スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本にまだある真のジャーナリズム精神

 2012-01-08
Sunday, Jan. 8, 2012

SUNDAY TIMEOUT

Fukushima lays bare Japanese media's ties to top
日本メディアのトップとの癒着をあらわにする福島事故



By DAVID MCNEILL

Special to The Japan Times

Is the ongoing crisis surrounding the Fukushima No. 1 nuclear power plant being accurately reported in the Japanese media?
今も尚続いている、福島第一原発の周辺の危機について、日本のメディアで正確に伝えられているでしょうか?


No, says independent journalist Shigeo Abe, who claims the authorities, and many journalists, have done a poor job of informing people about nuclear power in Japan both before and during the crisis ? and that the clean-up costs are now being massively underestimated and underreported.
そうではない、とフリージャーナリストのアベ・シゲオ氏は言います。行政も多くのジャーナリストも、事故の前、事故の最中とも日本の原子力について、日本の国民への情報提供がお粗末でした。そして今では、除染費用について、あまりにも過小評価し、レポートが不十分です。


"The government says that as long as the radioactive leak can be dammed from the sides it can be stopped, but that's wrong," Abe insists. "They're going to have to build a huge trench underneath the plant to contain the radiation - a giant diaper. That is a huge-scale construction and will cost a fortune. The government knows that but won't reveal it."
「政府は放射能漏れを側面からせき止めることができれば、とめることができる、と言いますが、それは間違っています。」とアベ氏は主張します。「放射能を閉じ込めるために、発電所の下に巨大なトレンチを建設しなければならないでしょう。-巨大オムツです。これは膨大な規模の建築で、多額の財源が必要です。政府にはわかっていますが、それを明らかにしないのです。」


The disaster at the Fukushima plant operated by Tokyo Electric Power Co. (Tepco) again revealed one of the major fault lines of Japanese journalism - that between the mainstream media and the mass-selling weeklies and their ranks of freelancers.
東電が管理する福島原発の事故は、日本の報道界の重大な断層ラインをあらわにしました。主流のメディア、大衆誌、そして、フリーランスの集団です。


The mainstream media has long been part of the press-club system, which funnels information from official Japan to the public. Critics say the system locks the country's most influential journalists into a symbiotic relationship with their sources, and discourages them from investigation or independent lines of analysis.
主流メディアは、長年にわたり、日本政府から国民へ情報を流す、という記者クラブの仕組みの一部でした。その仕組みが、この国の最も影響力のあるジャーナリストを、情報源との共生関係へと身動きできなくしてしまい、調査や、分析の独立した路線を妨げてしまう、という批判があります。


Once the crisis began, it was weekly Japanese magazines that sank their teeth into the guardians of the so-called nuclear village - the cozy ranks of polititicians, bureaucrats, academics, corporate players and the media who promote nuclear power in this country.
一度危機がはじまり、いわゆる原子力村-日本で原子力を促進してきた馴れ合いの政治家たち、官僚たち、学者たち、企業人、そしてメディア-と呼ばれるものを守ろうと躍起になったのは、日本の週刊誌でした。


Shukan Shincho dubbed Tepco's management "war criminals." Shukan Gendai named and shamed the most culpable of Japan's goyo gakusha (unquestioning pronuclear scientists; aka academic flunkies).
週刊新潮は東電の管理職層を「戦争犯罪者」と呼びました。週刊現代は、最大の罪を犯した日本の御用学者(絶対的な原子力推進科学者、学者的しもべとしても知られている)と名づけ、蔑みました。


Meanwhile, the Asahi Shimbun newspaper's well-respected weekly magazine AERA revealed that local governments manipulated public opinion in support of reopening nuclear plants. The same magazine's now-famous March 19, 2011, cover story showing a masked nuclear worker and the headline "Radiation is coming to Tokyo" was controversial enough to force an apology and the resignation of at least one columnist (though the headline was in fact correct).
その間、朝日新聞社の評判のよい週刊誌、AERAが、原発再稼動を支持する住民の意見を地域行政が操作したことを暴きました。マスクをした原発作業員を載せた表紙と、「放射能が東京に向かっている」という見出しで今では有名な、2011年3月19日のこの週刊誌は、謝罪を強いられるのに充分なほど論議を呼び、最低1人のコラムニストが退職することになりました。(その見出しは、実際には正しかったのですが)


