スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ウィスラー犬ぞり犬が語ったこと

 2011-10-28
カナダのMcLean紙が、ウィゥラー犬ぞり犬事件の調査の最新情報をレポートしました。


Whistler’s sled dog massacre
ウィスラー犬ぞり犬大虐殺事件


by Ken MacQueen on Thursday, October 27, 2011 8:30am


Doggone-mystery_wide (410x172)


Even now, it is the conflicted sense of apprehension that Marcie Moriarty remembers: hoping to find a mass grave under piles of junk in a forest clearing north of Whistler, B.C.—and hoping not to. Then the ugly reality of the dozens of tangled corpses of sled dogs emerging as the ground was sifted away by some of the world’s leading forensic investigators. That, and the smell of death that followed her home. “It brings shivers to me,” says Moriarty, general manager of cruelty investigations for the B.C. Society for the Prevention of Cruelty to Animals. “It’s hard not to look at something like this and just lose all faith in humanity.”
今になっても尚、Marcie Moriartyは相反する懸念があったことを覚えています。-BC州ウィスラーの北にある森の捜索で、積み重なった瓦礫の下から集団墓地が見つかって欲しい、一方、見つからないで欲しい。そして今、世界的にも一流の犯罪調査員たちにより、土が取り除かれ、犬ぞり犬たちの絡まりあった何十もの死骸が醜い現実となって姿を現しました。その現実、死の臭いは、彼女の家までついて来ました。「それは身震いさせるものです。」とBC州SPCA(動物虐待防止協会)代表のMoriartyは語りました。「このようなものから目を背けることは難しく、ただただ、人道というものに対しての信頼をすっかり失ってしまいます。」

4881424 (410x265)


Few murder cases, animal or human, have generated such instant revulsion as the gory killing in April 2010 of some 56 unwanted sled dogs belonging to Whistler-based Howling Dog Tours.
動物だろうが人間だろうが、2010年4月に起きた、ウィスラーが拠点のHowling Dog Toursが所有する56匹の不必要になった犬ぞり犬の流血殺害のように、即時に人々に嫌悪感を感じさせる殺害事件はほとんどありませんでした。



中略~Omission~
(事件の発端についてです。カテゴリー、ウィスラー犬ぞり犬事件にある過去記事を参照ください)

The case drew international outrage, blackened the reputation of one of B.C.’s premier resort destinations, and triggered a task force that toughened provincial animal cruelty laws. It was apparent, however, that pressing criminal charges required more than Fawcett’s unsubstantiated claims. Even unearthing the bodies was insufficient, says Moriarty, a lawyer. “What needs to be shown is that the animals suffered unnecessarily to prove the Criminal Code offence.” Last month, the society filed thousands of pages of evidence with Crown prosecutors, recommending criminal charges of causing unnecessary pain and suffering to animals. It may be months before the Crown decides if charges are warranted.
その事件は国際的な憤慨を招き、BC州の主要なリゾート地の一つの評判を汚したのです。それは、BC州の動物虐待法を厳しくする引き金となりました。しかし、有罪にするためには、明らかに、Fawcett(自分が世話し、育てた犬ぞり犬の大虐殺を実行した本人)の証拠のない(親会社に対して求めた精神的障害の賠償金の)申請以上のものが必要です。掘り起こした死体だけでも不確かなのだと、弁護士でもあるMoriartyさんは言います。「刑法犯罪を証明するために示されなければならないのは、動物が無用に苦しめられたという事です。」先月、SPCAは検察官に何千ページにも渡る証拠を提出し、動物に、無用な痛みと苦しみを与えた罪で起訴する事を提言しました。検察がこの起訴について認めるまでには、何ヶ月もかかるでしょう。


Certainly the details of the compensation claim, based on information allegedly provided by Fawcett, suggest a horrific scene, even though it contains at least one major discrepancy: it states 100 dogs were killed, though the investigators eventually found 56.
Fawcettによって提供された情報に基づく賠償請求の詳細は、明らかに恐ろしい出来事をあらわしていますが、少なくとも1つ、重要な矛盾があります。そこには100匹殺したと述べられていますが、調査で発見されたのは、最終的に56匹だったのです


中略~Omission~
(文字に起こすのが少々苦痛ですので。。。略します。過去記事で訳したかも?しれません。)


The last few kills were ‘multiple-shot’ killings as he was simply unable to get a clean shot. He described a guttural sound he had never heard before from the dogs and fear in their eyes.” The second day of killing, April 23, was even worse: “He noticed that a female, ‘Nora,’ who he had shot approximately 20 minutes before was crawling around in the mass grave he had dug for the animals. He had to climb down into the grave amidst the 10 or so bodies already there, and put her out of her misery.”
終盤のいくらかの殺害は、‘何発もの銃弾’によるものでした。単に、1発でしとめることができなかったからです。4月23日の殺害2日目は、さらに状況が悪化しました。「既に約20分前に銃弾を受けていたメスのノーラは、Fawcettが掘った集団墓地の中を這いずっていた。Fawcettはそこにあった10匹かそこらの死体の中に降りて行き、彼女の悲惨な状況から解放しなければならなかった。」


