スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島事故がカナダに及ぼした影響~前編

 2011-10-29
Canadian Nuclear Association
カナダ原子力協会


FOR NEARLY FOUR DECADES, URANIUM HAS BEEN AN IMPORTANT CANADIAN ENERGY RESOURCE ALONG WITH OIL, NATURAL GAS, AND COAL. CANADA REMAINS THE WORLD’S LEADING PRODUCER OF URANIUM. IN 2008, THE URANIUM MINES IN SASKATCHEWAN ACCOUNTED FOR OVER 20% OF THE WORLD’S TOTAL URANIUM PRODUCTION. CANADA’S URANIUM MINING INDUSTRY HAS SALES IN THE ORDER OF $1 BILLION DOLLARS PER YEAR.
約40年間、ウランは石油、天然ガス、石炭にならぶ重要なカナダのエネルギー源です。カナダは今でも、世界有数のウラン産出を誇っています。2008年に、サスカチワンのウラン鉱山は、世界のウラン総生産の20%のシェアーでした。カナダのウラン収益は、年間10億ドルを上げています


Uranium is used primarily in nuclear power reactors for the production of electricity. More than 80% of our uranium production is exported to countries around the world, solely for peaceful uses. In Canada, nuclear power plants produce about 15% of our electricity.
ウランは主に発電のため、原子炉で使用されます。80%以上のウラン生産は、世界中に輸出され、平和目的にのみ使用されます。カナダでの原子力発電は私たちの15%の電力を占めています。

The mining and refining of uranium and its use as a fuel for the generation of electricity involves many activities and industries. About 71,000 Canadian jobs are dependent upon the nuclear power industry. Of these, about 21,000 people are employed directly by more than 100 companies, including uranium mining and refining companies.
ウランの発掘と精製、そして発電のための燃料としての利用は、多くの生活、工場に関わっています。約7万1000人のカナダ人の仕事は、原子力発電業界に依存しています。これらのうち約2万1000人は、ウラン発掘、精製会社を含む100以上の企業に直接雇用されています。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

そっか~。

カナダは、ウラン鉱山があるので、

原子力業界は、重要顧客。

福島事故をきっかけに、私にとっては、全く新しいカナダの姿を知ることになってしまったようです・・・


以下、バンクーバー地元紙、Georgia Straightより。


georgia_straight_logo.jpg


What are officials hiding about Fukushima?
政府が福島について隠していることは何なのか



The Fukushima nuclear disaster in Japan has exposed troubling weaknesses with radiation monitoring here in Canada.
福島放射能災害がカナダの放射能モニタリングの悩ましい弱点を明るみに


By Alex Roslin, October 20, 2011


Picture1_20111030151744.jpg



After the Chernobyl nuclear disaster in 1986, Soviet officials were vilified for hiding the impacts from the public.
1986年のチェルノブイリ放射能災害の後、ソビエト当局は世の中に与える影響を隠蔽していたことで酷評されました。


But when Japan’s Fukushima nuclear accident took place last March, public officials in Japan and Canada alike jumped straight into Chernobyl-style damage-control mode, dismissing any worries about impacts.
にもかかわらず、3月に日本の福島原発事故が起きたとき、日本と、カナダの政府も同じように、その影響についての心配を退けるという、チェルノブイリ風、損害制御モードに向かって一直線に飛びつきました。


Now evidence has emerged that the radiation in Canada was worse than Canadian officials ever let on.
今になり、カナダにおいての放射能量が、カナダ政府が今まで口外していたことより悪い状況であることが、明らかになってきました。


A Health Canada monitoring station in Calgary detected radioactive material in rainwater that exceeded Canadian guidelines during the month of March, according to Health Canada data obtained by the Georgia Straight.
カルガリーのカナダ衛生局のモニタリング施設は、雨水に放射性物質を検出し、当誌がカナダ衛生局から入手したデータによると、3月の値は、カナダの基準値を超えていたのです。


Canadian government officials didn’t disclose the high radiation readings to the public. Instead, they repeatedly insisted that fallout drifting to Canada was negligible and posed no health concerns.
カナダ政府は、国民にこの高い測定値を発表しませんでした。その代わりに、カナダに舞っている放射性降下物は取るに足らないもので、健康に対する懸念はないのだと、繰り返し主張したのです。
(思うに・・・これは、IAEAの、原発事故発生時マニュアル、大量の放射能を放出してしまった場合の、国民への情報伝達の方法、の項に記されていると思われます。。。


In fact, the data shows rainwater in Calgary last March had an average of 8.18 becquerels per litre of radioactive iodine, easily exceeding the Canadian guideline of six becquerels per litre for drinking water.
実に、そのデータは、3月にカルガリーの雨水が1リットル当たり8.18ベクレルの放射性ヨウ素を含んでいたことを示しています。カナダの飲み水に対する基準である、1リットルあたり6ベクレルを、優に超えています。
(日本なんて、1リットルヨウ素は300ベクレルだから、大丈夫じゃない?と思ってしまいう自分が怖いです。それに、ヘルスカナダのウェブサイトには、飲み水のヨウ素131基準は6ベクレルでなくて、1リットルあたり、100ベクレルですが・・・・?


