スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島放射能災害~被曝動物研究の行方。。。

 2011-11-12
昨日のPBSニュースの続編です。

Picture1_20111112135036.jpg


What's the Fallout for Dogs Near Fukushima?
福島周辺の犬たちにとって、放射能降下物とは?


SCIENCE -- November 10, 2011 at 5:54 PM EDT

By: Jenny Marder


6018221064_bc36fb2ae2_o_blog_main_horizontal.jpg
Photo by Sean Bonner of Safecast.org.
While shooting, the NewsHour and Safecast crew encounter an abandoned dog.
撮影中に、置き去りにされた犬に出くわしたニュースアワーとSafecastスタッフ



At the tail end of Miles O'Brien's latest NewsHour report on radiation in Japan, a golden dog with a thick red collar trots into the street of the abandoned town, Katsurao, and weaves along the center divider.
マイルズとニュースアワーの日本の放射能についての最新のレポートの収録の最後に、赤い首輪をした茶色い犬が、人気のない葛尾村の道を小走りし、道の中央線を縫うように動いています。


Miles asks, off camera: "Do we have anything to feed him?"
マイルズがたずねます。「何かあげるものある?」


The piece, which airs tonight, reports on the group Safecast, which has measured, mapped and crowdsourced data on radiation levels in locations throughout Japan, particularly in the hot spots near the Fukushima Daiichi nuclear plant.
番組は今日放送され、民衆が集めた日本中のあらゆる場所で測定された放射能レベルのデータを地図にしているSafecastについてレポートします。特に福島原発付近のホットスポットについてです。


The dog was one of several scrawny, undernourished dogs and cats they encountered, most likely abandoned by their owners during rapid evacuation. (The crew did, incidentally, have food in their supply for the dog - sweet buns with bean paste and sushi.)
その犬は、彼らが出くわした、痩せて、栄養の行き届いていない犬や猫たちのうちの1匹で、おそらく、急な避難の際に置き去りにされたのでしょう。(撮影スタッフは、たまたま、その犬にあげられる食べ物を持ち合わせていました。アンパンとすしです。)


Signs of the animals were everywhere, according to Xeni Jardin, who produced and helped shoot the piece. Bowls filled with dog food by a makeshift police station. A dog emerging from a cluster of houses near a stream. A cat poking its head out from behind the corner of an abandoned house. And on a lamppost, a sign with pictures of various dogs that had been rescued from the area, one of which has since been found.
動物の気配はあちこちにある、とXeni Jardinさんは言います。彼女は、番組撮影の手伝いをしています。仮交番のそばには、ドッグフードが餌入れにいっぱいになっています。
犬が小川のそばの家から現れます。猫が、人のいなくなった家の裏手から頭を突き出しています。そして外灯には、このあたりで救助されたいろいろな犬の写真が掛けられています。


6017650199_c0a3711b6e_o1_homepage_feature.jpg



"These were not feral cats and dogs," Jardin said. "It's obvious they were part of someone's family. As you feel empathy for these abandoned creatures, you start to feel the scope of the disruption and abandonment and complete destruction of the social fabric in Japan. The Japanese are very, very sweet to their pets."
「この子達は、野生の猫や犬ではありません。」とJardinは言います。「飼い主がいたことは明らかです。これらの見捨てられた動物に同情を感じると同時に、日本の社会構造の完全な破滅と、崩壊、放棄の規模を感じさせられます。日本人は、とても、とても、ペットをかわいがるのです。」


Indeed, Japan is known for its animal lovers. After all, this is the land of cat cafes, where people pay by the hour to get their feline fix, hanging out and relaxing with resident cats. Some of these cafes are so crowded that reservations are recommended on weekends.
実に、日本は、動物愛好家として知られています。ついには、人々が時間当たり料金を払う、猫カフェ(猫喫茶-ねこきっさ-とは、室内に猫を放し飼いにし、猫とふれあう時間を提供する業態の喫茶店である。Wikipediaより)なるものまであるのです。中には、あまりにも混雑するので、週末は予約が薦めているところもあります。

800px-Nekokaigi,_a_cat_cafe_in_Kyoto_-_March_16,_2010
Photo from Wikipedia


The dogs and cats spotted in Katsurao were among thousands of pets abandoned after residents were forced to quickly evacuate areas around the Fukushima plant, after the tsunami damaged the facility, causing equipment failures and a release of radioactive materials.
葛尾村で見られる犬と猫は、津波が直撃し、機能を失わせ、放射性物質を放出することになった福島原発付近で強制的に急遽避難させられた住民に置き去りにされた何千ものペットたちのなかのいくらかなのです。


