スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海に広がる放射能汚染

 2011-10-15
人間がどんなに境界線を引いても、都合のよいように自然界の繋がりを絶つことは出来ないのだと、つくづく思い知らされます。


原発事故から撒き散らされた放射能も、核実験で拡散した放射能も、長い時間をかけて、地球環境の中で風に吹かれ、水に流され、長い年月の間、ずっと漂流し続けます。


土壌に入り込んだ放射能は、削って、ある程度はどこかに移動させられるかもしれませんが、海に流されている放射能物質の除染=収集して移動させる事は、できるのでしょうか?

以下、ニューヨークタイムズより。


new_york_times_logo.jpg



Fukushima’s Contamination Produces Some Surprises at Sea
福島の汚染は、海に驚きをもたらす


By DAVID JOLLY

September 28, 2011, 5:11 pm

Six months after the accident at Fukushima Daiichi, the news flow from the stricken nuclear power plant has slowed, but scientific studies of radioactive material in the ocean are just beginning to bear fruit.
福島第一原発事故から6ヶ月、破壊された原発からのニュースが伝わってくるのはゆっくりでしたが、海中の放射能物質についての科学的研究は実を結び始めています。


The word from the land is bad enough. As my colleague Hiroko Tabuchi reported on Saturday, Japanese officials have detected elevated radiation levels in rice near the crippled reactors. Worrying radiation levels had already been detected in beef, milk, spinach and tea leaves, leading to recalls and bans on shipments.
土壌からの結果だけでも十分悪いニュースでした。私の同僚、たぶち・ひろこさんが土曜日(9月23日)に、機能を失った原子炉近くで収穫された米に高いレベルの放射能が検出された、とレポートしました。心配される放射能レベルは、既に、牛肉、ミルク、ほうれん草、お茶の葉から検出され、リコールされたり、出荷が禁じられたりしていました。


Off the coast, the early results indicate that very large amounts of radioactive materials were released, and may still be leaking, and that rather than being spread through the whole ocean, currents are keeping a lot of the material concentrated. た
海岸沖では、前の検査結果が、大量の放射性物質が放出されたことを示していました。そして、まだ放射能は放出されていて、それが海全体に広がっているというよりは、海流が多くの放射性物質を濃縮し続けているのです。


Most of that contamination came from attempts to cool the reactors and spent fuel pools, which flushed material from the plant into the ocean, and from direct leaks from the damaged facilities.
ほとんどの汚染は、原子炉を冷やす試みと、使用済み燃料プールより発生しています。放射性物質を原発から海へ流出しているのです。

dn20990-1_300.jpg
Image: Masamine Kawaguchi/The Yomiuri Shimbun/AP/PA



Japanese government and utility industry scientists estimated this month that 3,500 terabecquerels of cesium 137 was released directly into the sea from March 11, the date of the earthquake and tsunami, to late May. Another 10,000 terabecquerels of cesium 137 made it into the ocean after escaping from the plant as steam.
日本政府と電力業界の科学者たちは今月、地震と津波が起こった3月11日から5月下旬までに海に直接流出されたセシウム137は、3500テラベクレルだと推定しました。それに加え、1万テラベクレルのセシウム137が、蒸気として原発から出た後に、海に降下しました。


The leakage very likely isn’t over, either. The Tokyo Electric Power Company, the operator of the plant, said Sept. 20 that it believed that something on the order of 200 to 500 tons a day of groundwater might still be pouring into the damaged reactor and turbine buildings.
漏洩はまだ終わってもいないのです。原発オペレーターである東電は、9月20日に、1日に200-500トンの地下水が、損傷した原子炉とタービン建屋に流れ込んでいる可能性が高い、と述べました。


Ken Buesseler, a scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution, who in 1986 studied the effects of the Chernobyl disaster on the Black Sea, said the Fukushima disaster appeared to be by far the largest accidental release of radioactive material into the sea.
ウッズホール海洋研究所の科学者で、1986年にチェルノブイリ災害が黒海に与えた影響を研究していたKen Buesselerは、福島災害が海に放出した放射能物質が、はるかに大きな事故であることは明らかだと述べました。


28green_Fukushima-blog480.jpg



Chernobyl-induced radiation in the Black Sea peaked in 1986 at about 1,000 becquerels per cubic meter, he said in an interview at his office in Woods Hole, Mass. By contrast, the radiation level off the coast near the Fukushima Daiichi plant peaked at more than 100,000 becquerels per cubic meter in early April.
チェルノブイリが黒海に誘導した放射能はピークの1986年で約1立方メートルにつき1000ベクレルだったと、ウッズホールの彼のオフィスでのインタビューで話しました。それと比べ、福島付近の海岸の放射能レベルは、4月上旬で1立方メートルにつき10万ベクレルでした。
(1 cubic meter is equal to 1000 kg, or 1000 liter...1立法メートル=1000kg...つまり、kgあたりのベクレル数は、表示数値の1000分の1です。と言うことは、4月上旬は、1Lにつき100ベクレル。。ですね・・・?!)


