スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

命と土地~生活を失う危険を冒す価値

 2012-01-02
japan_times_logo.jpg



Sunday, Jan. 1, 2012

COUNTERPOINT

For how much longer will Japan's fate remain in the hands of amateurs?
あとどのくらい、日本の運命は素人の手に託されたままなのか?
 



By ROGER PULVERS
Special to The Japan Times


As we enter into a new year in which last year's greatest event is still, dreadfully, uppermost in the mind of everyone in Japan, let's pause to think hard about the Great East Japan Earthquake of March 11, the tsunami it triggered, and the release into the environment of radioactive substances from the Fukushima No. 1 nuclear power plant.
去年の凄まじい出来事が、まだ日本国民皆の心の中に恐ろしく、重く残っている中で新年を迎えるにあたり、3月11日の東北関東巨大地震、津波、そしてそれが引き金となり、福島第一原発から放射性物質を環境に放出したことを、一息ついて考えてみようではないですか。


Since then, Japanese society has turned its attention — in the government at all levels, the media, educational institutions, artistic fields — to a single question: How can the Japanese people rediscover the sense of accomplishment and hope that sustained them for decades following the end of World War II in 1945?
あれ以来、日本の社会は-あらゆるレベルの行政で、教育機関で、芸術分野で-ある一つの問いに意識が向いています。どうすれば、1945年の第二次世界大戦終戦後何十年も維持してきた達成感と希望という感覚を再度見出すことができるのだろうか?と。


The fact is, however, that this question cannot be seriously addressed before another is answered: Can Japan, a country so prone to seismic disaster, move ahead in the 21st century while still maintaining nuclear facilities that may cause even worse radiation-related disasters in the future?
しかしながら、実際には、この問いは、もう一つの問いの答えがなければ、真剣に言及することはできないのです。地震多発国の日本は、21世紀になっても尚、将来、さらに深刻な放射能放出の事故を起こしかねない原子力施設を維持し続けながら前進できるのか?


Japan_tsunami_earthquake_nuclear_disaster5.jpg
Photo from Chris Noland


What is the risk of another Fukushima-type catastrophe, perhaps on an even more frightening scale, taking place — and is that risk worth taking?
再度起こる福島原発のような惨事-おそらくもっと恐ろしい規模で起こるであろう-の危険度はどのくらいなのか?その危険を冒す価値があるのか?


I turned to an expert on risk, Woody Epstein, whose title is Manager of Risk Consulting at Scandpower Inc., a worldwide company headquartered in Oslo, and with offices in Yokohama.
この危険度について、専門家に尋ねてみることにしました。国際企業で、オスロに本社があり、横浜に支店のある、Scandpower社のリスク相談マネージャーのWoody Epstein氏です。


"There are statutory limits regulating core-damage frequency (CDF) at nuclear power plants all over the world," explains Epstein, who describes himself as neither pro- nor anti-nuclear. "The CDF limit for a single nuclear power plant is once every 10,000 years. If your CDF is greater than that, you are in violation. My main concern is the release of radioactive material into the environment.
「国際的に、原子力発電施設で法的に定められている原子炉損傷頻度の法的限界があります。」と自分自身は、原発推進派でも反原発派でもないというEpstein氏は説明します。「この限界値は1つの原発につき1万年に1度というものです。もしそれ以上であれば、違反、ということになります。私の主な懸念は、環境に放出される放射性物質です。」


"The Swiss, with their four plants, have the best attitude on safety in the world. They don't need an accident or a government regulator. They said to me, 'We think about the safety of our friends and families ... we do this because we live here.' "
「4つの原発を持つスイスは、世界で最も安全性に対する姿勢が優れています。政府の事故取締員や、政府規制員など必要ないのです。『私たちは、自分の友人や家族の安全について考えます。なぜなら、ここで暮らしているからです』と言うのです。」


