スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本津波からの最初の漂流物

 2011-12-19
日本からの瓦礫が、11月の上旬にも到着する、と報道されて、1ヶ月が経ちましたが、

どうやら、少しずつ、打ち上げられ始めたようです。

ワシントン州、オリンピック半島の地元紙からの報告です。


Picture6_20111220142154.jpg



First debris from Japanese earthquake/tsunami reaches Olympic Peninsula
オリンピック半島に漂着した、日本からの最初の瓦礫



bilde.jpg
Oceanographer Jim Ingraham answers questions about the islands of debris from the March 11 Japan tsunami that are slowly floating toward the Pacific Northwest. Behind him is a float, found east of Neah Bay, that is believed to be the first identified piece of wreckage to arrive via ocean currents. -- Photo by Arwyn Rice/Peninsula Daily News
3月11日の津波で瓦礫の島が、ゆっくりと太平洋を北西に漂流したことについての質問に答える海洋学者のJim Ingraham氏。海流に乗って到達した最初の漂着物と確認され、Neah湾の東で発見された。


By Arwyn Rice

Peninsula Daily News

PORT ANGELES -The first piece of debris that could be identified as washing up on the West Coast from the March 11 tsunami in Japan — a large black float - was found on a Neah Bay beach two weeks ago, Seattle oceanographers Curtis Ebbesmeyer and Jim Ingraham said Tuesday night.
ポートエンジェルス-3月11日に日本で起きた津波により流された瓦礫と確認された最初の漂流物が、西海岸に打ち上げられました。-大きな黒い浮きは、2週間前にNeah湾で発見された、とシアトルの海洋学者、Curtis Ebbesmeyer氏とJim Ingraham氏が火曜日の夜に述べました。


debrisWA2.jpg


Since then, the two researchers, known as DriftBusters Inc. — who have used flotsam to track wind and water currents in the Pacific since 1970 - have learned that the black, 55-gallon drum-sized floats also have been found on Vancouver Island.
ドリフトバスター(DriftBusters)として知られていている両研究者は、-浮き荷を使い、太平洋の風向きや海流を1970年以来たどっているのですが-55ガロンのドラム缶ほどの大きさの浮きがバンクーバー島でも発見されていることを知りました。


Ebbesmeyer and Ingraham spoke to more than 100 people at Peninsula College and brought the float with them, along with examples of other items that may be showing up on beaches in the next year.
Ebbesmeyer 氏と Ingraham氏は、ペニンシュラカレッジにて、100人以上の聴衆に話をし、来年漂着するかもしれない可能性のある、他のサンプルとともに、今回打ち上げられた浮きを持参しました。


Tons of debris washed out to sea when a tsunami struck northern Japan after a massive magnitude-9.0 earthquake March 11.
3月11日のマグニチュード9.0の巨大地震の後、津波が東北を襲った際に、何トンもの瓦礫が海に流されたのです。


About a quarter of the 100 million tons of debris from Japan is expected to make landfall on beaches from southern Alaska to California, possibly in volumes large enough to clog ports, Ebbesmeyer said.
日本から流された1億トンの約4分の1が南アラスカからカリフォルニア沿岸に上陸すると思われていて、その大量の瓦礫は、港を埋め尽くす可能性があるのだと、Ebbesmeyerは述べました。


Using models from a historic shipwreck that occurred 20 miles off Neah Bay, Ebbesmeyer and Ingraham have determined the path of debris that comes into that area off the Washington coast.
歴史的難破事故(1867年、12月22日に996トンのアメリカの船がハリケーンのためNeah湾で難破)のモデルから、両氏は、ワシントン沖に流れ込む瓦礫の道筋を判断しました。


They said debris will be snagged by currents leading into the Strait of Juan de Fuca and that a large portion of it will end up on beaches from the mouth of the Elwha River to Port Townsend.
それによると、瓦礫は、その多くがStrait of Juan de Fucaに流れ込む海流に引っかかり、Elsha河口からTownsend港の浜に漂着するものと思われる、とのことです。


Picture5_20111220142154.jpg



Many ocean models have shown that the massive congregation of flotsam that washed away from devastated Japanese coastal cities is in the middle of the Pacific and won’t make landfall in the U.S. for another year or two.
多くの海洋モデルは、荒廃した日本岸から流された浮き荷の巨大な集まりが、1.2年の間はアメリカに上陸しないであろうと示していました。


