スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

悪い話ばかりではない~東電

 2011-12-20
Picture3_20111109000213.jpg



Tuesday, Dec. 20, 2011


3/11 memories haunt American at No. 1 plant
3月11日、あるアメリカ人につきまとう第一原発の記憶


By REIJI YOSHIDA

Staff writer

MITO, Ibaraki Pref. — American Carl Pillitteri was busy working at the Fukushima No. 1 nuclear plant on March 11 when he felt the first sudden jolt from one of the strongest earthquakes on record, and then watched in horror as a 15-meter wall of water swept in from the Pacific and crashed into the complex.
茨城県水戸-3月11日、アメリカ人のカールPillitteri氏は、福島第一原発で忙しく働いていました。そして、記録上最強の地震のうちの1つに最初突然の衝撃を感じ、15メートルの高波が太平洋から襲来し、施設に押し寄せたのを恐怖の中で目撃したのです。


Pillitteri, who was working for a nuclear service company, was on the turbine deck of reactor 1 when the 9.0-magnitude quake started to violently rock the plant and its six reactors.
原子力関係会社で働いていたPillitteri氏は、マグニチュード9の地震が発電所と6つの原子炉を凄まじく揺さぶったとき、1号機のタービン建屋にいました。


Monster tsunami then swept in from the sea, smashing into the plant and knocking out the power supply and backup generators for three of the reactors, starting a chain of events that ultimately resulted in all three suffering meltdowns.
怪物のような津波はそのとき海から襲来し、発電所に押し寄せ、電気の供給と3つの原子炉のバックアップ発電機を打ちのめしたのです。そして、3つの苦悩のメルトダウンという究極の結果をもたらした出来事が次々に始まったのです。


The Taiwan-based Pillitteri, 53, evacuated the plant that day and left Japan on March 15. He said he had been traumatized, overwhelmed by the events he witnessed on the disaster day.
台湾が拠点のPillitteri氏(53)は、その日のうちに原発から避難し、3月15日に日本を離れました。その災害の起こった日に彼が目撃した出来事がトラウマになり、苦しめられた、と言います。


But on Dec. 3, he returned to Fukushima Prefecture on a desperate, personal mission and entered the government-designated no-go zone.
それでも、12月3日に、必死の個人的な使命を果すために、福島県へ戻り、政府が定めた立ち入り禁止地区に入ったのです。

nn20111220a2c.jpg


Pillitteri felt compelled to learn the fate of an elderly Japanese woman who worked at a local restaurant and who had looked after him during his previous trips to the plant. He also wanted to give her a Christmas gift, and said he would be unable to enjoy the holiday unless he found out what became of her.
Pillitteri氏は、前に原発へ行っていた間世話してくれた、地元のレストランで働いていた年配の日本人女性がどうなったのかを知りたくて止むにやまれなかったのです。彼女にクリスマスギフトも渡したいと思っていました。彼女がどうなったのかが分からないと、休日も楽しめないのだ、と言うのです。


"For me, I could not wait to come back (to Fukushima). I wanted to come back," Pillitteri told The Japan Times during a recent interview in Mito, Ibaraki Prefecture.
「私にとって、(福島に)戻ることを待てませんでした。私は戻りたかったのです。」Pillitteri氏は、茨城県、水戸でのジャパンタイムズでの最近のインタビューで話しました。


"I cared about (all the local residents), but I particularly cared about her. And I spent last Christmas with her," Pillitteri said.
「(地元の人みんなのことが)心配です。でも、特に彼女のことが気にかかるのです。去年のクリスマスは、その女性と過ごしました。」とPillitteriは語りました。


The woman used to cook for him at a restaurant he frequented in the town of Tomioka, just south of the nuclear plant. He doesn't know her name but believes she is in her 60s or 70s.
その女性は、原発のすぐ南の富岡町にある、彼が良く通っていたレストランで、食事を作ってくれたのです。彼女の名前は知らないのですが、60代が70代だと思われます。


He used to call the restaurant the "Hen House" because he thought its name, Ikoi (rest, relief), which was written in hiragana on its sign, looked similar to the English word "hen." As he didn't know the woman's name, he nicknamed her the "Chicken Lady" for the delicious fried dinners she would often whip up for him at the restaurant.
彼は、そのレストランを「Hen House(めんどりの家)と読んでいました。「いこい」とひらがなで書かれた看板は、アルファベットのhenのようにみえたので、そういう名前だと思っていました。女性の名前が分からなかったので、そのレストランで彼のために手早くおいしいフライ定食を作ってくれた彼女のことを、「チキン婦人」とあだ名を付けていました。