Japan_tsunami_earthquake_nuclear_disaster4.jpg
Photo from Chris Noland



So, why aren't regulators and power plant operators in Japan equally scrupulous and mindful of their "friends and families" — let alone the general public's welfare both here and far beyond?
それならばなぜ、日本の規制員や電力会社は、同じように、「友人や家族」に対して良心的で気を配ったりしないのでしょう?-身近なものの、そしてそれを超えて、一般住民の幸福はさることながら。


With Tokyo Electric Power Co. (Tepco, operator of the crippled Fukushima plant) in the lead, the sway that Japan's 10 regional electric utilities wield over the politicians, bureaucrats, financiers, academics and captains of the media who together comprise Japan's so-called nuclear village is, in a word, monumental.
東電を先頭に、日本の10地域の電力会社が政治家、官僚、金融業者、学者、メディアのトップに影響を及ぼし、その勢力が共に、日本のいわゆる原子力村を、いうなれば、不滅のものとしてきたのです。


If we are to believe what we are told by people in the mainstream media, steps are being taken to ensure there will be "no more Fukushimas." But any such safety assurances were all but worthless in the past.
主要メディアで彼らが言うことを信じてしまえば、「もう、福島のようなことはない」と保証する道筋がたてられています。しかし、そのような安全保証は、過去において、全く価値のないもの以外の何物でもありませんでした。


If there was an Ignoble Prize for Prevarication and Coverup, last year's would go to Tepco for its repeated, official use of the word sōteigai (meaning, "beyond the realm of predictability") in mitigation of its response to the tsunami that led to the meltdown of three reactors at its Fukushima plant.
もし、言い逃れや隠蔽の「反ノーベル賞(不名誉賞)」と言うものがあるとすれば、福島原発の3つの原子炉のメルトダウンを招いた津波の鎮静対応に繰り返し発せられた「想定外」をもって、東電がその賞を受けることになるでしょう。


Of course Tepco has never yet made any reference to the fact that it failed to follow the Swiss lead by providing completely bunkered, waterproof doors and backup diesel generators and pumps enabling it to keep its reactors cooled to a safe temperature and stabilize the plant even after it was damaged by flooding. And there has similarly been scant mention of the fact that Tepco failed to have in place the means to vent hydrogen safely.
完全防備された、防水性のドアやバックアップのティーゼル発電機、洪水で損傷したあとでも安全な温度に原子炉を保ち原発を安定させることのできるポンプなどを備えているスイスを見習うことがなかったという事実についての言及は、もちろん東電からまだ一切ありません。同様に、東電が安全に水素をベントする手段を講じることに失敗した事実についての言及も充分ではないのです。


Says Epstein: "The 'nuclear village' in Japan just doesn't know how to be serious about risk and safety."
Epstein氏は、「日本の“原子力村”は、その危険性と安全性について、どれだけ深刻であるべきだったかについて、ただ単に、分からないのです。」


He defines "risk" in this way: What things can go wrong; how likely are they to do so; and what are the consequences if they do?
彼は「危険」について、このように定義します: どのような事がうまくいかなくなるなる可能性があるのか。どのくらいそのようなことが起こる可能性があるのか?もしそうなったときに、結果として何が起こるのか?


"The in-house study conducted by Tepco in 2006 indicated that a tsunami of 10.2 meters could occur," continues Epstein, "but they ignored it as something without specific evidence. Yet of course there was evidence, including simulation studies that Tepco performed. Engineers and scientists who make statements such as this have no business running a nuclear power plant."
「2006年に東電が自社で行った調査によると、10.2メートルの津波が起こりうる、と言うことだった」とEpstein氏は続けます。「しかし、特定の証拠もないものとして、それを無視したのです。しかし、もちろん根拠はありました。東電が行ったシュミレーションの研究もそれに含まれるのです。このような申し立てをした技術者と科学者は、原発運営とは全く関係のない人たちでした。」



This brings us to the crux of the matter: Until such time as the government of this nation can assure its citizens that the people running the nuclear power industry are independent experts who understand the nature of risk and hazard, our fate will remain in the hands of dangerous amateurs who put the aggrandizement of their companies and the gravity of their greed above the welfare of humanity.
このことは、私たちを核心に導きます。この国の政府が国民に対して、原子力業界を運営しているのが、自然のリスクや危険要素を理解している独立した専門家である、と言うことを保証するまで、私たちの運命は、企業の拡大や人としての心より自分たちの欲を重要視している危険な素人の手に委ねられたままなのです。


So, have Tepco and the other electric power utilities learned a lesson here?
では、東電や、他の電力会社は今回何かを学んだのでしょうか?


