スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

除染神話の危険性

 2012-01-09
イギリス、Gurdian紙からです。

guardian-logo1.jpg


Fukushima nuclear cleanup could create its own environmental disaster
福島放射能除染が作り出す自らの環境災害



Decontaminating the Fukushima region to remove radioactive particles will not be possible without removing large amounts of soil, leaves and plants
放射性粒子を取り除く福島地域の除染は、大量の土壌、葉、植物を取り除くことなしには不可能である


Winifred Bird for Yale Environment 360, part of the Guardian Environment Network

Monday 9 January 2012 17.19 GMT


Following the nuclear disaster at Chernobyl 25 years ago, the Soviet government chose long-term evacuation over extensive decontamination; as a result, the plants and animals near Chernobyl inhabit an environment that is both largely devoid of humans and severely contaminated by radioactive fallout.
25年前のチェルノブイリの原発事故の後、ソビエト政府は広大な除染よりも、長期に渡る避難の道を選びました。その結果、チェルノブイリ周辺の植物、動物は、人が全くいなく、放射性降下物で深刻なまでに汚染されている環境に生息しています。

The meltdown last March of three nuclear reactors at the Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan also contaminated large areas of farmland and forests, albeit not as severely or extensively as at Chernobyl. But lacking land for resettlement and facing public outrage over the accident, the Japanese government has chosen a very different path, embarking on a decontamination effort of unprecedented scale.
福島第一原発の3つの原子炉のメルトダウンは、チェルノブイリほど深刻で広域ではないにしろ、農場や森の広大な地域を汚染しました。しかし、移住するための土地が不足し、事故をめぐっての住民の激怒に直面し、日本政府はとても異なった道を選びました。先例のない除染作業を開始したのです。

Beginning this month, at least 1,000 sq km of land - much of it forest and farms - will be cleaned up as workers power-spray buildings, scrape soil off fields, and remove fallen leaves and undergrowth from woods near houses. The goal is to make all of Fukushima livable again. But as scientists, engineers, and ordinary residents begin this massive task, they face the possibility that their efforts will create new environmental problems in direct proportion to their success in remediating the radioactive contamination.
今月の初め、少なくとも1000平方kmの土地―その多くが森や農場―を、作業員が建物を高圧洗浄し、土壌を剥ぎ取り、家の近くの森から伸びている雑草や落ち葉を取り除いたりして除染されることになります。目標は、福島県全域を居住可能にすることです。しかし、科学者たち、技術者たち、そして一般住民がこの途方もない作業を始めるにつれて、自分たちの努力が放射能汚染を元に戻すことに成功するのと正比例して、新しい環境問題を作り出すことになるであろう、という可能性に直面します。

"Decontamination can be really effective, [but] what you have is a tradeoff between dose reduction and environmental impact," says Kathryn Higley, a radioecologist at Oregon State University who has studied several decontamination sites in the United States. That's because the radioactive particles the Japanese are trying to get rid of can be quite "sticky". Removing them without removing large amounts of soil, leaves, and living plants is nearly impossible. The Ministry of Environment estimates that Fukushima will have to dispose of 15 to 31m cubic metres of contaminated soil and debris by the time the decontamination projects end. Costs are predicted to exceed a trillion yuan.
「除染は効率的であり得ますが、それは、放射能濃度の低下と環境への影響との取引なのです。」と、アメリカのいくつかの除染現場で学んだ、オレゴン州立大学放射能生態学者のKathryn Higley女史は言います。なぜなら、日本人が取り除こうとしている放射性物質は、とても「くっつきやすい」からなのです。大量の土、木の葉、生きている植物を取り除くことなくして、それらの物質を取り除く(移動させる)ことは、ほとんど不可能なのです。環境省は、除染プロジェクトが終了するまでには、福島県で、汚染土や汚染瓦礫、15-31立方メートルを処分しなければならない、と見積もっています。費用は、1兆円を超えると予測されています。
(児玉教授は、「ハウスメーカーの除染見積もりによると、一戸建て住宅の除染費用は560万円。仮に福島県内40万戸が除染対象になれば、2兆円以上が必要」と指摘 ゲンダイネットより。)


