スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

知識を得た民主主義の責任ある行動

 2011-12-02
new_york_times_logo.jpg



Picture2_20111203153624.jpg


After Fukushima: Enough Is Enough
福島後~これでもう充分


By HELEN CALDICOTT

Published: December 2, 2011


The nuclear power industry has been resurrected over the past decade by a lobbying campaign that has left many people believing it to be a clean, green, emission-free alternative to fossil fuels. These beliefs pose an extraordinary threat to global public health and encourage a major financial drain on national economies and taxpayers. The commitment to nuclear power as an environmentally safe energy source has also stifled the mass development of alternative technologies that are far cheaper, safer and almost emission free ? the future for global energy.
原子力業界は、原子力が化石燃料の代替として、クリーンで、グリーン(環境にやさしく)で、公害がないものだと、多くの人に信じさせ続けるための根回しキャンペーンにより、過去何十年にも渡りよみがえり続けてきました。これらの信頼は、世界の人々の健康にとって極めて脅威となり、各国の経済と、納税者たちの財政消費を加速させます。原子力が環境上安全なエネルギー源だという言明はまた、もっと安く、安全で、ほとんど公害を引き起こさない、原子力に変わる技術の大きな発展を抑制してきました。―未来の世界のエネルギーへの発展を。


When the Fukushima Daiichi reactors suffered meltdowns in March, literally in the backyard of an unsuspecting public, the stark reality that the risks of nuclear power far outweigh any benefits should have become clear to the world. As the old quip states, “Nuclear power is one hell of a way to boil water.”
3月に、福島第一原発の原子炉が、文字通り疑いを持たない近郊の人々の裏庭でメルトダウンを起こしたとき、原子力の危険が、どんな利益をもはるかに圧倒するものだというむき出しの現実を、世界に向けて明確にするべきだったのです。古い警句が述べているように、「原子力は、水を沸かすための極悪の方法の1つである。」

Picture10.jpg



Instead, the nuclear industry has used the disaster to increase its already extensive lobbying efforts. A few nations vowed to phase out nuclear energy after the disaster. But many others have remained steadfast in their commitment. That has left millions of innocent people unaware that they - all of us - may face a medical catastrophe beyond all proportions in the wake of Fukushima and through the continued widespread use of nuclear energy.
一方、原子力業界は、既に大規模である根回し運動をさらに増強させることに、災害を利用してきました。いくつかの国は、災害のあと、原子力を廃止していくと誓いました。しかし、他の多くの国は、自分たちの言明において、不動のままです。それは、何百万人もの善良な人々に対して、福島の結果としての規模を超える健康的悲劇に、あるいは、原子力を広範囲に使用し続けることを通しての健康的悲劇に直面するかもしれないということを、彼らが-私たち全員が-気付かないようにしようとしているのです。


The world was warned of the dangers of nuclear accidents 25 years ago, when Chernobyl exploded and lofted radioactive poisons into the atmosphere. Those poisons “rained out,” creating hot spots over the Northern Hemisphere. Research by scientists in Eastern Europe, collected and published by the New York Academy of Sciences, estimates that 40 percent of the European land mass is now contaminated with cesium 137 and other radioactive poisons that will concentrate in food for hundreds to thousands of years. Wide areas of Asia ? from Turkey to China ? the United Arab Emirates, North Africa and North America are also contaminated. Nearly 200 million people remain exposed.
25年前に、チェルノブイリが爆発し、大気に放射性毒物を噴射したとき、世界は、放射能の事故の危険性について警告されました。この毒物は雨となって降り注ぎ、北半球中にホットスポットを作りだしました。ニューヨーク科学アカデミーにより集められ発行された東欧の科学者によるリサーチは、ヨーロッパ大陸の40%が、セシウム137と他の放射性毒物によって汚染されていると推定しています。そして、それは、何百年も、何千年も食物の中に濃縮されるのです。アジアの広範囲において-トルコから中国まで-アラブ首長国連邦、北アフリカ、北米も汚染されました。およそ2億人の人々が今でも被曝しています。


Picture8_20111203154831.jpg



That research estimated that by now close to 1 million people have died of causes linked to the Chernobyl disaster. They perished from cancers, congenital deformities, immune deficiencies, infections, cardiovascular diseases, endocrine abnormalities and radiation-induced factors that increased infant mortality. Studies in Belarus found that in 2000, 14 years after the Chernobyl disaster, fewer than 20 percent of children were considered “practically healthy,” compared to 90 percent before Chernobyl. Now, Fukushima has been called the second-worst nuclear disaster after Chernobyl. Much is still uncertain about the long-term consequences. Fukushima may well be on par with or even far exceed Chernobyl in terms of the effects on public health, as new information becomes available. The crisis is ongoing; the plant remains unstable and radiation emissions continue into the air and water.
そのリサーチは、現在までに、百万人に近い人々がチェルノブイリの災害に関係して死亡していると推定しました。癌、先天的奇形、免疫欠陥、感染症、心臓欠陥疾患、内分泌異常、により死亡し、放射能により引き起こされた乳児の死亡率が増えたのです。

