スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能被曝の危険性

 2011-11-20
このAP通信の記事は、各国、いろいろなメディアでここ数日紹介されています。

放射能被曝は安心?危険?


Future cancers from Fukushima plant may be hidden
福島原発から将来発生する癌については隠される?


カナダでは、CTVCBCが記事を載せていました。

By MALCOLM RITTER, Associated Press - November 20, 2011
FUKUSHIMA, Japan (AP)

800_ap_fukushima_110910.jpg


Even if the worst nuclear accident in 25 years leads to many people developing cancer, we may never find out.
この25年で最悪の放射能事故が多くの人に癌を発症させることになるにもかかわらず、私たちには、その事に決して気付くことはないかもしれません。


Looking back on those early days of radiation horror, that may sound implausible.
放射能の脅威が起こり始めた当初の日々を思い起こしても、(明らかになるとは)信じがたく感じられます。


But the ordinary rate of cancer is so high, and our understanding of the effects of radiation exposure so limited, that any increase in cases from the Fukushima nuclear plant disaster may be undetectable.
癌のもともとの発症率がとても高く、被曝からの影響についての理解があまりにも制限されているので、福島原発災害からの癌の増加は検知できないかもしれません。


Several experts inside and outside Japan told The Associated Press that cancers caused by the radiation may be too few to show up in large population studies, like the long-term survey just getting under way in Fukushima.
日本国内外の何人かの専門家がAP通信に話したところによると、被曝が引き起こす癌はあまりにも少なく、今福島で始まったばかりの長期調査のような大がかりな住民研究の中では現れてこないかもしれない、と言います。


That could mean thousands of cancers under the radar in a study of millions of people, or it could be virtually none. Some of the dozen experts the AP interviewed said they believe radiation doses most Japanese people have gotten fall in a "low-dose" range, where the effect on cancer remains unclear.
その調査は、何百万人もの研究のうち、何千もの癌がレーダーにかかることを意味するのかもしれません。あるいは、それはほとんど皆無に近いのかもしれません。AP通信がインタビューした数人の専門家たちは、ほとんどの日本人の被曝量が「低被曝」の範囲に当てはまると思われると言います。その場合の癌発症に対する影響についてはまだ不明確なのです。


The cancer risk may be absent, or just too small to detect, said Dr. Fred Mettler, a radiologist who led an international study of health effects from the 1986 Chernobyl disaster.
癌になる危険はないのかもしれませんし、検知するのには少なすぎるのかもしれない、と放射線科医師で、1986年のチェルノブイリ災害が健康に与える影響についての国際的研究を主導した、Fred Mettler医師は話しました。


That's partly because cancer is one of the top killers of people in industrialized nations. Odds are high that if you live long enough, you will die of cancer. The average lifetime cancer risk is about 40 percent.
癌は工業国の人の死因に繋がるトップの原因の1つでもあるからです。長生きすればそれだけ癌で死亡する可能性が高くなるのです。生涯で癌にかかる危険性は約40%なのです。


In any case, the 2 million residents of Fukushima Prefecture, targeted in the new, 30-year survey, probably got too little radiation to have a noticeable effect on cancer rates, said Seiji Yasumura of the state-run Fukushima Medical University. Yasumura is helping run the project.
どんな場合でも、30年間の新しい調査の的となった福島県の2百万人の人は、おそらく癌発症率に目立った影響を与えるには、被曝量が少なすぎるだろう、と福島県立医科大学の安村誠司教授は話しました。安村氏は、このプロジェクトに関わっています。


"I think he's right," as long as authorities limit children's future exposure to the radiation, said Richard Wakeford, a visiting epidemiology professor at the Dalton Nuclear Institute at the University of Manchester in England. Wakeford, who's also editor of the Journal of Radiological Protection, said he's assuming that the encouraging data he's seen on the risk for thyroid cancer is correct.
「彼は正しいと思います。」政府が、子供が将来受ける被曝量を制限する限りは、とイギリスのマンチェスター大学、Dalton放射能学会のRichard Wakeford氏は述べました。放射能防護ジャーナルの編集者でもあるWakeford氏は、彼が目にしてきた好意的な甲状腺癌の危険性についてのデータは正しいと思うと話しました。


