スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能が教えてくれること

 2011-10-22
海から離れた内陸に位置していたチェルノブイリの事故で死の灰が降下したのは、海よりも、土地でした。

海に囲まれた島国日本の場合は、海岸沿いの立地条件なので、死の灰は、狭い島国の土地と、果てしなく繋がる広大な海に降下しました。

以下、カナダ、The Centre for Research on Globalisation (CRG)より。




global_research_logo.jpg


Fukushima: Towards the Formation of a Radioactive Graveyard in the Pacific Ocean?
福島-太平洋に放射能の墓場を作ろうとしているのか?



Japanese Officials & Experts Late Decision to Expand Testing Around Fukushima Daiichi
日本当局と専門家は、福島第一原発周辺を超えて調査を決断


by Lucas Whitefield Hixson
Global Research, October 21, 2011


No one wants to think about the massive aqueous deposition of radioactive materials into the Pacific Ocean, that much is now clear.
By September estimates of released contamination had risen to over 3,500 terabecquerels of cesium-137 released into the sea directly from the plant between March 11 and the end of May. Another 10,000 terabecquerels of cesium fell into the ocean after escaping from the reactors in the form of steam.
太平洋に流れ込んだ大量の放射性物質の海中堆積物についてなど考えたい人は誰もいませんが、多くのことが今、明らかになっています。
9月までに放出された汚染は、3月から5月下旬に原発から海に直接流出されたセシウム137の3500テラベクレル(1テラベクレルが1,000,000,000,000ベクレル---0が12個)を超えた値に上昇していると予測されます。さらに1万テラベクレルのセシウムが蒸気という形で原子炉から放出された後に海に落ちているのです。


Initially reports had quieted concerns by stating that the materials would be diluted so vastly that the radioactivity would not be able to accumulate, and would not affect the environment. The experts claimed they would track the deposition and floating radioactive debris field making its way on a trans-Pacific trip to the United States.
最初の報告は、放射性物質が広大に薄められるので、蓄積すると言うことはありえず、環境に影響はないと、汚染についての懸念を静めました。専門家たちは、堆積物や、アメリカへ向かい太平洋を渡っている放射性瓦礫の島の跡をたどることを要求しました。


Apparently, the experts in Japan didn't get the message. The Japanese regularly tested the seawater only for 'popular' Iodine and Cesium isotopes instead of all known fission-produced radioactive materials, for the first 3 months after the disaster. By March 31st, radioactive contamination concentration was 4,385 times the legal limit, up from 3,355 times on Tuesday, according to Kyodo.
明らかに、日本の専門家はこのメッセージを受け取らなかったようです。災害から3ヶ月間の間、日本の海水の定期的な検査は、核分裂により生じることで知られている放射性物質ではなく、「人気のある」ヨウ素とセシウム同位体のみに限られたのです。共同通信によると、3月31日までには、放射能汚染の濃縮が法的限界の4385倍でした。(2日前の)火曜日の3355倍からも上昇しています。


In response, the government had pledged to increase radiation monitoring on land and by sea and to consider increasing the evacuation zone - however time has shown little action would follow these vows.
それを受けて政府は、土地と海の放射能モニターリングを増やし、避難地区を広げる考慮をすることを約束したのです。しかしながら、これらの誓約に対し、実行に移されたものは、ほとんどありませんでした。


Experts Don't Fear A Radiation Graveyard
専門家は放射能の墓場を恐れず



Water was constantly required for the workers to be able to get any cooling into Reactors 1-4, when water went in, steam came out. The ocean quickly became the radiation dumping ground, as untold tonnes of contaminated water has been confirmed to have directly flowed into the ocean, and TEPCO continually assured Japanese citizens that the majority of dispersal would occur over the Pacific.
作業員が原子炉1-4号機を冷やすことができるように、水が常に必要でした。水が入れられ、蒸気が外に出ました。海はすぐさま、放射能のゴミ場になりました。明らかにされていない?トンの汚染水が、直接海に流出したことが認めれられていて、東電は日本国民に、ほとんどが太平洋中に離散すると、常に言い聞かせていたのです。