Most of it is exactly where those models predicted, but those models don’t take into account wind and flotsam with large areas exposed to the wind, said Ebbesmeyer, who became famous for his and Ingraham’s ocean research into currents after large spills of Nike shoes and bath toys from container ships in the 1990s.
ほとんどは、それらのモデルが予測したその場所にあるのですが、それらのモデルは、風に曝される大きな浮き荷を計算に入れていないのだ、とEbbesmeyer氏は言います。彼は、1990年代のコンテーナー船から、多くのNIKEシューズやお風呂のおもちゃが流された後、Ingraham氏と行った海流の調査で有名になりました。


Flotsam in a current travels an average of seven miles per hour, but it can move as much as 20 mph if it has a large area exposed to the wind, he said.
海流の浮き荷は毎時7マイル(11km)で進みます。しかし、大きな部分が風に曝されると20mph(毎時32km)まで加速することがありうるのだ、と彼は話しました。


The float that was found in Neah Bay sits well above the water, has a very shallow draft and is lightweight, exactly what Ingraham’s computer model said would show up first.
Neah湾で発見された浮きは、海の上によい具合に出ていて、水にとても浅くつかり、軽いので、Ingraham氏のコンピューターモデルが最初に現れるであろうとしていた、正にそのものだったのです。


It was found by Surfrider beach cleanup crews working on a Makah-owned beach on the strait, a few miles east of Neah Bay, Ebbesmeyer said.
その浮きは、Neah湾から東に数マイルのところにあるMakah(原住民)所有の海峡にある浜辺で、清掃をしているサーファーによって見つけられたのだ、とEbbesmeyer氏は言いました。

debrisWA.jpg



The black floats are seen in the middle of the Pacific by the hundreds, and are not something that has been seen on Eastern Pacific beaches before, he said.
その黒い浮きは、太平洋中で何百人もに目撃され、東の太平洋岸の浜辺では今まで見られなかったのものです。


The floats are included in masses of black blobs supporting huge rafts of debris that include fishing boats, houses and possibly human bodies, Ebbesmeyer said.
その漂流物は、広域に渡る瓦礫の巨大な島に含まれていて、他にも、漁船、家、亡骸も含まれている可能性があるのだと、Ebbesmeyer氏は語りました。


Many of those bodies and parts of bodies will likely begin washing up in about a year, some simply as feet in athletic shoes, similar to those found in Puget Sound over the last decade, he said.
多くの亡骸とその部分は、約1年のうちに打ち上げ始められ、十年以上前にピュージェット湾で発見されたものに似たような、靴の中に残された足のようなものもあるであろう、と、話しました。


Picture30.jpg


Ebbesmeyer has done extensive research on those feet, and said that many more may be found in coming years.
Ebbesmeyer氏は、それらの足について大規模な調査を行ったことがあり、これから何年かの間に、他にも大きなものが発見されるかもしれない、と述べました。


Athletic shoes make the perfect floats to preserve parts of bodies, Ebbesmeyer said, and there are still thousands of people missing from tsunami-stricken areas of Japan.
運動靴は体の部分を保存する完璧な浮きなのだと、彼は言います。日本の津波の被害に合った地域で行方不明になっている人は、まだ何千人もいるのです。


Shoes with remains or other possibly human remains found on beaches should be reported to the appropriate authorities, either police, sheriff’s deputies or park rangers, he said.
亡骸の一部を含む靴、あるいは亡骸そのものが浜辺で発見されるかも知れず、適切な機関、警察か保安官、あるいは公園保護官に報告されるべきである、と言います。


If the debris has any kind of identifiable marking, such as numbers or Japanese writing, it may be traceable, Ebbesmeyer said.
瓦礫の、日本語の数字のような、身元を確認できるどんな印でも、持ち主を辿ることができるかもしれないのだと、Ebbesmeyer氏は語りました。


“All debris should be treated with a great reverence and respect,” he said.
「全ての瓦礫は、大きな崇敬と敬意を持って扱われるべきものです。」


Families in Japan are waiting to hear of any items that may have been associated with their loved ones and may travel to the U.S. to meet those who found these mementos, he added.
日本の遺族は、愛する家族と繋がるかもしれないどんなものについても、知らされるのを待っているのです。彼らは、アメリカに渡航し、それらの形見を見つけてくれた人に会いに来るかもしれないのだ、と彼は付け加えました。


Items that wash up may include portions of houses, boats, ships, furniture, portions of cars and just about anything else that floats, he said.
打ち上げられるものには、家、ボート、船、家具、車の一部、浮くもの何から何まで考えられる、と言います。


