリングや調査は、実際にゼロなのです。」海洋生物についての放射能検査をするよう、他の政府に訴えているFisher氏は述べました。


“Is it something we need to be terrified of? No. Is it something we need to monitor? Yes, particularly in coastal waters where concentrations are high.”
「それは、私たちが恐れる必要のあるものでしょうか?いいえ。それは、私たちがモニタリングする必要があるものでしょうか?そうです。特に濃縮の高い海岸沿いの海水中のものについては。」


Contamination of fish in the Pacific Ocean could have wide-ranging consequences for millions.
太平洋の魚の汚染は、何百万人もの人にとって、広域に渡る結果(害)をもたらしかねません。


The Pacific is home to the world’s largest fishery, which is in turn the main source of protein for about one billion people in Asia alone.
太平洋は、世界で最大の漁業の場なのです。同様に、その産物は、アジアだけでも、約十億人もの人々の主なタンパク質源となっています。


In October, a U.S. study - co-authored by oceanographer Ken Buesseler, a senior scientist at the non-profit Woods Hole Oceanographic Institution in Woods Hole, Mass., - reported Fukushima caused history’s biggest-ever release of radiation into the ocean - 10 to 100 times more than the 1986 Chernobyl nuclear catastrophe.
10月のアメリカの研究-マサチューセッツ州、非営利団体ウッズホール海洋研究所のベテラン科学者である海洋学者、Ken Buesseler氏と共同著作された-では、福島が、海洋に放出された放射能が、史上最大のものだ-1986年のチェルノブイリ放射能惨事より10-100倍以上-と報告されています。


“It’s completely untrue to say this level of radiation is safe or harmless,” said Gordon Edwards, president of the Canadian Coalition for Nuclear Responsibility.
「この放射能レベルが安全だとか、害がない、と言うのは、全く持って真実ではない。」と、カナダ原子力責任連合の代表であるGordon Edwards氏は言います。


Edwards, who is also a math professor at Vanier College, said Fukushima has highlighted how lackadaisical Canadian authorities are about radiation risks - the result, he says, of the influence of Canada’s powerful nuclear industry.
Vanierカレッジで数学の教授もしているEdwards氏は、福島事故は、カナダ政府が放射能のリスクについて、どれだけ気乗りしていないか、ということに光をあてました。カナダの強力な原子力業界の影響の結果なのだ、と言います。


“The reassurances have been completely irresponsible. To say there are no health concerns flies in the face of all scientific evidence,” said Edwards, who has advised the federal auditor-general’s office and Ontario government on nuclear-power issues.
「安心させる、ということは、全くもって無責任です。科学的証拠にも関わらず、健康に対する心配が全くない、などということは。」とEdward氏は話しました。彼は、原子力問題について、政府の監査室とオンタリオの政府に忠告してきたの人なのです。


Other Fukushima impacts have been unexpected, too. The first debris swept into the sea by the tsunami reportedly started to wash ashore on the west coast in mid-December, a year earlier than scientists and authorities predicted.
福島事故の他の影響も、予測されてきませんでした。伝えられるところによると、津波から流された最初の瓦礫が12月中旬に西海岸にうちあげられ始めたようです。科学者や政府筋が予測したよりも1年早いのです。


5994274.jpg



Residents of Vancouver Island, Alaska and the U.S. Pacific coast have said they’ve found large quantities of bottles, cans, lumber and floats.
バンクーバー島、アラスカ、アメリカ西海岸の住民は、大量のボトル、缶、木材や浮きを見つけた、と言っています。


The debris is part of 18 million tonnes of debris from Japan floating across the Pacific-taking up an area thought to be twice the size of Texas.
その瓦礫は、日本から流され、太平洋を漂流している1800万トンの瓦礫の一部で、その面積はテキサス州の2倍と考えられています。


The impact of the debris on the Pacific is unclear. Much of it is expected to eventually join an already massive patch of existing garbage floating in the Pacific gyre.
瓦礫が太平洋に与える影響は、明らかではありません。その多くが、最終的に、既にごみが浮いている北太平洋旋廻の「太平洋ゴミベルト に合流すると思われています。


