スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能データ収集のプロ~SAFECAST

 2011-11-11
国民の食の不安を解消しようとしているのは、生産者や、小売店。

放射能汚染についての不安を解消しようとしているのは、そこに住む住民。

国の中央機関は他のもっと大事なことに忙しいのかな???

役割分担で国と市民がチームワークでやりましょうか


放射能レベルの測定をする市民をバックアップする、心強いデータ収集プロも登場です!!



アメリカの非営利テレビ局
pbs_logo.jpg
より

Report Air Date: Nov. 10, 2011/11

Safecast Drawns on Power of the Crowd to Map Japan’s Radiaion
Safecast、民衆の力を結集して、日本の放射能マップ作成





JEFFREY BROWN: Now, tracking the spread of radiation in Japan eight months after the tsunami caused a nuclear accident.
ジェフリー(アナウンサー):今、原子力事故を引き起こした津波から8ヶ月後の日本で広がっている放射能を追っています。


Japanese people are using new technology and the power of crowdsourcing to find hotspots.
日本人は、ホットスポットを見つけるために、新しいテクノロジーと民衆の力を使っています。


NewsHour science correspondent Miles O'Brien has the second in a series of stories from Japan.
ニュースアワーの科学特派員、マイルズ O'Brienの日本での取材シリーズの2番目のものです。
(1番目はおそらく'Hacker' Group Safecast Crowdsources Radiation Data in Japan 内容のほとんどがこの記事に含まれています。)


MILES O'BRIEN: In Japan, these days, you never know where you're going to find a hotspot. We are at a highway rest stop halfway between Tokyo and Fukushima, and we are looking for the kind of hotspot you would just as soon avoid.
この頃日本では、どこにホットスポットが見つかるか分かったのものではありません。私たちは今、東京・福島間の高速の休憩所にいて、ホットスポットを避けるため、そのような場所を探しています。


PIETER FRANKEN, Safecast Japan: On the roof, the cesium didn't really stick very well, so it all flushed down and when it hit the concrete or the stone here, it bonded. So this is like a micro hotspot.
ピーター(Safecastジャパン):屋根の上にセシウムはあまりありませんでした。それは洗い流され、ここにあるコンクリートや石にぶつかり、ひっついたのです。なので、ここは、マイクロホットスポットのようなものです。


MILES O'BRIEN: It's just another Sunday drive for Pieter Franken and his Safecast team of volunteer radiation contamination gumshoes using inspiration, perspiration, sensor technology and the Internet to paint a much clearer public picture of the Fukushima fallout.
ミルズ:これは、ピーター・フランケンと、彼のSafecastからの、放射能汚染探偵ボランティアチームが行っているいつもの日曜日のドライブです。彼らは、思いつき、汗、センサー技術を駆使し、福島放射能降下についてのもっと明確な全体像をインターネットで描いています。


1:07
BRYAN MOROSS, Safecast volunteer: We are about 60 kilometer to Fukushima. We should be there in about an hour. We should be there around 12:30.
ブライアン(Sefecastボランティア):今、福島から約60キロのところです。福島まであと、約1時間ほどです。12:30くらいには到着するでしょう。


MILES O'BRIEN: We were heading north to the evacuation zone around the Fukushima Daiichi nuclear plant, about 40 miles away. We gather radiation readings in the air and on surfaces with Geiger counters in and outside of the vehicle. Using a handful of devices, we measured raw radiation levels, counts per minute, as well as becquerels and microsieverts, which calibrate the raw numbers to their impact on human beings.
マイルズ:私たちは、福島第一原発周辺の避難地区へと、北を目指しています。大体ここから40マイル(64km)くらいです。車内、社外のガイガーカウンターで、空間、表面の線量測定値を集めています。これらの測定器で、1分あたりの、そのままの放射能レベルと、人間に影響を与える、ベクレルとマイクロシーベルトに換算した値を測定しています。


SEAN BONNER, Safecast: So these are the microsieverts. You can see they're considerably lower than they were just a few minutes ago.
ショーン(Safecast):これらはマイクロシーベルトです。数分前よりもかなり低いことが分かります。


MILES O'BRIEN: Sean Bonner is one of the founders of Safecast, an all-volunteer organization that has plotted the most detailed maps of radiation contamination in Japan since the nuclear meltdown in March.
ミルズ:ショーンはSafecastの創設者の一人です。全てボランティアで運営している組織で、3月の原子炉のメルトダウン以来、日本で放射能汚染マップをできる限り詳細にわたり図面化しています。


1:58
Radiation doesn't fit that nice, neat little disk they want to paint on the map, right?
放射能って、地図を塗るというような、便利で小さな小さなディスクに収まると言うようなものではないですね?


