スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

冷温停止宣言はだれのため?

 2011-12-17
the-new-york-times1.jpg



Japan’s Prime Minister Declares Fukushima Plant Stable
日本の主相、福島原発安定宣言


By HIROKO TABUCHI
Published: December 16, 2011


TOKYO — Prime Minister Yoshihiko Noda of Japan has declared an end to the world’s worst nuclear crisis since Chernobyl, saying technicians have regained control of reactors at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
日本の、野田佳彦主相は、技術者たちが、福島第一原発の原子炉の制御を取り戻したと述べ、チェルノブイリ以来、世界最悪の放射能危機の終局を宣言しました。


“Today, we have reached a great milestone,” Mr. Noda said in a televised address to the nation. “The reactors are stable, which should resolve one big cause of concern for us all.”
「本日、私たちは、偉大なマイルストーン(ステップ2の達成?)に到達しました。」と野田氏は国民に対し、テレビで演説しました。「原子炉は安定し、それは、私たち全ての大きな不安の要因を解消するものです。」


The declaration, nine months after a calamitous earthquake and tsunami set off a huge radiation leak, could set the stage for the return of more evacuees to affected areas.
途方もない放射能漏洩を起こした悲惨な地震と津波から9ヶ月後のその宣言は、被災地へ、さらに多くの避難者を戻す段階に入れる、ということです。


But even before Mr. Noda’s announcement, some experts called the news premature, an attempt to quell continuing public anger over the accident and paper over remaining threats to the plant. The experts argue that the devastated plant remains vulnerable to large aftershocks, which could knock out the jury-rigged cooling system that helped workers bring the reactors into a relatively stable state known as a “cold shutdown.”
しかし、野田氏の発表の前でさえ、専門家の中には、そのようなニュースは時期尚早で、事故や、原発にまだ残されている脅威をめぐっての民衆の怒りを抑えようとするものだ、と言う者もいます。専門家たちは、作業員たちが原子炉を「冷温停止」として知られている、比較的安定した状態に持っていく助けとなった、応急的に装備された冷却システムが、大きな余震に打ちのめされる可能性があり、荒廃した原発は、まだもろい状態のままであると議論しました。


They also say the milestone of a cold shutdown, necessary before dismantling can begin, means less than usual because the nuclear fuel at three of the plant’s reactors has melted and some of it has apparently escaped the reactor vessels. That means that removing the fuel from the reactors, always a delicate process, will be much harder and more time-consuming.
彼らはまた、解体を始める前に必要な、冷温停止のマイルストーンは、3つの原子炉の核燃料が溶融し、いくらかは明らかに原子炉圧力容器から抜け落ちてしまっているので、通常の場合のようには意味をなさない、と言います。つまり、原子炉から燃料を取り出すのは常に精密なプロセスですが、さらに難しく、さらに時間がかかるだろう、と言うことなのです。


Cold shutdown “is a term that has been trotted out to give the impression we are reaching some sort of closure,” said Hiroaki Koide, assistant professor at the Research Reactor Institute at Kyoto University and a prominent critic of nuclear power. “We still face a long battle of epic proportions, and by the time it is really over, most of us will be long dead.”
冷温停止は、「一種の収束に到達したのだという印象を与えるために、急がれてきた用語だ。」と京都大学原子炉実験所助教で、原子力についての批判で有名な小出裕章氏は語りました。「私たちは、本当に長い長い戦いにまだ直面しているのです。それが本当に終わるのは、私たちのほとんどが死んでからずっと後です。」


The government says dismantling the plant will take at least four decades.
政府は原発解体に、少なくとも40年はかかると言います。


Some experts even say that the restart of fission cannot be ruled out, but the Tokyo Electric Power Company, which runs the plant, has said any fission is not likely to be self-sustaining.
専門家の中には、核分裂が再度始まることを除外できないとさえ言う人がいます。しかし、原発を経営する東京電力は、自発核分裂の可能性は低いと言ってきました。


Although having the plant in a more stable state is good news, for many of the people of Fukushima — and even elsewhere in Japan - the crisis is far from over. More than 90,000 people remain displaced from the evacuation zone around the plant, and as the government begins lifting evacuation orders for some communities, many are refusing to return home.
原発がさらに安定状態だということは、多くの福島県の人々にとって良いニュースです。-日本のほかの地域の人々にさえ。-危機は、収束からは程遠いのです。9万人以上の人々が、今でも原発付近の避難地区から移動させられたままで、いくつかの地域については、政府が避難勧告を撤廃しましたが、多くの人が戻ることを拒絶しているのです。