350px-North_Pacific_Gyre_World_Map.png

great-pacific-garbage-patch.jpg


The arrival of the debris on the west coast also appears to have caught Canadian authorities off guard.
西海岸へ到着した瓦礫についても、カナダの政府筋は油断していたのが明らかになりました。


“What debris are you talking about?” Health Canada spokesman Gary Holub asked when contacted for a comment this week.
「なんの瓦礫のことを言っているのですか?」と、今週コメントを求めたところ、ヘルス・カナダのスポークスマン、Gary Holub氏はたずねました。


“Debris from Japan is not expected on the west coast of Canada for another year.”
「日本からの瓦礫は、あと一年はカナダの西海岸には到着することはないと推測されている。」


He asked a reporter to email him media stories about the debris. Later, Holub emailed a statement saying “there has been no official confirmation that the source of this debris is from the tsunami in Japan.”
彼はレポーターに、瓦礫についてのメディアの記事をEメールするように頼みました。後にHolub氏は、「この瓦礫が日本の津波によって流されたものだと正式に認められていない。」とEメールを送ってきました。


He said, “It is ‘highly unlikely’ the debris will be radioactive and that Health Canada will await scientific data before deciding whether to test any of it.”
「瓦礫が放射能を含んでいることは、”ほとんどありえない”ことで、ヘルス・カナダは、調査するか否かについて、科学的データを待つことになるだろう。」と書かれていました。


It’s also unclear how the debris will impact fish in the Pacific.
その瓦礫が、太平洋に生息する魚に、どのような影響を与えるのかも、明らかではないのです。


~つづく~
To be continued~


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/635-e5cb3d28

コメント
私たちは、これから、どんどん明るみに出る、事実、そして、真実と、生きて、そして、死んでいかねばならないことを、まず、『覚悟』することですね。。分析しても、解説しても、すでに、『起きて』しまったことを、消すことも、変えることも、もはや出来ません。残念ながら、Dr.の言うとおり、何世代にもわたって、影響が続くこと。。これは、事実、真実なのではないでしょうか。

『同じ過ちを、起こさない。』という、『学び』を、人類はまだ、きちんと、達成したこともなく、身に着けていないのが、悲しい限り。(戦争にしても、国家間の見えない軋轢にしても、全てのレベルでの人類同士での傷付け合い。を、家族、友人、コミュニティーレベルでも、乗り越えられてない。。)なんじゃない? という以前に、何がどう、過ちなのか。を、きちんと理解できていないのかな。

このまま、人類が、低レベルでの争いを続けていくかぎり、マクロの視点からの人類のグループとしての成長を見るには、気が遠くなるほどの時間が必要ですね。 その目標と、人類滅亡と、どっちに先に到達しちゃうか。。なぁ。。
【2012/01/15 10:25】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

無事に戻ってきたんですね。元旦から、いろいろあったので、心配してました。よかったです。お帰りなさい。

胸が引き裂かれるくらいに痛むのは、まだ若い子どもたちが、既に起きてしまったことは消せないし、変えられなくて、現実と真実を、大人より曇りのない目で、ちゃんと感じ取り、汚染の高いところに残らざるを得ない、あるいは、自ら残ることを選択し、全てを受けとめている。。。と言うことです。まだまだ幼い体と心で、どんなに不安だろうか、と。

放射能汚染の分析は、自然の姿を知るという科学の研究と言う意味では、とても興味深いものです。放射能の値を測ることで、海流がどんな風に流れて、それが生態系にどんな風に影響するのか、森林に降り注ぐ雨が、どんな風に自然に取り込まれ、どんな風に移動するのか、そんないろいろなことが新たに分かってくるでしょう。大自然の仕組みを知ると共に、その深さも実感します。そして、汚染のないところのデータと汚染されてしまったところのデータから、健康障害も含め、放射能の真の姿が明らかになります。人間の叡智をもって、その仕組みとどうやって共生していくのか。人類の歴史が始まって、自ら引き起こした、最大のチャレンジではないでしょうか?

