スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリより被害を小さくしたい?!

 2012-01-05
abc_australia.jpg

6 January 2012

Can Japan do better than Chernobyl?
日本の被害をチェルノブイリより小さく出来るか?
 


Margaret Beavis医師 (メルボルン)オーストラリア戦争防止医師会副会長

beavis-margaret-thumbnail.jpg


Last week, the Japanese government released an interim report about the handling of events at the Fukushima Daiichi reactors in March.
先週、日本政府は、3月の福島第一原発事故の取り扱いについての中間報告書を発表しました。


This outlined a series of failures before the meltdowns at the plant, and by TEPCO and the government afterwards. However it did not address the significant ongoing public health risks.
それは、メルトダウン前と、事故後の東電と政府の失策の数々を描きだしています。しかしながら、重大な、進行中の国民の健康リスクについては、言及されていませんでした。


The interim report has a depressing familiarity in the many problems outlined. Poor planning, poor regulation and poor enforcement of regulations led to reactors unprepared for the March 11 tsunami. A cosy relationship between the regulators and the power companies paved the way. There is a longstanding pattern of employees moving back and forth between the nuclear power companies and the nuclear regulator. The risk of tsunami was recognised in 1992, but no regulations ensued, and power companies were left free to choose what measures they would take.
中間報告には、取り上げられている多くの問題点において、気のめいるような、周知の事が書かれています。計画性、規制の乏しさ、規制実施の欠如が故、3月11日への備えがなされなかった。規制機関と電力会社の心地よい関係が、安易な状況にしていた。長年にわたり、原子力会社と原子力規制機関の間を社員が行き来する図が出来ていた。津波の危険性は1992年に認識されていたが、何の規制もなされなかった。そして、電力会社の手に、どのような手段を取るのかが委ねられていたのです。


In 2008, when the risk of tsunami was again considered, an expected tsunami exceeding 15 meters was projected for the Fukushima No. 1 nuclear power plant. But Tokyo Electric Power Company (TEPCO) officials dismissed the figure as hypothetical. A second study in 2008 using different modeling suggested wave heights of nine metres, but again TEPCO officials disregarded the findings. Inspection guidelines for anti-quake design took five years and were completed in September 2009, but again these were never implemented.
2008年に、津波の危険性が再度考慮されたとき、想定は福島第一原発で15mを超えると予測されていました。しかし、東京電力の幹部は、仮想でしかないと、退けたのです。2008年の2度目の調査では、違ったモデルを使い、津波を9mの高さとしました。しかし、再び東電の幹部は、それを無視したのです。耐震性の点検指針を作成するのには、5年かかりました。そして、2009年の5月に完成されたのです。しかしまたしても、それが実行されることはありませんでした。


Then, at the plant after the tsunami, poor planning, poor training, human error and ignorance compounded the situation. At the No 1 reactor workers mistakenly believed the isolated condenser was working normally. At the No 3 reactor workers stopped high pressure coolant injection because of concerns about leakage, yet failed to arrange for water to be pumped in as an alternative cooling method. Both these errors (and others) contributed to the core meltdowns.
そして、原発を津波が襲ったあと、計画性、訓練の乏しさ、人間のなす間違えと無知が事態を招いたのです。1号機の作業員は、誤って独立したコンデンサーが、通常通り動いていたと思ってしまいました。3号機の作業員は、高圧冷却材注入を、漏洩を懸念して止めてしまいました。それなのに、代替の冷却方法として、水をポンプで流し込む事をしなかったのです。これらの間違え(そして他の間違え)が原子炉のメルトダウンを招きました。


Meanwhile, in Tokyo prime minister Naoto Kan and senior officials assembled in his fifth floor office as the central decision making body. In the basement below them, a taskforce of senior public servants was established at the crisis management centre under the special measures law relating to nuclear accidents. Both groups initially thought they were in charge.
その間、東京の菅直人首相と高官たちは中央対策本部として、官邸の5階で会合していました。その地下室では、放射能事故に関する法的特別条例のもと、危機管理センターにて、上級公務員特別委員会が設立されていました。そのどちらもが当初、自分たちが責任者だと思っていたのです。


Communication between the two was so poor that the results of a forecast made by the System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information (SPEEDI), which is designed for use in deciding evacuation orders, never reached the fifth floor.
双方の間のコミュニケーションの欠落のため、SPPEDI(避難勧告の決定に使用するためにつくられた)の予測結果が5階に届くことはありませんでした。