"I think people expected not to be out of their homes for any length of time," said Ian Robinson, animal rescue program director for the International Fund for Animal Welfare, one of the groups that traveled to the evacuation zone after the disaster.
「(避難した)人たちは、そんなに長く家をあけことになるとは思ってもいなかったのでしょう。」とIFAWの動物救助プログラム部長であるIan Robinsonは言います。(Green氏の後任でしょうか・・・)IFAWは災害後に避難地区を訪れたグループの1つです。


Upon visiting the area after the earthquake, Robinson's group found that many local Japanese groups were eager to help with animal rescue efforts, but there was confusion as to whether the animals in the radiation hot spots were safe to handle and how they should be tested for contamination.
地震の後の訪問時、Robinson氏のグループは、多くの地元の日本人が動物救済に熱意を燃やしていたことを知りました。しかし、放射能ホットスポットにいる動物を取り扱うのが安全なのか、どのように汚染(被曝)を検査するべきなのかについて、混乱をきたしていたのです。


They gathered international experts, produced a report in May and gave it to the Japanese government. "We hoped that would free up the ability of the government and NGO's to remove animals," Robinson said. "To a certain extent that happened, though as always with these things, they don't happen as well and smoothly as we would like. There have been holdups."
IFAWは国際的専門家を集め、5月にレポートをまとめ、日本政府に提出しました。「私たちは、それが日本政府とNGOが動物を移動させることを可能にする、と望んでいたのです。」とRobinson氏は話しました。「ある程度のことはなされましたが、このようなことはありがちなのですが、私たちが望んでいたほどスムーズにことは進みませんでした。妨害があったのです。」


Among the recommendations, they suggested that each team be equipped with protective equipment and a real-time dosimeter to measure radiation, that animals be bathed with soap and warm water, and that feeding stations be strategically placed to coax animals out from restricted zones.
提言書の中で、それぞれのチームが防護器具や放射能を測るためのリアルタイムの線量計を備え、動物を石鹸と温かいお湯のお風呂にいれ、動物をうまく制限地区からおびき出すように、餌場を戦略的に設置する、と言うようなことを提案したのです。
(IFAWサミットについては、こちら。提言書については、こちら。提言書原文は、こちら。)


As long as the animals are appropriately cleaned and quarantined, they should be ultimately safe to handle and adopt, said Timothy Mousseau, a professor of biological sciences at the University of South Carolina, who has extensively studied animals -- mostly birds and insects -- exposed to radiation.
動物が適切に除染、隔離されれば、取り扱いや里親になるのは、安全であるはずだと、南キャロライナ大学の生物科学の教授、Timothy Mousseauhaは言います。彼は、特に鳥類、昆虫類の被曝についての動物研究を広く行っています。


Most of the area's contamination derives from cesium that was released as a product of fission from the nuclear reactors, he said. Cesium, which has a half life of 30 years and produces low levels of gamma radiation, is less chemically toxic than the uranium or plutonium released after the 1986 accident at the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine.
ほとんどの汚染地域は、原子炉からの核分裂の生産物として放出されたセシウムに由来しています。半減期30年のセシウムは、ガンマ線を出す低レベルの物で、1986年のウクライナ、チェルノブイリ原発から放出された、ウランやプルニウムに比べると、化学的毒性は弱いものです。


Animals will eventually eliminate the radioactive material from their bodies, Mousseau said, though that could take anywhere from a week to 4 to 5 months, depending on their size and the degree of contamination.
動物は、最終的に体内から放射性物質を排出するのだとMousseau氏は言います。しかし、排出するまでには、動物の大きさと汚染(被爆)の度合いによりますが、1週間から4、5ヶ月かかるのだということです。

"Since it's cesium, it will get cleared from their bodies," he said.
「セシウムであれば、体内から出されるのです。」


But for animals and people, there are still many unknowns about the radiation risks, and the harm that it might cause. As Miles reports in his piece, "There is no question that ionizing radiation alters human cells, which can cause cancer and genetic defects ... but how much exposure and for how long? The science, like the readings, is all over the map."
しかし、動物にとっても、人間にとっても、放射能の危険性と、それが何を引き起こすかについてはまだ知られていません。マイルズの番組の中で報告されているように、「電離した放射能は人間の細胞を変化させることは疑問の余地がなく、それは癌や遺伝異常の原因になるのです・・・しかし、どれだけの被曝で?どれだけの期間で?科学は、測定値と同様に、科学は、測定値のように、地図の至る所にあるのです。」