Given these drawbacks, an International Atomic Energy Agency fact-finding mission advised the Japanese authorities to "avoid over-conservatism" in their decontamination plans ? in other words, not to clean up more than necessary to protect human health. Yet the health impacts of long-term exposure to low levels of radiation are not entirely clear. Many scientists believe exposure to even very low levels can slightly increase cancer risk, and many Fukushima residents feel they should not be forced to live with that risk - or the undercurrent of fear it brings.
これらの障害を考えて、IAEAの現地調査団は、日本政府に「過度の保守主義を避ける」ように忠告しました。-つまり、人間の健康を守ること以上に除染しないように、と言うことです。しかし、低線量の放射能を長期被曝することが健康に与える影響は、全く明らかになっていないのです。多くの科学者が、低線量の被曝でもわずかに発癌のリスクを上げると主張しています。そして、福島県の住民はそのようなリスクを持って生活を強いられるべきではない-あるいは、それがもたらすものへの潜在的な恐れ-と感じています。


But while the political debate over how much to clean up rages on, more practical preparations are already underway. On a frigid afternoon last month, about 160 workers wearing papery white jumpsuits and hot pink respirators filed up a winding road into a farming hamlet in Kawamata town, about an hour south-east of Fukushima and just inside the evacuation zone. Were it not for the bright blue plastic sheets, heavy-duty leaf vacuums, cranes, and trucks scattered everywhere, the village would have been picturesque. Now, the intricacy of the landscape - its tiny rice paddies, bamboo groves, woodlots, streams, and earth-walled barns - was adding to the challenges of decontamination.
しかし、どのくらいまで除染するかについての政治的議論が激化する一方で、更に現実的な準備が既に進められています。先月のある極寒の日の午後、白い防護服とドピンクの防毒マスクを身にまとった160名の作業員が、福島から南東へ約1持間、避難圏内の川俣町にある、農業村に入る、くねくね道に列を成していたのです。もしそれが、明るいブルーのビニールシーツ、葉を吸い取る高性能のバキューム、クレーン、あちこちに散在するトラックがなければ、その村は、絵に描いたように美しかったことでしょう。小さな水田、竹林、林、小川、土塀の納屋-は除染に更なる挑戦を投げかけるのです。


Japans-soldiers-collect-f-007.jpg
Japan's self-defense force soldiers collect fallen leaves from a gutter as they started decontamination mission in Namie, west of the stricken nuclear power plant. Photograph: STR/AFP/Getty Images


The workers fanned out over the otherwise abandoned rolling hills and brown fields. One group climbed a hill to rake fallen leaves into large black bags, while another spread magnesium over fields to solidify the soil for later removal. Nearby, another of the indistinguishable white figures chopped down overgrown weeds.
作業員は、人気のいない起伏の緩やかな丘や褐色の野原に散らばっていきます。1つのグループは、落ち葉を集め、大きな黒いゴミ袋に入れるために丘を登る一方で、もう一つのグループは、後で土を剥ぎとれるよう土を固めるために、野原にマグネシウムを撒きます。その近くで他とあまり見分けのつかない白い姿の人たちが、ぼうぼうになった雑草を刈り取っていました。

The workers had been hired by Taisei Corporation, one of three large construction firms that won contracts from the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) to test the effectiveness and efficiency of various decontamination technologies at 19 model sites throughout Fukushima prefecture. The results of these experiments will guide the large-scale decontamination effort set to begin later this month.
その作業員たちは、大成建設に雇われた人たちです。大成建設は、福島県の19箇所のモデルサイトで、様々な除染技術の効果、効率を調査するために、日本原子力研究開発機構との契約を取り付けた3つの建築会社のうちの1つです。この実験結果は、今月末に開始される大規模な除染作業の先導することになります。