“This does not ring true for us at all,” said Hirofumi Onuma, 52, deputy principal of a high school in Minamisoma, a city that like many places near the plant is contaminated, but not badly enough that the government has called for it to be abandoned. After a desperate cleanup effort in the city, the school was declared safe and reopened at the end of October. Still, only 350 of the 705 students have returned.
「私たちにとっては、全く真実ではありません。」と、南相馬の高校の副校長であるオヌマさん(53)は言います。南相馬は、原発近くの多くの場所のように汚染されました。それでも、政府が居住不可能とするほど悪くはないとしています。市内の必死の除染の試みの後で、学校は安全宣言をし、10月の終わりに再開しました。それにも関わらず、戻ってきたのは、705名の生徒のうち350名だけです。


“The plant is like a black box, and we don’t know what is really happening,” Mr. Onuma said. “I feel no relief.”
「原発はブラックボックスのようなもので、何か本当に起こっているのか、私たちには分からないのです。」とオヌマさんは話しました。「安心など感じられません。」

People outside the most affected area remain worried about the country’s food supply.
最も被害の大きい地域外の人々は、日本の食の流通に不安を抱いたままです。


Radioactive cesium, which could increase the risk of cancer, has been detected in a wide range of food products, including beef, tea leaves, mushrooms, baby formula and rice, the nation’s staple.
癌の危険を増長させる放射性セシウムが、牛肉、お茶の葉、きのこ、粉ミルク、米などの主要産物を含む、広い範囲の食品で検出されています。


Prime Minister Noda, who came to power after his predecessor resigned amid public discontent over the crisis, has been trying hard to help the country return to a noncrisis footing. He is trying, for instance, to speed up the restarting of reactors around the country.
危機をめぐっての民衆の不満の中で前任の首相が辞職した後、政権を握った野田主相は、国を落ち着いた足取りに戻そうと、賢明にやってきました。彼は、たとえば、国内になる原発の再稼動を加速化させようとしているのです。

Only 8 of the nation’s 54 reactors are operating, as local communities resist the restarting of reactors closed for maintenance or inspection since the March disaster.
メインテナンスと検査のために、3月の災害時以来閉鎖されている原子炉の再稼動は、地元が抵抗しているため、54の原子炉のうち8つだけが稼動しています。


Even as he tried to move the country forward, however, Mr. Noda acknowledged on Friday that much work needed to be done. “Not all of our battles are over,” he said, “but we will fight to the end.”
野田主相は国を前に押し進めようとしてはいますが、金曜日に多くのことがやり遂げられなければならないという認識を示しました。「全ての戦いが終わったわけではありません。しかし、私たちは最後まで戦います。」

Yasuko Kamiizumi contributed reporting.




今の状態を「安定」「収束」と表現し、「安全神話」に対する反省は忘れ去られ、「除染神話」を作り上げようとしている、この日本、世界に向けた宣言は、大きな批判と、不信感を増長する結果となりましたが、


もちろん絶賛している組織があります。想像に難くないでしょう。


the-globe-and-mail-logo.jpg

Japan PM says tsunami-hit nuclear plant is stable

MARI YAMAGUCHI

Tokyo-The Associated Press

Published Friday, Dec. 16, 2011 6:43AM EST
Last updated Friday, Dec. 16, 2011 9:50AM EST

~抜粋です~ 


web_japan_nucle_1353645cl-8.jpg
Photo from Reuters

The government said Fukushima Dai-ichi has reached cold shutdown “conditions”- a cautious phrasing reflecting the fact that TEPCO cannot measure the temperatures of melted fuel in the damaged reactors in the same way as with normally functioning ones.
政府は福島第一原発が冷温停止「状態」-通常に稼動されている原発とは違い、損傷した原子炉で溶融した燃料の温度が測れないという事実を慎重に表したフレーズ -に達したと述べました。


Even so, the announcement marks the end of the second phase of the government's lengthy roadmap to completely decommission the plant.
それでも、この発表は、原発閉鎖を完了するまでの、政府が描いた長いロードマップのステップ2の終了を記録するものです。


International Atomic Energy Agency chief Yukiya Amano praised TEPCO and the government for making “significant progress” in reaching the goal.
IAEAの事務局長、天野之弥氏は、東電と政府はその目的を達成することで、「重大な進展」を遂げた、と賞賛しました。

 (ほらね!)


