スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能の中~自然体で生きる

 2011-12-14
放射能の危険より、動物をまもって、自然体そのものの生活を送っている人を思い出しました。

福島県楢葉町のさかもとさんです。


すぐ隣町の富岡町(さらに原発の近くです)にも、動物を守って立ち退かない方がいらっしゃいました。

Picture1_20111215142830.jpg


terradaily_logo.jpg
が、AFPの記事を紹介しています。


The hermit of Fukushima 'staying put' despite risks
危険にかかわらず「家に残る」福島の隠遁者




by Staff Writers

Koriyama, Japan (AFP) Dec 14, 2011


Naoto Matsumura is tired of being accused of madness for refusing to leave his farm in the shadow of Japan's still-leaking Fukushima nuclear plant.
まつむら・なおとさんは、まだ放射能が漏れている福島原発のすぐ近くから立ち退くことを拒絶していることで、きちがい扱いされるのにうんざりしています。


"I'm not crazy," insists the 52-year-old, who claims he is the only person living in the no-go zone around the crippled reactors on Japan's tsunami-ravaged northeast coast.
「私はきちがいなんかではない。」と、津波が荒れくるった東北の崩壊した原子炉付近の立ち入り禁止地区に住んでいるたった一人の52歳の彼は主張します。


As far as he knows, everyone else heeded the government's calls to leave the 20-kilometre (12-mile) exclusion zone around the plant, where nine months on from the disaster, technicians are still working to bring things under control.
彼の知る限り、災害から9ヶ月経っても、未だに技術者たちが抑制できるようにと作業している原発付近20km圏内から離れるように、という政府の要求に他のみんなは注意を払いました。


Since everyone else left he has been alone near the town of Tomioka, save for around a hundred cats, a dozen dogs and hundreds of cows, pigs and chickens abandoned by their owners.
みんなが去ってしまって以来、彼は富岡町付近でたった一人です。飼い主に置き去りにされた100匹あまりの猫、12匹の犬、何百もの牛、豚、鶏を救っているのです。


Matsumura is aware that the doses of radiation he probably absorbs every day are dangerous. But he says he is less afraid of the radiation than he is of being deprived of his cigarettes.
まつむらさんは、おそらく毎日吸収している被曝量が危険だということに気付いています。しかし、放射能より、タバコを奪われる方が怖いのだと言います。


"I like smoking. If I quit smoking right now, I may become ill," he laughed.
「タバコがすきです。もし今タバコをやめたら、病気になるかもしれません。」と笑いました。


With no electricity, he carefully rations the fuel he buys in a nearby city for his vehicle and his generators.
電気もなく、近くの市で、車と自家発電機のために買っている燃料を、注意深く制限しています。


His only day-to-day link with the outside world is his mobile phone.
外界との日々のつながりは、携帯電話だけです。


He worries that the coal left behind by his neighbours might not last out the increasingly bitter winter weather as temperatures in the region continue to fall.
気温がさがり続けているので、近所に置き去りにされた石炭が、だんだん厳しくなる冬を越すのにに持ちこたえられないかもしれないと心配しています。


Speaking to AFP in the city of Koriyama, outside the restricted area, the hermit appears to be in good health, despite the harsh conditions he has imposed on himself.
立ち入り禁止地区外の郡山市のフランス通信社によると、彼に課されている厳しい状況にも関わらず、この隠遁者の健康状態は、とてもよいように見える、とのこと。


Tens of thousands of people left their homes around the plant when the earthquake-sparked tsunami of March 11 swamped its cooling systems, sending reactors into meltdown and spewing radiation into the air and sea.
冷却システムを水没させ、原子炉をメルトダウンさせ、放射能を大気中と海中に噴出させている、3月11日の津波を引き起こした地震の時に、何万人もの人々が、原発付近の家を後にしました。


Large parts of the evacuation zone are likely to remain uninhabitable for a long time to come, perhaps decades.
避難地区の多くの場所は、これから長い間、おそらく何十年も、住める状態ではなさそうです。


Matsumura says he fought against being evacuated from the area that he calls home and eventually received permission from authorities to come and go as he pleases.
まつむらさんは、自分の家、と呼んでいる地域から避難することに対して戦い、ついに自分が好きなときに、行ったり来たりする許可を行政から受け取ったのです。


In the panic that surrounded the evacuation of Tomioka on March 15, many people had neither the time nor the resources to do anything about their farm animals and pets.
3月15日の富岡の避難にまつわるパニックの中、多くの人は、自分たちの家畜やペットに対して何かしてあげられる時間も、貯蔵物もなかったのです。


He says his biggest concern is for those animals, which are facing a winter without shelter or food.
最も大きな心配は、これらの動物たちだと言います。小屋も餌もない冬に直面しつつあるのです。