Human exposure can be lowered without cleansing the entire landscape, of course. Japan's bans on hunting bears and wild pigs, selling wild mushrooms, and growing rice in certain areas fall into this category; so does the recommendation from Fukushima's agriculture department that farmers add potassium fertiliser to moderately contaminated fields in order to minimise cesium uptake by crops. As for forests, the focus for the time being is on decontaminating only patches close to homes because most people spend little time in remote woods.
もちろん、全部の土地を除染しなくても、人の被曝を低くすることは可能です。日本は、熊、野生の豚を狩猟すること、野生きのこを販売すること、そして特定地域での米の栽培を禁じています。福島県の農産部の提言も同様なので、農家は、汚染の酷くない農地には、収穫物にセシウムが吸い込まれないように、カリウム肥料を加えています。森に関しては、現在のこころ、民家に近い部分のみに焦点を当てています。ほとんどの人は、森の奥で長居することがほとんどないからです。


But because the most heavily contaminated parts of Fukushima are, like the village in Kawamata, a hilly mosaic of houses, woods, and fields, the government can't leave nature entirely untouched. Houses backed by wooded hills are very common, as are fields in small valleys; in both cases, runoff from uphill can recontaminate lowlands. Intense public concern over contaminated food, meanwhile, means many farmers want to clean up their land as quickly and thoroughly as possible.
しかし、川俣の村のように、福島のほとんどの酷く汚染しているところは、家、森、野原がモザイクのように入り混じっている丘陵地帯で、政府は、自然を全て手付かずにするわけにはいかないのです。村が小さな谷間の平野にあるので、森林の丘が背後にある家々が普通で、いずれの場合も、丘の上の雨水から、低地へと再度汚染されてしまうのです。住民の緊迫した懸念は、汚染された食べ物についてです。一方で、多くの農家ができるだけ早く、できるだけ完全に自分たちの土地の除染を望んでいるということです。

Japan's decontamination efforts are focused mostly on the radionuclides caesium-134 and caesium-137, which are currently present in approximately equal amounts and have half-lives of two and 30 years respectively. Although other radionuclides have been found in Japan, these two pose the greatest long-term threat to human health through ingestion and external exposure. Radiocaesium has been found in all of Japan's prefectures, but is most highly concentrated within an oblong swath that extends about 50km north-west of the plant, and to a lesser extent throughout eastern and central Fukushima Prefecture.
日本の除染料作業は、主に放射性物質のセシウム134と137に焦点が当てられています。現在ではそのどちらもが同じような量存在し、それぞれ、2年と30年の半減期です。日本では他の放射性物質も見つかっていますが、この2つが、人が吸入したり、外部被曝を通して、健康に長期の脅威をもたらすのです。セシウムは日本の全ての都道府県で発見されました。しかし、最も高度に濃縮しているのは、原発から北西に約50kmにのびた縦に長い地域内です。福島県の東と中央にかけては、程度が低くなっています。


AJ201111260060M.jpg
The Asahi Shimbun


Radiological risk assessment expert John Till, president of the US-based Risk Assessment Corporation, says the fallout will probably be gone from the surface of plants within a few years, but attach strongly, through ion exchange, to soil - in particular to the clay soils common throughout Fukushima. From there the radiocaesium will move slowly into plants, at a rate - and level of risk -that is still unclear.
アメリカが起点のリスク査定会社の放射線リスク査定の専門家John Till氏は、「おそらく2.3年中に、降下物は植物からなくなるかもしれないけれど、イオン交換を通して、土壌に強く付着するでしょう。特に福島全体を通して共通の粘土土壌に。そこから、放射性セシウムはゆっくりと植物に移動しますが、リスクの割合やレベルについては、いまだ明らかではありません。」と言います。


Remediation methods that work, Higley says, "seem kind of absurd but actually make sense": cutting, scraping, raking, and ploughing, to varying degrees of depth and severity. Government agencies, private companies, and academics are all experimenting to find the most efficient and effective methods for Fukushima. The prefectural government has recommended removing leaf litter from woods within 20 metres of houses and deeply ploughing or turning over fields to dilute contamination. In the heavily contaminated fields that cover at least 8,000 hectares around Fukushima, several centimetres of topsoil will likely be removed. Some farmers are power-washing their orchards or shaving bark off trees.
Higley女史は言います。効果のある改善策は、「常識に反しているように見えますが、実際には筋が通っているのです。」と。刈り取り、剥ぎ取り、かき集め、掘り起こし、いろいろな深さと加減で。政府機関、企業、学者が全て福島に最も効果的で効率のよい方法を探し当てる実験をすることです。福島県は、民家から20m以内の森林の落ち葉を取り除き、汚染を薄めるために、深く耕すか、掘り起こすことを薦めています。深刻に汚染している野原は、福島付近に最低8000ヘクタールを占めるのですが、表面の数センチは取り除かれることになるでしょう。農家の中には、果樹園を高圧洗浄したり、木の皮を剥いだりする人もいます。


