スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原発事故当時の真実~ABCニュース~

 2011-10-11
10日ほど前に、オーストラリアのABCが、政府内から明かされた福島原発事故当時の真実について記事にしていました。

abc_australia.jpg


Japan 'scared' of telling truth to Fukushima evacuees
福島の避難住民に真実を告げるのを「怖れた」日本


North Asia correspondent
北アジア特派員

Updated September 29, 2011 08:44:08



A former adviser to the Japanese cabinet has revealed the government has known for months that thousands of evacuees from around the Fukushima nuclear plant will not be able to return to their homes.
日本の前内閣官房参与が明らかにしたところによると、政府は、何ヶ月もの間、何千人もの福島原発からの避難住民が自宅には戻れないだろうということを分かっていた、との事。


Nearly seven months after the meltdowns at Fukushima, about 80,000 people are still living in shelters or temporary housing.
福島のメルトダウンから7ヶ月近くたち、約8万人がまだ避難所や仮設住宅で暮らしています。


Former special adviser to Japan's prime minister and cabinet Kenichi Matsumoto has told the ABC that the government has known for months that many who live close to the Fukushima plant will not be able to return to their homes for 10 to 20 years because of contamination.
日本の主相と内閣の官房参与だった松本健一氏は、ABCに対し、福島原発付近に住んでいる多くの住民が、その汚染のために、10年から20年は戻れないだろうと言うことを、政府は何ヶ月の間も分かっていたのだ、と述べました。


The history professor and author has given the ABC an insider's account of what happened in the hours and days after March 11, as three of the Fukushima reactors bubbled towards meltdown after a tsunami knocked out backup power to the plant.
歴史学教授であり、作家である彼は、津波がバックアップの電源を破壊した後、福島の原子炉がメルトダウンを引き起こした3月11日後の数時間、そして数日にわたり何が起こっていたのかについて、内部の話をABCに語りました。


Professor Matsumoto witnessed both the government's and the plant operator's responses to the worst nuclear accident in a quarter of a century.
松本教授は、政府と原発オペレーター双方が、この25年で最悪の原子力事故に対応するのを目撃していたのです。


He says the government is simply too scared to tell Fukushima residents that they cannot return.
彼は、政府が単に、福島住民に戻れないと言うことを告げるのが怖すぎたのだと言います。


"The cabinet knew right after the disaster that some people would not be able to live in their communities for 10 to 20 years, especially those a few kilometres from the plant," he said.
「内閣は、いくらかの住民が、特に原発から数キロに住む人々がその地域に住むことはできないであろう、ということを、災害の直後から分かっていた。」と彼は語りました。


"The government should have conveyed the truth to the evacuees. But it felt scared; it feared telling the truth to the people."
「政府は避難住民に真実を告げるべきだった。しかし、怖かった。人々に真実を述べるのが、恐ろしかったのです。」


Professor Matsumoto also confirms the prime minister at the time - Naoto Kan - also contemplated evacuating tens of millions of people from in and around Tokyo.
松本教授はまた、当時の主相、菅直人氏が、東京と、その近辺の何千万人を避難させることも考えていた、と認めました。


"It's true that the prime minister said we might have to evacuate people from Tokyo," he said.
「主相が、東京から人々を避難させなければならないかもしれない、と言った、というのは事実です。」と彼は言いました。


"There was no clue about the amount of radiation coming from the Fukushima plant or if it was spreading over 100 or 200 kilometres.
「福島原発からどのくらいの放射能が飛散するのか、それが、100km、200km以上広がるのか、ということについての手がかりが、全くなかったのです。」


"If that was the case, Tokyo would be in danger. And prime minister Kan actually said that eastern Japan might not be able to keep functioning; that it might collapse."
「もしそうなれば、東京も危ない。そして、菅総理は実際に、日本は機能しなくなるかもしれない、と言ったのです。崩壊するかもしれない、と。」


Professor Matsumoto says in the end, talk of tens of millions being evacuated was dismissed, with fears it would cause mass panic and chaos worse than the nuclear crisis itself.
松本教授は、最終的に何千万人もの人々を避難させるという話は、退けられたと言います。そんなことになれば、大パニックを起こし、原子力危機そのものよりも、さらに混乱を引き起こすだろうという恐れがあったのです。


"I don't think he [Mr Kan] handled it well. Because it was such a terrible accident, information should have been shared with the whole cabinet. But it wasn't," he said.
「私は、菅総理の判断が正しかったと思いません。あのような恐ろしい事故が起きたとき、内閣全体で情報が共有されなければならないのです。しかし、そうではありませんでした。」