"These animals need human beings. The food that I have will not be enough to last until the end of December," he said.
「動物たちには、人間が必要です。私が持っている餌は、12月までもたないでしょう。」と、彼は言いました。


"They need shelter and food, but I'm the only one taking care of them, when it should be the role of government," he said.
「小屋と餌が必要です。でも、面倒を見ているのは私だけなのです。政府の役割であるはずなのに。」


Matsumura says nine months after the area was evacuated, he is still shocked when he discovers the bodies of animals.
まつむらさんは、この地域の避難から9ヶ月たっても、動物の死体を見つけると、未だに衝撃を受けるといいます。


"I have seen many animals dying, from disease or hunger, some left tied up. I saw cows who were still able to eat grass where the rope around their muzzles had cut into the flesh as the animals have grown. These creatures are bleeding to death."
「多くの動物が死んでいくのを見ました。病気、飢え、繋がれたままのものもいました。まだ草を食べることのできる牛が、大きくなるに連れ、口に巻かれたロープが肉にくい込んでいくのも見ました。これらの動物は、出血しながら死んでいくのです。」


ALeqM5g5bcOW2SwXTGwjxHQEbHfms0BhwQ.jpg
A dairy cow that died of hunger (L) lies inside a barn in the village of Katsurao in Fukushima prefecture (AFP/File, Yoshikazu Tsuno)
葛尾村で餓死した乳牛



One of his friends begged him to go home to free the twenty canaries he had left in a cage. "When I entered the house, it was too late. They were all dead."
友人の一人は、かごの中に置き去りにしてしまった20羽のカナリアを放しに家に行ってもらえないかと懇願しました。「家の中に入ったときには、すでに遅かったのです。皆死んでいました。」


Matsumura says he is not lonely. He has been separated from his wife for ten years and his grown-up children live in Saitama prefecture, near Tokyo. They are worried for him, but he refuses to leave.
まつむらさんは寂しくありません。妻とも10年間離れて暮らしていて、成人した子供たちは埼玉県に住んでいます。彼らは心配していますが、立ち退くことを拒絶しています。


"I am never bored or depressed. I got used to being alone and lonely," he said.
「退屈したことも、憂鬱になったこともありません。一人で、孤立することには慣れているのです。」と彼は話しました。


As evening falls and the area is plunged into darkness, Matsumura finds himself at a loose end.
夜の帳が下り、あたりが急に暗くなるにつれ、松村さんは、何もすることがないことに気付くのです。


"I go to bed very early, around 7:00 pm, because I cannot do anything anyway."
「早く床につきます。大体夜7時ごろです。他に何もできないですから。」


In the morning, he rises with the sun and, followed by his dogs, spends half the day feeding the animals.
朝は、日の出と共に起きます。犬たちを後に引き連れ、半日を動物への餌やりに費やすのです。

ALeqM5hXVn8B-QTugIMau0vt_bE6l42_sw.jpg



He himself eats mainly canned food and rice, because everything that grows on the ground is contaminated. "My diet is not really very good," he admits.
食べ物は主に缶詰とお米です。土壌から取れるもの全て汚染されているからです。「健康的な食事ではありません。」と彼は認めます。


He regularly drives outside the restricted area to buy cigarettes and food.
定期的に車で圏外に出かけ、タバコと食料を買います。


"Some Japanese media have tried to make me look foolish by saying that I was eating contaminated mushrooms. But in reality, I pick them up to give to researchers. I'm not crazy," he said.
「メディアの中には、私が汚染されたきのこを食べているということで、おろかな人間に見せようとするものもあります。でも実際には、きのこを採って、調査をしている人に渡しているのです。わたしは馬鹿ではありません。」


Matsumura says he would like the government or plant operator Tokyo Electric Power (TEPCO) to come and pick up the dead animals.
まつむらさんは、政府と東電に足を運んで、動物の死体を拾って欲しいといいます。


The answer he gets when he asks is always the same.
それを頼んだときの答えはいつも同じです。


"'Sorry Mr. Matsumura,' they say,'we cannot do anything inside the exclusion zone.'"
「申し訳ありません、松村さん。立ち入り禁止地区内では何もすることができないのです。」


The future of his town is not a bright one, he says. He thinks Tomioka, like other places that have been evacuated, will one day vanish from the map.
この町の未来は明るいものではないと、彼は言います。富岡は、他の避難地区と同様に、いつか、地図から消滅するだろう、と考えているのです。


Picture1
(いいえ!!その名前は、歴史に刻まれるものです!!)