Picture4_20111203154832.jpg


チェルノブイリ事故から14年後の2000年に認められたベラルーシの研究では、事故以前90%が「事実上健康である」と考えられていた子供たちが、20%以下となったと考えられています。さらに長期の結果については、まだ多くのことが不明なのです。福島は、うまくいってこれと同様となるか、人々の健康に与える影響という意味で、新しい情報が入手されるにつれ、チェルノブイリよりかなり悪くなるかもしれないのです。この危機はまだ現在進行形です。原発はまだ不安定で、放射能は大気と水中に放出され続けているのです。

Picture9.jpg



Recent monitoring by citizens groups, international organizations and the U.S. government have found dangerous hot spots in Tokyo and other areas. The Japanese government, meanwhile, in late September lifted evacuation advisories for some areas near the damaged plant ? even though high levels of radiation remained. The government estimated that it will spend at least $13 billion to clean up contamination.
市民、国際機関、アメリカ政府による最近のモニタリングにより、東京や他の地域で危険なホットスポットが発見されています。日本政府はそのような時、9月の末に、事故を起こした原発付近のある地区の避難勧告を解除したのです。-未だに放射能レベルは高いままであるにも関わらずです。政府は、除染に130億ドル(1兆円以上)の出費を見積もりました。


Many thousands of people continue to inhabit areas that are highly contaminated, particularly northwest of Fukushima. Radioactive elements have been deposited throughout northern Japan, found in tap water in Tokyo and concentrated in tea, beef, rice and other food. In one of the few studies on human contamination in the months following the accident, over half of the more than 1,000 children whose thyroids were monitored in Fukushima City were found to be contaminated with iodine 131 ? condemning many to thyroid cancer years from now.
何千人もの人々が、汚染度の高い地域に住み続けています。特に福島の北西部に。放射性物質は、東北中に堆積し、東京の水道水に検出され、お茶、牛肉、米や、他の食物に濃縮しているのです。事故後、数ヶ月後に行われた被曝量についてのいくつかの研究のうちの1つでは、福島市の1000人以上の子供たちを検査した結果、半分以上の子供たちの甲状腺からヨウ素131が検出されました。それは、今から何年後かに多くの甲状腺癌を引き起こすものです。


Children are innately sensitive to the carcinogenic effects of radiation, fetuses even more so. Like Chernobyl, the accident at Fukushima is of global proportions. Unusual levels of radiation have been discovered in British Columbia, along the West Coast and East Coast of the United States and in Europe, and heavy contamination has been found in oceanic waters.
子供は、本質的に放射能に対する発癌効果が強いのです。胎児はさらに強くなります。チェルノブイリのように、福島の事故は世界規模のものです。異常なレベルの放射能がカナダBC州と、西海岸、アメリカ東海岸、ヨーロッパで発見され、海水からは、高い汚染が発見されています。


Fukushima is classified as a grade 7 accident on the International Atomic Energy Agency scale - denoting “widespread health and environmental effects.” That is the same severity as Chernobyl, the only other grade 7 accident in history, but there is no higher number on the agency’s scale.
福島は、IAEAの目安でレベル7の事故と判断されています。-健康、環境への影響が広範囲にわたることを示します。それはチェルノブイリと同じ深刻さで、歴史上、福島のほかにチェルノブイリだけですが、IAEAの目安にそれ以上のものがないのです。


After the accident, lobbying groups touted improved safety at nuclear installations globally. In Japan, the Tokyo Electric Power Co. ? which operates the Fukushima Daiichi reactors - and the government have sought to control the reporting of negative stories via telecom companies and Internet service providers.
事故の後、根回しグループは、世界中で改良された原子力設備の安全性を褒めちぎりました。日本では、東電-福島第一原発のオペレーターですが-と政府が電子通信(ラジオ、テレビなど)会社やインターネットプロバイダーを通して否定的な話が報告されると制御する方法を探りました。


In Britain, The Guardian reported that days after the tsunami, companies with interests in nuclear power - Areva, EDF Energy and Westinghouse - worked with the government to downplay the accident, fearing setbacks on plans for new nuclear power plants.
イギリスでは、Guardian紙が津波の数日後に、原子力関係の会社-Areva(フランス)、EDF エネルギー(イギリス)、Westinghouse(アメリカ)-が、新しい原発の計画のつまずきを恐れ、政府と共に事故を小さく見せることに従事したことをレポートしました。