SEAN BONNER: Right. Right. Yes. Radiation isn't looking at a compass radiating outward.
ショーン:そうそう。放射能には、範囲なんていうものはなく、外に向かって放出しているものだね。


MILES O'BRIEN: Yes. That's right. It's a very arbitrary thing.
ミルズ: そう、そのとおり。とても移り気なものなんだ。


SEAN BONNER: Yes. There's like wind and topography and this crazy stuff that ends up playing into it.
ショーン:そう。風や地形図みたいで、きちがいみたいに、思いのままなんだ。


2:14
MILES O'BRIEN: Wherever they go, they draw a crowd, a curious, nervous, thankful crowd. In a restaurant parking lot in Nihonmatsu, about 60 kilometers from the nuclear plant, we met Hiroko Ouchi.
ミルズ:彼らは、どこに行こうと、民衆を引き付けます。興味深い、神経質な、感謝に満ちた民衆を。原発から60キロほどの、二本松のレストランの駐車場で、私たちは、おうち・ひろこさんに会いました。


"I'm worried about my children and grandchildren," she told us. "Thank you for measuring. Thank you for your hard work. The government doesn't release the accurate figures of radiation."
「子供と孫が心配なのです。」と彼女は言いました。「測定してくれてありがとう。お疲れ様です。政府は、正確な放射能の数値を公表しないのです。」


MAN: Thank you very much. Thank you for working so hard. Thank you.
男性:本当にありがとう。一生懸命やってくれて、ありがとう。ありがとう。


2:46
MILES O'BRIEN: But it's not just a lack of data. There is also a tradition here of not sharing it.
ミルズ:しかし、データが不足しているだけではありません。情報を共有しないという伝統もあるのです。


JOI ITO, MIT Media Lab: Japan is notoriously bad about certain types of transparency. And it's not -- this isn't a new thing that TEPCO covers things up.
イトウ(MITメディア研究所):日本は、ある種の透明性について悪評があります。東電の隠蔽のようなことは、今に始まったことではないのです。


MILES O'BRIEN: Joi Ito sparked the birth of Safecast in the desperate days right after March 11. Director of the MIT Media lab, he naturally took to the Internet to try to stay abreast of events in his home country. The scarcity of reliable information prompted him to reach out to experts all over the world. Things snowballed very quickly.
ミルズ:イトウ氏は3月11日直後の絶望的な日々の中、Sefecastの誕生を促がしたのです。MITメディア研究所の重役である彼は、母国で起きている出来事を常に把握しようとし、自然とインターネットを使っていました。信頼できる情報の不足は彼に、世界中の専門家への接触へと駆り立てました。それは雪だるま式にすばやく広がったのです。


JOI ITO: Within days, we had an email thread that turned into a Skype channel where all of us were constantly there talking. And it really became kind of like across between a sort of government situation room and newsroom, where we were collecting data and just sort of putting new things out, and just trying to get everybody involved that we could.
イトウ:数日中に、Eメールの糸は、スカイプと変わり、私たち皆が常にそこで話しをしていました。そしてそこは、ある種の、統括室、ニュースルームのようになり、そこでデータを集め、新しい事実を発信し、できる限りの人を取り込もうとしたのです。


And it just kind of took a life of its own. We started to realize how important it was when it turned out that the government wasn't releasing data.
それは、ある種の自殺行為でした。私たちは、政府がデータを公表しないと分かったときに、それがどれだけ重要なことなのかに気付き始めたのです。


3:47
MILES O'BRIEN: The day before we took our drive, Safecast volunteers offered up a seminar on radiation detection in Tokyo. It was standing room only for the talk and many stuck around to get some advice on how to accurately measure the radiation around them.
マイルズ:このドライブに出かける前日に、Safecastのボランティアは東京で、放射能検出についてのセミナーを開くことを申し出ました。ただ話をするだけの部屋で、大勢の人が身近な場所の放射能をどのように正確に測定するかについてのアドバイスを得る事に終始しました。