And he knows exactly what is to blame for that.
そして、誰が責めを負うべきか、確実にわかっています。


"I do not want the power plant to start working again. I want the place to disappear."
「原発を再稼動してほしくない。その場所が、消えて欲しい。」




10月の下旬に、坂本さんの世話をしている動物たちの野生化がオーストラリアのABC放送から伝えられました。


「人間くさい生活」をしているものにとっては、野生化は脅威なのかもしれません。

でも、彼らのような人にとっては、自然こそが脅威。

冬の寒さ、食べ物の欠如。


また、思い出されるのは、

肥田舜太郎氏「放射線に負けないで生きていく方法」
12月7日世界被ばく者展(動画・肥田氏の講演部分全て書き出し


の、このくだりです。

「まずやることは、早寝早起き
夜遅くまで深夜テレビ見て、ゲラゲラ笑ったり涙流したり
寝坊して、朝、飯食う時間がなくて、布団の中で
そういうようなだらしない生活は明日から止めよう。
あんな深夜テレビ見ていてあんたどれだけ楽しいんだと、
「くだらないものを見て」っていうとね、
「本当に早寝早起きしたら大丈夫なのか?」って
だいじょうぶ。理由がある。

それは、人間が地球の上に生まれてきたのは今から4000万年前って本に書いてある。

4000万年前って言ったらいつごろなのか、そんなもん想像もできない。ずっと昔だ。
でもその生まれてきた時は地球の上は自然の放射線と紫外線がいっぱいあって、僕ら人間はそれに当たってどんどん殺されたんだ、初め。

でも、殺されても殺されても後から生れる人間がね、
困難な条件の中で人類というものを絶やさないために一生懸命生きてきた。
それで何百万年か何万年か何千年かの間に、自然の放射線に対する抵抗力を人間は作ったんだ。
だから今は自然の放射線の被害もゼロにまでは出来ていないけど
毎日世界に生まれてくる赤ん坊が
十万人のうち二人が必ずその放射線の影響で奇形、いわゆる何万年かかって作ってきた免疫がある
で、ゼロにまでは出来ていないけれども、赤ん坊も十万人のうち二人が奇形になるというところまで、
みんな頑張って免疫を作ってきた。

この作った時のずっと状態を見ると、
人間にとって熱は耐える、光は耐えるしかなかった。
電気なんてもんはもちろんないし、ろうそくの光もなかった。
何にもないところでみんな一生懸命生きてきた。免疫を作ってきた。


だからその免疫を作った時の
「太陽だけしかない」
その時の条件で免疫を作ったんだから、
出来るだけその時の状態に近い生活をして免疫を守ろうじゃないか


それには、夜は寝る。
昼間太陽とともに起きて働く。
これが一番人間にとって自然で、一番正しい生き方だ。」



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


便利な生活は、私たち人間を弱くし続けてきました。

そんな自然な生活に少しでも戻すことが、不可能、怖い、と思う人も大勢いるでしょう。

さかもとさんやまつむらさんは、原点に戻って生活している、とても強い方々です。


この人達は、きっと放射能の中でも、生き残り、動物たちを死守していくような気がします。


私たち弱い人間が出来る事は、

せめて、今ある命を絶やさないよう、食(FOOD)と住(SHELTER)を確保する事です。

このように生きる道を選んだ人達を、立ち入り禁止地区だから、と切り捨ててしまわない国にしなければなりません。


日本。

どうか、責任のある、誇り高い国であってはくれまいか。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/605-00c297c7

コメント
どういう人が、この方たちをきちがい扱いするのでしょう。
自分では、できないことを、国も東電もできないことを、しているというのに・・・。

あの時、人だけでなく、生き物も避難させてほしいです。
【2011/12/16 17:30】 | meme #- | [edit]
めめママさん

日本では、なんというか、人と違う事をする人を否定してしまう所があるような気がします。
たいてい「変わり者」とよばれるのでは?私も、そう呼ばれていたかもしれません。。。笑
今回の場合、帰りたくても帰れない、この先どうなるかわからない、というかなり肉体的、精神的にストレスをためている人が大勢いるはずで、いろいろな事を冷静に受け止められない現実もあるのかもしれません。同じ地元同士の人が、避難すれば、裏切り者扱い、というような風潮に似た所があるのかもしれません。

メディアがきちがい扱いする、というのは、相当程度の低いメディアなのでしょう。
ただ、ねたにしているだけかもしれないですね。

今こそ、人それぞれの価値観や、生き方を尊重して、お互いに認め合い、協力できるような国民性になっていって欲しいと思います。ただ、国がやっている事がはちゃめちゃなので、余計に大変ですね・・・・

動物については、地域が責任をもって、災害プランを立てる必要を、今回本当に感じました。今回起きたことをまた繰り返す事のないように。今、準備する必要がありますね。
【2011/12/17 20:51】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。