スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

戻って欲しい・戻りたくない~それぞれの想い (前編)

 2011-12-08
人生そのものが密接に結びついていた土地を取り戻そうとする希望。

新しい土地で、新しい未来を見出そうとする希望。


切実な思いはそれぞれです。


the-new-york-times1.jpg
ニューヨークタイムズより。


Japan Split on Hope for Vast Radiation Cleanup 
膨大な除染に託す希望に割れる日本
Page 1


By MARTIN FACKLER

Published: December 6, 2011

FUTABA, Japan ? Futaba is a modern-day ghost town - not a boomtown gone bust, not even entirely a victim of the devastating earthquake and tsunami that leveled other parts of Japan’s northeast coast.
日本、双葉~双葉は、今ではゴーストタウンです。急成長した町が破産したわけではなく、東北の他の場所を破壊した、悲惨な地震と津波の犠牲者でも全くないのです。


Its traditional wooden homes have begun to sag and collapse since they were abandoned in March by residents fleeing the nuclear plant on the edge of town that began spiraling toward disaster. Roofs possibly damaged by the earth’s shaking have let rain seep in, starting the rot that is eating at the houses from the inside.
惨事へと急降下し始めた、町のはずれにある原発から、3月に住民が逃げ出し置き去りにされて以来、伝統的な木造の家々は、傾ぎ、崩壊し始めました。おそらく、地球が揺れたことで損傷した屋根から、雨が漏れ、家の中側から腐敗が始まっています。


The roadway arch at the entrance to the empty town almost seems a taunt. It reads:
町に入る道の入り口にまたがる門は、あざ笑っているかのようです。そこには、


“Nuclear energy: a correct understanding brings a prosperous lifestyle.”
「原子力、正しい理解でゆたかなくらし」と掲げられています。


1794.jpg
Photo from ECO JAPAN


Those who fled Futaba are among the nearly 90,000 people evacuated from a 12-mile zone around the Fukushima Daiichi plant and another area to the northwest contaminated when a plume from the plant scattered radioactive cesium and iodine.
双葉から逃げた人たちは、原発からの雲が放射性セシウムとヨウ素をばら撒いたときに汚染された、福島第一原発から20km圏と、そこから北西の地域から避難した9万人の人々の一部です。


Now, Japan is drawing up plans for a cleanup that is both monumental and unprecedented, in the hopes that those displaced can go home.
今、日本は、それらの移って行った人々が家に戻れるようにという希望のもとに、途方もなく、前例のない、除染計画を作成しています。


The debate over whether to repopulate the area, if trial cleanups prove effective, has become a proxy for a larger battle over the future of Japan. Supporters see rehabilitating the area as a chance to showcase the country’s formidable determination and superior technical skills - proof that Japan is still a great power.
この地域の住民を取り戻すかどうかについての論争は、もし、除染の試みが効果的だと立証できれば、日本の未来をめぐる大いなる戦いの行く末を代弁することになります。除染支援者たちは、地域を再建することを、日本の恐ろしいほどの決意と超越した技術力を世に示す機会だと捉えています。日本にはまだ、大いなる力があるのだという証明です。


For them, the cleanup is a perfect metaphor for Japan’s rebirth.
彼らにとって、除染は日本再生のための、完璧な象徴なのです。


07radiation3-popup.jpg
Kyodo/Reuters
Workers decontaminated the area around an elementary school in Katsurao.
(双葉郡)葛尾村の小学校付近を除染する作業員



Critics counter that the effort to clean Fukushima Prefecture could end up as perhaps the biggest of Japan’s white-elephant public works projects - and yet another example of post-disaster Japan reverting to the wasteful ways that have crippled economic growth for two decades.
批判する者たちは、福島県を除染するという試みは、おそらく、白像(無駄な、今までになく大きな重荷を背負うことになること)になりかねなず、災害後の日本が、20年間経済を低迷させてきたのと同じ、浪費的な方法に逆戻りする、更なる一例となりかねない、と反論します。


So far, the government is following a pattern set since the nuclear accident, dismissing dangers, often prematurely, and laboring to minimize the scope of the catastrophe. Already, the trial cleanups have stalled: the government failed to anticipate communities’ reluctance to store tons of soil to be scraped from contaminated yards and fields.
今のところ、日本政府は、原発事故以来、決まったパターンを通しています。しばしば、早まって危険性を退け、大惨事を最小限に見せようと取り組みます。既に、除染の試みは、ずるずると遅れています。政府は汚染された庭や広場から削り取られた何トンもの土を所蔵することに、地元の人が難色を示すことを見越せなかったのです。