The idea that Fukushima-related cancers may go undetected gives no comfort to Edwin Lyman, a physicist and senior scientist with the Union of Concerned Scientists, a group that advocates for nuclear safety. He said that even if cancers don't turn up in population studies, that "doesn't mean the cancers aren't there, and it doesn't mean it doesn't matter."
福島に関係する癌が検知されないかもしれないという考えは、物理学者であり、放射能安全についての擁護活動団体であるUCS(科学者組合)の科学者でもあるEdwin Lyman氏にとって、何の慰めにもなりません。彼は、たとえ住民の研究で癌発症率が表面化してこなくても、「それが癌発症がない、ということを意味しているのではなく、問題ない、ということを意味しているのでもないのだ。」と話しました。


"I think that a prediction of thousands of cancer deaths as a result of the radiation from Fukushima is not out of line," Lyman said. But he stressed that authorities can do a lot to limit the toll by reducing future exposure to the radiation. That could mean expensive decontamination projects, large areas of condemned land and people never returning home, he said. "There's some difficult choices ahead."
「福島の放射能が原因で癌で死亡する何千ものケースがある、という予測を除外できないのです。」とLyman氏は言いました。しかし、彼は、政府が将来の被曝を減らすことによって、発症の数を制限することが可能なのだとも主張しました。それは、費用のかかる除染プロジェクト、大規模な範囲での居住不可能な土地に、人がもう戻れないのだという宣告を意味するのだと、彼は語りました。「いくつかの厳しい選択が待っているのです。」
(この断固たる決断を日本政府は出来ずにいて、その意向も全く感じられません。この決断がいつ出来るかに、日本の将来はかかっているのだと思うのですが。。。)


Japan's Cabinet this month endorsed a plan to cut contamination levels in half within the next two years. The government recently announced it plans to study the risk from long-term exposure to the low-dose radiation level used as a trigger for evacuations.
日本の内閣は今月、2年間で汚染を半分に減らすと計画しました。政府は最近人々が避難するきっかけとなっている長期に渡る低被曝量からの危険性についての研究を計画していると発表しました。


The plant was damaged March 11 by a tsunami triggered by a magnitude-9 earthquake. Japanese authorities estimate it leaked about one-sixth as much radiation as the Chernobyl accident. It spewed radioactive materials like iodine-131, cesium-137 and 29 others contaminating the water, soil, forests and crops for miles around. A recent study suggested that emissions of cesium-137, were in fact twice what the government has estimated.
原発は3月11日のマグニチュード9の地震が引き金になった津波により損傷を受けました。日本政府はそれがチェルノブイリの6分の1の放射能漏れだと推測しています。
(Nature誌では、世界的にみた違う見解が記事になりましたこちら。『政府の数字の約2倍、チェルノブイリの放出の半分です』)
その事故で、ヨウ素131、セシウム137と他29種の放射性物質が噴出され、水、土壌、森林と何マイルもの周辺の収穫物を汚染しています。最近の研究は、セシウム137の放出は、実際には政府が予測している2倍だと示しました。


WEB-Japan3_JPG_1340700cl-8 Bloomberg


So far, no radiation-linked death or sickness has been reported in either citizens or workers who are shutting down the plant.
今までのところ、放射能が関係している死や病気は、市民や、原発収束に従事している作業員の中から報告されていません。
(明らかにされた数少ないケースも全て東電により、被曝は関係していない、と報告されていますし。)


And a preliminary survey of 3,373 evacuees from the 10 towns closest to the plant this summer showed their estimated internal exposure doses over the next several decades would be far below levels officials deem harmful.
この夏、原発から最も近い10つの町から避難している3373名の予備調査は、数十年にわたって推測される内部被曝量が、有害だと考えるにはあまりにも低いであろうことを示していました。
(本当に、それが真実であることを願います。)


But while the Fukushima disaster has faded from world headlines, many Japanese remain concerned about their long-term health. And many don't trust reassurances from government scientists like Yasumura, of the Fukushima survey.
しかし、福島の災害が(メディア)のヘッドラインから後退する一方で、多くの日本人は、長期に渡る健康について心配し続けるのです。そして、多くの人は、安村氏のような、福島の調査をしている政府の御用科学者の安心宣言を信用していないのです。
(安心宣言が、余計人を不安にさせるのは、なぜでしょうか?)


