スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダの放射能汚染に対する規準~Georgia Straightより

 2011-11-09
先日紹介した、福島原発事故がカナダに及ぼした放射能汚染についてのGeorgia Straightの記事に、コメントをしてみたら、放射能汚染規準についての質問に、回答をいただきました

記事の独訳は、こちらです

福島事故がカナダに及ぼした影響~前編

福島事故がカナダに及ぼした影響~後編


georgia_straight_logo.jpg


[私のコメント]


We are Japanese Family living in Burnaby, and I have been tracking as many news and information as possible around health risk from Fukushima Accident and all about what is behind nuclear energy production. I cannot close my eyes on this issue anymore and I believe this would be the same for all Canadians who have been seeking for the true PEACE with all culture and religion together.
バーナビーに住む日本人家族です。福島事故が及ぼす健康被害と、原子力発電の裏に隠されていた事実について、できる限りのニュースや情報を追ってきました。もはやこの問題から目を背けることはできず、それは、文化や信仰を超えて平和を追い求めているカナダ人にとっても同じことだと思います。


I have some simple questions around what Canadian government regulate to maintain safety from radiation contamination. I found the action levels for each radioactive material at Health Canada website,
http://www.hc-sc.gc.ca/ewh-semt/pubs/contaminants/emergency-urgence/acti...
and it shows Cesium and Iodine is 100 bq/kg (or L) for drinking water (not 6bq/kg or L) and 1000Bq/kg for commercial food and beverages.(CODEX-WHO limit for cesium is the same but iodine is 100 for food, http://www.who.int/hac/crises/jpn/faqs/en/index7.html PDF file P33) How I can find the official information stating 6bq/kg or L for the drinking water? Or is this number old? I appreciate if someone can answer this question.
ところで、カナダ政府が放射能汚染からの安全を維持するためにどのように規制をしているのかについて、素朴な質問があります。ヘルスカナダのウェブサイトに、対策が必要な「アクションレベル」についてのページを見つけました。
http://www.hc-sc.gc.ca/ewh-semt/pubs/contaminants/emergency-urgence/action-intervention-eng.php
それは、飲料水のセシウムとヨウ素のレベルが、1kg(あるいは1L)につき6ベクレルではなくて、100ベクレルと示しています。食品、飲み物については、1000ベクレルです。(WHO・CODEXのセシウムの限界値も同じですが、食品についてのヨウ素の値は、100ベクレルとなっています。)
http://www.who.int/hac/crises/jpn/faqs/en/index7.html
の33ページです。
飲料水について6ベクレルという規準が公式に示されている文書をどこで見つけられるでしょう。あるいはこれは、古い値でしょうか?どなたか教えていただけるとありがたいです。


We've had some heated arguments in Japan when the Japanese government set the new level for food as 500bq/kg assuming the max exposure would be 5 mSV/year even though the maximum of all inclusive (external and internal) exposure was 1mSV/year before the accident using ICRP recommendation. So they are now thinking about changing it to 100bq/kg to be 1mSV/year just from internal exposure, and it still becomes a target of the argument and criticism due to their ignorance of external exposure, since there remain so many hot spots and high risks of external exposure everywhere probably for many years in Japan.
日本では、年間被曝量(外部被曝、内部被曝両方を含めて)を最高5ミリシーベルとして定めた食品1kgあたり500ベクレルまでという新しい基準値を設定したときに、激しい議論になりました。事故の前には、ICRPの提言に従って年間1ミリシーベルトの規準だったのです。なので、また1ミリシーベルトに戻すために、1kgあたり100ベクレルに変更しようとしています。ただ、内部被曝のみ、です。そして、外部被曝を無視しているという点で、まだまだ議論と批判の的となっているのです。日本には多くのホットスポットがあり、おそらくこれから何年にもわたり、日本中至る所で、外部被曝の危険性が高いと思われるからです。


