スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国外で伝えられる、日本人の怒りとあきらめ

 2011-10-19
不安は不信感を呼び、長引くと、それは、いつか怒りに変わります。

そして、怒ることに疲れたとき、すっきりしない諦めの気持ちに追い込まれることもあるでしょう。

カナダのGlobal and Mailの記事です。


the-globe-and-mail-logo.jpg





After Fukushima Japan’s government, people split on nuclear power
福島後、原子力をめぐり分裂する政府と国民


Mark Mackinnon

TOKYO - from Friday's Globe and Mail

Published Thursday, Oct. 13, 2011 7:43PM EDT
Last updated Thursday, Oct. 13, 2011 7:49PM EDT

As the disaster at the Fukushima Daiichi plant continues to reverberate, two diverging plotlines are developing in Japan: Ordinary citizens are becoming increasingly anxious about nuclear power, even taking to the streets in rare protest, Meanwhile, their government is moving back into its old and comfortable embrace with the nuclear industry.
福島第一原発の災害ニュースが広がり続けるにつけ、2つの異なった筋書きが日本で描かれます。一般市民は、原子力について心配するようになり、まれだった抗議デモをするようにまでなっています。一方、政府は古く、居心地のよい原子力業界を甘受する方向に向かっています。

r741973_6078261.jpg
Photo from ABC


Former prime minister Naoto Kan, who was in office on March 11 when a tsunami triggered a series of terrifying explosions and meltdowns at Fukushima Daiichi, declared in the aftermath that the country should become nuclear-free. It’s a position that polls suggested had 70 per cent support.
3月11日、津波が福島第一原発の爆発とメルトダウンを起こしたときの、当時の菅直人首相は、その後で、日本が原発をなくすと言うことを宣言しました。それは、70%の支持投票を得たのです。


But Mr. Kan was blamed by the public and the media for dithering at the height of the crisis, and was forced to resign in August. His successor, Yoshihiko Noda, quickly declared that he wants to see the country’s nuclear reactors restarted by next summer.
しかし、菅総理は、危機のピークにうろたえたことで、世論やメディアで非難され、8月に辞職に追い込まれました。その後継者、野田佳彦主相は、いち早く、来年の夏までに、日本の原発を再稼動させたいと宣言しました。


On Thursday, the Asahi Shimbun newspaper reported that anti-nuclear members of the ruling Democratic Party of Japan now feel isolated and ignored as Mr. Noda’s government prepares to once more back nuclear power.
木曜日に(10月13日)朝日新聞は、民主党の脱原発派は今では孤立し、野田政府が原子力にもう一度戻る準備をするにつれ、無視されるようになったとレポートしました。


Mr. Noda’s reversal of his predecessor’s policy is likely influenced by the deep links between the Japanese government and the nuclear industry. For decades, Tokyo Electric Power Co. (better known as Tepco) and the country’s other main utilities have stacked their boards of directors with ex-government officials who once worked in the same ministries charged with overseeing the nuclear industry.
野田氏の前任者の政策からの方向転換は、深く根ざした日本政府と原発業界に影響を受けているようです。何十年もの間、東京電力と他の主要な電力会社は、その役員会を、原子力業界を監督していた同じ省庁の元役人で固めていたのです。


The public’s desire for change is an afterthought in Japan’s political system, which has been in crisis for far longer than the electricity grid.
日本国民の変化への願望は、日本の政治システムに対する再考です。それは電気網よりもはるかに長い間、危機的状態にあったのです。


中略 ~Omission ~


In the minds of many Japanese - 60,000 of whom joined a protest called “Goodbye Nuclear Power Plants” in the centre of Tokyo last month ? the country needs to wean itself as quickly as possible off nuclear power. Many fear that the March 11 catastrophe, which saw four reactors go into various stages of meltdown after the Fukushima plant was swamped by the massive tsunami, might not be a once-in-a-generation happening. Japan, they point out, is a narrow country with 54 nuclear reactors and some 2,000 earthquake fault lines.
多くの日本人の心の中は-先月、東京の中心で、「さよなら原発」のデモに参加した6万人の人々-できるだけ早く原子力から脱する必要がある、と言うことです。巨大津波に襲われた福島原発の4つの原子炉の様々なメルトダウンを見ることになった、3月11日の大惨事が、1世代に1度しか起きないとは限らない、と言うことを、多くの人が恐れているのです。彼らは、日本と言う狭い国に、54基の原子炉と2000の活断層を抱えているのだと指摘します。