Others explored claims of structural bias in the mainstream press.
主流報道機関にある構成上の偏り(贔屓)の要求を探るものもいます。


Japan's power-supply industry, collectively, is Japan's biggest advertiser, spending ¥88 billion (more than $1 billion) a year, according to the Nikkei Advertising Research Institute. Tepco's ¥24.4 billion alone is roughly half what a global firm as large as Toyota spends in a year.
日経広告研究所によると、日本の電力供給業界は皆、日本の最大の広告主で、年間880億円を費やしているとのこと。東電だけで244億円で、トヨタなど国際的大企業が年間費やす額の約半分になります。


Many journalists were tied to the industry in complex ways. A Yomiuri Shimbun science writer was cited in "Daishinsai Genpatsu Jiko to Media" ("The Media and the Nuclear Disaster"; Otsuki Shoten, 2011) as working simultaneously for nuclear-industry watchdogs, including the Central Research Institute of Electric Power Industry (sic). Journalists from the Nikkei and Mainichi Shimbun newspapers have also reportedly gone on to work for pronuclear organizations and publications.
多くのジャーナリストたちは、この業界と複雑に結びついています。読売新聞の科学記事の記者は、電力中央研究所を含む原子力業界監視機関と、同時進行で働いていたとして、「大震災原発事故とメディア(お付商店?)」と引き合いに出されました。伝えられるところによると、日経と毎日新聞も、原子力推進の組織や、出版のために働き続けていると言うことです。


Before the Fukushima crisis began, Tepco's advertising largesse may have helped silence even the most liberal of potential critics. According to Shukan Gendai, the utility spent roughly $26 million on advertising with the Asahi Shimbun. Tepco's quarterly magazine, Sola, was edited by former Asahi writers.
福島事故が始まる前、東電の気前の良い広告金が、最も進歩的な批判の可能性を鎮める手助けとなったかもしれないのです。週刊現代によると、東電は、朝日新聞の広告に約260億ドルを費やしているとのこと。東電の四半期雑誌、Solaは、朝日新聞の前記者によって編集されていました。


The financial clout of the power-supply industry, combined with the press-club system, surely helped discourage investigative reporting and keep concerns about nuclear power and critics of plants such as the aging Fukushima complex and Chubu Electric Power Co.'s Hamaoka facility in Omaezaki, Shizuoka Prefecture, which sits astride numerous faults, well below the media radar.
電力供給業界の財政的影響力は、記者クラブと相まって、真相追求のレポートや、原子力のついての懸念、老朽化している福島原発や、静岡県御前崎の、いくつもの断層にまたがって立てられている中部電力浜岡原発についての批判を、メディアのレーダーのはるか下で、確実に妨げることに役立ってきたのです。


Throughout the Fukushima crisis, the mainstream media has relied heavily on pronuclear scientists' and Tepco's analyses of what was occurring. After the first hydrogen blast of March 12, the government's top spokesman, Yukio Edano, told a press conference: "Even though the reactor No. 1 building is damaged, the containment vessel is undamaged. ... On the contrary, the outside monitors show that the (radiation) dose rate is declining, so the cooling of the reactor is proceeding."
福島の危機を通して、主流のメディアは、何が起こっているかについて、原子力推進の科学者たちと、東電の分析にあまりにも頼っていました。3月12日の最初の水素爆発のあとで、日本の官房長官、枝野幸雄氏は記者会見でこのように述べました。「1号機は損傷を受けましたが、格納容器に損傷はありません。。。それどころか、外部のモニターの(放射能)値は、下がってきています。つまり、原子炉の冷却が進んでいると言うことです。」


fl20120108x3a.jpg
Official lines: Chief Cabinet Secretary Yukio Edano on April 17, 2011, during his first visit to Fukushima after the disasters triggered by March 11's Great East Japan Earthquake. KYODO PHOTO


Any suggestion that the accident would reach Chernobyl level was, he said, "out of the question."
チェルノブイリのレベルまで達する事故になるであろうと言ういかなる提言についても、「問題にならない」としたのです。