"The information stopped with Mr Kan, who handled it alone. So the cabinet was isolated and wasn't able to formulate its advice properly."
「情報は菅氏で止まり、彼一人で判断したのです。なので、内閣は孤立し、適切な助言を練り上げることができなかったのです。」


Request rejected
拒否されたリクエスト



Professor Matsumoto has also revealed details about the stricken plant's operator, TEPCO.
松本教授は又、破壊された原発のオペレーター、東電についても詳細を明かしました。


He says TEPCO wanted to abandon the plant at the height of the crisis, but its request was rejected.
東電は、危機がピークに達したとき、原発を放棄しようと要望し、その要望は拒否されたのだと言います。


"First TEPCO did not convey accurate information about the accident to the prime minister. It tried to make the disaster look small," he said.
「まず、東電は総理に、事故についての正確な情報を伝えませんでした。災害を小さく見せようとしていたのです。」


"Then TEPCO's headquarters wanted to evacuate the nuclear plant, but the chief of the facility vowed not to leave. So prime minister Kan was outraged because he wasn't getting proper information or the truth."
「そして、東電本社は、原発から立ち退きたかったのです。しかし、施設のチーフは、その場を去らないと誓いました。それで菅主相は、適切な情報や真実が伝わっていなかったと激怒したのです。」


Mr Kan faced intense pressure and a drop in popularity over the government's handling of the tsunami and nuclear crisis until he ultimately resigned in August.
菅氏は、最終的に8月に辞任するまで、猛烈なプレッシャーと、津波と原発危機の政府の対応をめぐり、支持率の激減に直面したのです。


Professor Matsumoto has now left his government adviser role and returned the the world of academia, vowing to write down the history of the Fukushima nuclear crisis from his unique perspective from the inside.
松本教授は内閣官房参与を辞め、学術会に戻り、内閣内からのユニークな視点から見た福島原発危機についての歴史の著作を心に決めたのです。


The ABC's PM program approached Mr Kan for a response but received no reply.
ABCは菅氏にアプローチしましたが、返答はありませんでした。


A spokesman for TEPCO told the ABC the company never tried to downplay information about the nuclear disaster, but acknowledged there were mistakes made and some confusion at the start of the crisis.
東電のスポークスマンは、ABCに対し、原子力災害について情報を控えめに流そうという試みは決してなかったけれど、事故当時は間違えや混乱があったことは認める、と告げました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~


このニュースの映像は、こちら



Isolated, out of his depth and scared of telling the public the truth - that's the withering verdict on the performance of Japan's then prime minister Naota Kan as the country's Fukushima nuclear crisis unfolded.
深みから孤立し、真実を告げることを怖れた-福島放射能危機が明らかになるつれ、日本の当時の主相、菅直人氏の判断を衰えさせた

MARK WILLACY: For hundreds of kilometres around the plant, people were desperate for information about the radiation threat. Around the cabinet table in Tokyo, drastic measures were being considered, measures that would have affected 30 million people in the world's biggest metropolis.
マーク:原発から何百kmのところで、人々は、放射能の脅威についての情報を、絶望的なほどにもとめていました。東京の内閣の一室で、猛烈な推測が考慮されていました。世界で最大の大都会の3千万人に影響するのではないかという推測です。


MARK WILLACY: Kenichi Matsumoto is the ultimate insider. He's not just critical of TEPCO, the operator of the Fukushima plant, but of the very government he served, describing its performance during the Fukushima crisis as mind-boggling.
マーク:松本健一氏は福島原発オペレーターの東電に批判的なだけでなく、当時の政府にも批判的で、その様子を、理解しがたいと言います。


Former cabinet advisor Kenichi Matsumoto believes the evacuees should have been told the truth months ago.
松本氏は、避難住民に何ヶ月も前の時点で真実を告げるべきだったと信じています。




確か、4月の下旬か5月に、菅元総理が「20-30年帰れないかもしれない」発言をし、マスコミに相当たたかれたのを覚えています。

そして、「汚染土なども、福島県内に保管する」方針をほのめかし、これも、たたかれ・・・

「脱原発」「ストレステスト」でたたかれ・・・


そのたびに、私は、何が悪いのか、全く理解できませんでした。

今の日本が向かっている方向には、脅威を感じます。

同胞の皆様。

もっと自己主張して良いと思います!!

見せかけの世論に疑問を持ったら、声に出してよいのです

エイエイオ~!





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/533-652783b2

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。