スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

戻って欲しい・戻りたくない~それぞれの想い (後編)

 2011-12-09
きのうの記事のつづきです。


the-new-york-times1.jpg


Japan Split on Hope for Vast Radiation Cleanup
膨大な除染に託す希望に割れる日本
Page 2



By MARTIN FACKLER

Published: December 6, 2011

But quiet resistance has begun to grow, both among those who were displaced and those who fear the country will need to sacrifice too much without guarantees that a multibillion-dollar cleanup will provide enough protection.
しかし、移動させられた人々や、国の何百万ドルもの除染が、充分な安全保障を確約できずに、多くのものを犠牲にすることになるだろう、と怖れている人々の間で、静かな抵抗が大きくなり始めました。


Soothing pronouncements by local governments and academics about the eventual ability to live safely near the ruined plant can seem to be based on little more than hope.
地元の行政や学識者の、破壊された原発の近くでも、最終的には安全に暮らすことができるという安心宣言は、希望以外の何もでもないように思われます。


No one knows how much exposure to low doses of radiation causes a significant risk of premature death. That means Japanese living in contaminated areas are likely to become the subjects of future studies - the second time in seven decades that Japanese have become a test case for the effects of radiation exposure, after the bombings of Hiroshima and Nagasaki.
どれだけの低被曝が死を早めるような重大な危険の原因となるのかは、誰にも分かりません。それは、汚染地区に住んでいる日本人が、おそらく将来の研究の対象になるだろう、ということを意味します。広島、長崎の原爆の後70年間に、日本が被爆の2度目の検査対象となる、ということです。


The national government has declared itself responsible for cleaning up only the towns in the evacuation zone; local governments have already begun cleaning cities and towns outside that area.
日本政府は、避難地区の町だけの除染を行うと宣言しました。地方行政は既に、避難地区の外の市内や町内の除染を始めています。


Inside the 12-mile ring, which includes Futaba, the Environmental Ministry has pledged to reduce radiation levels by half within two years — a relatively easy goal because short-lived isotopes will deteriorate. The bigger question is how long it will take to reach the ultimate goal of bringing levels down to about 1 millisievert per year, the annual limit for the general public from artificial sources of radiation that is recommended by the International Commission on Radiological Protection. That is a much more daunting task given that it will require removing cesium 137, an isotope that will remain radioactive for decades.
双葉を含む20km圏内では、環境省が2年以内に放射能レベルを半分に減らすと約束しました。比較的容易な目標です。短命の放射性同位体が自然に低下するからです。さらに大きな疑問は、ICRP(国際放射線防護委員会)が薦めている人工放射能の一般住人の年間被曝限度、約1ミリシーベルトのレベルまでの下げる究極の目的を達成するのに、一体どれだけかかるか、ということです。それは、何十年も放射性物質であり続ける同位体、セシウム137を取り除く必要あるという、あまりにも気の遠くなるような作業なのです。


Trial cleanups have been delayed for months by the search for a storage site for enough contaminated dirt to fill 33 domed football stadiums. Even evacuated communities have refused to accept it.
除染の試みは、フットボールドーム33箇所を埋め尽くすほどの汚染土を所蔵するのに充分な場所を探すことで、何ヶ月も遅れています。避難対照となっている地域さえも、受け入れを拒否しているのです。


And Tomoya Yamauchi, the radiation expert from Kobe University who performed tests in Fukushima City after extensive remediation efforts, found that radiation levels inside homes had dropped by only about 25 percent. That left parts of the city with levels of radiation four times higher than the recommended maximum exposure.
神戸大学の放射能専門家、山内 知也氏は、広大な除染試行の後で、福島市を調査し、家の中の放射能レベルが、約25%しか下がっていないことを見出しました。あるところでは、奨励されている被曝最大値より4倍も高いレベルのままでした。


“We can only conclude that these efforts have so far been a failure,” he said.
「今のところ、これらの試みは、失敗だったと結論付けられるでしょう。」と彼は述べました。


Minamisoma, a small city whose center sits about 15 miles from the nuclear plant, is a good place to get a sense of the likely limitations of decontamination efforts.
原発から24kmに町の中心がある南相馬は、除染努力に限界があるということを判断するのに良い場所です。


The city has cleaned dozens of schools, parks and sports facilities in hopes of enticing back the 30,000 of its 70,000 residents who have yet to return since the accident. On a recent morning, a small army of bulldozers and dump trucks were resurfacing a high school soccer field and baseball diamond with a layer of reddish brown dirt. Workers buried the old topsoil in a deep hole in a corner of the soccer field. The crew’s overseer, Masahiro Sakura, said readings at the field had dropped substantially, but he remains anxious because many parts of the city were not expected to be decontaminated for at least two years.
南相馬市は、事故以来、7万人の住民のうち3万人の、まだ戻れないでいる人々の気を引いて戻そうという希望のもとに、数十箇所の学校、公園、競技場を除染しました。ある朝、ブルドーザーとダンプトラックの小部隊が、高校のサッカー場と野球場の表面の土を、赤茶色の土と入れ替えていました。作業員は、削った表面の土を、サッカー場の隅の深い穴に埋めています。この一団の監督者である、さくら・まさひろさんは、その土地の測定値は、相当に下がったけれど、市内の多くの場所が最低2年間除染されないと予測されているので、懸念が残る、と言います。