TEPCO intentionally dumped radioactive materials into the ocean, as they had no additional room for storage, the levels showed no signs of decreasing, and all desalination hopes were falling woefully short. It would also be found that many leaks around, and inside of the reactors were also finding their way into the Pacific, but the public was told that there would not be any risk to them, or the living creatures in the sea.
東電は意図的に放射性物質を海に捨てていました。もう余分な保管場所がなく、放射能レベルが下がる様子も全くなく、淡水化するという希望が痛ましいほどに失われていったからです。(汚染水)の漏洩は周り中にたくさん見つかり、原子炉の中では、自然に太平洋に流れ出ました。それでも日本人たちは、人にも、海の生物にも、危険はないと言われていたのです。


After 7 months however, impact can be found all over the island nation, and spreading throughout the ocean, despite the expectations it would merely be diluted exponentially.
しかし、7ヶ月後、その影響は、その島国中で見つかっています。(汚染は)すぐさま、単に薄められていくと思われていたにもかかわらず、海に広がっているのです。


In September, scientists from the government's Meteorological Research Institute and the Central Research Institute of the Electric Power Industry announced their findings at a meeting of the Geochemical Society of Japan, adding that some of the cesium will also flow into the Indian Ocean and, eventually, reach the Atlantic.
9月に、気象庁の気象研究所と、電力中央研究所が日本地球化学会での会議で、発表した調査結果によると、セシウムのいくらかは、インド洋へ流れ、最終的に大西洋に達した、と言うことです。


Floating Radioactive Debris Reaching Hawaii Sooner Than Expected
海に浮かぶ放射性瓦礫、予想より早くハワイに到達
 


The researchers believed that the cesium had initially dispersed into the Pacific from the coast of Fukushima Prefecture but would be taken to the southwest by the prevailing currents at a depth of around 1,300 feet.
研究員たちは、セシウムが、最初は、福島県海岸から太平洋に分散すると考えていましたが、深さ約1300フィート(400m)の優勢な海流により南西に流されました。


Researchers thought it would take years to reach the islands. But now, according to a University of Hawaii researchers, the debris will arrive sooner than expected.
研究員は、ハワイに到達するのに何年もかかるだろうと思っていましたが、ハワイ大学の研究員によると、今では、瓦礫は思ったより早く到着するだろう、とのことです。


....Since the March 11th earthquake and tsunami, researchers have been predicting it would take about two years for the debris from Japan to hit Hawaii's west-facing beaches.
---3月11日の地震と津波以来、研究員たちは瓦礫が日本からハワイの西側の海岸に到着するのに、約2年かかると予測を立てていました。
(これに関する記事は、こちら。)


4460990.jpg


“We have a rough estimate of 5 to 20 million tons of debris coming from Japan,” said UH computer programming researcher Jan Hafner.
―「大まかに、5百万から2千万トンの瓦礫が日本から来ると見積もっています。」UHコンピュータープログラミング研究員のJan Hafnerさんは言います。



...Their path back to Russia crossed exactly across the projected field of the debris. Soon after passing the Midway Islands on Sept. 22, they hit the edge of the tsunami debris. “They saw some pieces of furniture, some appliances, anything that can float, and they picked up a fishing boat,” said Hafner. It was a 20-foot fishing boat with the word "Fukushima" on it. “That's actually our first confirmed report of tsunami debris,” said Hafner... Source: kitv.com
---(海流で訓練をしていたロシアのSTS Pallada号の乗組員たちが、ホノルルから)ロシアに帰るとき、予測していた瓦礫の通る道筋の場所を渡ったのです。9月22日にミッドウェイ島を通り過ぎてすぐ後に、船の端が瓦礫にぶつかりました。「家具や家電、浮くことのできるあらゆるものを目撃し、漁船も見つけました。」とHafnerさんは話しました。20フィートの漁船で、「福島」と書いてありました。「実際に、これが津波からの瓦礫が確認された最初の報告です。」 情報源は、こちら



debrisremovallocalfirms.jpg
Photo from House of Japan

The Public Concern Was Never Really An 'Official' concern
国民の心配は、政府の本当の心配では全くない



In the first few days after the March 11 earthquake and tsunami that damaged the Fukushima Daiichi power plant, government authorities and the company were criticized for not providing information in a timely fashion. A Kyodo News survey released Sunday found that 58% of respondents did not approve of the government's handling of the crisis at the nuclear plant.
福島原発を損傷させた、3月11日の地震と津波後の最初の数日間、政府当局はと東電は迅速な情報提供をしなかったことで非難されました。共同ニュースが日曜日(震災2日後)に発表した調査結果では、原発危機の政府の取り扱い方を認められない、と答えた人が58%を示していました。