Many consumers worry about the safety of food from Fukushima and surrounding prefectures, although produce and fish found to be above government-set limits for contamination have been barred from the market. For example, mushrooms harvested in and around Fukushima are frequently found to be contaminated and barred from market. Controversy has also erupted around the government's choice of a maximum allowed level for internal radiation exposure from food.
生産物や魚が政府の定めた汚染限界を超えたものは市場に出ていないにも関わらず、多くの消費者は福島とその周辺の県からの食品の安全性を心配しています。たとえば、福島県内とその周辺で収穫されたきのこは汚染されていて、市場に出ていません。食品からの内部被曝についての許容最大レベルの政府の選択をめぐっては、道徳上の議論が沸きあがっているのです。


Fukushima has distributed radiation monitors to 280,000 children at its elementary and junior high schools. Many children are allowed to play outside only two or three hours a day. Schools have removed topsoil on the playgrounds to reduce the dose, and the Education Ministry provided radiation handbooks for teachers. Thousands of children have been moved out of Fukushima since the March disasters, mainly due to radiation fears.
福島県は、28万人の小中学校の子供たちに放射能測定器を配布しました。多くの子供たちは、外で2.3時間しか遊ぶことを許されていません。放射線量を低くするために、学校は校庭の表面の土を取り払いました。文部省は教師に放射能ハンドブックを提供しました。何千もの子供たちが、3月の災害以降、主に放射能の脅威から福島県の外に引っ越しました。


Many parents and concerned citizens in and around Fukushima, some even as far as Tokyo, carry Geiger counters for daily measurement of radiation levels in their neighborhoods, especially near schools and kindergartens. The devices are probably one of the most popular electronics gadgets across Japan these days. People can rent them at DVD shops or drug stores in Fukushima, while many Internet rental businesses specializing in Geiger counters also have emerged.
福島県と周辺の子供の親や、事態を案じている市民は、東京くらい遠い所の人々までもガイガーカウンターを持ち歩き、毎日近所の、特に学校や幼稚園の放射能レベルを測っているのです。この器具は、おそらく、今日の日本中で一番人気のある電気小道具でしょう。それは福島のDVDショップや薬局で借りることもできます。一方、ガイガーカウンター専門のインターネットレンタルビジネスも多く出没しています。
(関東、東京でもホットスポットが発見される現実が故、余計売れるのでしょう。)


Citizens groups are also setting up radiation measuring centers where people can submit vegetables, milk or other foods for tests. Some people are turning to traditional Japanese diet ? pickled plum, miso soup and brown rice - based on a belief that it boosts the immune system.
市民グループはまた、野菜、ミルクや他の食品を送り、測定することのできる放射能測定センターを設置したりしています。伝統的な日本食に趣向を変える人たちもいます。うめぼし、味噌汁、玄米、免疫効果を高めると信じられているからです。


"I try what I believe is the best, because I don't trust the government any more," says Chieko Shiina, who has turned to that diet. The 65-year-old Fukushima farmer had to close a small Japanese-style inn due to the nuclear crisis.
「私は自分が最善だと信じることを試しています。政府のことはもう信用できないからです。」と、そのような食生活に変えた、しいな・ちえこさんは言います。この65歳の福島の農家の女性は、この放射能事故のため小さな民宿を閉鎖しなければなりませんでした。


She thinks leaving Fukushima would be safer but says there is nowhere else to go.
彼女は、福島を離れることが安全だとは思うけれど、どこにも行くところがないのだ、と言います。


"I know we continue to be irradiated, even right at this moment. I know it would be best just to leave Fukushima," she said.
「自分たちが被曝しつづけていることは分かっています。この瞬間でさえも。福島を離れることが最善なことなのだとも分かっているのです。」と話しました。


Yuka Saito, a mother of four who lives in a Fukushima neighborhood where the evacuation order was recently lifted, said she and her three youngest children spent the summer in Hokkaido to get away from the radiation. She tells her children, ages 6 to 15, to wear medical masks, long-sleeved shirts and a hat whenever they go out, and not to play outside.
さいとう・ゆかさんは、最近避難勧告が解除された福島の区域に住んでいる4人の子供の母親です。彼女は、放射能から逃れるために、小さな3人の子供たちを夏の間、北海道で過ごさせたと話しました。6歳から15歳の子供たちには、どこに行くにも医療マスク、長袖のシャツを着て、帽子をがぶり、外では遊ばないように言っています。


She still avoids drinking tap water and keeps a daily log of her own radiation monitoring around the house, kindergarten and schools her children attend.
水道水を飲むのを未だに避け、家の周り、子供たちが通っている幼稚園、学校の周りで独自に行っている放射能モニタリングの値を毎日記録しています。