Pillitteri approached The Japan Times, seeking help in his quest to discover her identity and contact her before he was set to leave Japan Tuesday. The restaurant is located inside the 20-km evacuation zone.
Pillitteri氏はジャパンタイムズに連絡をし、彼女の身元を捜す探求の助けを求めてきました。火曜日に日本を発つ前に連絡を取りたかったのです。レストランは20km圏内の避難地区にありました。


Pillitteri, who is married to a Taiwanese, has traveled frequently to Japan during the last 20 years to service nuclear reactors, and he worked many times at the Fukushima No. 1 plant. During his trips, he would regularly eat at Ikoi, sometimes four or five times a week.
台湾人女性と結婚したPillitteri氏は、過去20年間、原発での仕事のために、よく来日しました。そして、福島第一原発でも、何度も仕事をしたのです。彼の出張の間は定期的に「いこい」で食事をしました。時には週に4,5回行きました。


After returning to Taiwan in March, Pillitteri was unemployed for about five months and spent much of this time worrying about his friends at the Fukushima plant and the residents of Tomioka, and especially about the woman at the restaurant, who spoke little English but showed him nothing but kindness.
3月に台湾に戻った後、Pillitteri氏は約5ヶ月間失業し、その間、福島の友人たちや、富岡の住民、そして特にそのレストランの女性のことばかり心配していました。彼女は英語をあまり話しませんでしたが、とにかく親切だったのです。


"She was a motherly figure to me, always happy to see me and give me some extra things to eat," Pillitteri said.
「私にとっては、母親のようなものでした。いつも私を見ると嬉しそうにし、食事に何か追加してくれるのです。」


March 11 started out as a beautiful day, he said.
3月11日は、とても美しく1日が始まった、と彼は言います。


But then the first sudden jolt from what would come to be known as the Great East Japan Earthquake violently rocked the reactor 1 unit where he was working.
しかし、東北関東大震災として知られることになった地震の、突然の最初の衝撃が、彼が働いていた1号機を猛烈に揺さぶったのです。


"I said, 'Hey, earthquake!' and two (coworkers) looked at me (as if to say), 'Are you crazy?' " Pillitteri recalled.
「おい、地震だよ」と言うと、2人の同僚が私を見て、(まるでこう言わんばかりで)「気でも違ったか?」Pillitteri氏は思い起こします。


The monster earthquake, the world's fourth-strongest ever recorded, then unleashed a series of long, terrifying seismic waves that shook the ground and rocked the nuclear complex.
その凄まじい、記録上世界で4番目に大きい地震は、長い、恐ろしい大波を巻き起こし、大地を揺らし、原発施設を揺さぶったのです。


"I thought, 'I'm gonna die. This is it, this is it,' " he said.
「死んでしまうかと思いました。これでおしまいだ。これでおしまいだ。」と。


After the rocking stopped, Pillitteri and his coworkers fled from the building and clambered up a hill inside the compound.
揺れが収まった後、Pillitteri氏と同僚は建物から逃げ出し、敷地内の丘によじ登りました。


When he reached the top, he looked back toward the coast and saw a gigantic wall of water rising and heading straight toward the plant. He recalls hearing a loud "vacuum sound" made by strong winds that were apparently whipped up by the approaching tsunami.
頂上に到達したとき、海岸を振り返ると、巨大な水の壁が上り、原発へまっしぐらに向かっていたのです。明らかに迫ってくる津波にまきあげられた強風で、とても大きな「吸い取るような音」がしたのを聞いたのを覚えています。


"When the sea ran out, all the ocean bed was opened up, and it sucked the atmosphere down. And the wind, the wind was incredible," Pillitteri said.
「海が引いたとき、海全体が口をあけ、大気全体を吸い込んだのです。そして、風が、風がものすごかったです。」


"I thought, 'Oh my God, 2,000 years ago (before people knew better about natural phenomenon), maybe people would think this is the end of the world."
「なんたること。2000年前(まだ人が自然現象についてよく知らなかったころ)だったら、おそらく世界の終わりだと思ったことでしょう。」


Later that day, he evacuated the complex together with some coworkers who were not directly in charge of plant operations, and checked in at a nearby hotel. They spent a sleepless night at the inn as the series of powerful and unnerving aftershocks continued to shake eastern Japan.
その日遅く、彼は施設を、原発オペレーションに直接関わっていなかった何人かの同僚と避難し、近くのホテルにチェックインしました。その夜は東日本では、強い地震が続き、それに悩まされて眠れませんでした。


They boarded a bus bound for Tokyo the next morning, arriving early March 13.
次の朝、彼らは東京へ戻るバスに乗り、3月13日早くに到着しました。