私が一番実現したいのは、被曝の危険性を国が認め、人々が知り、健康障害が出ても、精神面も含めての医療システムに支えられ(無料の検査、治療)、最後に、誰もが、この世に生きてよかった、と思って一生を終えられるような社会作りです。被曝は関係ない、とか、どうしようもない倦怠感を、怠けている、とか仮病だとか、そんな風に理解されずに苦しく、悔しく、悲しい思いだけをして、事故のことや、国、電力会社のことをひたすら恨んで、無念の思いで生涯を終えるような、そんな思いを、もう、これ以上誰にもして欲しくないのです。

政治、経済。これが、大きな障害ですね。今回起こした事故の東電の責任は果てしなく重く、政府の対応は、もう、償えるものではありません。それを知らずに容認してきた私もです。だからこそ、障害を持って生まれてきても、奇形で生まれてきても、親が、「生まれてきてくれてありがとう」そして本人が、「生まれてきて良かった」そんな風に生きていける社会を絶対に作らなければならないと思っているのです。医療のバックアップと、人々の理解。これだけが整えば実現できます。2度も核の犠牲になった日本が、かわいそうな日本、ではなく、放射能と共に、誇り高く生きる日本、となるのを、ただただ願っているのです。できるかな?!
【2012/01/16 18:14】 | Blue Dolphine #- | [edit]
願い。祈る。見えないエネルギーに、学ぶ、そして、託す。。

2012年は、そんな目には見えない力への、人類の目覚め。が、あちこちであるといいんですが。

東京、神奈川、静岡。。で、合計ひと月の、時間を過して来ましたが、発見としては、関東の人は、震災前となんら変わらない暮らしに、物理的、および、心理的に、平然と戻っている。(節電が、美学になりつつも。震度3、4程度の地震には、慣れっこ状態で、へ。。でもないような。) 

被災地と、私が関わった関東在住の人間との精神的距離が、被災地と、カナダより、遠く感じられるような瞬間が多かった。。これは、いかがなもんなんだろうねぇ。。

現実に『そこ』に、いない人には、報道、情報をよりどころとした、想像、解釈、感情同情と、理念。。があるだけ。のような。

本当に、何かを物理的、人的に動かすには、報道や、声や、文字だけでは、到底たりないのかも。。。と、感じました。政治家をはじめ、放射能や、被災現場を肌で知っている人って、めちゃめちゃ少数派だし。。。。

被災地の人たちが、我慢強すぎて、静かに黙々と、頑張ちゃっている。。って現状がある。。当事者以外の人々は、目先の生活を、変わらず送る努力をしつつ。。の中、現場からの、声なき、声が、聞こえるような、開いた感性が、万人レベルで、薄れて行きつつあるようでしたよ。



【2012/01/17 08:53】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

今回のトリプル災害、とりわけ放射能事故については、事故前と比べると、意識の変わった人、目が覚めた人はものすごくたくさんいると思います。関東も汚染は深刻だし、安心して食べられる食材を考えると、人事ではない人の方が、多いと感じているのですが?特に小さい子どもを持つ母親や、妊婦さんは、前と変わらない精神状態で普通に生活できている人って、本当にいるのかな???

カナダで、働くホッケーママをやっているよりもずっと、時間のない、余裕のない生活をしているんですね、きっと。いかにも日常を取り戻しているかのように操作している、主流メディアが、まだまだ通用している、と言うことでしょうか?

元旦の地震から、放射能レベルが10倍に跳ね上がったり、4号機の爆発説が出たり、2号機の温度が100度以上になっているとか、冷温停止状態、収束宣言したからなのか、全く報道されなくなったから、知らない人がたくさんいる、と言うことなんでしょうかね?

大きなニュースにならないだけで、がんばって動いている人は本当にたくさんいます。動いてなくても、心の中に留めている人は、もっとたくさんいるのだと、わたしは感じてるんですよ。分かっているけど、考えたくない。考えない方が楽。考えるのが怖い。大丈夫だと思い込もうとする。そんな人も結構いるのでは?

既に動いている人がいて、声を上げている人がいて、何かをしなければならない、と思っている人がいて、そんな一人一人の意識が、次第に広がって、結果として、少しずつ、変わっていけるのだと思っています。

今考えたくない人に、考えなきゃだめだ、とは言いたくないし、怖くて考えたくないなら、考えなくても良いと思っています。ただ、意識を持った人から、これからの現実を見据えた社会作りを進めていかなければなりません。長く、厳しい道のりです。だから、あせらず、今できることを1つ1つ。ひたすら信じて。

コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
バンフの皆様によろしく:)
【2012/01/19 23:35】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。