Author and nuclear critic Takashi Hirose noted afterward: "Most of the media believed this. It makes no logical sense to say, as Edano did, that the safety of the containment vessel could be determined by monitoring the radiation dose rate. All he did was repeat the lecture given him by Tepco."
作家でもあり、原子力の批判家でもある広瀬隆氏は、後にこのように記しました。「ほとんどのメディアがそれを信じていた。枝野氏が言ったように、格納容器の安全性を、放射能線量のモニタリングの値によって決めると言うのは、全く筋の通らなくことなのです。彼はただ、東電によってなされた講義を繰り返していただけでした。」


As media critic Toru Takeda later wrote, the overwhelming strategy throughout the crisis, by both the authorities and big media, seems to be to reassure people, not alert them to possible dangers.
メディア批評家のタケダ・トオル氏は、後に書いています。この危機を通しての政府と大手メディアによる圧倒的な戦略は、国民にあり得る危険に対して警告をするのではなく、安心させることにあったように思われる。と。


By late March, the war in Libya had knocked Japan from the front pages of the world's newspapers, but there was still one story that was very sought after: life inside the 20-km evacuation zone around the Fukushima atomic plant.
3月の下旬に、リビアのニュースが、世界集の新聞のフロントページから日本を追いやりました。それでも、その後1つの話題がまだ探られていました。福島原子力発電所周辺の20km避難地区内の命、です。


Thousands of people had fled and left behind homes, pets and farm animals that would eventually die. A small number of mainly elderly people stayed behind, refusing to leave homes that often had been in their families for generations. Not surprisingly, there was enormous global interest in their story and its disturbing echoes of the Chernobyl catastrophe 25 years earlier.
何千人もの人々が避難し、後に残されたのは、最後には死んでしまうであろう、ペットと家畜でした。主に、高齢のごくわずかな人々が残り、家を離れることを拒みました。多くは、何世代にもわたり住んでいる人です。当然のことながら、その話題には世界的に大いなる興味を集め、25年前のチェルノブイリの悲劇の反響を伝えました。


Yet not a single reporter from Japan's big media filed from inside the evacuation zone ?-despite the fact that it was not yet illegal to be there. Some would begin reporting from the area much later after receiving government clearance - the Asahi Shimbun newspaper sent its first dispatch on April 25, when its reporters accompanied the commissioner-general of the National Police Agency. Later, they would explain why they stayed away and - with the exception of government-approved excursions ? why they continue to stay away.
しかしまだ、避難地区内からの、日本の大手メディアのレポーターは一人もいません。そこに行くことが法に反すると言う事実がまだなかったのにも関わらず、です。いくつかのメディアは、政府の機密委任の許可を受け取ったあとで、ずっと時が経ってからその地域からの報道を始めるのです。朝日新聞は4月25日に初の特派員を送りました。そのレポーターは、警察庁の高等弁務官を付き添っていました。後に、なぜそこから離れていたのか-政府の圏内入り許可の例外を除いて-なぜ、そこからずっと離れているのかを説明するのです。


"Journalists are employees and their companies have to protect them from dangers," explained Keiichi Sato, a deputy editor with the News Division of Nippon TV.
「ジャーナリストたちは、社の従業員であり、社は、危険から彼らを守らなければならないのです。」と日本TVのニュース部、編集長のサトウ・ケンイチ氏は説明しました。


fl20120108x3b.jpg
Smoke signals: The leaking Fukushima No. 1 nuclear power plant on March 20, 2011. Critics accuse Japan's mainstream media of failing to properly report the ongoing crisis. KYODO PHOTO



"Reporters like myself might want to go into that zone and get the story, and there was internal debate about it, but there isn't much personal freedom inside big media companies. We were told by our superiors that it was dangerous, so going in by ourselves would mean breaking that rule. It would mean nothing less than quitting the company."
「私のようなレポーターは、避難地区に入って話を入手したいと思います。そして、これについては内部議論があったのです。しかし、大きなメディア企業の内部に個人的な自由はほとんどありません。上司から、危険だと言われたのです。なので、自分たちだけで行きます。それは規定を破ることを意味します。それは、会社を辞める以外の何ものでもありません。」


The cartel-like behavior of the leading Japanese media companies meant they did not have to fear being trumped by rivals. In particularly dangerous situations, managers of TV networks and newspapers will form agreements (known as hodo kyotei) in effect to collectively keep their reporters out of harm's way.
日本メディア企業を先導しているカルテルのような様相は、ライバルたちに負かされることを恐れる必要がない、と言うことでした。特に危険な状況下にあっては、TVネットワークや新聞社の管理職たちが報道協定として知られている同意を作り上げるのです。一丸となって、自分たちのレポーターが害を与えることを防ぐのです。