Many Safecast volunteers come from the computer hacker community. Their intuition and ingenuity led them to design and build some novel devices to gather radiation data.
多くのSafecastのボランティアは、コンピューターハッカー分野からの人たちです。彼らの直感や発明の才は、放射能データを集める奇抜な器具をデザインし、作くりあげることになりました。


4:12
Akiba (ph) -- he doesn't use his surname -- showed me what they call a B-geigie.
アキバさん-彼は苗字を使いません-はBガイキーと呼ぶものを見せてくれました。


bgeigie.jpg


What does that stand for?
それは何の略ですか?


MAN: Bento geigie. So, when we originally designed it, we tried to design it to be like roughly the same form and factor as a bento, so that's easy to carry around. Like, a bento is a Japanese lunch box.
男性:弁当ガイキーです。最初にこれをデザインしたとき、弁当のような形状と要素と同じようになるようにしました。簡単に持ち歩けるものです。要するに、弁当とは日本のランチボックスです。


MILES O'BRIEN: But instead of sushi, this box contains a Geiger counter, a GPS receiver and an S.D. Card. It costs $850 to build, but Safecast is making them available to volunteers for free.
マイルズ: しかし、すしの代わりに、その弁当箱にはガイガーカウンター、GPS受信機とSDカードが入っています。つくるのに850ドル(約8万円)ほど係り、ボランティアには無料で作っています。


During our drive north, the Safecast team delivered a B-geigie to Hideki Washiyama (ph), who lives about 90 kilometer from the Fukushima Daiichi plant.
北へのドライブの間、Safecastチームは福島原発から90kmほどのところに住むワシヤマ・ヒロキさんにBガイキーを届けました。


4:52
"It is hard to get high-quality Geiger counter," he told me, "but I don't want to use cheap devices made in China or Korea."
「質の高いガイガーカウンターを入手するのは難しいのです」と彼は話しました。「でも、中国や韓国製の安いものは使いたくありません。」


There are plenty of cheaply made, yet disturbingly expensive Geiger counters in Japan. The Fukushima meltdown created an instant global shortage of good-quality sensors. Concerned people in Japan and elsewhere sparked overwhelming demand.
それは全く安物なのに、日本では気がかりなほどに高価なガイガーカウンターなのです。福島のメルトダウンは、世界的に質の良いセンサー不足という事態を急激に招きました。日本や他の場所の、放射能を気にしている人々が、圧倒的な需要を巻き起こしたのです。


5:18
Dan Sythe produces good-quality Geiger counters in Sebastopol, Calif. He says that the shoddy devices so commonly found in Japan are extremely dangerous.
Dan Sythe氏はカリフォルニア州、Sabastopolで、高質のガイガーカウンターを生産しています。彼は、日本で見受けられる安物の器具は、とても危険だと言います。


DAN SYTHE, Iospectra-International Medcom: Because people are waving these over their food and thinking the food is safe to eat or they're thinking that where they're living is safe and safe for their children to go to school. So it's -- I think it's almost criminal to produce things that don't work.
ダン:人々はこの器具を食べ物にかざし、その食品が食べても安全かどうかを考えます。あるいは、今住んでいるところが安全なのか、子供たちが学校に言っても安全なのかを考えます。なので、きちんと測定しないようなものを作ること自体が、ほとんど犯罪だと思います。


MILES O'BRIEN: Sythe's small company is shipping out as many Geiger counters as it can, giving priority to Japan, and specifically Safecast.
Sythe氏の小さな会社は、できる限り多くのガイガーカウンターを、日本に、特にSafecastに優先的に送っています。


5:53
Volunteer Joe Moross says more comprehensive monitoring is the first step to understanding the real danger.
ボランティアのジョーさんは、真の危険を理解するための第一歩が、もっと包括的なモニタリングだと言います。


JOE MOROSS, Safecast volunteer: I don't think that ordinary people can make a good valuation of the risk, because even the specialists are in quite a bit of disagreement as to what the real risk is.
ジョー:一般の人が危険について評価することはできないと思うよ。専門家でさえも、何が真の危険性なのかで、かなり意見が分かれているのだから。


MILES O'BRIEN: And so the reaction is, I want none. If you don't know, give me zero, right?
マイルズ:だから、その反応は、危険はいらない。分からないんだから、ゼロ。でしょ?