Before Fukushima, in 2010, the Japanese coast measured about 1.5 becquerel per cubic meter, he said.
福島の事故の前、2010年に、日本沿岸で測定されたのは、1立方メートルにつき1.5ベクレルだったといいます。
(つまり、1Lあたり0.0015ベクレルですね?!)


“Chernobyl might have been five times bigger, over all, but the ocean impact was much smaller,”Mr. Buesseler said.
「チェルノブイリは、5倍大きな災害だったかもしれないが、海への影響は、はるかに小さかった。」とBuesseler氏は語りました。


Working with a team of scientists from other institutions, including the University of Tokyo and Columb
ia University, Mr. Buesseler’s Woods Hole group in June spent 15 days in the waters off northeast Japan, studying the levels and dispersion of radioactive substances there and the effect on marine life.
東京大学やコロンビア大学などを含み他の機関からの科学者のチームと研究をしていたBuesselerウッズホープグループは、6月に日本の東北の海上で15日間過ごしました。放射能物質の散布と海洋生物への影響を調査していたのです。


The project, financed primarily by the Moore Foundation after governments declined to participate, continued to receive samples from Japanese cruises into July.
政府が参加を断わられた後、Moore財団より主に融資されたプロジェクトは、7月まで日本の巡航よりサンプルを採取していました。


While Mr. Buesseler declined to provide details of the findings before analysis is complete and published, he said the broad results were sobering.
Buesseler氏は、分析を完了し、発行する前に、明らかになったことの詳細を提供するのを断った一方で、彼は、広範囲の結果は考えさせられるものであったと述べました。


“When we saw the numbers — hundreds of millions of becquerels — we knew this was the largest delivery of radiation into the ocean ever seen,’’ he said. ‘‘We still don’t know how much was released.”
「数字-何億ベクレル-を見ると、かつて見たことのないような大規模な放射能が海に流れ込んだのが分かります。まだ、どのくらいが放出されたのかも分からないのです。」


Mr. Buesseler took samples of about five gallons, filtered out the naturally occurring materials and the materials from nuclear weapon explosions, and measured what was left.
Buesseler氏は約5ガロン(190リットル)のサンプルを採取し、自然に発生している物質と、核兵器爆発からの物質を取り除き、残ったものを測定しました。


The scientists had expected to find ocean radiation levels falling off sharply after a few months, as radioactive substances were dispersed by the currents, because, he said, “The ocean’s solution to pollution is dilution.’’
科学者たちは、海流により放射性物質が分散されるため、海中の放射能レベルが、数ヵ月後に激減すると思っていた、と彼は言います。なぜなら、「海の汚染に対する解決は、薄めることだからです。」


The good news is that researchers found the entire region 20 to 400 miles offshore had radiation levels too low to be an immediate threat to humans.
よい知らせは、調査員が20-400マイル(32-644km)沖全域で放射能レベルがとても低く、人に直ちに脅威を与えることはないということです。


But there was also an unpleasant surprise. “Rather than leveling off toward zero, it remained elevated in late July,’’ he said, up to about 10,000 becquerel per cubic meter. ‘‘That suggests the release problem has not been solved yet.”
しかし、喜ばしくないこともありました。「放射能レベルが0に向かうというより、7月下旬にも上昇しているままなのです。」1立方メートル当たり約1万ベクレルまでだったと言います。「それは、漏洩問題がまだ解決していないことを物語っているのです。」
(1Lあたり10ベクレルになります。ちなみに、下記文部科学省の7月の検査結果は、原発から30km以上はなれた海水の測定値で、全て不検出です。東電の測定では、原発間近(30km以内)の海水で、7月2日、5日、10日、12日、15日、16日、17日、29日が、10ベクレルを雄に超える値になっています。半減期8日のヨウ素も出ているので、もちろん漏洩は続いている、ということです。。。)

The working hypothesis is that contaminated sediments and groundwater near the coast are continuing to contaminate the seas, he said.
考えられる仮説は、海岸近くの汚染された堆積物と地下水は、海を汚染し続けているということだと、彼は話しました。


The international team also collected plankton samples and small fish for study. Mr. Buesseler said there were grounds for concern about bioaccumulation of radioactive isotopes in the food chain, particularly in seaweed and some shellfish close to the plants. A fuller understanding of the effect on fish that are commercially harvested will probably take several years of data following several feeding cycles, he said.
国際チームはまた、プランクトン、小魚を研究のためのサンプルとして集めました。Buesseler氏は、植物連鎖における放射能同位体の生物濃縮の懸念があるといいます。特に、原発の近くの海草、貝類です。市場に出る魚に対する影響についての完全な理解は、給餌サイクルの何回か経てからのデータが得られてからで、おそらく数年を要するでしょう。


