スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海を汚染する放射能~海洋生態系への影響

 2012-01-11
アメリカ、ニューヨークがベースの科学技術雑誌、IEEE Spectrumからです。


spectrumlogo.jpg

Fukushima’s Impact on the Ocean Analyzed
分析~福島事故が海に与えた影響



No danger from water, but marine sediments are the big question
海水からの危険はないが、海洋堆積物が大きな懸念



By PRACHI PATEL


11 January 2012

One month after the March 2011 Fukushima Dai-ichi nuclear accident, ocean water at the plant’s wastewater discharge point had 45 million times the concentration of radioactive cesium-137 than before the accident, according to researchers in Japan and from the Woods Hole Oceanographic Institution. The numbers plummeted the next month because ocean currents moved the contaminants away from shore. By July, numbers were down to 10 000 times as high as normal.
日本とウッズホール海洋研究所の調査員によると、2011年3月に起きた福島第一原子力発電所の事故から1ヵ月後、発電所から汚染水が排出されている地点の海水は、事故前の4500万倍に濃縮された放射性セシウム137を含んでいました。海流が、海岸から汚染物質を沖に流したので、翌月にその数値は急落しました。7月までには、その数値は、通常の1万倍までに落ちました。


This latest analysis, reported in the 1 December 2011 issue of the journal Environmental Science & Technology, indicates that the concentration in ocean water poses no direct threat to humans or marine life. However, accumulation in marine sediment could be of concern for decades, says Ken Buesseler, a marine chemist at Woods Hole who was involved in the research.
今回の最新の分析では、海水の濃縮汚染が直接人間や海洋生物を脅かすことにはならない、と指摘しています。しかしながら、海洋堆積物への蓄積は何十年もの間、懸念材料となり得るのだ、とこの調査に関わった、ウッズホール海洋研究所の化学者であるKen Buesseler氏は言います。


Picture2_20120112153035.jpg


What’s also troubling is that cesium-137 concentrations have stayed at near constant levels since July, implying that radioactive water is still being released, either directly from the reactors or indirectly from groundwater. "I’m convinced there are ongoing leaks," Buesseler says. "Even if you plug all leaks and shut down reactors, groundwater keeps leaching into the ocean and these waters and contaminated sediments can be a long-term source of cesium-137 for decades to a century."
更に困ったことは、セシウム137の濃度が7月以来ずっと横ばいで、それは、原子炉から直接、あるいは地下水から、まだ汚染水がまだ漏れ続けているということを意味しているのです。「漏れ続けているのは確かだと思います。」とBuesseler氏は言います。「たとえ全ての漏洩を塞ぎ、原子炉を停止したとしても、地下水は海ににじみ出続け、何十年も今世紀が終わるまで、汚染堆積物が、長期に渡るセシウム137の根源となるでしょう。」


As recently as 4 December 2011, the Tokyo Electric Power Company (TEPCO), the plant operator, disclosed that 45 tons of water laced with radioactive strontium had leaked into the ground from a treatment facility. Strontium, which has a 30-year half-life similar to cesium’s, can accumulate in bones and is linked to bone cancer. Small fish that are eaten with their bones could be a source of exposure.
ごく最近の2011年12月4日に、東京電力は、ストロンチウムで汚染された水を45トンが処理施設の地面に漏洩したと発表しました。セシウムと同様、半減期30年のストロンチウムは、骨に蓄積し、骨の癌と関わりがあります。小魚を骨ごと食べると、被曝の原因となりかねません。


During the accident, TEPCO used seawater to cool exposed reactor cores and spent fuel. The less-contaminated wastewater was intentionally dumped into the ocean to make space for more highly contaminated water. However, leaks from the damaged reactor buildings led to the release of some of the highly contaminated water into the ocean.
事故の間、東電は原子炉と使用済み燃料を冷やすのに海水を使用しました。高度に汚染された水をためる場所を確保するために、汚染度の低い水を意図的に海に捨てていたのです。しかしながら、破損した原子炉建屋からの漏洩は、いくらかの高度の汚染水を海に流すことにもなりました。