En route, Pillitteri saw many cars traveling north. He believes they were headed toward areas near the Fukushima No. 1 plant to rescue family members and help them evacuate from the disaster zone. It pained him to see those people driving north, particularly because he and many of his coworkers wanted to help them in their time of need, he said.
途中で、北へ向かう車を見かけました。家族を救助し、災害地区から避難させるために福島第一原発近くの地域へ向かっているのだと思いました。人々が北へ向かうのを見るのはつらいものでした。皆が必要としているときに、彼も、同僚たちも助けてあげたかったからだ、とPillitteri氏は話しました。


Pillitteri returned to Japan in August for a work assignment at the nuclear plant in Tokai, Ibaraki Prefecture. But he wasn't allowed to enter the 20-km no-go zone around the Fukushima No. 1 plant until Dec. 3, and then only for four hours.
彼は8月に1週間、茨城県の東海原発での仕事のために来日しました。しかし、12月3日に4時間だけ、福島第一原発周辺20km圏内に立ち入りを許されるまで、中に入ることは許されませんでした。


On his way into the disaster zone to try to locate the woman from the restaurant, he was impressed by the well-organized way the police and Tokyo Electric Power Co. controlled the traffic and checkpoints on roads leading into the no-go area.
レストランの女性の居所を確かめようと、災害地に向かう途中、Pillitteri氏は、交通整理をし、立ち入り禁止地区に入る道のチェックポイントを管理している、とても統率のとれた警察や東電に関心しました。


Donning a white protective suit to guard against radioactive fallout, he immediately headed to the Ikoi restaurant, which is located about 600 meters west of JR Tomioka Station. But it was vacant, just like the rest of the evacuated town, its exterior showing damage from the March 11 quake, and there were no signs of the woman.
放射能降下物から身を守る防御服を身にまとい、まっすぐに「いこい」レストランに向かいました。JR富岡駅から西に600m行ったところにあります。しかし、レストランは空っぽで、他の避難地区と同様、外観は3月11日の地震からの損傷が見られ、女性がいる形跡はありませんでした。


nn20111220a2a.jpg


He said Tomioka is just a ghost town, and he was unable to locate the woman. Homes, once-thriving shops and schools that used to be filled with the sounds of children playing are now empty and silent.
富岡はただ、ゴーストタウンだ、と彼は言います。そして、女性の居所は分かりませんでした。家々、かつて栄えていた店並み、子供たちの遊ぶ声で溢れていた学校は、今では空っぽで、静まり返っていました。


"It's heartbreaking to see all the residential communities and elementary schools empty," Pillitteri said.
「これらの居住地域や、空っぽの小学校を見ると、心が痛みます。」


The restaurant had been left unlocked, and he went inside to take a look at the quake damage.
レストランに鍵はかかっていなく、Pillitteri氏は中に入り地震の爪あとを眺めました。


"I used to sit right there," he said during the interview, pointing at a photo he took of the restaurant's counter during his brief visit. In the shot, broken glass lies scattered around the eatery, which looked like it had been abandoned in a hurry. "She is the cook there, she talked to me, and (would) come around and sit by me," Pillitteri said.
「ここにいつも座っていたのです。」と、インタビューで、そこを訪れたときに撮った、レストランのカウンターの写真を指差して言いました。その写真には、食堂中に散らかった割れたグラスが、あわてて、そのままに置き去りにされたように写っていました。「彼女はここで料理をしていました。私に話しかけ、そばに来て、横に座ってくれたのです。」


nn20111220a2b.jpg


Evacuated residents who are allowed to briefly return to their homes have to wear full-body protective gear to prevent radioactive fallout from spreading beyond the 20-km limit.
少しの時間、家に戻れることを許された避難住民は、20km圏を越えて広がる放射能を防ぐために防護服で身を包まなければなりません。


"But it was very sad to see (them dressed like) this. I'm used to this, but mothers and fathers, all the grandmothers and fathers had to do this, right?" he said.
「そんな姿を見るのは悲しいものです。私は慣れていますが、母親たち、父親たち、祖母たち、祖父たちがそんなことをしなけれがならないなんて。そうでしょ?」とPillitteri氏は言いました。


The Japan Times managed to locate the restaurant Pillitteri frequented and identify the woman he desperately wanted to meet again, and reached her through the Tomioka Municipal Government, which keeps contact phone numbers for local evacuees.
ジャパンタイムズは、Pillitteri氏が通っていたレストランを見つけ、彼が必死で再会したがっていた女性の身元を確認しました。そして、地元住民の電話番号を保持している富岡市を通して連絡しました。