JOE MOROSS: Well, everybody agrees, no matter -- you can't find anyone who doesn't agree that lower is better, that less radiation is less harmful.
ジョー:あぁ、みんな同意している。低線量は良い、低線量はそれだけ害が少ない、なんていうことを認めない人はどこにもいないよ。


6:25
MILES O'BRIEN: Ironically, much of what we know about the effects of an acute dose of radiation comes from studying Hiroshima and Nagasaki survivors. But radiation contamination at the level found here is a ticking time bomb with a fuse that burns for decades.
マイルズ:皮肉なことに、激しい被曝の効果について私たちが知っている多くのことが、広島、長崎の生存者の研究から来ています。しかし、ここで見られる放射能汚染のレベルは、何十年間も燃える、融合を伴った、時を刻む爆弾なのです。


There is no question ionizing radiation alters human cells, which can cause cancer and genetic defects, but how much exposure and for how long? The science, like the readings, is all over the map.
電離した放射能が人間の細胞を変化させると言うことに疑問の余地はなく、それは癌や、遺伝異常の原因になりかねません。しかし、どれだけの被曝と期間で?科学は、測定値のように、地図の至る所にあります。


6:55
This is the town of Minamitsushima (ph). We are about 28 kilometers from the Fukushima Daiichi plant, about one kilometer from the police barricade announcing the involuntary exclusion zone. This area, 20 to 30 kilometers, is a voluntary exclusion zone. And you don't see anybody around, for good reason.
ここは、南対馬(双葉郡浪江町)の町です。福島原発から28kmほどのところにいます。強制避難地区と示されている、警察バリケードから約1kmのところです。このあたりは、20-30kmで、自主的避難地区です。人は誰もいません。それなりの理由があるのです。


PIETER FRANKEN: Yes, this is very high here, really high. We are looking at air one meter, around 7.2 -- to 7 to 8 microsieverts per hour. We're looking here at around 24,000 counts per minute on the pancake and about roughly about 800,000 becquerel per square meter. It's about 25 times what we're seeing in Tokyo on the surface.
ピーター:そう、ここはとても高い、本当に高い。1mほどの空間線量ですが、毎時7.2から7、8マイクロシーベルトです。大体毎時2万4000計数で、1立方メートルあたり約80万ベクレルです。これは東京の地面に見られるものの約25倍です。


MILES O'BRIEN: It was five microsieverts per hour, most likely cesium 137, which has a half-life of 30 years. It is the equivalent of six chest X-rays every day, not a problem for us to be here for a short while in street clothes, but how long before people could live here again?
マイルズ:毎時5マイクロシーベルト、まずセシウム137と思われ、30年の半減期です。それは毎日胸部レントゲンを6回受けるのと同じで、私たちが普段着で短時間いるのには問題ないですが、人々がここで暮らせるまでには、どのくらいかかるでしょう?


PIETER FRANKEN: If you wanted to get this down to levels that are considered normally to be safe, which will be under 0.3 microsieverts per hour, you would probably look at much more than 20 years or 30 years.
ピーター:普通に安全だと考えられるレベルに下げたいのであれば、それは毎時0.3マイクロシーベルト以下でしょう。 (確か毎日新聞だったと思いますが、1年で1ミリシーベルトを換算すると毎時0.19マイクロシーベルトとか。)おそらく20年か30年以上、優にかかることになるでしょう。


8:23
MILES O'BRIEN: But down the road, at the exclusion zone checkpoint, the police officers ordered to be here are hoping for the best.
マイルズ:しかし避難地区の検問所の道端では、そこに配置された警察官が、最善のことを望んでいます。

You don't worry?
不安ではないのですか?


MAN (through translator): They have told us there that we're OK, so we just need to trust them.
男性:自分たちは大丈夫と言われたから、それを信じなければならないだけです。


MAN: I agree.
男性:そのとおりです。


MILES O'BRIEN: Do you trust them?
マイルズ: 信用しているの?