The government have asked the municipalities far from Fukushima, who kindly take tons of contaminated debris to incinerate (to help affected communities to recover- from government point of view), and allow them to landfill the ash in household waste site if it's less than 8000 bq/kg. If it's less than 10000bg/kg, you can still landfill them in secure site, despite many citizen concern about the contamination spreading by doing it. And ash more than 8000 or 10000bq is getting accumulated waiting for the decision how or where to store... Anything more than 100bq/kg had not been allowed to move out from the designated site before the accident by law. Some scientists point out that the newly found hot spots might be from those activities. The government policy let the risk of external/internal exposure spread all over Japan.
日本政府は、福島から離れた地方自治体に(被災地の復興を助けると言う-政府の見解から)何トンもの汚染瓦礫を受け入れ、焼却することを求め、1kgあたり8000ベクレル以下の焼却灰については、一般家庭廃棄物のゴミ埋立地に埋め立てることを認めています。そして、このことによる汚染が広がることを懸念している人々をよそに、1万ベクレルのものについても、指定された安全な場所に埋め立てられるのです。8000ベクレル、1万ベクレル以上の焼却灰は、どのように、どこに保管されるのかという決断を待ち、どんどん蓄積されています。福島の事故以前は、100ベクレル以上のいかなるものも、指定された場所から外に持ち出すことが、法で禁じられていたのです。このような処理をしていることにより、新しくホットスポットが増えている可能性を指摘する科学者もいます。政府の打ち出す政策は、日本中に内部、外部被曝の危険性を広めることになっているのです。


Japan also had the regulation for the imported food with maximum of 370 bq/kg, and having contradiction when they set the new rule of domestic food limit as maximum of 500bq/kg after the accident.
日本にはまた、1kgあたり最大370ベクレルという輸入食品の規制がありました。事故後に1kgあたり500ベクレルという規準を定めた時点で、矛盾を生みました。


As you can see, those newly set limit is so high and Japanese people becomes so skeptical about anything in the market.
このように、新しく定められた限界値は、あまりにも高く、日本人は市場に出ているいかなるもにも疑いを持つようになりました。


Now Health Canada website shows the radiation limit for food is 1000bq/kg. Then smart Japanese exporters can send all those contaminated food even not meeting the Japanese unstricken limit of 500bq/kg to Canada! How we can find if it's contaminated or not at the Japanese restaurants or grocery stores here in BC, who are selling imported foods from Japan, unless CIFA set the comprehensive monitoring system in place at the port and for all the catch from Pacific Ocean.
一方、ヘルスカナダのウェブサイトは、放射能の食品に対する限界が1kgあたり1000ベクレルとしています。これでは、悪賢い輸出業者が、日本の緩い限界値500ベクレルの条件を満たすことのできなかった汚染食品をカナダに送ることもできるわけです。カナダ食品調査機関が包括的なモニタリングシステムを通関で施行し、太平洋で捕獲される全ての魚介類を検査しない限り、ここBC州で、日本食レストランや、日本食料品店で、日本からの輸入食品が汚染されているのか、されていないのか、どのように見分けることができるでしょう。


We see Japanese consumers are willing to buy, even if the products are from Fukushima, when the products are measured and labeled the amount of bq on the package, which is currently very limited though.
日本の消費者は、食品が測定され、ベクレルの数値が包装に表記されていれば、たとえそれが福島産であっても、快く購入します。しかし、そのようなものは、とても少ないのです。


Some Japanese citizen groups did research with retailers or productions to find the relationship between expiry date of dry food (like dry seaweed) and the actual catch /crop date. Most of them are defined that the crop date is one year before the expiry date. But many of the products sold in Japanese grocery store here do not even have the expiry date printed. I do not feel any confidence or comfort to buy any products from Japan....
日本の市民団体が、(海苔、わかめのような)乾燥食品などについての、賞味期間と製造年月日についての関係を、小売業者や生産者に対し、独自に調査をしました。大抵の商品について、賞味期間の日の一年前が、収穫日だといえることが分かりました。しかし、ここの日本食品店で売られている多くの製品に、賞味期間さえも表記されていないのです。今では、日本からの製品を買うことに自信もなく、買う気になれません。


Also the air monitoring is not good enough at all anymore. We need to measure the soil and water. All the particle are absorbed in the soil or sludge, and most contaminated hot spots are found where rain drops, like right below the water spout from a roof or ground where the slide ends in kids parks etc.. I'm tempted to get a Geiger counter and measure as many spots as possible around my neighbour
また、大気モニタリングは、今では全く充分ではありません。土壌と水の測定が必要です。粒子は全て土壌や泥に吸収されます。そしてほとんどの汚染されたホットスポットは、雨が落ちるところ、雨どいの下や、子供が遊ぶ公園の滑り台の下などに見つかっているのです。ガイガーカウンターを購入し、近所をできる限り測定したい衝動に駆られています。