More than two weeks later, updates provided via news conferences, press releases, data charts and Twitter feeds have become very frequent and very technical. To a lay person, the onslaught of numbers and unfamiliar terms can feel indecipherable.
2週間以上後になり、ニュースや、記者会見、データ表、ツィターなどを通して提供される更新情報が、とても頻繁で専門的になりました。素人の人にとって、数字や、聞きなれない専門用語の猛攻撃は、判読できるものではないと、感じさせるものです。


"The question is, what is a reasonable interval to give people information?" said Dr. Robert Peter Gale, an American physician and expert on radiation who consulted on the 1986 nuclear disaster in Chernobyl and is now advising Japan's government. "Instead of just releasing each data point you get, sometimes it's better to base things on an average of readings over a period of time." Source: LA Times 
「問題は、人々に情報をながすのに適当な間隔をどれだけ置くか、ということだ。」とアメリカの医者で、1986年チェルノブイリ時に診察をしていた放射能の専門家、そして今では日本政府の相談役であるRobert Peter Gale医師は言います。「単にデータを入手するたびに発表するのではなく、時には、ある一定の期間に渡っての、平均測定値を元に発表した方がよいのです。」 情報源はこちら


This ruse would only work, if the officials could hold off on monitoring and tracking the deposition as long as possible, until the plume had finally moved away from the coastline.
政府側ができるだけ長い間モニタリングや堆積物の追跡について避けることができるとすれば、この策略は、核の煙が海岸線から離れて行ってしまうまでだけは通用するでしょう。


TEPCO had intentionally dumped over 11 tons of water in the first few weeks, all of which contained high concentrations of radioactive materials. There would be further reports that would be difficult to quantify, including unknown amount of contaminated water leaked into the ocean from a damaged reservoir, and a plethora of uncharted and un-monitored leaks from the reactors.
東電は、最初の数週間、意図的に11トンの水を捨てました。全て、かなり濃縮された放射性物質を含んでいました。損傷を受けた貯水槽から海に流れ出た汚染水の明らかにされていない量を含み、量を定める更なる報告をするのは難しいでしょう。


After dealing with the spring, the tsunami season arrived and even more contamination entered the sea through fallout from the air, and through precipitation runoff.
春のあと、津波(?おそらく台風)の季節が訪れ、空中から海中に降下し、大雨の降水量により、さらに海は汚染されました。


By March 26th, the news broke that levels near the reactor were 1,250 times the legal limits, as the levels of I-131 reported just a few hundred meters offshore boomed to ten times the already increased levels in a matter of days. Tepco also reported levels of caesium-137 - which has a longer half life of about 30 years - almost 80 times the legal maximum.
3月26日までに、原子炉近くの放射能レベルが法的限界の1250倍だったとニュースが報じました。まさにその日、海岸から200-300mのところのヨウ素131のレベルは、既に高くなっていたレベルのさらに10倍に急騰したと報告されていたのです。東電はまた、セシウム137-さらに長い、約30年の半減期を持つ-のレベルが法的最大値のほぼ80倍だと報告しました。


Findings throughout the summer challenged experts and officials however, as radiation levels found contamination in some parts had risen over 3,000 times the normal levels.
夏を通しての発見結果は専門家と政府に難題を投げかけました。ところどころで見つかる汚染の放射能レベルが、通常の3000倍を超えていたのです。


"This is a relatively high level," nuclear safety agency official Hidehiko Nishiyama said in a televised news conference.
「これは比較的高いレベルです。」とテレビのニュースで原子力保安院の西山英彦氏は言いました。


Drinking 500ml of fresh water with the same concentration would expose a person to their annual safe dose, Mr Nishiyama said, but he ruled out an immediate threat to aquatic life and seafood safety.
同じレベルの汚染水を500ml飲んだひとは、1年分の安全基準量を被曝することになる、と彼は言いました。しかし、彼は、直ちに海洋生物や海産物の安全を脅やかすと言うことはあり得ないと述べたのです。


"Generally speaking, radioactive material released into the sea will spread due to tides, so you need much more for seaweed and sea life to absorb it," Mr Nishiyama said.
「一般的に、海に流出した放射性物質は、海流により拡散します。なので、海藻や海洋生物がそれを吸収するには、もっと多くの放射性物質が必要なのです。」