Nuclear power has always been the nefarious Trojan horse for the weapons industry, and effective publicity campaigns are a hallmark of both industries. The concept of nuclear electricity was conceived in the early 1950s as a way to make the public more comfortable with the U.S. development of nuclear weapons. “The atomic bomb will be accepted far more readily if at the same time atomic energy is being used for constructive ends,” a consultant to the Defense Department Psychological Strategy Board, Stefan Possony, suggested. The phrase “Atoms for Peace” was popularized by President Dwight Eisenhower in the early 1950s.
原子力発電は、いつでも、兵器業界のための極悪なトロイの木馬だったのです。そして、効果的な広告キャンペーンは、両業界の品質保証となります。原子力発電という概念は、1950年代にアメリカが核兵器を展開させることについて、人々がより受け入れやすくするための方法として考え出されたのです。「原子力エネルギーが建設的な結果のために使われているということであれば、同時に原子爆弾もさらに受け入れやすいものとなるだろう。」防衛省心理戦略委員会の相談役であるStefan Possony氏は主張しました。「平和のための原子力」というフレーズは、1950年代初期に、(アメリカ34代)ドワイト・D・アイゼンハワー大統領により広められたのです。


Nuclear power and nuclear weapons are one and the same technology. A 1,000 megawatt nuclear reactor generates 600 pounds or so of plutonium per year: An atomic bomb requires a fraction of that amount for fuel, and plutonium remains radioactive for 250,000 years. Therefore every country with a nuclear power plant also has a bomb factory with unlimited potential. The nuclear power industry sets an unforgivable precedent by exporting nuclear technology - bomb factories - to dozens of non-nuclear nations.
原子力と核兵器は1つで、同じ技術です。1000メガワットの原子炉は、年間600ポンド(約272kg)くらいのプルトニウムを作り出します。原子爆弾は、それだけの量の燃料の一部を必要とし、プラトニウムは、25万年間放射性物質であり続けるのです。それゆえ、原発を持つ全ての国は、無限の可能性を持つ原爆工場を所有しているということです。原子力業界は、何十もの核を持たない国々に原子力技術を輸出することで、許しがたい慣例-核爆弾工場-を作っています。


Why is nuclear power still viable, after we’ve witnessed catastrophic accidents, enormous financial outlays, weapons proliferation and nuclear-waste induced epidemics of cancers and genetic disease for generations to come- Simply put, many government and other officials believe the nuclear industry mantra: safe, clean and green. And the public is not educated on the issue.
なぜ、原子力がまだ成長するのでしょう。悲劇的な事故、巨額の財政出費。核廃棄物が引き起こす癌や何世代にもわたる遺伝疾病の伝染を引き起こす核廃棄物を目撃した後で。多くの政府と当局者たちが、単に原子力業界のマントラ~安全、クリーン、グリーン~としたのです。そして人々はその問題について教育されていません。

Picture7_20111203154832.jpg



There are some signs of change. Germany will phase out nuclear power by 2022. Italy and Switzerland have decided against it, and anti-nuclear advocates in Japan have gained traction. China remains cautious on nuclear power. Yet the nuclear enthusiasm of the U.S., Britain, Russia and Canada continues unabated. The industry, meanwhile, has promoted new modular and “advanced” reactors as better alternatives to traditional reactors. They are, however, subject to the very same risks ? accidents, terrorist attacks, human error ? as the traditional reactors. Many also create fissile material for bombs as well as the legacy of radioactive waste.
変化の兆候もあります。ドイツは、2022年までに原子力を廃止します。イタリアとスイスは脱原発を決定しました。そして、日本の反原発運動は牽引力を得ています。中国は原子力に対して慎重姿勢を崩しません。しかし、アメリカ、イギリス、ロシア、カナダでの核への熱心さは衰えていません。一方、業界は伝統的な原子炉に変わるより良いものとして、新しいモデルと「進歩した」原発を促進しています。しかしながら、それらも同じ危険性の対象となるのです。-事故、テロリスト攻撃、人間の犯す間違え-伝統的な原子炉と同様に。そして多くが放射性廃棄物の遺産と同様に、爆弾のための核分裂性物質を作り出すことにもなるのです。