"We Fukushima people are exposed to radiation more than anyone else outside the prefecture, but we just have to do our best to cope," she said. "We cannot stay inside the house forever."
「福島の人間は他のどの県の人よりも被曝をしていますが、私たちはただ、うまく付き合っていく努力をするしかないのです。」と彼女は言います。「永遠に家の中にいることなどできないですから。」


Japanese officials say mental health problems caused by excessive fear of radiation are prevalent and posing a bigger problem than actual risk of cancer caused by radiation.
日本の役人たちは、放射能に対する過剰な恐怖心が広がっていて、精神的な健康問題が放射能が実際に引き起こす癌の危険よりも大きな問題となるのだ、と言います。
(なぜ、恐怖心が広がっているのでしょう?その発言そのものが恐怖心をあおっていませんか?)


But what kind of cancer risks do the Japanese really face?
しかし、日本人が本当に直面している癌の危険性とは、一体どんなものなのでしょう?


Information on actual radiation exposures for individuals is scarce, and some experts say they can't draw any conclusions yet about risk to the population.
実際の被曝についての情報が不足しているのです。そして、住民に対しての危険性というものに対する結論は、どのようなものもまだ描けないのだ、という専門家もいます。


But Michiaki Kai, professor of environmental health at Oita University of Nursing and Health Sciences, said that based on tests he's seen on people and their exposure levels, nobody in Fukushima except for some plant workers has been exposed to harmful levels of radiation.
しかし、大分県立看護科学大学の、かい・みちあき教授は、彼が診た人々とその被曝レベルを元に考えると、いくらかの原発作業員を除いて、福島県民の誰もが有害なほどの被曝をしていない、と話しました。
(本当にそうであればよいと思います。)


Radiation generally raises cancer risk in proportion to its amount. At low-dose exposures, many experts and 'regulators embrace the idea that this still holds true. But other experts say direct evidence for that is lacking, and that it's not clear whether such small doses raise cancer risk at all.
放射能は、一般的に癌の発症率を増やすものです。低被曝についても、多くの専門家や規定者は、それが真実であるという考えを採用しています。しかしそれを示す直接の証拠がないので、そのような低被曝量が癌の危険性を高めるかどうかは、全く定かではないという他の専門家もいます。


"Nobody knows the answer to that question," says Mettler, an emeritus professor of radiology at the University of New Mexico and the U.S. representative to the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation, or UNSCEAR. If such low doses do produce cancers, they'd be too few to be detected against the backdrop of normal cancer rates, he said.
「この問いに対する答えは誰も知らないのです。」と原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)のニューメキシコ大学放射線学のMettler名誉教授は言います。もし、そのような低被曝が癌を生み出すとしても、通常の癌発症率の背景に対して、検知するにはあまりにも少なすぎるだろう、と言うのです。


To an individual the question may have little meaning, since it deals with the difference between no risk and small risk. For example, the general population was told to evacuate areas that would expose them to more than 20 millisieverts a year. A millisievert measures radiation dose and 20 mSv is about seven times the average dose of background radiation Americans get in a year. A child exposed to 20 mSv for a year would face a calculated risk of about 1 in 400 of getting cancer someday as a result, says David Brenner of Columbia University. So that would add 0.25 percent onto the typical lifetime cancer risk of about 40 percent, he said.
個人にとっては、危険性がないというのと、危険性が少ないと言うことの違いを考えると、この問いはあまり意味をなさないでしょう。たとえば、一般の住民が1年間に20ミリシーベルト以上被曝する場合は避難するように言われました。ミリシーベルトというのは、被曝の単位で、20ミリシーベルトの被曝量と言うのは、アメリカの自然界で浴びる平均放射能量の約7倍です。子供が1年に20ミリシーベルト被曝すると、その結果、約400人に1人の割合で癌にかかる危険性があると計算されている、とコロンビア大学のDavid Brenner氏は言います。ということは、典型的な生涯で癌にかかる約40%という確率に0.25%加わるということなのだ、と彼は述べました。

r-FUKUSHIMA-large570.jpg


And the average dose among the 14,385 workers who worked on the plant through July was 8 mSv, according to the Japanese government. The average lifetime risk of cancer to an individual from that dose alone would be calculated at about 0.05 percent, or 1 in 2,000, Brenner said.
日本政府によると、7月を通して原発で働いた1万4385名の作業員の平均被曝は、8ミリシーベルトでした。個人がその被曝から、一生のうちに癌になる危険性は、平均で約0.05%、2000人に1人という計算になるのだ、とBrenner氏は言いました。
(1ヶ月で仕事を終えていれば良いですが・・・100ミリシーベルトにいたるまで働き続けるとどうなるのでしょうか??)