But the woman, whose family name is Owada, sent a message to The Japan Times via the municipal office saying she doesn't feel like seeing any of her former customers because "lots of things have happened" since March 11. She didn't elaborate.
しかし、そのおわださんという女性は、市役所を通してジャパンタイムズに、前のお客さんには会いたい気分ではないのだと言ってきました。3月11日以来「多くのことが起こった」からだ、と言うのです。彼女は詳しくは語りませんでした。


While obviously disappointed that he didn't get a chance to see the woman and give her the Christmas present, Pillitteri said he is happy to at least learn that she survived the natural disasters and Japan's worst-ever nuclear crisis.
その女性に会ってクリスマスプレゼントをあげられないことに明らかに失望したのですが、彼女が自然災害と、史上最悪の放射能事故から生き残ったことを知り、嬉しかった、と言いました。


And he said he now feels he can enjoy Christmas.
そして、今は、クリスマスを楽しめる気がする、と言います。


"What else can I do? You gave me the information, she's alive," an emotional Pillitteri said during the interview.
「他に私に何ができるでしょう?あなた方が情報をくれました。彼女を生きていました。」インタビューの間、感情に満ちたPillitteri氏は語りました。


While working at the Fukushima No. 1 plant last Christmas, far from his family in Taiwan and the United States, he visited Ikoi to enjoy the festive season for a few precious hours.
去年のクリスマスに、台湾とアメリカの家族から遠く離れて福島第一原発で働いている間、数時間、クリスマスシーズン気分を「いこい」を尋ねて楽しんだのです。


He bought a fruit basket and a Christmas card for the woman, and when he walked through the door "her face lit up like a Christmas tree," he recalled.
彼はフルーツバスケットとクリスマスカードを女性に持って行きました。彼がドアを開けて入ると「彼女の顔がクリスマスツリーのように明るくなった。」と思い起こします。


After the twin disasters, Pillitteri departed from Japan in a hurry, boarding a flight at Narita airport bound for Taiwan on March 15. In his rush to leave, he left most of his belongings at the apartment he had rented in Tomioka, including his wedding ring and other valuables.
2重の災害の後、Pillitteri氏は3月15日に、成田空港から台湾に向かう飛行機に乗り込み、日本を発ちました。急いで出発する中、富岡で借りていたアパートにあった持ち物をほとんど置いてきました。結婚指輪や他の貴重品も。


As the apartment is inside the 20-km no-go zone, it will remain vacant for the foreseeable future. Still, on Dec. 3, Pillitteri stopped there and cleaned up all the mess, cleared out his refrigerator and locked the door behind him in a potentially symbolic and cathartic act he hopes will allow him to put the March 11 nightmare behind him.
そのアパートは20km立ち入り禁止圏内にあるので、しばらくの間は空家のままでしょう。それでも、Pillitteri氏は、12月3日にそこに立ち寄り、散らかっているものを掃除し、冷蔵庫を片付けてドアに鍵をかけて出ました。そうすることで、3月11日の悪夢をそこに置いてきて、心を洗えるかもしれない、と願って。


Some of his other belongings, including his passport, wallet, shoes and a backpack, were left in a rental car he had parked at the Fukushima plant, which he had no choice but to abandon in the rush to flee the complex.
他の彼の持ち物のいくつかは、パスポート、財布、靴、リュックサックなどを含め、福島原発に駐車したままレンタカーの中に置き去りにしていました。施設から急いで逃げたので、置き去りにするにするしかなかったのです。


But to his amazement, he discovered that Tepco had retrieved all the belongings he left in the rental car, and boxed and stored them. The utility returned them to him on Dec. 5.
ところが驚いたことに、Pillitteri氏は、レンタカーに残してきた持ち物全てを、東電が回収し、箱に入れて保管してくれてくれていたのを知りました。東電はそれらを12月5日彼に返却したのです。


"Nine months after, they gave me everything (left inside the car). Even a box (of) tissue. Come on, they are very honest. I thought I would never see (those items) again," he said.
「9ヶ月後で、東電は(車の中においてきたもの)全てを返してくれました。ティッシュの箱までも。ほら、東電はものすごい正直者だよ。これらのものを又目にするとは思ってもいなかった。」


"Amazing. To me, an amazing story."
「すごいことです。私にとっては、びっくりする話です。」






原発の現場で働いている人たちには、律儀で、誠意のある人が、きっと沢山いるのだろう、

と言うことを思い出させてくれました。



「いこい」の女性をはじめ、多くの人の心を引き裂いた事故後の処理に、

誠意が感じられない大企業。



きっと、会社としての言動に、心を打ち砕かれながら、

目の前の戦いに日々挑んでいる人が、沢山いるのでしょう。



もしかしたら、そういう人たちが、東電の99%なのかもしれません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/611-6ceec4f4

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。