Kansai Electric Power Co. (Kepco) has produced a proposal to erect "tsunami-proof" walls 11.5 meters high at an estimated cost of \200 billion to protect nuclear power facilities on the coast of the Sea of Japan in Fukui Prefecture. But Epstein doubts the efficacy of these walls.
関西電力は推定2億円をかけて、福井県の日本海岸にある原発を保護するために11.5mの津波防波堤を建てる提言書を作成しています。しかし、Epstein氏は、それらの防波堤の有効性に疑念を抱いています。


"Tsunami walls give a completely false sense of security. Will they hold? Is 12 meters enough? Twenty meters? You just don't know how high the wave will be."
「津波防波堤は完全に間違った安全確保の概念です。持ちこたえるのか?12mは充分か?20mは?波がどれだけ高くなるかなど、単純に分からないのです。」


In November, some 450 experts from 39 countries met in Paris under the auspices of the Institute for Radiological Protection and Nuclear Safety "to draw technical lessons from the Fukushima accident."
11月に39カ国から45名の専門家が、放射能防護・原子力安全協会主催のもと、パリで会合しました。「福島の事故からの技術的教訓を探るため」のものでした。


One paper presented there — by Harald Thielen, a German nuclear safety and waste-disposal expert, and colleagues — addressed the environmental consequences of the release of high concentrations of radioactive material. Its conclusion struck me as ominous: "The radiological situation for the people of Japan is serious but regionally limited, if no further releases occur."
そこで、1つの文書が提示されました。ドイツの原子力安全・核廃棄物処分の専門家、Harald Thielen氏によるものです。それは、高度に濃縮された放射性物質の放出が環境に与える結果について言及しています。その結論は、わたしにとって不吉な衝撃を与えました。「日本の人々にとって、放射性物質の状況は深刻ですが、局部的なものです。もし、これ以上の放出がなければ。」


I was tempted here to put the last five words in italics. Even if the Fukushima plants produce no further such releases, we are already experiencing contamination of rice, a range of leafy vegetables, milk, beef, tea, shiitake mushrooms and even containers of natto (fermented soybeans) packed in rice-straw bearing traces of radioactive cesium. And early this month it was announced that that potentially lethal substance had been detected in powered milk for babies.
最後の言葉を、斜体にする衝動を覚えました。福島原発が、これ以上の放出をしなくてさえも、既に米、葉野菜の数々、ミルク、牛肉、お茶、しいたけは汚染され、そして納豆を包んでいる麦わらさえからも放射性セシウム汚染の痕跡があるのです。今月の初めには、乳児の粉ミルクから死をもたらす可能性のある物質が検出されたと発表されました。


How do you quantify fear? How do you assure people that the food they eat, the water they drink, the air they breathe, the soil they walk on and their children play on are safe anywhere in Japan — when no one can assure the people of this country that nuclear power generation is safe or ever will be?
どれだけ恐怖を感じるか、どのように測りますか?人々が食べているものが、飲んでいる水が、息をしている空気が、歩いている、子どもたちが遊んでいる足元の土が、日本のどこでも安全だと、どのように保証しますか?