[記事の筆者からのお返事]


Hi Blue Dolphine,
こんにちは、ブルードルフィンさん


Thanks for your comment. The Canadian radiation ceilings or guidelines for drinking water are calculated differently than those for food. The guideline for drinking water is 6 Bq/L of iodine-131. See here:
http://nuclearsafety.gc.ca/eng/mediacentre/updates/2011/japan-earthquake...
コメントをありがとうございます。カナダの飲料水に対する限界、あるいはガイドラインは、食品とは違う方法で計算されます。ガイドラインによると、飲料水については、ヨウ素が1リットルあたり6ベクレルとなっています。こちらを見てください。
http://nuclearsafety.gc.ca/eng/mediacentre/updates/2011/japan-earthquake/march-28-2011-japan-earthquake-safe-concentrations-of-radionuclides-air-water.cfm


Picture1_20111110153738.jpg



That is the level thought to cause 0.1 mSv per year of radiation if 2 L of the contaminated water is drunk each day for the entire year.
このレベルは、1年中1日あたり2リットルの汚染水を飲んだとして、年間0.1ミリシーベルトとなることが前提になっています。


Note that in nuclear emergencies, as I understand it, Canada raises the acceptable level to 1 mSv per year. That higher level is where you get the radiation ceilings in food at the link you provided. Note that this higher level would lead to 10 times higher cancer risk.
私が理解しているところ、放射能緊急時にカナダは年間1ミリシーベルトのレベルまで許容を引き上げます。この高いレベルはあなたがリンクを示した食品の放射能最大値です。この高いレベルは、癌発症の危険性を10倍に高める事になります。

Picture3_20111110154913.jpg



For non-emergency situations, I believe you would divide the ceilings on that webpage by 10.
緊急時でない場合、そのウェブサイトが示している最大値を10で割った数値になるのだと思います。


I'm not sure how to account for the discrepancy between the level of I-131 deemed acceptable on that page (100 Bq/L, which should translate into 10 Bq/L in normal times) and the normal I-131 guideline in drinking water (which is 6 Bq/L). Maybe it's the result of rounding?
そのページに示されるヨウ素131を許容量と見なされている1リットル100ベクレル(通常時には1リットル10ベクレルとなりますが)という数字と通常時の飲料水ヨウ素131(1リットル6ベクレル)の誤差をどう説明するか、確信はありませんが、おそらく、四捨五入しているのでは?


Regards,
Alex
Alex_Roslin




なるほど。通常時と緊急時の許容最大値があったわけでした。

それにしても・・・

通常時と緊急時の間に10倍の差があるとしたら・・・

その中間値は、どのように判断したらよいのでしょう???

それに、日本は年間1ミリシーベルトを想定して1kgあたり100ベクレルと計算しているのに、カナダやWHOの1ミリシーベルトが1000ベクレルとなるのは、何がどう違うのだろう???



日本からの輸入品が、一番心配なのですが、

アレックスさんが教えてくれた、上記のカナダ原子力安全委員会のサイトのQ&Aです。


Does food coming from Japan pose a health risk to Canadians?
日本からの食品は、カナダ人にとって健康上の危険がありますか?


Any food products entering into Canada will be screened as per normal protocols by the appropriate federal departments. If any radioactive substances are found in excess of limits outlined in the Nuclear Substances and Radiation Devices Regulations, they would be quarantined and transferred to a Canadian Nuclear Safety Commission-licensed facility for safe storage and disposal.
カナダに入る、あらゆる食料品は、通常の規範により適切な中央政府の機関によりスクリーニングされます。もし、放射性物質、放射線機具規定に記されている値を超えるものが見つかった場合は、安全に貯蔵、処分するための定められたカナダ原子力安全委員会の施設に輸送されます。


What are the limits for radiation in food?
食品に含まれる放射能の限界は何ですか?