web-fuku-debate_1330255cl-8.jpg


Forty of those reactors have been shut since the disaster, and the Japanese public demonstrated its willingness to do their part by reducing power consumption by 18 per cent this summer in an impressive effort to avoid blackouts.
災害以来、40基の原子炉は閉鎖されています。そして、国民は停電を避けるために、この夏、電力消費を18%喜んで削減すると言う感動的な努力を示したのです。


The Fukushima disaster, and anger at Tepco’s handling of it, has persuaded some Japanese to try and get off the company’s power grid ? no easy task given that the company is a quasi-monopoly in the Tokyo area and alternatives are few. (Tepco is due to pay some $50-billion to residents of Fukushima prefecture affected by the disaster, a bill that may send the company into bankruptcy. But the government still hasn’t moved to deregulate the electricity market and allow competition.)
福島災害は、そして東電のやり方への怒りは、いくらかの日本人に、電力会社の電気網から離脱するという試みをさせました。東電は、東京地区では、半独占企業なので、簡単なことではありませんし、代替がほとんどないのです。(東電は5千億ドルを福島の被災した住民に払わなければならず、その額は、東電を倒産に追い込むものですが、政府は、電力市場の規制緩和と、競争へ、まだ転換していないのです。)


“Tepco has had a monopoly so long that it’s hard to create other sources,” said Naoyuki Taniguchi, executive manager of corporate strategy at Ennet Corporation, one of a handful of smaller electricity providers in a country where ten regional giants control about 98 per cent of the market.
「東電は、あまりにも長い間独占企業だったので、ほかの電力源を創設するのが困難なのです。」と、市場約98%を巨大地方電力会社に占められているという国にある、一握りの小さな電気供給会社、エネット社の戦略部長であるたにぐち・なおゆき氏は言います。


Mr. Taniguchi said his company ? which relies mostly on natural gas and serves about 7,000 business customers ? has seen a surge in orders since the Fukushima crisis began. “We don’t have the capacity to meet all the requests,” he said.
たにぐち氏は、天然ガスにほとんどを依存し、7000の企業顧客を持つ彼の会社は、福島危機が始まって以来注文が押し寄せた、と言います。「全ての要望に応えるキャパがないのです。」と彼は語りました。


One reason people want to switch is anger at Tepco. Another is cost.
人々が切り替えたい理由の一つは、東電に対する怒りです。そしてもう一つの理由は、コストです。


Despite economies of scale working against them, Mr. Taniguchi said Ennet could offer prices that were often 15 per cent cheaper than Tepco and the other regional monopolies since they didn’t spend as much money on “advertising and political donations” as their bigger rivals.
エネット社にとって、大規模供給によるコスト削減のメリットはありませんが、東電や、他の地方のの独占電力会社よりも15%安い料金を提供できていたそうです。「広告費と政治献金」に、彼らほどお金を使わなかったからです。


Asahi Shimbun recently revealed that Tepco spends hundreds of thousands of dollars a year buying tickets for its employees to attend political fundraisers. An unnamed Tepco official quoted in the article was blunt about the intent. “It is important to keep friendly relations with politicians, particularly those in power, on a regular basis to maintain the general trend of promoting nuclear power policy.”
朝日新聞は最近、東電が、社員が政治資金集めに参加するため、年間、何百、何千ドルのチケットを買っていたと明らかにしました。その記事の中で、匿名の電力社員は、その意図についてはありのままに話していました。
「原子力政策の流れを維持するために、定期的に政治家と友人関係を保つことは重要です。特に権力のある人とは。」





菅総理時代の対応の失敗をたたいた勢いで、「脱原発」「ストレステスト」もがんがんたたいていた大手メディア。

野田総理が当初、原発再稼動についても慎重な物言いをし、新しい原発の建設は無理、といっていたのに、国際会議に出席したあたりから、来年夏までに再稼動、新しい原発建設はケースバイケースで検討するなどと、今日本の未来にとって最も重要で、注目されている見解を、いきなり方向転換したことについては、静かにしているというのは・・・