Pledges to Monitor and Track Contamination Left Unattended
放置される汚染のモニタリングと追跡の約束



Japanese officials said they would check the seawater about 20 miles (30km) off the coast for radiation back in March, yet even though finding contamination, resumed testing withing 20 km, and downplayed the effects by stating they expected it to show there is no need to be concerned about any possible effect to fish.
日本政府は3月に、海岸から30kmの海水を調べると言いました。しかし、汚染が見つかったにも関わらず、20km以内の調査を再開し、魚に対する影響の心配の必要は全くない事を示すために、予想通りだったと述べることで、影響小さく見せたのです。


“By the time that current reaches the Central Pacific, there are branches heading more towards Alaska and the South?that gets harder to predict,” said Ken Buesseler, a senior scientist with the Woods Hole Oceanographic Institute told Jeff McMahon, a reporter for Forbes.
「海流が太平洋の中央に達した時には、アラスカや、南に向かう支流がありました-つまり、予測するのを難しくしているのです。」とウッズホール海洋研究所の科学者Ken Buesselerさんはフォーブス紙のJeff McMahon氏に話しました。


“But that’s one of the things that several people hope to do by measuring these isotopes even at levels when they’re not harmful. We could actually track those ocean currents and better understand the circulation pattern in the Pacific.”
「しかし、まだ害が及ぶほどでないときに、それらの同位体のレベルを測ることを望んでいる人もいるのです。私たちは実際、海流を追跡し、太平洋の循環パターンをさらによく理解することができたのです。」


Japanese Science and Fisheries Agencies Late Decision to Expand Testing On Marine Products to Weekly Testing 20-30 km Around Fukushima Daiichi
「文部科学省と農林水産省は遅ればせながら、海産物の調査を、福島第一原発周辺20-30kmを週に一度することにしました。


The science ministry and the Fisheries Agency will strengthen testing on marine products and widen the survey for seawater for radiation contamination from the damaged Fukushima No.1 nuclear power plant.
文部科学省と農林水産省は海産物の検査を強化し、福島第一原発からの海水放射能汚染の調査を拡大します。


The tests on marine products will be conducted once a week, in principle, depending on the size of the fish hauls, in Fukushima, Miyagi and Ibaraki prefectures.
海産物の検査は1週間に1度、原則として、漁獲量によりますが、福島県、宮城県と茨城県で行われます。


The government eased restrictions on land use outside the 20-kilometer no-entry zone around the plant in September. It will now test waters 20-30 km from the plant for radiation, and eventually survey seawater beyond 280 km from the coast using more accurate instruments, officials said.
政府は9月に、原発付近の立ち入り禁止地区から20km以上はなれた土地利用の規制を緩和しました。原発から20-30kmの水の検査が今始まります。そして、もっと正確に測れる測定器を使用し、海岸から280km離れた海水を調査すると、と当局は言っています。





有言実行と、意味のある、人々の役に立つ、そんな情報公開をして頂きたいと願います。

もう、狐につままれるのは、少々疲れましたので・・・



放射能という目に見えない、無味無臭の悪魔は、いままで、ぜんぜん気にとめていなかった、自然の摂理に、意識を戻してくれるものだと、つくづく感じます。


いままで、自然界の仕組みを無視し、あるいはこわし続けてきた先進国の人間たち。

自分たちの技術、能力に酔いしれ、誰かと比較して「豊か」だと信じてきた、先進国の人間たち。



自分の視界から見えなくなると、きれいになったと、錯覚していた多くの人たち。



きれいな空気、きれいな水、きれいな海がなければ、全ての命が脅かされるということを、

自然界は全て繋がっていて、何一つ汚されて良いものなんて、何もないということを、

何よりもまず、心に刻まなければならないのだと思います。


それは、どこの国いても、どんな宗教を信じていても、どんな文化背景があろうと、裕福だろうが、貧困だろうが、全ての価値観を超えて、とにかく何よりも、優先させなければならないことなのだと、思います。


見えない放射能の脅威は、人の叡智により、どれだけの自然の摂理を私たちに示してくれるでしょう。


599px-The_Earth_seen_from_Apollo_17.jpg
"The Blue Marble" photograph of Earth,taken from Apollo 17, from Wikipedia


それが明らかになるたびに、

絶望ではなく、自然に対する感謝と、畏怖の気持ちを、呼び起こせたら、と思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/544-96187be8

コメント
こんにちは。
ハワイへのがれきの情報を探していてたどり着きました。
こちらの詳細な情報、もしよろしければ拡散させて
いただけませんでしょうか?
【2011/10/23 15:56】 | #- | [edit]
ぜひ、お願いします。
ありがとうございます。
【2011/10/23 21:10】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。