Since the accident, TEPCO has been regularly testing surface ocean water samples near the plant for radioactive cesium and iodine levels; Buesseler and his colleagues compiled and analyzed this data for the ES&T report. Cesium-137, with its relatively long half-life, poses a long-term concern, unlike iodine-131, which has a half-life of just eight days. Significant amounts of cesium-137 from Soviet nuclear weapons were released into the ocean in the 1960s, but the concentration in the ocean east of Japan had gone down to 1.5 becquerels per cubic meter when last measured in 2010. In contrast, the biggest release from Fukushima this past April was 68 million Bq/m3, making it the largest accidental release into ocean waters in history.
事故以来、東電は発電所近辺の海水面のサンプルを取り、放射性セシウムとヨウ素のレベルを、定期的に調査してきました。Buesseler氏と彼の同僚はES&Tレポートにこのデータを編集し、分析しました。半減期8日のヨウ素131とは違い、比較的長い半減期を持つセシウム137は、長期に渡る懸念となります。1960年代に、ソビエトの核兵器から、相当量のセシウム137が海に放出されましたが、東日本の海水の濃度は、2010年に最後に計られたときには、1立方メートルあたり1.5ベクレルでした。対照的に、4月の福島からの最も大きな放出は、1立方メートルあたり6800万ベクレルで、海水に放出された、史上最悪の事故となりました。


Picture1_20120112153035.jpg


Accumulation of radionuclides in marine sediment is the main concern, says Buesseler. But there isn’t much data on the sediment yet. Organisms that live in or on sediment, such as worms, shellfish, and bottom feeders, could be exposed to high radionuclide concentrations. "For a population that eats a lot of seafood, this is certainly of concern," Buesseler says.
海洋堆積物への放射性物質の蓄積が、主な懸念だ、とBuesseler氏は言います。しかし、堆積物についてのデータがまだあまりないのです。カイチュウ、貝類、海底のものを食するような、堆積物に生息している有機体は、高度に濃縮された放射性物質に曝されている可能性があります。「魚介類を多く食べる住民にとっては、これは、疑いなく、重大事です。」とBuesselerは述べました。


Nicholas Fisher, a professor of marine and atmospheric sciences at the State University of New York at Stony Brook, says that the data Buesseler has presented calls for further in-depth evaluation of the marine environment around Fukushima. When Fisher, Buesseler, and their colleagues were in Japan to independently measure radiation in marine life this past June, they were not allowed to enter the waters within 30-kilometers of the coast. It’s possible that in the waters a few hundred meters around the reactor, organisms have radiation levels high enough to possibly pose a risk to humans if consumed, Fisher says, but "we just don’t know if that’s the case. Like any disaster, there’s a lot of stuff that needs to be evaluated before you can give the ’clear’ signal."
ストーニーブルックのニューヨーク州立大学の海洋環境科学教授、Nicholas Fisher氏は、Buesseler氏が発表したデータは、福島付近の海洋環境の更に深い評価を必要としている、と言います。Fisher氏とBuesseler氏、そして彼らの同僚が、6月に、海洋生物の放射能量を独自に測定するために日本にいましたが、30km圏内の海域に入ることは許されませんでした。原子炉から数百メートルの海水内では、その有機体(生物)が消費された場合に、人間に対して危険性をもたらしかねないくらい高いレベルの放射能を含んでる可能性があるのだ、とFisher氏は言います。しかし、「そのようなことがあるのか、と言うことも、ただ、分からないのです。他のいかなる災害のように、「確かなシグナル(サイン)」を出す前に、多くの評価がなされる必要があるのです。」


A few fish exceeding the Japanese government’s safe limit of 500 Bq of cesium-137 per kilogram of seafood have been found in waters off Fukushima, prompting a fishing ban in a 20-km radius around the plant. But contaminated seafood could easily move out of that zone and be caught, Fisher, Buesseler points out.
日本政府が定めた魚介類の安全限界の1kg500ベクレルを超えたセシウム137を含む数匹の魚が、福島沖の海で発見されました。そして、発電所から20km圏内の漁が、即座に禁止されることになりました。しかし、汚染された魚介類はその圏内からたやすく移動し、捕獲されることがあるのだ、とFisher氏は指摘します。





6月から7月に行われた、Buesseler氏の調査については、



海に広がる放射能汚染


8月のグリーンピースによる調査結果は、こちら



春には放射能汚染水を貯蔵するスペースがなくなるから、海に流す。

と言う東電の発言は、その後解決策を見出したのでしょうか?


意図的に排出しても、また、ただよう霧や海にいる魚のように、誰の所有物でもない「無主物」だから、責任はない。

と国としても宣言してしまうのでしょうか???


さすがに、海底を除染する、という発想はないようですが、

海はゴミ捨て場、という認識があるのではないかと・・・


次は何をしだすのかと、はらはらしてしまうのです。。。



地球全体の生態系への、取り返しのつかない影響が、

本当に、心配です。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/633-2ebcd258

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。