Picture6_20111017063230.jpg


“It’s above the recommended level [for drinking water],” Eric Pellerin, chief of Health Canada’s radiation-surveillance division, admitted in a phone interview from Ottawa. “At any time you sample it, it should not exceed the guideline.”
「(飲み水として)奨励されているレベルよりも高いです。」とカナダ衛生局、放射能監視部門のEric Pellerin氏はオタワより電話によるインタビューで認めました。「サンプルをいつとっても、それは基準を超えるべきではありません。」


Radioactive-iodine levels also spiked in March in Vancouver (which saw an average of 0.69 becquerels per litre), Winnipeg (which saw 0.64 becquerels per litre) and Ottawa (which saw 1.67 becquerels per litre), the data shows.
放射性ヨウ素のレベルはまた、3月にバンクーバー(平均で1リットル当たり0.69ベクレル)、ウィニペグ(1リットル0.64ベクレルを記録)そしてオタワ(1リットル1.67ベクレル)で、急上昇したことを、データが示しています。


These levels didn’t exceed the Canadian guidelines, but the level discovered in Ottawa did surpass the more stringent ceiling for drinking water used by the U.S. Environmental Protection Agency, which is 54 times less than the six becquerels per litre of iodine-131 (a radioactive isotope) allowed in this country.
これらのレベルはカナダの基準を超えていませんでしたが、オタワで発見されたレベルは、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)が飲み水に使用している天井値に届きそうな値です。アメリカで許されているヨウ素131は1リットル6ベクレルより54倍低い値なのです。)


Health Canada provided the data only after repeated requests from the Straight. It isn’t posted on Health Canada’s web page devoted to the impacts of Fukushima.
カナダ衛生局は当誌が繰り返し要求した後に、はじめてデータを提供しました。福島の影響についてあてられたカナダ衛生局のウェブページには、掲載されていません。

日本の危機に関するカナダ食品検査機関のページは、こちら
 Health Canadaのページはこちら
 WHOのページはこちらです。



WHO
Picture2_20111030152918.jpg


Instead, Health Canada maintains on that page that the radioactive fallout from Fukushima was “smaller than the normal day to day fluctuations from background radiation” and “did not pose any health risk to Canadians”.
その代わりに、カナダ衛生局は「福島からの放射性物質降下に関するページで、「大気中の日々の変動よりも小さいもの」で「カナダ人の健康を脅かすものではない。」と断言しています。


Pellerin said he doesn’t know why Health Canada didn’t make the data public. “I can’t answer that. The communication aspect could be improved,” he said.
Pellerin氏は、なぜ当局が公にデータを公開しなかったのかは分からない、と話しました。「それには答えられません。コミュニケーションの局面は、改善しうるものでした。」
(日本と同じ だって、IAEAのマニュアルに書いてあるんですよねっ


In a statement emailed to the Straight along with the data, Health Canada played down the radiation in the Calgary rainwater: “Since rainwater is typically not a primary source of drinking water, and the concentration measured was very low (8 Bq/L), this measurement is not considered a health risk.”
データと共に当誌にEメールで送られていたその文書において、カナダ衛生局は、カルガリーの雨水の放射能汚染について、もみ消していました。「雨水は飲み水の主要な源ではなく、汚染の測定値は、とても低かった(8ベクレル/L)のです。この測定値は、健康リスクとは考えられていません。」


Health Canada’s rainwater data reveals deficiencies in how Ottawa monitors radiation in terms of public safety. Even at the height of the Fukushima crisis, rainwater in Canada was tested for radiation only at the end of each month, after a network of monitoring stations sent samples to Ottawa.
カナダ衛生局の雨水のデータは、オタワ(首都)が国民の安全という意味において、放射能のモニタリングの仕方に欠陥があることを明らかにしました。福島危機の頂点のときでさえ、国は、モニタリング施設のネットワークがオタワにサンプルと送った後の、3月の下旬にやっと放射能を調査したのです。


As a result, the spikes in radiation last March were only discovered in early April, after rainwater samples were sent to Ottawa for testing.
その結果、3月の放射能急上昇は、4月の初めまで発見されませんでした。雨水のサンプルが検査のためにオタワに送られた後です。


It’s also impossible to know how high radiation got on specific days in March because each day’s rainwater was added to the previous samples for that month.
3月の日ごとの雨水が前の日のサンプルに加えられてしまったため、3月の特定の日の放射能のレベルを知ることは、不可能となってしまいました。