Officials involved with the cleanup are well aware of the drawbacks to these approaches: huge amounts of radioactive waste that no one wants to store long-term; immense investments of money, labor, and time; damage to wildlife habitat and soil fertility; increased erosion on scraped-bare hillsides; and intrusion by people and machinery into every area scheduled for remediation.
除染に関わっている行政は、これらの試みの障害に充分気がついています。長期に渡り誰も保管したくなどない、巨大な量の放射性廃棄物。財源、労働、時間に費やす膨大な投資。野生の生態系と肥沃な土地に与える損害。削り取られた丘の侵食の増加。人間や機械の、改善(除染)が計画されている全ての場所への侵入。


"You remove leaf litter from the forest floor and radiation levels fall," said Shinichi Nakayama, a nuclear engineer at the JAEA who is overseeing the 19 decontamination pilot projects planned or underway. "You take away the deeper layers and they fall more. But you take it all away and the ecosystem is destroyed. Water retention goes down and flooding can occur."
「森の中に落ちている落ち葉を取り除けば、放射能レベルは下がります。」現在行われている19箇所での除染試験計画を監督しているJAEAのナカヤマ・シンイチ氏は話しました。「もっと深いところまで取り除けば、更に下がります。でも、取り除いてしまえば、生態系は破壊されます。水を停留できなくなり、洪水が起こるのです。」

Although no significant conservation areas lie within the most contaminated parts of Fukushima, some species on the prefecture's "red list" of endangered or threatened species - including the grassland butterfly and the Japanese peregrine falcon, both listed as "vulnerable" - are found there and could be impacted if projects like these are implemented on a large scale. 福島の最も汚染された地域内には、重要な保護地区はありませんが、県内の何種類かの生物は存続が危ぶまれ、脅かされている「赤リスト」にあるものです。-草原蝶やハヤブサは、どちらも「危急種」としてリストに上げられていますが、その地域で見られるもので、除染のようなプロジェクトが大規模で実行されると、影響を受けかねないのです。


But Kiyomi Yokota, a naturalist and secretary of the Fukushima Nature Conservation Association, said that standing up for wildlife in the current situation would be difficult. "If people want to go home, I don't think I could tell them, 'No, stop the decontamination, save the fish,'" he said. Human health, in other words, trumps habitat. しかし、福島自然保護協会の秘書で自然主義者のヨシダ・キヨミさんは、今のような状況で野生生物のために立ち上がるのは、とても難しいのだと言いました。「人々が家に帰りたいのであれば、“だめ、除染はやめてください。魚を救いましょう”などとは言えないと思います。」言葉を変えて言うならば、人間の健康は、生態系よりも勝るのです。


But just how much fallout does the government need to remove in order to protect human health? On that key question the science is frustratingly inconclusive.
しかし、それならば、人間の健康を守るためにどれだけの放射性降下物を取り除く必要があるのでしょう?その鍵となる問いに、科学は、がっかりするほどはっきりしないのです。


Past studies have shown that cancer rates rise in populations exposed to a dose of 100 millisieverts (mSv) of radiation. They reveal much less about the situation in Fukushima, where lower doses will remain for many years. (Measurements taken in Fukushima City in late December, for instance, ranged from .33 to 1.04 microsieverts per hour; sustained for a year, that adds up to doses of 2.9 to 9.1mSv.) The International Commission on Radiological Protection recommends that the general public be exposed to a yearly dose of no more than 1 to 20 mSv following a nuclear accident; those two numbers represent the difference between a decontamination effort confined to about 500 sq km and one encompassing much of Fukushima prefecture and beyond.
これまでの研究で、100mSvまで被曝すると、癌発症率が上がることが示されました。何年もの間低被曝し続ける福島の状況についてはあまり明らかにしていません。(たとえば、12月下旬に福島市で測られた測定値は、毎時0.33から1.04mSvです)ICRPは、原子力事故後の一般住民の被曝量を、年間1-20mSvを超えないように提言しています。これらの2つの数字は、除染作業を制限した、福島を囲む約500平方kmまでと、それを超える地域の違いを表してもいます。