Teddy Jimbo, founder of the pioneering Internet broadcaster Video News Network, explains: "Once the five or six big firms come to an agreement that their competitors will not do anything, they don't have to be worried about being scooped or challenged."
ビデオニュースネットワークの先駆的インターネット放送の創立者であるTeddyジンボウ氏は、こう説明します。「一度、5つや6つの大企業が、競合社同士でだれも何も報道しない、という合意に達すると、スクープされたり、挑戦的になられたりと言う心配をしなくても良いのです。」


Frustrated by the lack of information from around the plant, Jimbo took his camera and dosimeters into the 20-km zone on April 2 and uploaded a report on YouTube that scored almost 1 million views. He was the first Japanese reporter to present TV images from Futaba and other abandoned towns (though images from the zone, shot during government-approved incursions, later appeared on mainstream TV news programs).
原発付近の情報の欠乏に苛立ちを覚え、ジンボウ氏は4月2日20km圏内にカメラと線量計を持参し、4月2日にYou Tubeにアップロードし、それは約100万回再生されました。彼は、双葉と、他の人気のなくなった町の数々のTV映像を紹介した最初の日本人レポーターです。 (圏内からの映像は、政府が立ち入りを認めていた間のもので、後に、主流のTVニュースでも現れました。)


"For freelance journalists, it's not hard to beat the big companies because you quickly learn where their line is," Jimbo said. "As a journalist I needed to go in and find out what was happening. Any real journalist would want to do that." He later sold some of his footage to three of the big Japanese TV networks: NHK, NTV and TBS.
「フリーランスのジャーナリストにとって、大きな会社を打ち負かすことは、難しくありません。なぜなら、彼らの方針が何なのか、すぐに分かるからです。」とジンボウ氏は話しました。「ジャーナリストとして、私は中に入り、何が起きているのか見出す必要があるのです。本当のジャーナリストは誰もがそうしたいと思うでしょう。」彼はその後、いくつかの画像を日本の大手テレビネットワーク社に売りました。NHK、NTV、TBSです。


Says Abe: "The government's whole strategy for bringing the plant under control will have to be revised. The evacuees will never be able to return. They can't clean up the radiation. Will the media report this? I'm waiting for that."
アベ氏は言います。「原発を制御下に置こうとする政府の全体の戦略を変える必要があります。避難した人々は、決して戻ってこれないでしょう。放射能の除染はできないのです。メディアはこれを報じるでしょうか?私はそれを待っているのです。」




私も、ずっと、待っていました。



政府、専門家、メディアのあまりにも不信感を抱かせる言動に触れるたび、

日本人としての誇りがずたずたに崩壊し、

日本とはこんな国だったのか という、

落胆と絶望に打ちひしがれていましたが、



組織として大きな権力を持つ政府にも、専門家の中にも、ジャーナリスト、そして、おそらく東電他電力会社の中にも、

きっと、良心を持って、立ち向かおうとしていた人がたくさんいたのだと思います。


その人たちは、ことごとく表舞台から追放され、

日本の政府も専門家も、メディアもこんなにも腐敗していたのだ、

という印象だけが残ってしまっていました。



でも、結局は、前例にないから、というお決まりの理由を堂々と掲げ、

変わることを怖れて、

居心地のよさに安住している大きな勢力が潜んでいたことこそが、

今回あまりにも赤裸々に姿を現したのでしょう。



今回の一連のメディア問題については、こちらの動画でも良く分かります。


上杉隆氏のニュースの深層2時間スペシャル


政府や専門家、主要メディアが有効に機能していたとしても、

日本存続自体が危ぶまれるこれだけのことが起きている今、

その大きな頼みを失った事の失望と無念は果てしなく大きいですが、



個人としての、多くの政治家、専門家、ジャーナリストのなかに、


まだまだ良心と誇りを捨てず、水面下で発信している人がいるのだと知るだけで、


日本人としての誇りを取り戻すことができるような気がします。


そして、その場所は、世界の至る所で、

より広く、

より深く、

よりOPENに繋がっているネット上なのです。




このツールがある限り、

まだまだ希望は持てるのだと、

元気が出てきます。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/631-06c1c234

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。