In the last few months, in TEPCO's haste to declare the plants in a state of "cold shut down", it has been reported that poor quality materials and techniques have been used at the plant. According to Tomohiko Suzuki, a journalist who worked undercover at the Fukushima reactors from June to August this year, sub-standard pipes prone to freezing damage and leakage were being hastily laid without the usual techniques for assuring durable connections. This increases the risk of further radiation leakage in the near future. Also there remains 120,000 tonnes of highly radioactive water underneath the plant, and there has been significant and ongoing leakage into the ocean.
ここ数ヶ月、東電は、原発の「冷温停止」状態を宣言することに急ぎました。そして、原発で質の悪い材料や技術が使われていたことが報告されています。6月から8月まで原発に忍び込んで働いたジャーナリストのスズキ・トモヒコ氏によると、凍結の際に損傷し、漏洩する傾向のある標準以下のパイプが、耐久性を確実にするための通常の技術を施されずに、急いで取り付けられたのだということです。このことは、近い将来、更なる放射能漏洩のリスクを増加させるのです。また、高度に放射能汚染された水が発電所の下に12万トンたまっています。そして相当量の汚染水が、今なお海に流れ出ているのです。


There have been many failures in the handling of this situation. But perhaps the greatest relate to the government's duty of care to protect Japanese citizens. The government failed to act on information about radioactive plumes. In doing so it exposed many communities to harmful radiation, and many evacuated into even higher radioactive areas.
この状況を取り扱うのに、多くの失敗を重ねてきました。しかし、おそらく最大の失敗は、政府の日本国民を守る義務に関することでしょう。政府は、放射能煙流の情報について対策を打ち損ねたのです。そうすることで、多くの地域の人々が有害な被曝をしました。そして、多くの人が、さらに放射能の高い場所へ避難したのです。


3760428-16x9-340x191.jpg


In addition, the government has declared the "safe" allowable limits for radiation exposure can be changed from the internationally accepted levels of 1 mSv to 20 mSv a year. Women and children are particularly sensitive to radiation exposure. Subjecting children to 20mSv a year for five years will result in about 1 in 30 developing cancer. After Chernobyl anyone likely to be exposed to more than 5 mSv a year was evacuated, and those in areas of 1-5 mSv were offered relocation and bans were placed on eating locally produced food.
更に、政府は、被曝「安全」限界を国際的に許容されている年間1mSvから20mSvにあげてもよい、としたのです。女性や子どもたちは特に被曝の影響を受けやすいのです。子どもに年間20mSvを5年間受けさせると、約30人に1人が癌を発症するという結果になります。チェルノブイリ事故の後、5mSv以上被爆しそうな人はすべて避難させられました。そして、1-5mSvの地域は、移住を提案され、その地域で生産された食べ物を食べることは禁止されたのです。


Finally, there is an ongoing culture of poor monitoring, poor information release and cover up. It continues to significantly under report radiation levels, claiming total radiation releases at approximately half the level of observed releases detected by world wide Nuclear Test Ban Treaty monitoring sites. Current radioactivity levels are measured at 1 metre off the ground, not at ground level where children play and where radioactivity levels are significantly higher.
結局のところ、乏しいモニタリング、乏しい情報公開、隠蔽の風潮が続いているという事です。あまりにも低い放射線レベルを報告し続けています。放射能放出の総量が、世界中にある核実験禁止条約のモニタリングポストで検出された観測値の約半分だと主張していたのです。現在、放射能レベルは地面から1mの高さで測られています。子供たちが遊び、放射能レベルがはるかに高い地面で測られているのではないのです。


This is no longer an emergency situation, and the health risks do not disappear by legislating a convenient figure for radiation exposure.
今はもう、緊急事態ではありません。そして、被曝の都合の良い数値を認めることで、健康に与えるリスクが消えるわけではありません。


From a public health perspective the Japanese government continues to fail to protect its people, particularly its children. To quote Tilman Ruff, Associate Professor at the Nossal Institute for Global Health, "At this point, the single most important public health measure to minimi[s]e the health harm over the long term is much wider evacuation."
国民の健康の観点から見れば、日本政府は、人々を守ることに失敗し続けています。特に子どもたちを、です。Nassal国際保健学会の准教授、Tilman Ruff医師の言葉を引用すれば、「長期にわたり健康に与える害を最小限にするための、最も重要なたった一つの国民健康対策は、もっと広範囲にわたる避難です。」ということです。


Can Japan do better than Chernobyl? We shall see.
日本は、チェルノブイリよりも被害を小さくできるでしょうか?私たちは、これからそれを見ることになるでしょう。






どんな未来を見たいですか?


チェルノブイリでは移住地区だったところに、日本人は住んでいます。

チェルノブイリがやらなかった汚染地区の除染を、日本はやろうとしています。



それは、被害を小さくするため?



自然界にまんべんなく溶け込んで、もはや自然の一部となっている、

目に見えない放射能を、捕まえて、閉じ込めようとしています。

その一粒一粒を・・・


その間にも、放射能は、人間、動物、植物にも溶け込んでいます。




「除染神話」に突き動かされているその行為はまるで、


この大自然を、まるごと制覇しようとしているようです。



NEVER GIVE UP?



何を????


人の命をGIVE UPしないで欲しいのです。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/627-8ba6b86b

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。