日本の政府、電力会社、大手メディアには、誰もがうなずける、一環した理論と言うものが、完全に欠落してしまったようです。

狐につままれっぱなしです・・・



そして、以下、イギリスのルーター通信からの記事です。





Fukushima victims: homeless, desperate and angry
家なき、絶望と怒りの福島被害者たち


By Yoko Kubota

FUKUSHIMA, Japan | Tue Oct 18, 2011 10:08am BST

(Reuters) - At last, victims of Japan's nuclear crisis can claim compensation. And they are angry.
やっと放射能事故の被害者が賠償金を請求できるようになりました。そして、彼らは怒っています。


They are furious at the red tape they have to wade through just to receive basic help and in despair they still cannot get on with their lives seven months after the huge quake and tsunami triggered the world's worst nuclear disaster in 25 years.
彼らは、基本的な援助を受け取るためだけに、繁文縟礼(こまごまと煩わしい手続き)をやり遂げなければならないことに激怒しています。巨大地震と津波が引き起こした、ここ25年で最悪の放射能災害の後7ヶ月、未だに自分たちの生活を始められないという絶望の中にいるのです。


Shouts fill a room at a temporary housing complex where seven officials, kneeling in their dark suits, face 70 or so tenants who were forced to abandon their homes near the Fukushima nuclear plant after some of its reactors went into meltdown after the March 11 quake struck.
仮設住宅のある部屋で、3月11日地震が襲い、いくつかの原子炉がメルトダウンすると言う事態になった後、福島原発付近の家を後にせざるを得なかった70人かそこらの避難者たちを目の前に、7人の役員が暗い色のスーツを着てひざまずいていました。


r_20111020145530.jpg



"We don't know who we can trust!" one man yelled in the cramped room where the officials were trying to explain the hugely complex procedures to claim compensation.
「何を信じていいか分からない!」と、窮屈なその部屋で男性が叫びました。そこでは、役員たちが賠償金請求についてのあまりにも複雑な手順について説明しようとしていたのです。


"Can we actually go back home? And if not, can you guarantee our livelihoods?"
About 80,000 people were forced to leave their homes by the nuclear crisis.
「実際に家にもどれるのでしょうか?そうでないなら、私たちの生活を保障してくれるのですか?」
約8万名が放射能危機のため、自分の家を追われているのです。


While the owner of the plant, Tokyo Electric Power Co has made temporary payments to some victims, it was only last month that it finally began accepting applications for compensation.
原発の持ち主である東京電力が、いくらかの被害者に仮払いをしていた一方で、賠償金の申請をやっと受け付け始めたのが、先月になってからだけだったのです。


中略 ~Omission~


"It's too difficult. I'm going to see how it goes. I don't want to rush and mess up," said Toshiyuki Owada, 65, an evacuee from Namie town, about 20 km (12 miles) away from the plant.
「あまりにも難しすぎて。様子と見ようと思ってるんです。あわてて、変なことになるのはいやですから。」と、原発から20km離れた浪江町から避難している65歳のおわだ・としゆきさんは話しました。


Owada is one of many who still has not applied for compensation even though they have lost jobs or businesses and are running out of cash.
おわださんは、仕事や事業を失い、現金も尽きているにも関わらず、賠償金を申請していない多くの人たちの一人なのです。

COMPLEX AND UNFAIR
複雑で不公平



日本で散々報道されていたので、省略します。
~Omission~


FEW CLAIMANTS
ほとんどない申請



But so far just 7,100 individuals have applied to Tepco for compensation out of the 80,000 it send forms to.
今のところ、書類を送付した8万人のうち、7100人が東電に賠償金を申し込みを済ませました。


And of the 10,000 businesses in the Fukushima area, a mere 300 have submitted claims.
1万のビジネスのうち、請求書を提出しているのは、たったの300件だけです。


The company expects a total of 300,000 claims from businesses given that the impact of the radiation crisis has been so widespread.
東電は、あまりにも広がっている放射能の危害の影響をうけている、合計3万のビジネスから請求がくると予測しています。