Health Canada has implemented what are called action levels for radionuclides in food, which can be applied during a radiation-related emergency. The action level is applied to specific radionuclides based on the risk they represent and is significantly higher than the detection limits used.
ヘルスカナダは、食品に含まれる放射性物質の「アクションレベル」なるものを実施しています。それは、放射能(それに関連した)緊急時の間に適応されるものです。アクションレベルは核種の危険度により適応され、検出限界値よりもはるかに高いものです。

The CODEX Alimentarius, an international scientific organization focused on food additives and contaminants has also established recommended limits for specific radionuclides in food, which are consistent with Health Canada’s action levels.
CODEX、国際科学的組織は、食品添加物や汚染物を重視し、食品における特定の放射性物質についても限界提言値を定めています。カナダのアクションレベルも、それに一致するものです。


それて、WHOのQ&Aでは・・・



Are there rules for radioactivity in foods for international trade?
国際貿易上で、食品の放射性物質についての規則はありますか?


The GLs state that, “as far as generic radiological protection of food consumers is concerned, when radionuclide levels in food do not exceed the corresponding Guideline Level, the food should be considered as safe for human consumption. When the Guideline Levels are exceeded, national governments shall decide whether and under what circumstances the food should be distributed within their territory or jurisdiction.
ガイドラインには、このように書かれています。「食品消費の一般的放射能防護に関する限り、食品に含まれる放射能物質のレベルが、ガイドラインのレベルを超えていなければ、その食品は、人間が消費するのに安全だと考えられます。ガイドラインレベルを超過したときは、それぞれの国の政府が、国内、管轄区においてその食品を流通するかしないかを決定します。」

そのガイドラインに記載されているレベルはこちら。

Picture2_20111110154913.jpg 

セシウムについては、大人も幼児も1000ベクレル・・・

What actions are being taken to monitor the safety of food from Japan?
日本からの食品の安全のモニタリングに、どのようのことが行われていますか?


Many countries have implemented food control measures to mirror actions taken within Japan. Some countries have indicated they now require documentation verifying the safety of products and/or the prefecture of origin of the food. Other countries have suspended food imports from Japan. In addition, many countries have increased monitoring on foods imported from Japan. (WHO)
多くの国は、日本で行われているような食品抑制手段を反映しています。食品の安全を証明する書類や、産地を示す必要があるとしている国もあります。また、日本からの食品輸入を差し止めている国もあります。さらに、多くの国は、日本からの輸入食品のモニタリングを強化しています。

。。。。。カナダ食品調査機関では・・・(前の記事でも紹介しましたが・・)

The CFIA tested over 150 domestic and imported products, and found all products were below Health Canada action levels for pertinent radionuclides. As a result, the CFIA no longer sees the need for sampling and testing food and feed products for the presence of radiation. However, a range of other measures remain in place to monitor the situation and the potential for unsafe food to enter Canada.
カナダ食品検査機関は、150以上の国産、輸入品を検査し、全て、カナダ衛生局が定める関連放射性物質の許容レベルでした。結果として、カナダ食品検査機関は、放射能含有についてのサンプル検査や、食品、えさの検査は行いません。 しかし、カナダに入ってくる可能性のある安全でない食品とその状況についての他の測定については、網羅します。

要するに、全てを日本に任せ、信頼しているという事なのでしょうかね?


What general advice can be given to food consumers and producers in the event of a nuclear emergency?
放射能緊急時の際、食品消費者、生産者に一般的にどのようなアドバイスができますか?


Many other short-, medium- and long-term actions need to be considered in areas confirmed to be seriously contaminated, such as:
深刻に汚染されてしまった地域では、短期、中期、長期の対策が必要です。

avoid consumption of locally produced milk or vegetables;
その地域で生産されるミルク、野菜の消費を避ける。

avoid slaughtering animals;
動物を大量殺害することを避ける。

avoid consumption and harvesting of aquatic animals and plants (including fish, shellfish, and algae);
海洋動物、植物(魚、貝類、海藻を含む)の消費、収穫を避ける。

and avoid hunting or gathering mushrooms or other wild or collected foods.
きのこ類や、他の野生植物狩りなどを避ける。


。。。。。。日本では・・・・・

このアドバイスは・・・


前にヘルスカナダに、日本の緊急時暫定値500ベクレルが高いといわれているのに、1000ベクレルでいいの?

と質問したら、

それは、管轄が違う。カナダ食品検査機関に聞いてくれ、と言われ・・・

今日は、そのCFIAのサイトが開かない・・・・

まだまだ私の捜査は続きます!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/561-bafd4170

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。