Brenner stresses that such calculations are uncertain because scientists know so little about the effects of such small doses of radiation.
Brenner氏は、そのような低被曝量の影響については、科学者もほとんど知らないので、そのような計算は確かではないと主張します。


But in assessing the Fukushima disaster's effect on populations, the low-dose question leads to another: If a lot of people are each exposed to a low dose, can you basically multiply their individual calculated risks to forecast a number of cancers in the population?
しかし、福島の災害が住民に与える影響を査定する中で、低被曝の問題は他の事へと導きます。もし、大勢の人それぞれが低被曝をしたら、その住民の中での癌発症数を予測するには、一人の危険性として計算された値を、単に人数で掛ければよいのでは?


Brenner thinks so, which is why he believes some cancers might even appear in Tokyo although each resident's risk is "pretty minuscule."
Brennerもそう考えています。だからこそ彼は、それぞれの住民の危険性は、「ものすごく小さい」にも関わらず、東京でも癌発症例が現れると思っているのです。


But Wolfgang Weiss, who chairs the UNSCEAR radiation committee, said the committee considers it inappropriate to predict a certain number of cancer cases from a low-dose exposure, because low-dose risk isn't proven.
しかし、UNSCEARの放射能委員会の委員長であるWolfgang Weisss氏は、委員会が、低被曝からの癌発症数を予測するのは適切ではないと考えていると述べました。低被曝の危険は証明されていないからだと。


Nuclear accidents can cause cancer of the thyroid gland, which can absorb radioactive iodine and become cancerous. That disease is highly treatable and rarely fatal.
放射能事故は、甲状腺がんの原因となります。甲状腺が放射性ヨウ素を吸収し、癌を引き起こすのです。この病気は、治療が可能で、深刻化することはめったにありません。


After the Chernobyl disaster, some 6,000 children exposed to radioactive fallout later developed thyroid cancer. Experts blame contaminated milk. But the thyroid threat was apparently reduced in Japan, where authorities closely monitored dairy radiation levels, and children are not big milk drinkers anyway.
チェルノブイリの災害の後、6000名あまりの子供たちが放射性降下物を浴び、甲状腺癌を発症しました。専門家は、汚染ミルクのせいだと言います。しかし、日本では明らかにその脅威は縮小されました。なぜなら、日本政府が乳製品の放射能レベルを綿密にモニタリングしたからです。そして、子供たちは、あまり沢山ミルクを飲まないのです。
(学校給食で毎日牛乳出ませんでしたっけ?そして国のサンプル検査から漏れて、自主的に検査してみたら、汚染されてるというケースが沢山ありませんでしたっけ?)


Still, the new Fukushima survey will check the thyroids of some 360,000 young people under age 18, with follow-ups planned every five years throughout their lifetimes. It will also track women who were pregnant early in the crisis, do checkups focused on mental health and lifestyle-related illnesses for evacuees and others from around the evacuation zone, and ask residents to fill out a 12-page questionnaire to assess their radiation exposure during the first weeks of the crisis.
それでも、福島の調査は、18歳以下の36万人の若者の甲状腺をチェックします。そして生涯、5年後ごとに追跡調査が計画されています。この危機の早い時点で妊娠していた妊婦についても、精神的な健康状態を中心に健康診断をし、避難者や、他の避難地区から来ている人々については、ライフスタイルに関係する病気をチェックします。住民には、事故がおきてから1週間の被曝についての12ページに渡るアンケートに答えるように依頼しました。


But the survey organizers are having trouble getting responses, partly because of address changes. As of mid-October, less than half the residents had responded to the health questionnaire.
しかし、アンケートの主催者は、回答を得るのに苦心しています。その1つの理由は、住所変更のためです。10月中旬の時点で半分以下の住民がこの健康アンケートに答えていました。