Picture1_20111210145750.jpg
Ko Sasaki for The New York Times
Workers replaced soil as part of a decontamination effort at Soma agricultural high school in Fukushima.
福島県、相馬農業高校の除染で土を入れ替える作業員



These days, he lets his three young daughters outdoors only to go to school and play in a resurfaced park. “Is it realistic to live like this?” he asked.
ここのところ、彼は、自分の3人の幼い娘たちの外出を、通学と土を入れ替えた公園のみに限っています。「このように生活するのが現実的でしょうか?」と彼は問います。


The challenges are sure to be more intense inside the 12-mile zone, where radiation levels in some places have reached nearly 510 millisieverts a year, 25 times above the cutoff for evacuation.
難題は、20km圏内ではもっと緊迫しています。避難基準になる被曝レベルの25倍である、年間510ミリシーベルトに近いところもあります。


Already, the proposed repatriation has opened rifts among those who have been displaced. The 11,500 displaced residents of Okuma - many of whom now live in rows of prefabricated homes 60 miles inland — are enduring just such a divide.
提案された住民返還をめぐり、移動させられた人々の中では、亀裂を既に生んでいます。1万1500名の大熊町から移動させられた住民は、- それら多くの人々は、60マイル(96.5km)の仮設住宅の棟に住んでいますが-そのような分裂に耐えています。


The mayor, Mr. Watanabe, has directed the town to draw up its own plan to return to its original location within three to five years by building a new town on farmland in Okuma’s less contaminated western edge.
町長の渡辺氏は、大熊町の西の端の汚染の少ないところに、新しく農業タウンを作ることで、3~5年以内に、元の場所に戻る独自の計画を示しています。


Although Mr. Watanabe won a recent election, his challenger found significant support among residents with small children for his plan to relocate to a different part of Japan. Mitsue Ikeda, one supporter, said she would never go home, especially after a medical exam showed that her 8-year-old son, Yuma, had ingested cesium.
最近の選挙で渡辺氏が当選しましたが、彼の挑戦者は、日本のほかの土地に町を移すという計画を示し、小さい子供を持つ住民の間で相当の支持を得ました。そのうちの一人、いけだ・みつえさんは、絶対に家には戻らないと言います。特に、健康診断で8歳の息子さんがセシウムを摂取してしまったことが分かってからは。


“It’s too dangerous,” Ms. Ikeda, 47, said. “How are we supposed to live, by wearing face masks all the time?”
「あまりにも危険すぎます。」といけださん(47)は言います。「いつでもマスクをして、どうやって生きていくというのでしょう?」


07radiation2-popup.jpg
Ko Sasaki for The New York Times


She, like many other evacuees, berated the government, saying it was fixated on cleaning up to avoid paying compensation.
他の多くの避難者と同様に、政府に腹を立てています。賠償金の支払いを避けるために除染に固執しているのだと言うのです。


Many older residents, by contrast, said they should be allowed to return.
多くの年配の住民は、これとは対照的に、戻ることを許可するべきだと言います。


“Smoking cigarettes is more dangerous than radiation,” said Eiichi Tsukamoto, 70, who worked at the Daiichi plant for 40 years as a repairman. “We can make Okuma a model to the world of how to restore a community after a nuclear accident.”
「放射能より喫煙の方がもっと危険だ。」と第一原発で、修理工として40年働いていたつかもと・えいいちさん(70)は話しました。「私たちは、大熊町を原発事故後に、地域をどのように回復したのかを世界に示すモデルとすることができるのです。」


But even Mr. Kodama, the radiation expert who supports a government cleanup, said such a victory would be hollow, and short-lived if young people did not return. He suggested that the government start rebuilding communities by rebuilding trust eroded over months of official evasion.
しかし、政府の除染を支持している放射能専門家の児玉氏でさえも、若い人たちが戻らなければ、そのような勝利はうわべだけのもので、長く続かないと言います。児玉氏は、政府が何ヶ月も続いた公式の逃げ口上をめぐって地に落ちた信頼を再建することで、地域の再生を始めることを主張しました。


“Saving Fukushima requires not just money and effort, but also faith,” he said. “There is no point if only older people go back.”
「福島を救うことは、お金や努力だけはなく、信頼が必要なのです。」と述べました。「年配の人が戻っただけでは、何の意味もありません。」






目標を定めるときの原則、SMART。

Specific   具体的

Measurable  達成度を測れる

Attainable  達成できる

Realistic   現実的

Timely    明確な期限 (長すぎず、急ぎすぎず)


ゴールそのものが、政府と国民の間で食い違っているために、


達成されるであろう期限には大きな開きがあり、


達成できる現実性を感じず、


達成度の発表が信じられない状態では、人々の暮らしの復興は難しいでしょう。




混乱する国政の中で(おそらく改善は期待しないほうがよいでしょう)


今は皆、渦に飲まれていますが、


きっと、この、とても意味のある「苦悩」の過程の末に、


それぞれの選択を、理解はできなくても、尊重し、


違う道を選んでも、


お互いが協力しあえる、



そんな風になっていくのだと、信じようと思います。




       IMG_6916.jpg


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/601-ea6efee1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。