“We also don’t know concentrations in sediments, so benthic biota may be getting higher doses and if consumed (shellfish), could be of concern,”he wrote later in an e-mail, referring to organisms that dwell on the sea floor. said, because eddies in the ocean currents keep the material from being diluted in some spots farther offshore.
「堆積物の濃縮についても分かっていません。水底で生息する生物相は、被爆量が高くなるかもしれず、もし(貝類が)食された場合は、心配です。」と、後に彼は、海底に生息する有機的組織体に言及し、Eメールに書いています。「なぜなら、海流の渦巻きは、物質を遠く沖に薄めていくのではなく、留めてしまうからです。」


The overall results were consistent with those previously found by Japanese scientists, Mr. Buesseler said.
全体的な結果は、日本の科学者によって、前に発見されたものと一致していました、とBuesseler氏は言いました。


He said more research was urgently needed to answer several questions, including why the level of contamination offshore near the plant was so high.
なぜ、原発付近の海岸沖の汚染レベルがそれまでに高いのか、ということを含め、いくつかの疑問に答えるために、更なる調査が緊急に必要だ、といいます。


“Japan is leading the studies, but more work is needed than any one country, or any one lab, can possibly carry out,” he said.
「日本は、調査を先導していますが、一国、1つの研究所以上での作業が必要で、実行可能なのです。」



そして、今日のABCニュースでは・・・

abc_australia.jpg


Radioactive plankton found near Fukushima plant
福島原発付近で、放射能汚染されたプランクトン発見される


By North Asia correspondent Mark Willacy

Updated October 15, 2011 23:52:17

Researchers say high concentrations of radioactive caesium have been detected in plankton in the Pacific Ocean off the shattered Fukushima nuclear plant.
調査員は、粉砕した福島原発沖の太平洋のプランクトンから、放射性セシウムを検出したと述べました。


The Fukushima nuclear plant was badly damaged in the March earthquake and tsunami that struck Japan, and has been leaking radiation ever since.
福島原発は3月に日本を襲った津波で破損し、それ以来放射能を漏洩し続けています。


It is feared more radiation could now enter the food chain.
更なる放射能が植物連鎖に入り込むことが恐れられています。


Researchers from Tokyo University collected plankton from the sea south of the Fukushima nuclear plant, discovering nearly 700 becquerels per kilogram of caesium in plankton close to the shore.
東京大学の調査員は、福島原発の南の海からプランクトンを採集し、海岸近くのプランクトンから、1kgあたり700ベクレル近くのセシウムを発見しました。


Research leader professor Takashi Ishimaru told Japan's NHK network sea currents had carried contaminated water south from the nuclear plant, heavily contaminating the plankton.
調査長であるいしまる・たかし教授は、NHKに対し、海流が原発から汚染水を南に運び、プランクトンを濃密に汚染したのだと述べました。


A wide range of fish and other marine species feed on the plankton, leading to fears it could have a serious impact on the food chain.
魚や海の生物の広範囲にわたりプランクトンを食します。それは、植物連鎖に深刻な影響を与え、脅威へと導きます。







環境省サイトでは、東日本大震災の被災地における環境モニタリング調査が、平成23年5月2日から開始されているようですが、放射能汚染のモニタリングが始まったのは、

平成23年7月8日付けの被災地の海洋環境のモニタリング調査結果(速報)(試料採取日:6月3日~6月19日)と、

平成23年9月30日、被災地の海洋環境のモニタリング調査結果の公表について(お知らせ)(調査実施日:6月3日~20日)です。


Picture1_20111017005112.jpg


「放射性セシウム 7測点で調査を行い、海水中の濃度は全て不検出でした。海底土の濃度については、セシウム134では<10~620Bq/kgの範囲、セシウム137では24~760Bq/kgの範囲でした。」

とのこと。

どちらも同じ調査期間なので、同じ結果が報告されています。


一方、東京電力による東京電力株式会社福島第1原子力発電所周辺の海水及び海上、海底土中の放射能濃度分布

については、文部省サイトで、海水・海上のモニタリングが5月から、海底土のモニタリングが6月から公表されています。

それとは別に、文部科学省の放射能海域モニタリング結果のサイトは、こちら

日にちごとに結果を見ていくと・・・


表示単位は、Bq/L (kgではありませんが。水の場合は、1L=1KG)