(LAUGHTER)
(笑い声)


MAN (through translator): That is what our bosses say, so we need to trust our bosses, yes.
男性:上司が言ったことだから、上司は信じないと、はい。


8:50
MILES O'BRIEN: But Safecast believes people should trust in the data, and the more people who are gathering it, the better. Volunteers are designing a new, sleek, inexpensive Geiger counter that they hope to begin distributing in the spring.
マイルズ:しかし、Safecastとしては、人々がデータを信頼するべきだと思っています。より多くの人がデータを集めるのが、より良いのです。ボランティアが、新しい、しゃれたデザインの値段の張らないガイガーカウンターを、春に送り出せるように設計しています。

But the nonprofit is not stopping there or here.
しかし、この非営利団体は、そこここで辞めることはしません。


9:06
JOI ITO: I think the goal really is, when we started to try to solve the data scarcity problem about Japan, we realized that there was a systemic problem in the way that data is collected and disseminated and interpreted everywhere. And we're already starting to think about, how do we measure pollution, how do we measure all kinds of other things?
イトウ:本当のゴールは、日本のデータ不足問題を解決する努力を始めた時だと思います。データを集め、普及させ、あらゆるところで分析する方法についての仕組みの問題があることに気付きました。私たちたちは既に、どのように汚染や他の全てのことを測定するかについて、既に考え始めています。

And so, I think a lot of things will come out of this incident. And, so, this democratization of science is really, really important in fixing the world's problems, because it's not going to happen top-down.
そして、このことで、多くの結果が出てくると思います。科学の民主化が、本当に、本当に世の中の問題を改めるのに重要なのです。それは、トップダウン(段階的に詳細にしていく)と言う方法では起こらないのです。

MILES O'BRIEN: Are you guys anti-nuclear, or do you take a position? Or are you just...
マイルズ:あなたたちは、反原発主義者ですか?それとも、その立場をとっているのでしょうか?それともただ・・

SEAN BONNER: No. No, not at all.
ショーン:いやいや、全く違います。

MILES O'BRIEN: You're just pro-data.
マイルズ:単なるデータの支持者。

SEAN BONNER: We just know that there's data that exist and there's data that should exist. And creating it, the data doesn't take a side one way or the other. And so if we just can get the data and give it to the people that are being immediately affected by it, then that's a good thing.
ショーン:私たちはデータが存在し、存在するべきデータがあることを知っています。そしてそれをつくっているのです。データがどちらかの立場に立つということはありません。なので、私たちはただデータを取り、ただちに影響をする人々に発信するのです。それは良いことなのです。


10:02
MILES O'BRIEN: With light dimming, our Sunday drive for data ended here in the town of Katsurao, adding about 12,000 readings to a database of more than 1.25 million.
マイルズ:あたりが薄暗くなり、我々の日曜日のデータ収集ドライブは葛尾村で終わりました。125万のデータベースに約1万2000の測定値が加わります。

No one is here, only the police, making sure we were not looters. And so it is hard to say if this lonely dog will ever see its owners again.
ここには、誰もいません。私たちが強盗ではないことを確かめている警官だけです。なので、この一人ぼっちの犬が飼い主に再び会うことができるのかは、わかりません。

Do we have anything to feed him?
何かあげるものある?

Sadly, no amount of data-gathering can change that fact or erase this scene.
悲しいことに、どんな量のデータ収集も、この事実を変え、この景色を変えることはできません。

JEFFREY BROWN: We have launched something new on our Science page online. It's called Science Thursday. Each week, we will feature a fresh video, slide show or blog post. Tonight, find photos and a story about the fate of dogs and cats abandoned in the exclusion zone. Plus, Miles talked with Hari about his reporting trip to Japan.
ジェフリー(アナウンサー):私たちのオンラインの科学ページで新しいことを始めました。それは、木曜の科学と呼ばれています。毎週、新しいビデオ、スライドショー、ブログ記事を特集します。今夜は、避難地区に取り残された犬と猫の写真と話です。あと、マイルズの日本への旅についての報告を、ハリと話しているものです。


~その犬と猫の特集については、つづく~


Safecastのホームページは、こちら
日本語は、こちら

マップは、こちら


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/564-b698cfe9

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。