And a radiation specialist who tested the results of an extensive local cleanup in a nearby city found that exposure levels remained above international safety standards for long-term habitation.
そして、近郊の市で地元の広範囲に渡る除染の結果を調査した放射能専門家は、被曝量がまだ長期で住むには国際安全基準を上回ったままだと見出しました。


Even a vocal supporter of repatriation suggests that the government has not yet leveled with its people about the seriousness of their predicament.
住民送還を声を上げて支援している人でさえ、政府が、彼らの苦境の深刻さを、同じ目線で見ていないと主張します。


“I believe it is possible to save Fukushima,” said the supporter, Tatsuhiko Kodama, director of the Radioisotope Center at the University of Tokyo. “But many evacuated residents must accept that it won’t happen in their lifetimes.”
「福島を救うことは可能だと思う。」と支援者である東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦氏は述べました。「しかし、多くの避難した住民が、彼らの一生のうちにそれが叶うことがない、ということを受け入れなければならないのです。」


To judge the huge scale of what Japan is contemplating, consider that experts say residents can return home safely only after thousands of buildings are scrubbed of radioactive particles and much of the topsoil from an area the size of Connecticut is replaced.
日本が意図している、巨大な規模について判断するためには、専門家が言うように、住民が家に戻れるのが、何千もの建物から放射性粒子が取り除かれて、コネチカット州の大きさの地域から土の表面が入れ替えられたときだけなのだ、ということを考慮することです。


Even forested mountains will probably need to be decontaminated, which might necessitate clear-cutting and literally scraping them clean.
山々の森さえも、おそらく除染が必要でしょう。森林の樹木を全て伐採し、文字通りきれいにそれらを剥ぎ取ることが必要かもしれません。


The Soviet Union did not attempt such a cleanup after the Chernobyl accident of 1986, the only nuclear disaster larger than that at Fukushima Daiichi. The government instead relocated about 300,000 people, abandoning vast tracts of farmland.
福島第一事故より大きな唯一の放射能災害、1986年のチェルノブイリ事故のあと、ソ連はそのような除染は試みませんでした。政府はその代わりに、30万人の人々を移動させ、膨大な農地を放棄したのです。


Many Japanese officials believe that they do not have that luxury; the evacuation zone covers more than 3 percent of the landmass of this densely populated nation. area contaminated above an international safety standard for the general public that covers roughly 3 percent of the country’s landmass.
多くの日本の官僚はそのような贅沢はできないと考えています。避難地区は、人口密度の高い土地の3%を占めているのです。一般人に対する国際安全基準を上回る汚染地域は、日本の国土の約3%を占めているのです。
(12月9日付けで、赤字部分の訂正がありました。)


Corrections: December 14--the amount of Japan’s land mass covered by the evacuation zone around the stricken Fukushima Daiichi nuclear plant. The zone is 0.3 percent — not 3 percent — of the land mass.
12月14日付けでさらに訂正。原発付近の強制避難地区は、国土の0.3%です。



“We are different from Chernobyl,” said Toshitsuna Watanabe, 64, the mayor of Okuma, one of the towns that was evacuated. “We are determined to go back. Japan has the will and the technology to do this.”
「日本はチェルノブイリとは違います。」と避難対照となった1つの町、大熊町の渡辺利綱町長(64)は言いました。「私たちは、戻ることを決意したのです。日本には、その意志と、それをなしうる技術があるのです。」

Such resolve reflects, in part, a deep attachment to home for rural Japanese like Mr. Watanabe, whose family has lived in Okuma for 19 generations. Their heartfelt appeals to go back have won wide sympathy across Japan, making it hard for people to oppose their wishes.
そのような決意は、一部、渡辺氏のように、日本の地方に対する深い愛着を反映しています。彼の家系は、大熊町に19代にわたり暮らしているのです。彼らの心からの戻るのだという訴えは、日本中を通して、広く共感を得ました。そして、そのことが、相反することを希望している人々の状況を厳しくしているのです。


~つづく~ To be continued

For whole article click HERE.


       IMG_6984B.jpg


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/600-a5a9a3fe

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。