XGB103-1119_2011_163352_high the canadian press
Photo from The Canadian Press


Some residents are skeptical about the survey's objectivity because of mistrust toward the government, which repeatedly delayed disclosing key data and which revised evacuation zones and safety standards after the accident. Also, the government's nuclear safety commission recommended use of iodine tablets but none of the residents received them just before or during evacuation, when the preventive medicine would have been most effective.
重要なデータの公開を繰り返し遅らせたり、事故の後、避難地区や安全基準を訂正していた政府に対する不信感から、その調査の目的について懐疑的である住民もいます。又、政府の原子力安全委員会はヨウ素剤の使用を薦めているのに、住民の誰も避難前や避難中にそれを受け取らなかったのです。予防薬が一番効果的であったはずです。


Some wonder if the study is using them as human guinea pigs to examine the impact of radiation on humans.
その研究が人間に与える放射能の影響について調べるための、人体実験として使われると思っている人もいます。


Eisuke Matsui, a lung cancer specialist and a former associate professor at Gifu University School of Medicine, criticized the project. He said it appears to largely ignore potential radiation-induced health risks like diabetes, cataracts and heart problems that have been hinted at by some studies of Chernobyl.
肺癌の専門医で岐阜大学医学科のまつい・えいすけ元助教授は、そのプロジェクトに批判的です。彼は、その研究が、糖尿病、白内障、心臓系疾患など、チェルノブイリの研究で示唆されている放射能に誘引される可能性のある健康上の危険性について大幅に無視しているのが明らかだと言います。


"If thyroid cancer is virtually the only abnormality on which they are focusing, I must say there is a big question mark over the reliability of this survey," he said.
「甲状腺癌が、事実上彼らが焦点を当てている唯一の異常ケースなのです。その調査の信憑性に大きな疑問符があるといわざるを得ません。」


He also suggested sampling hair, clipped nails and fallen baby teeth to test for radioactive isotopes such as strontium that are undetectable by the survey's current approach.
彼はまた、現在の研究の取り組みで検出不可能な、ストロンチウムのような放射性同位体の検査のために、髪の毛、つめ、抜けた乳歯をとっておく事を薦めました。


"We should check as many potential problems as possible," Matsui said.
「私たちは、可能性のある問題を出来る限り確認するべきなのです。」と、まつい氏は話しました。


Yasumura acknowledges the main purpose of his study is "to relieve radiation fears." But Matsui says he has a problem with that.
安村氏は、彼の研究の主要目的は、「放射能に対する恐怖を取り除くため」と、認識しています。しかし、まつい氏はそれが問題なのだと言います。


"A health survey should be a start," Matsui says, "not a goal."
「健康調査は、スタートであるべきで、ゴールではないのです。」と、まつい氏は言います。


Tatsuhiko Kodama, head of the Radioisotope Center at the University of Tokyo, urged quick action to determine the cancer risks.
東京大学、放射性アイソトープセンター長の児玉龍彦氏は、癌の危険性を発見するための、迅速なアクションを強く迫りました。


He said big population surveys and analysis will take so long that it would make more sense to run a careful simulation of radiation exposures and do anything possible to reduce the risks.
大規模な住民の調査と分析は時間がかかりすぎるので、被曝についての注意深いシュミレーションを行い、出来る限りの危険を低下させる事が、意味のあるこのなのだと、語りました。


"Our responsibility is to tell the people now what possible risks may be to their health," he said.
「私たちの責任は、人々に今、健康に対して、危険の可能性が何なのかを伝える事です。」




Science Writer Malcolm Ritter reported from New York.





長期に渡る低レベルの蓄積被曝が健康に与える危険性は証明されていないから安全なのか。

その安全性もまた、証明されていないのです。


それならば、


危険があるかもしれないから、少しでも汚染の少ない地に避難出来る対策を。

元の生活に近いものが実現できるような支援を。


セシウム134が自然に半分になる2年後に汚染を半分にする、という目標は、

今、除染をしても、計画通りにいったとしても(これもまた、信用できない人が多いと思いますが)

人の手で改善できるのは2年間で全体の4分の1、ということですよね?


その費用を、人々の新天地での生活設計に使ってもらいましょう!


そして、安全を主張する人も、危険性を主張する人も、

双方が、全国の人々の健康を綿密に観察、記録し、治療の改善をも目指していく中で、

放射能被曝ということの真実を、

ともに証明していくべきなのだと思います。


国としての決断が望めないのであれば、

後は、一人ひとりの決断の輪を、日本中に広げれば・・・

もっと、もっと。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/577-3c8a4d19

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/11/25 16:58】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。