So far, Japan's central government has taken direct responsibility for decontaminating areas within 20km of the plant and those where yearly exposure could exceed 20 mSv. (Together these areas make up the evacuation zone.) The environment ministry predicts natural radioactive decay and weathering alone will reduce levels by 40% within two years; Large-scale versions of the decontamination pilot projects will supposedly do the rest.
今までのところ、日本の中央政府は、被曝量が20mSvを超える可能性のある、発電所から20km圏内の除染を、直接責任も持って行うとしています。(これらは皆、強制避難地区とされています。)環境庁は、放射性物質が自然に半減し、風化すると2年でレベルが40%下がると予測しています。大規模な除染試験プロジェクトは、残りのものを意図しています。


The release of contaminated water from the crippled Fukushima nuclear complex last year stoked concerns about how that radioactivity might affect marine life in the Pacific. While the ocean's capacity to dilute radiation is huge, Elizabeth Grossman reported last year that nuclear isotopes were already moving up the local food chain.
福島原発施設からの昨年の汚染水の放出は、太平洋の海洋生物へ、どのように放射性物質が影響するかについての懸念を生みました。放射能を薄める海の許容量は膨大ですが、Elizabeth Grossmanは、去年、放射能同位体は既にその地域の食物連鎖に移行していると、報告しました。


Some residents and activist groups like Greenpeace have called for a faster and more aggressive decontamination effort, while others believe most of Fukushima is already safe enough to live in. Still, others doubt decontamination will succeed and are pushing the government to spend money on relocation instead.
住民や、グリーンピースのような活動団体は、もっと迅速で積極的な除染作業を要求してきました。その一方で、ほとんどの福島の地域が、既に住んでも大丈夫なくらい安全だと信じている人もいるのです。そして、既に除染が成功することに疑念を抱いている人たちは、政府に除染のかわりに移住に財源をあてるべきだと迫っています。


"Safe? What is safe?" Sumiko Toyoguchi, an elderly evacuee who used to live six kilometres from the nuclear plant and now lives in temporary housing in Fukushima city, asked last month. She said she doesn't want to return to her former home even after decontamination takes place, in part because she worries the work won't be done adequately.
「安全?何が安全なのでしょう?」原発から6kmのところに住んでいて、今は避難し福島市の仮設住宅で暮らしている、高齢のトヨグチ・スミコさんは尋ねました。たとえ除染作業が行われた後でも、自分は前の家に戻りたくないと言います。そのうちの1つの理由は、除染がきちんと行われないのではないかと心配だからなのだそうです。


Ten months after the nuclear disaster, trust in the authorities is nearly non-existent. Without it, Japan's government risks the biggest cleanup fiasco of all: a decontamination effort that carries huge financial and environmental costs but still fails to convince Fukushima residents that their homes, farms, and forests are safe once again.
事故から10ヵ月後、政府の信頼はほとんど存在していません。信頼なしで、日本政府は、巨額な財源と環境の代価を払い、最大の除染大失策のリスクを冒しています。それなのに、いまだに福島の住民に、自分の家、農場、森がもう一度安全になるのだと確信させることができずにいるのです。




人間は、全自然界の生態系の一部でしかないことも分かっていても尚、


そのことには、当面目を閉じる、と言うことでしょうか。



未来の世代に負担を残さないための増税なら、


未来に残す環境破壊と、健康障害、遺伝子障害。。。数々のあまりにも悲惨な負の遺産は????!


命あるものにとって、究極の選択をするとしたら???



「直ちに健康に影響はない」という「直ち」は、



もはや終わろうとしています。


もし、

「直ちに環境に影響がない」

というのであれば、

その「直ち」が終わるのも、


遠い未来ではないのです。。。。







スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/632-e8b2df09

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。