True green, clean, nearly emission-free solutions exist for providing energy. They lie in a combination of conservation and renewable energy sources, mainly wind, solar and geothermal, hydropower plants, and biomass from algae. A smart-grid could integrate consuming and producing devices, allowing flexible operation of household appliances. The problem of intermittent power can be solved by storing energy using available technologies.
真にグリーンで、クリーンで、ほとんど公害をもたらさない解決法は、エネルギー提供のための、突破口です。それは、(自然)保護と再生可能エネルギー源、主に風、太陽、地熱、水力発電所、藻類からのバイオマスなどのコンビネーションにあります。精密な配線網は、消費と供給装置を統合し、家庭電気製品の操作に融通性を与えます。電力のむらについての問題は、可能な技術を使い、エネルギーを蓄えることで解決できるのです。


Millions of jobs can be created by replacing nuclear power with nationally integrated, renewable energy systems. In the U.S. alone, the project could be paid for by the $180 billion currently allocated for nuclear weapons programs over the next decade. There would be no need for new weapons if the Russian and U.S. nuclear arsenals ? 95 percent of the estimated 20,500 nuclear weapons globally ? were abolished.
政府と融合した原子力を、再生可能エネルギーシステムに変えることで、何百万もの仕事を生み出すことができます。アメリカ一国だけで、そのプロジェクトは、現在、これから何十年にも渡る核兵器に当てられている1兆800臆ドルの予算でまかなうことができるのです。もし、ロシアとアメリカの核兵器工場-世界で推定2万500の核兵器の95%-が廃止されれば、新しい兵器など必要なくなるでしょう。


Nuclear advocates often paint those who oppose them as Luddites who are afraid of, or don’t understand, technology, or as hysterics who exaggerate the dangers of nuclear power.
核の擁護者はよく、対抗するものたちを、テクノロジーを恐れる、あるいは、理解していない合理化反対者として、あるいは原子力の危険について誇張しているヒステリーというように表現します。


One might recall the sustained attack over many decades by the tobacco industry upon the medical profession, a profession that revealed the grave health dangers induced by smoking.
タバコ業界が、喫煙が引き起こす健康に対する重大な危険性について明らかにした医療専門家に、何十年にもわたり不屈の攻撃をしていたことを思い出す人もいるでしょう。


Smoking, broadly speaking, only kills the smoker. Nuclear power bequeaths morbidity and mortality ? epidemics of disease ? to all future generations.
喫煙は、概して、喫煙者だけの命を奪います。原子力は、未来の全ての世代に、病的状態と死-病気の伝染-を残してしまうのです。

Picture11.jpg



The millions of lives lost to smoking in the era before the health risks of cigarettes were widely exposed will be minuscule compared to the medical catastrophe we face through the continued use of nuclear power.
タバコが健康に与える被害が広く明らかにされる前の時代に、何百万もの命が禁煙で失われたことは、原子力利用を続けることで私たちが直面する健康上の大悲劇に比べれば、取るに足らないものでしょう。

Picture13.jpg


Let’s use this extraordinary moment to convince governments and others to move toward a nuclear-free world. Let’s prove that informed democracies will behave in a responsible fashion.
この、異常な事態の時にこそ、政府を納得させ、核のない世界へと動かそうではないですか。知識を得た民主主義が責任のある行動をするのだと、立証しようではありませんか。




270px-DrHelenCaldicott.jpg
Photo from Wikipedia
Helen Caldicott, a pediatrician, is founding president of Physicians for Social Responsibility. A native of Australia, she left her Harvard Medical School post in 1980 to work full-time on anti-nuclear education.
Helen Caldicott 小児科医師、社会的責任のための医師団、オーストラリア出身、ハーバード医学部を1980年に退職し、反核教育に従事。


A version of this special report appeared in print on December 2, 2011, in The International Herald Tribune with the headline: Enough Is Enough.





このニューヨークタイムズの記事と、

The Centre for Research on Globalisation (CRG)の記事、

福島~真実のための戦い (後編)

に書かれているリサーチの結果の背景となっていると思われる動画です。

2011年3月23日に公開。Enviro Videoより。


Chernobyl: A Million Casualties

日本語の字幕のついた同動画をYouTubeで見つけました。







最近、アメリカ、イギリス、そして日本の主流メディアでも、このような読み応えのある記事が、特集、社説、コラムなどで増えてきたような気がします。

きっと少しずつ人々の意識変革が起きているのだと、

そんな風にも感じます




追記

一方で、マイクロソフト社の元戦略・技術長であり、原子力技術を含むベンチャー会社を立ち上げた、物理博士号をもつNathan Muhrvold氏の記事が、同日に同紙に掲載されています。


Picture7_20111204031549.jpg
After Fukushima: Now, More Than Ever

全く反対の立場からの見解ですが、どうしても問いたいことがあります。

原子力発電を続ける限り増え続ける「核廃棄物」をどう言及するのでしょうか?



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/590-1d2e0936

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。