In contrast, the EPA tested rainwater for radiation every day and reported the data daily on its website.
対照的に、EPAは毎日の雨水の放射能を調査しました。そして、そのデータを、ウェブサイトに毎日レポートしました。
(サイトはこちら。)


Health Canada’s data on rainwater is also puzzling for another reason. It sharply contrasts with the data collected by SFU associate professor of chemistry Krzysztof Starosta. He found iodine-131 levels in rainwater in Burnaby spiked to 13 becquerels per litre in the days after Fukushima. That’s many times higher than the levels detected in Vancouver by Health Canada.
カナダ衛生局の雨水に関するデーターはまた、他の理由でも困惑するものです。それはSFU(サイモンフレーザー大学)の化学助教授、Krzysztof Starosta氏によって集められたデータを全く対照的なのです。彼は、バーナビーの雨水に含まれるヨウ素131が、福島事故の後何日かで、1リットル13ベクレルまで跳ね上がったことを発見しました。それは、バンクーバーで発見されたレベルより何倍も高いものです。
(だからなのか・・・福島事故の直後に、ヨウ素剤が売れ切れになった・・・と騒ぎになりました。そのときは、大げさなんじゃない?と思ったのですが・・・)


The rainwater data is just one example of failings in how Canada monitored radiation from Fukushima. The accident has exposed a pattern of nonchalance and seeming willful ignorance on the part of Canadian health authorities when it comes to the dangers of nuclear power.
雨水のデータは、カナダが福島からの放射能をモニタリングし損なった例の一つに過ぎません。この事故は、原子力の危険という問題になったとき、カナダ人の健康に責任と持つ国が、無頓着で、意図的に知らないふりをした、ということをあからさまにしてしまいました。


Drinking water is another example. In Vancouver, the city did its first test of the drinking-water supply on March 16, a few days after the Fukushima accident on March 11. No radiation was detected in that day’s sample. But this was to be expected because it took until March 18 and 19 for the radioactive plume from Fukushima to first hit the west coast of Canada.
飲み水はもう一つの例です。バンクーバー市は、3月16日に飲み水の最初の調査を行いました。3月11日の福島事故の数日後です。その日のサンプルに、放射能は全く検出されませんでした。しかし、それはそのはずなのです。福島から放射能の煙が最初にカナダ西海岸に到達するには、3月18と19日までかかったからです。


Instead of continuing with frequent monitoring, the city didn’t do another radiation test until March 25—nine days after the first test. On March 25, testing detected alpha radiation at 0.11 becquerels per litre in the drinking water at the city’s Seymour-reservoir intake.
引き続き頻繁にモニタリングをする代わりに、バンクーバー市は3月25日まで次の放射能調査をしませんでした。その調査では、シーモア貯水池の飲料水にアルファ線放射能が1リットルあたり0.11ベクレル検出されました。


Alpha radiation comes from isotopes like plutonium-238 and is the most dangerous form of radiation when ingested or inhaled.
アルファ線は、プルトニウム238のような同位体から発せられます。そしてそれは、吸収されたり吸い込まれたりしたときに最も危険なものです。


The level at the Seymour intake was lower than the current Canadian and World Health Organization guideline of 0.5 becquerels per litre in drinking water. On the other hand, the WHO guideline used to be 0.1 Bq per litre before it was adjusted higher in the mid-2000s.
シーモア貯水池で検出されたレベルは、現在のカナダ、WHOの飲料水1リットル0.5ベクレルという基準より低いものでした。一方、WHOのガイドラインは、2000年代の半ばに調整されるまでは、1リットル0.1ベクレルだったのですが・・


That nine-day hole between March 16 and 25 is exactly when SFU prof Starosta found massive radiation spikes in rainwater in Burnaby.
3月16日から25日の9日間の空白はサイモンフレイザー大学のStarosta助教授がバーナビーで雨水に放射能の莫大な急上昇を発見した次期と全く一致します。


Did the alpha radiation ever surpass the ceiling? We can’t say for sure. Because of the long gap between tests, it’s not clear how high radiation levels may have gotten and for how long. When the city tested its drinking water again on March 28, the alpha radiation was no longer detectable.
アルファ線は、限界を超えたのか?もう、確かなことは分かりません。調査の長期に渡るギャップのため、放射能レベルがどれだけ上がったのか、どのくらいの期間上がったのかは、はっきりしないのです。バンクーバー市が3月28日に飲料水を調査したときには、アルファ線は既に検出できませんでした。
(プラトニウムの半減期は、万、億年単位なので、検出できなかったと言うことは、前に検出されたプルトニウムはどこに移動したんでしょうねぇ~?


つづく



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/551-e010fd96

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。