As a result of the leaked report, the SPCA mobilized a near-unprecedented gathering of top forensic experts, a group accustomed to investigating human murder scenes, unearthing the remains of serial killers or probing the mass graves and genocidal killing fields of Rwanda, Bosnia, Iraq and elsewhere. Collectively, they have seen some of the worst atrocities mankind can inflict to fellow human beings, and yet the deaths of these dogs struck a chord. Many, pet owners themselves, were so eager to help they worked for free or for drastically reduced fees.
このリークされたレポートを受けて、SPCAは、ほとんど前例のない、トップクラスの犯罪専門家を招集したのです。人間の殺人現場に慣れていて、連続殺人者の残した手がかりを掘り起こしたり、ルアンダ、ボズニア、イラクや他の地の集団墓場や集団殺戮を徹底調査してきたグループです。グループとして、彼らは、人間が人間自身に与ええる最悪の残虐行為のいくつかを見てきました。しかし、犬たちの死は、人々の共感を得ました。ペットの飼い主など、多くの人々が、無料、あるいは、かなりの低料金で何か手伝いたいと思ったのです。


Much of the task of gathering the team fell to Gail Anderson, associate director of the school of criminology at Simon Fraser University and a specialist in forensic entomology, the use of insects in determining time and place of death, expertise used in dozens of murder cases and the Robert Pickton serial murders. She drew on the criminology faculty and students, and plumbed her contacts. “It’s a very emotional thing, so everybody was interested in getting involved in it,” says Anderson. Among five forensic archaeologists on scene was William Haglund, once chief medical examiner for the Seattle area and the United Nations senior forensic adviser for criminal tribunals for Rwanda and the former Yugoslavia. He called upon his friend and colleague Douglas Scott in Nebraska, who has sifted through battlefields and mass graves and provided expert testimony in Saddam Hussein’s trial for the genocidal attacks on Kurdish villages in northern Iraq.
チームを結成するという大半の役目は、サイモンフレイザー大学の犯罪学の学部長であり、多くの犯罪やRobert Pickton連続殺人にも使われた専門技術、死亡地を決定する法医昆虫学の専門家である、Gail Anderson女史に任されました。彼女は、犯罪学部や生徒にアプローチし、思い当たるところを探りました。「とても感情的なものです。なので、誰もが関わることに興味を示しました。」とAnderson女史は言います。現場の中にいた5名の考古学者の一人は、William Haglund氏でした。かつて、シアトル地区での医療検査官で、ルアンダや前ユーゴスラビアの犯罪法廷のアドバイザーでした。彼は、友人で同僚であるネブラスカのDouglas Scottを呼びました。Douglasは戦場、集団墓地を厳密に調べ、イラク北部のクルド人の村の集団殺戮に対するサダムフセイン裁判にて、専門的な証言を提供したのです。


“It was a remarkable cast of characters,” Scott says of the group that descended on the isolated site this past May. The team was divided into three: those who exhumed the bodies, veterinarians who examined the remains, and some of the SPCA’s 26 sworn constables, who ensured potential exhibits weren’t tampered with should the case go to trial.
「それは異常な様相を呈していました。」と、スコット氏は、5月にその孤立した場所を訪れたグループについて語りました。チームは3つに分かれました。死体を掘り起こすチーム、遺体を調べる獣医、そして、万が一この事件が裁判に持ち込まれたとき、不正が行われないよう監視する26名のSPCA の巡査官のグループです。


The first task was clearing and examining the scrap and wood debris piled on the site, in what seemed like an attempt to mask the graves. Their dimensions were determined using lasers, probes, and trenching. Several feet of soil was scraped away in stages with an excavator before the sprawling site was sectioned into grids, and the delicate work began on hands and knees. Scott used the kind of telescopic transit that land surveyors employ to make a three-dimensional map of the graves, charting the bodies using a computer-aided design program as they were uncovered with trowels, paintbrushes and delicate bamboo tools. After being photographed and assigned evidence numbers, they were carried to a triage site for X-rays and field necropsies, and then moved off-site for further examination in an attempt to determine not just the cause of death but whether they suffered a painful death.
最初の仕事は、片付けと、その場所に積み上げられた破片や瓦礫の調査でした。それは、そこが墓場だと示すように記していたようでした。その寸法は、レーザ、電気探針、溝を掘ることで測られました。数フィートの土が不規則に広がった場所を格子状にわける前にパワーシャベルでゆっくりとはがされ、精密な作業が、手とひざをつき始まりました。Scott氏は、土地測量士が墓場の3次元マップを作成するため、はめ込み式測量を採用しました。タオルや、ペンキ筆、やわらかい竹の道具を使い死体が現れると、コンピューターのデザインプログラムを使い、その死体を図で示したのです。写真を撮り、証拠番号を付け、レントゲンと検死のためのトリアージュに運ばれました。そして死因だけではなく、苦しみと痛みを伴って死にいたったのかを検証するために更なる検査に他の地に移動させられたのです。