In one area that Miles and the crew visited, for example, levels reached the equivalent of six X-rays a day.
たとえば、マイルズと撮影スタッフが訪れたある場所は、1日に6回レントゲンを浴びるくらいのレベルに達していました。


There is the possibility for radiation exposure during rescue, Robinson said. "The danger is not visible, like a fire or a flood where you can see the danger, but it's still very, very real," he said. "That's something that has to be borne in mind."
救済の間に被曝している可能性がある、とRobinson氏は言います。「危険は目に見えません。火事や洪水は危険を目にすることができますが、それは(見えないもの)はまさに、本当の現実なのです。それは、心に止めておかなければならないことです。」


Mousseau's research has found significant genetic damage and breakages in chromosomes among animals exposed to radiation in and around Chernobyl. Developmental abnormalities, tumors, and species decline and extinction have also been attributed to radiation exposure in the area.
Mousseau氏のリサーチは、チェルノブイリとその付近で被曝した動物たちに、相当数の遺伝損傷、染色体破壊を発見しました。その地域では、障害、腫瘍が増え、種の減少、絶滅が放射能被曝に起因していました。


The area around Fukushima happens to share 14 species of birds also found around Chernobyl, including the barn swallow. Given the contamination levels reported by citizen groups, it's possible that we could also see "multigenerational effects" and fundamental changes in the ecosystem in Japan as a result of the disaster, he said. Research in the area by his team and others should provide a greater understanding of the effects of radiation exposure on birds and other wildlife.
福島付近のツバメを含む14種の鳥は、チェルノブイリでも見られる鳥です。市民グループにより報告された汚染レベルにより、その結果として、日本のエコシステムにおいて、何世代にもわたる影響と、根本的な変化を見ることになるだろうと、彼は話しました。彼のチームや他の人によるその地域のリサーチは、鳥や他の野生生物における放射能被曝の影響を理解するのに、多くのことを提供するにちがいありません。


"What Fukushima offers us as scientists is the opportunity to watch how these populations and communities change over time as a result of radioactive contaminants," Mousseau said. "In Chernobyl, everything was top secret. We don't really know how things began. Fukushima offers us the opportunity to follow these organisms from the beginning."
「福島が私たち科学者に、放射能汚染の結果によって、長年にわたり、そこに住む生物と、社会がどのように変わっていくのかを観察する機会を与えてくれるのです。チェルノブイリでは、全てが秘密でした。私たちは、何がどのように始まったのか、本当のところは知らないのです。福島は、最初から、これらの生物組織体の成り行きを追う機械を与えてくれます。」





警戒地区への立ち入りについては、実になぞめいていました。

自分の家へ戻りたい、家族を探したい、という住民の方々はもちろん、

動物を助けたい、餌をやりたい、という動物愛護団体、獣医師の方々。

報道陣。

盗みに入りたい、という方々。



隠さなければならないものがあると、ギクシャクするものですね。

動物救済、研究のためにサミットまで開いたIFAWも、きっと許可はもらえなかったのでしょう。いろいろな事情があったのでしょうが、立ち入り許可については、あまりにも不透明で論理性に欠けていました。


この研究チームに、本当に扉が開けられているのか・・・

大いに疑問ですが・・・

このような研究は、本当に価値のあるものだと思います。


このような壮大なテーマに挑みたいと掻き立てられる生物学者は、日本に居ないのでしょうか・・・?

私が生物学者なら、是非挑んでみたいです。

ボア君。君にたくすよ。

。。。託してもい~い


Dear Mr. Boar

Your mom would like you to research around the long term effects of radiation contamination on animals and ecology over all. It would give the world a clear idea of what the usage of uranium really means no matter what you use it for. You would show how human being can respect our own environment and our lives themselves.




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/565-aa589a2a

コメント
たくさんの動物たちが被害者ですよね。牛や馬たちも…

カナダに行けそうになってきました。メールを送りましたのでお願いします。
【2011/11/13 15:23】 | あまりん #- | [edit]
あまりんさん

決心したのですね。
よかった。
大変だったでしょう。
メールでのいろいろ、調べてまとめて、できるだけ早く連絡します。
再会楽しみです。

【2011/11/13 23:09】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。