The rafts of debris include whole houses which may still contain many personal items, and the Japanese are known for storing important personal mementos in walls, Ebbesmeyer said.
瓦礫の島には、多くの私物をまだ含んでいる家が含まれていて、日本人は、大事な思い出の品を壁の中にしまっていることで知られているのだ、とも言いました。


Even the smallest of traceable items may be the only thing associated with one of those people who were lost during the disaster, he said.
持ち主を辿れるどんな小さなものでも、災害中に行方不明になった人々に繋がる唯一のものかもしれないのだ、と語りました。


Contact Ebbesmeyer at CurtisEbbesmeyer@comcast.net for assistance in translation and to track tsunami debris back to its Japanese origins.
翻訳、津波の瓦礫の日本の持ち主への返還について、Ebbesmeyer氏への連絡は、CurtisEbbesmeyer@comcast.net まで。


“I have a translator to read things in Japanese,” he said.
「日本語が読める翻訳者がいます。」


Large items still in the water should be reported to the Coast Guard, as they may represent a hazard to boats and ships, he said.
海中の大きなものについては、沿岸警備隊に通報してください。それらは、ボートや船の危険となるからです。


Some shipping lanes have already been rerouted to avoid the worst of the debris, he said.
航海路の一部は既に、最悪の瓦礫を避けるために、既に迂回されています。


People should also be aware of the possibility of radiation contamination, he said.
放射能汚染の可能性にも意識するべきだ、と彼は話しました。


The Fukushima Daiichi nuclear power plant leaked a large amount of radiation into the water in the wake of the tsunami, and no one knows what levels of contamination there are in the currents, and the items being carried in those currents, he said.
福島第一原発は津波の後、大量の放射能を海に流し、海流中、と海流に運ばれた物の汚染レベルについては誰にもわからないのです。


Ebbesmeyer suggested local police take steps to have sensitive Geiger counters available to scan items — just to be safe.
Ebbesmeyer氏は、地元警察がガイガーカウンターを所持し、発見されたものの調査に着手することを主張しました。


The event was unprecedented, and no one knows yet what levels of radiation, if any, items have picked up, he said.
これらのことは前例がなく、拾い上げられたものについて、誰もその放射能レベル(もしあるとすれば)についてまだ分かっていないのです。


CBSからの動画はこちら





カナダでは、CBCから報告されました。(動画あります)

Some residents of the west coast of Vanouver island believe they are starting to see debris from the devastating Japanese tsunami in March.
バンクーバー島の人の中には、悲惨な3月の日本の津波からの瓦礫が、見え始めたと思っている人がいます。


Plastic water bottles with Japanese labels and pieces of wood have come ashore near Tofino, possibly precursors of the massive amount of debris predicted to be shifted by ocean currents and hit the same shores in 2014.
日本語のラベルの付いた水のプラスティックボトル、木材の一部が、トフィーノ近くの浜に漂着しました。2014年にこのあたりに漂着すると予測されている、大量の瓦礫の第一弾かもしれません。


There's no scientific proof that the flotsam found so far is related to the March 11 disaster in northern Japan, which killed about 26,000 people, flattened small cities, and unleashed radioactivity from ruined nuclear power plants.
今までのところ発見された漂流物が3月11日に日本の東北で起きた、約2万6千人が犠牲になり、小さな市町村を打ちのめし、破壊された原発から放射性物質を放出させた災害と関係している、と言う科学的証拠はありません。

But associated directly with the tsunami or not, the debris is a warning of what's to come, as the CBC's Alan Waterman reports.
しかし、CBCのAlan Watermanがレポートしているように、津波に直接関連していようがいまいが、瓦礫は、これからやってくるものについての警告です。




Georgia_Straight_logo.jpg

では、動画が紹介されています。(by AP通信)







Picture3_20111220142155.jpg

おそらく、中国からかなぁ、と思われるものがありますね。


Picture2_20111220142155.jpg

これは、日本の物ではなさそうです。


Picture4_20111220142155.jpg

これは、どうかなぁ・・・


Picture20.jpg

これの持ち主分かったら、すごいです!





1つでも多くの大切な思い出のものと、大切な人の手がかりが、見つかりますように。。。


そして、


放射能汚染については、徹底して調査していただきたいです。


被災地から流れてきたものは、


きっと多くを語ってくれるでしょう。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/610-0b81278d

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。