A seismic event such as the one on March 11, 2011, that led to a plant blackout and the loss of cooling in three reactors could take place under or near any nuclear power plant in Japan at any time.
原発の電源喪失と3つの原子炉の冷却機能を失わせた、3月11日のような地震が、いつか、日本のどこかの原発で起こり得るのです。


ishinomakipb2.jpg
Photo from Chris Noland



As of the end of October last year, only 10 reactors out of a total of 54 were operating in this country. Since then, three have gone offline for scheduled inspections, and one more is due to do so in February. With a mere seven reactors working now, there has been no vocal call for restrictions on the use of electricity this winter.
去年の10月末の時点で、この国の54機の全原子炉のうち10機しか稼動していませんでした。それ以来、3機が定期検査のため停止し、2月にはもう1機が停止します。現在はたったの7機だけで、今年の冬の電力使用についての制限はまだ発されていないのです。


So, are we really to believe that Japan's electricity needs cannot be met without nuclear power?
さて、日本の電力需要は、原子力なしでは足りないと、本当に言えるでしょうか?


Steps should be taken to shut down the remaining operating reactors at a reasonable pace and begin decommissioning every single nuclear power plant in this country. Urgent steps should also be taken to secure additional supplies of natural gas, and to develop and utilize all practicable forms of alternative energy.
稼動し続けている原子炉を、適度なペースで停止する道筋が取られるべきで、この国の全ての原子力発電所が廃炉に向かうべきです。天然ガスの追加供給を確保し、代替エネルギーの実用的な形態が開発され使用される行程を急ぐべきです。


In addition, and along with these measures, moves must be made to judiciously deregulate the generation, transmission and distribution of energy so that, beside the big 10 utilities, smaller companies and individuals can begin to provide energy for the nation.
加えて、これらの手段と平行して、エネルギー生成、電送、供給の規制を思慮深く解く動きがなされなければならず、10社の大手のほかに、この国のエネルギーを中小企業や個人が供給できるようにしなければなりません。


I return to Epstein's three questions that define "risk": What things can go wrong; how likely are they to do so; and what are the consequences if they do?
ここで、Epstein氏の「リスク」を定義する3つの問いに戻ります。どのような事がうまくいかなくなるなる可能性があるのか。どのくらいそのようなことが起こる可能性があるのか?もしそうなったときに、結果とし何が起こるのか?


As for the first, almost anything can go wrong in such a seismically active country as Japan. Regarding the second, the answer is clear: The likelihood is far too high to be acceptable. And regarding "what happens if?" ... the consequences would border on the catastrophic for life and land in Japan, and quite possibly much further afield.
最初の問いについては、日本のような活発な地震国では、ほとんどどんな事もうまくいかなくなることがあり得るでしょう。2つ目の問いについて、答えは明らかです。あり得そうな確率は、許容範囲をはるかに超えています。そして、「もし?」については、その結果は、命と日本の土地を破壊する境界線上にあり、それははるか海外にまで及ぶ可能性が大きいでしょう。


Tepco should be thanking its lucky stars. The nuclear disaster it has foisted on the country could have been a lot worse.
東電は、幸運に感謝するべきです。国に押し付けられた原子力事故はもっと酷いものである可能性もあったのです。


All the talk last year about rediscovering a sense of hope and accomplishment will amount to nothing but bluster and hot air unless — and until — Japan is made safe from the unacceptable risks and the known certain hazards of nuclear power.
希望とか、達成感という感覚の再発見について、去年語られてきた全てのことは、虚勢やまやかしでしかないのでしょう。日本が、受け入れられないリスクや原子力について周知の危険要素から脱しない限り、あるいは、脱するまでは。






これらの問いは、そんなに難しい哲学や科学なのでしょうか?


これだけのことが起こっても、


人の心を縛りつけている力って・・・


政治、経済の概念は、倫理、人道の概念と、対極にしかいられないのでしょうか?



シアトルのChris Nolandさんは、被災地でボランティアをしながら、映像や写真を撮っているアメリカ人です。



原発が必要悪で、危険を冒す価値があると主張するのなら、

誰かにその危険を負わせるのではなく、

自分と、自分の家族でリスクを背負うべきでは?



危険を本当に覚悟して原発のある場所に住み、

核廃棄物貯蔵所も、その場所に設置し、

健康被害も事故も全て、自分で責任を取る。



誰かが犠牲になっていたことを知らない人は、もういません。

日本が生き残る道は、あまりにも明らかです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/624-2416204d

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。