Victims can sue but that is rare.
被害者は法に訴えることもできますが、それは稀です。


Junichi Matsumoto, a Tepco official, said the utility faces about 10 lawsuits so far. He declined to disclose details but said some were seeking more than the firm deemed appropriate.
東電役員のまつもと・じゅんいち氏は、今のところ10件の訴訟に直面していると言います。詳細を明らかにするのは断りましたが、いくつかのものは、会社が適当と考えるものより多くを求めている、と話しました。


Yuichi Kaido, an attorney and the secretary-general of the Japan Federation of Bar Associations, said lawsuits are considered a last resort in conservative rural northeast Japan.
日本弁護士連合会事務総長である、かいどう・ゆういち氏は、保守的な東北地方では、訴訟は最後の手段と考えられる、と言います。


"In the end, many lawsuits could take place," he said.
「最終的に、多くの訴訟が起こり得るでしょう。」


"But the majority is thinking of first speaking with Tokyo Electric or seeking mediation."
「ただ、ほとんどの人は、まずは東電と話すことを考え、仲裁を模索するのです。」


SENSE OF RESIGNATION
あきらめの感覚



The final compensation depends on whether and when victims will be able to return to homes within a 20-km evacuation zone. That question remains unanswered, breeding a growing sense of resignation among evacuees.
最終的な賠償は、被害者が20km圏内の家に戻れるのかどうか、いつ戻れるのか、ということによります。その疑問はまだ答えられていないままです。それは、被害者の間に、諦めの気持ちを大きくしていっています。


Some said they doubt they will ever be able to go home and suggested their entire towns simply be relocated and many worry about long-term health effects of radiation.
ある人たちは、家に帰れること自体を疑問視し、町ごと他の場所に移すよう提案しています。そして、多くの人たちは、長期に渡る放射能の健康に与える影響を心配しています。


An Asahi newspaper poll showed this month that 43 percent of evacuees still want to return, down from 62 percent in June.
朝日新聞の投票によると、6月に62%の人が戻りたいと言っていたのに対し、43%の人がまだ戻りたいと思っている、という結果を示していました。


For many, what is now on the table -- reimbursement for moving and transportation costs associated with evacuating, compensation for damage to health, lost jobs, and psychological suffering -- only deepens frustration over what they have lost.
多くの人にとって、今机上にあるもの-避難に際しての移動、交通費の返金、健康を害し、仕事を失い、精神的な苦痛に対する賠償金-は、今まで失ったものの上に、ただ苛立ちを深めているだけなのです。


Tokyo Electric said it will pay about 100,000 yen a month for the period to end of August as compensation for psychological trauma. After that, the sum will be halved.
東京電力は8月末までの精神的トラウマの賠償金としてつきに10万円を支払うと言うことです。その後は、その半額になります。


"Evidence that we have lived our lives is completely destroyed and for that, we are told that we will be compensated 100,000 yen for our psychological suffering. That's it?" said 75-year-old restaurant owner Sumiko Toyoguchi, who had to leave her home in Namie.
「私たちが、自分の人生を生きてきたと言う証は、破壊されました。そのことに対して、精神的苦痛のために10万円で償われると言われているのです。それだけですか?」浪江町の家を去らなければならなかった、レストランの経営者、75歳のとよぐち・すみこさんは話しました。


"What's at the root of our frustration is that we cannot see what our tomorrow will be like."
「何がいらだちの元かというと、明日がどんな風なのか、見えないことなのです。」





被害者の苦痛を伝える多くのメディア。

東電の、今まで表ざたにならなかった、様々な悪事を暴く政府とメディア。


それで、どこに向かっているのかと言えば・・・


直ちには健康被害になる可能性が少ないという「今だけ安心」キャンペーン。

被曝許容量を引き上げたので安全だ、という「被曝拡大」キャンペーン。

みんなで放射性物質を分け合おうという「汚染拡大」キャンペーン。

そして住民の理解を得られるような、安全な原発政策。。。???



どこをどういう風に考えたら、「うん。うん。」ってうなずけるのだろう・・・?


5年、10年、20年、30年後にも、同じことを責任を持って言えるのでしょうか?



人々に諦めさせるような政策を講じるのではなく、

よし!みんなでやってやろうじゃないの、と、「決して諦めない」という気持ちを維持できる、というような

そんな支援と政策を、

バシッ!と提示してほしい!!!

と思うのです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/540-e6bfe112

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。