WEB-Japan2_JPG_1340699cl-8.jpg
Photo by David Guttenfelder, Bloomberg

Yet, the complex still faces numerous concerns, triggering criticism that the announcement of “cold shutdown conditions” is based on a political decision rather than science. Nobody knows exactly where and how the melted fuel ended up in each reactor, and the plant is struggling with the vast amount of radioactive water that has collected in the reactor basements and nearby storage areas. Officials, including nuclear and environment minister Goshi Hosono, admitted the possibility of mechanical glitches, water leaks or other unexpected troubles down the road, but said ample protection is now in place to avert another disaster.
しかし、まだ数多くの不安と直面しており、「冷温停止状態」の宣言は、科学的な決断ではなく、政治的な決断に基づくものだと言う批判を巻き起こしています。それぞれの原子炉で、溶けた燃料がどのような結末を遂げるのか、誰にもはっきりと分からないのです。そして発電所は、原子炉地下室と周辺の貯蔵エリアに集められた大量の放射性汚染水の処理に苦戦しています。細野環境大臣を含む他の当局者は、機械的な突発事故、汚染水漏れや他の予期しないトラブルが発生する可能性を認めました。それでも、さらなる災害を回避する十ニ分の防御が整っている、と述べました。


Akira Yamaguchi, a nuclear physicist at Osaka University, said the government's definition of cold shutdown is disputable.
大阪大学の原子炉工学者、山口 彰氏は、政府が言う、冷却停止の定義は、議論の余地のあるものだと言います。


“But what's most important right now is that there aren't any massive radiation leaks any more,” he said.
「しかし、今、最も大事なのは、大量の放射能漏れがこれ以上ないのだ、ということです。」


Putting longer-term issues aside, he warned that much of the backup equipment installed at the plant since the crisis began is makeshift and may break down. He said winter cold could test their strength.
彼は、長期に渡る問題を置いておいて、事故以来発電所に設置されたバックアップ装置が、間に合わせのもので、壊れるかもしれないと言うことを警告しています。この寒さが、その耐久性の試験となるだろう、と述べました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


'Misleading' 「情報操作」


abc_australia.jpg

Fukushima plant reaches cold shutdown

Posted December 16, 2011 19:42:53

~抜粋です~

2651000-3x2-700x467.jpg
Photo from AFP


Tetsunari Iida, director of the Institute for Sustainable Energy Policies, an anti-nuclear group, said some of the terminology was a little misleading.
環境エネルギー政策研究所長で、反原子力派の飯田哲也氏は、いくつかの用語が誤解を招くものである、と述べました。


"The terms 'cold shutdown' and 'decommissioning' are being used differently from the way they are supposed to be," he said.
「『冷温停止』とか『収束』という用語は、本来の意味と違う使われ方をしています。」


"I'm worried these words may be giving the impression that everything is going to be alright now."
「今では、全てがうまくいっているという印象を与えてしまいかねないことが心配です。」


Water used in the cooling process subsequently became a major headache for TEPCO, which had to release tonnes of the contaminated liquid into the Pacific, provoking the ire of fishermen both locally and in South Korea and China.
冷却過程で、継続して使われてきた水が、東電の主要な頭痛の種になりました。何トンもの汚染水を太平洋に放出しなければならず、周辺、韓国や中国の漁師たちの怒りを駆り立てたのです。

WEB-Japan4_JPG_1340701cl-8.jpg
Photo by David Guttenfelder, Bloomberg

AFP





「余談を許さない状態ではありますが、現在の破損した原子炉からの放射能放出量が、敷地境界付近において、事故前の値に落ち着き、圧力容器を含む格納容器内の温度が100度以下に安定している状態まで持っていくことができました。」


とステップ2の目標をありのまま伝えればよかったのでは?と思います。

もし、本当だとしたら、それは、確かに大きな成果です。作業員の方々の決死の努力の賜物です。

WEB-Japan6_JPG_1340703cl-8.jpg
Photo by David Guttenfelder, Bloomberg



「引き続き、核燃料そのものの状態の把握、最悪の状況を仮定した場合の、地下水漏れを防ぐためのバリアーの構築を、急ぎたいと思います。」

と本来直面している問題をありのまま、そしてその対応策を伝えればよかったのだと思います。
前倒ししなければならないのは、まさに、この対応ではないでしょうか。それとも、もう、手段はないのでしょうか?


核燃料の状態がわからずに、「原発事故そのものが収束した」などと堂々と宣言するから、不信感をまねくのです。


「冷温停止」とか、「収束」とか、いかにも「原発との戦いの勝利」という、現実とかけ離れた傲慢で不誠実な印象を与える必要は、全くなかったのだと思います。



早く収束させたい、住民を返したい、元通りに戻したい。

皆想いは同じです。


でも、

だからこそ


都合の悪い問題を隠そうとしてはいけません。

いつか、問題はなくなりません。

希望だけにすがっていては、現実を見失います。



Japan can do better. 

Japanese deserve better.




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/608-86a21456

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。