ニューヨークタイムズの記事に記されている「4月上旬で1立方メートルにつき10万ベクレル(1Lあたり100ベクレル)」と言うのは、文部省の調査では、4月9日11時に測定された地点[3]のヨウ素131-77.4ベクレルと、セシウム137の44.2ベクレルとほぼ一致しますが、「不検出」が多い、他の測定値を見ても、記事に書かれているような深刻感は伝わってきません。

Picture4_20111017020744.jpg


4月22日の結果は、海水中全て不検出
ただし、この日のレポートまでは、検出限界値が示されていません。


次の27日から中層の測定を表層・下層に加え、 「本分析における海水の放射能濃度の検出限界値(ヨウ素、セシウム共に約10Bq / L)を下回る場合は、不検出と記載。」と明示されるようになりました。

5月20日からは、「本分析における海水の放射能濃度の検出限界値(ヨウ素131が約4Bq/L、セシウム134が約6Bq / L、セシウム137が約9Bq/L)を下回る場合は、不検出と記載。」となり、


そして、一番最近の、平成23年10月5日付け、宮城県・福島県・茨城県沖における海域モニタリング結果には、

「NDの記載は、海水の放射能濃度の検出限界値(セシウム134が約0.00058Bq / L)を下回る場合。ただし、検出限界値は検出器や試料性状により異なるため、この値以下でも検出される場合もある。」

と段階的に細かく調べるようになっていることがうかがえます。

  
それでも、2年前の検査で、

「平成21年の福島第一海域(福島第一発電所から約25km付近)の環境放射能調査の結果は、Cs-137:0.0013~0.0019Bq/L

と、この検出限界値より低い値が記録されていることを考えると、なぜ、最初から、この基準で測定しなかったのか、素朴に疑問です。


東電のモニタリング情報が公表され始めたのが、6月に入ってからです。


海底土のプルトニウム、6月2日の測定値は、原発付近海外沿いで、1kgあたり、0.43ベクレル、0.45ベクレルで、

「Pu-239+Pu-240は、Pu-238が検出されていないこと、および過去の大気圏内核実験によるものと思われる平成11年度~平成20年度における測定値の範囲(0.17~0.56Bq/kg)と同等であることから、今回の事故に由来するものとは説明できないと考えられる。」と解説されています。
 
600ベクレル、1000ベクレルのストロンチウムが検出されたことについては、


Picture5_20111017061408.jpg


「半減期50.5日のSr-89が検出されていることから、福島第一原子力発電所から放出されたものと考えられます。なお、同一試料におけるCs-137に対するSr-90の比は、1/14と1/100です。」


ちなみにヘルスカナダによると、飲料水の限界許容量は、ヨウ素131、セシウム134と137がそれぞれ100ベクレルまでで、ストロンチウム89が300ベクレル、90が30ベクレルまで、プルトニウムは1ベクレルまでです。

Picture6_20111017063230.jpg



文部科学省の7月4日 8月19日 9月16日ストロンチウム検査は全て不検出となっています。

検出限界については、「本分析における海底土の放射能濃度の検出限界値(Sr-89、Sr-90が約0.8Bq/kg)を下回る場合は、不検出と記載。」とのこと。



7月8日、ウラン検査の東電の評価は、

「今回検出されたウランは以下により、天然に存在するものと同じレベルと評価する。」

と言うことでした。


独立行政法人日本原子力研究開発機構が行った、太平洋における放射能濃度分布のシミュレーションは、

Picture3_20111017005535.jpg

気になる水産物への影響については、水産省が公表しています。10月7日付けのものは、こちら


それにしても・・・

人間、土や建物、野菜、卵、肉、空気、地下水、海水、海の生き物、この地球上に存在するもの全てのモニタリングを行わなければならないとは・・・科学者にとっては、かなり興味深いものに違いないでしょう。

点ごとに調べても、あらゆるところにホットスポットが存在しうると言うことを考えれば、全容を把握することなど、不可能でしょう。


人が成しえる科学は、私たちに、何を語りかけてくるでしょう?



閉じ込めない限りは、移動し続ける放射性物質。


今日数値が高くても、明日には不検出・・・


気が遠くほど永い間消えない放射性物質。


まずは、できるところから。

一刻も早く、限定されたところに閉じ込め、

体内に入る全ての食物の放射能数値が明確にされるシステムが構築されることをお願いしたい!


それが、生産者と消費者双方が共倒れになるのではなく、

双方ともが救われる道のはずです。



児玉先生に、願いを託しています!!!



ニュースにだまされるな10/1(土)「放射能と食品、除染の対応は


1時間半ほどの動画ですが、「やってやろうじゃないの!」という希望が沸いてきます。

(特に4.5.6.7が、じゃぁ、どうすればよい?のヒント満載です。)


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/536-bfa533fd

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。