470_bc_sled_dog_grave_2_110508 CTV (410x230)
From CTV

Although the bodies had been in the chill earth for almost a year they were largely intact. “They were saponified, that is they had reached a waxy stage, but they were still recognizable,” said Scott. The sight and smell “can be disconcerting,” he says. “You also have to compartmentalize yourself a little bit and realize what you’re doing is trying to recover evidence.” Throughout the exercise, his friend Haglund wore a tie, as he always has at human gravesites, as a sign of professionalism and respect for the dead. “I’m here to help the dogs,” he told an interviewer in May. “They’re dead, but they can have a story to tell us. And we’re going to read that story.”
死体は、ほぼ一年間冷たい地中にありましたが、ほとんどが損なわれていませんでした。「鹸化、ろう状になる段階まで到達していました。しかし、まだ識別可能だったのです。」とScott氏は述べました。その光景と臭いは、「狼狽させるものだった」と彼は言います。「自分の中である程度区切りをつけ、自分がやっていることは、証拠を見つけるためだということを理解しなければならないのです。」この任務執行中、私の友人,Haglundは、ネクタイを締めていました。人間の墓でいつもそうしているように。それはプロとしての、そして死に対しての敬意の証なのです。「私が今ここにいるのは、犬を助けるためです。」と彼は5月にインタビューで話しました。「犬たちは死んでいます。しかし、彼らには私たちに語るべく物語があるのです。私は、その物語を読んでいきます。」


Anderson says the scientists treated the investigation with the rigour that human deaths require, knowing their findings may be held up to legal scrutiny and cross-examination. “Whether it’s an animal or a human case, when we end up in court, there’s no difference in the standard of the science,” says Anderson. “We must maintain those standards, it doesn’t matter if I’m dealing with a dead dog or a dead child, a dead man or a dead bear.”
Anderson女史は、科学者が人間の死に必要な厳格さで調査に当たったといいます。彼らが発見したことが、法的に吟味され、尋問にとりあげられる事になるかもしれないと、分かっているのです。「動物だろうが、人間だろうが、法廷に立つことになれば、科学の基本に何の相違もないのです。」と述べました。「これらの基準を保持しなければなりません。死んだ犬を取り扱っていようが、人間の子供や大人の死を、死んだ熊を取り扱っていようが関係ないのです。」


The investigation cost about $250,000. The province provided $100,000 and the rest is being raised through public donations, as is the agency’s $26-million annual budget. It is the most complex investigation the SPCA has ever conducted, said Moriarty.
この調査には25万ドル(2500万円)かかりました。州政府が10万ドルを提供し、残りは人々の寄付が集められました。SPCAの1年の予算は2600万ドルです。Moriartyさんによると、今回の調査が今まで経験した中で一番複雑だったとのことです。


The Crown will decide who to charge, if charges are warranted. Joey Houssian, who owns Howling Dog Tours through his parent company, Outdoor Adventures at Whistler, said in a statement he requested the cull of “old and sick” dogs, but “we had every reason to believe this would be done in a professional and humane manner.” The maximum penalty is five years in jail and a $10,000 fine.
検察は、もし有罪になるのなら、誰が罪に問われるのかを決定します。Howling Dogツアーズ所有していた親会社、アウトドア・アドベンチャーのJoey Houssianは、「年老いているか、病気の犬」を淘汰するように要請したけれど、「それはプロフェッショナルで人道的な方法がとられたと信じるにたる理由があった」と、文書の中で述べました。最高の罰則は、5年の拘置と1万ドル(100万円)の罰金です。


sled-dogs02-700x436 (410x255)
Photo from Seattle Dog Spot

Some have questioned the expense of the investigation and why the dogs werent left in the grave. “Well, I can assure you those dogs were not resting peacefully,” Moriarty says. “We speak for animals. If we weren’t going to be speaking up in this case, in what case do we speak up?”
調査にかかる費用を疑問に思う声もあり、なぜ犬を墓においておかないのかという声もあります。「えぇ。わたしたちは犬たちが安らかに眠っているとは思えません。」とMoriartyさんは言います。「私たちは動物にかわって語るのです。この事件について声を上げないで、何に声を上げるというのでしょう?」





これだけ、動物に対して、人道的な調査が可能な社会というのは、

人間が、基本的な生活をおびやかされていないからなのかもしれない、

と、思ってしまいます。


自分の地域の人みんなの命が脅かされてるときに、

これだけの精神的、肉体的チャレンジと、金銭的な負担をして、

残酷に殺された犬が語りかけてくる物語に、

じっと、耳を澄ませることが、

果たして出来るのだろうか。。。


あるいは・・・

そんな状況にいても、前向きに自分の人生を取り戻し、

誇りを持って日々を生きることができれば、

今まで何もなく、ただ豊かに平和に過ごしていたと錯覚していた社会にいたときよりも、

動物の声に心を傾け、

その声を聞くことができるのかもしれません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/550-1f05214b

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。