スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

災害時動物救済連合

 2011-10-10
福島の動物を、放射能災害から救済するために5月に開かれたIFAW主催のサミット。

そのサミットを先導したGreen氏が、SPCAにヘッドハンティング?されたようです。

以下、Picture1_20111011151254.jpgより。


ASPCA Names Dr. Dick Green Director of Disaster Response
Dick Green氏がアメリカSPCAの災害担当ディレクターに



NEW YORK, Oct. 10, 2011 /PRNewswire-USNewswire/ -- The ASPCA潤・(The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals潤・ today announced the appointment of Dr. Dick Green as director of Disaster Response for the ASPCA Field Investigations and Response team. Dr. Green will be responsible for leading the efforts of the Disaster Response department, which covers natural and man-made disasters as well as large and small animal rescue operations. He will also oversee the ASPCA's internal disaster readiness program and develop partnerships with national and local agencies to enhance the organization's disaster response capabilities.
アメリカ動物虐待防止協会は今日、Dick Green氏をアメリカSPCAの災害時現地調査・対応チームのディレクターに任命したと発表しました。Green氏は、自然災害、人災や、大動物、小動物のレスキュー活動をも総括する、災害対応部の取り組みを先導することになります。彼は又、SPCA内の災害準備プログラムを受け持ち、組織的な災害対応能力を強化するために、国や地域のエージェンシーとのパートナーシップを築きます。


中略 ~Omission~


Dr. Green joins the ASPCA from the International Fund for Animal Welfare (IFAW), where he served as emergency response manager of disasters and recently led large-scale response operations in India, Japan and Pakistan. In 2011, Dr. Green managed the animal rescue and relief efforts of 24 domestic and international responses, including the catastrophic earthquake and tsunami that hit Japan and severe flooding that affected communities in upstate New York following Hurricane Irene. Additionally, he organized and facilitated a two-day meeting of world experts on the effects of radiation on animals following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, and submitted recommendations which were accepted by the Government of Japan.
Green氏はIFAWからASPCAに移りましたが、IFAWでは、災害時緊急活動のマネージャーで、最近では、インド、日本、パキスタンの大掛かりな救済活動を率いました。2011年にGreen氏は24の国内、国際災害救済活動を取り扱い、それには、日本の破壊的な地震・津波災害、ハリケーンアイリーンに伴ったニューヨーク北部の深刻な洪水が含まれます。さらに、福島第一原発事故を受けて、放射能が動物に与える影響について世界中の専門家の2日間に及ぶ会議を手がけ、提言書を提出し、日本政府に受け入れられました。


It was also at IFAW where Dr. Green established and chaired the National Animal Rescue and Sheltering Coalition (NARSC) in early 2006 following Hurricane Katrina. NARSC is comprised of 13 animal welfare groups, including the ASPCA, and it is the first coalition in the nation that is dedicated to working with all levels of government and non-government agencies in finding collaborative solutions to major human-animal emergency issues. Dr. Green will once again assume the Chair position in January and continues to participate as a key player during domestic and international disasters as well as animal cruelty cases.
IFAW在中時には、ハリケーン・カトリーナの後、2006年の初めに、全国動物救済・シェルター連合を設立しました。この連合はアメリカSPCAを含め、13動物福祉団体から構成され、人間と動物の緊急時の主要な問題について、協同の解決策を見出すために、政府、政府外のエージェンシー、全てのレベルで共に専心すると言う、国内ではじめての連合です。Green氏は1月に又会長に就任すること思われており、引き続き国内、国際的な災害と、動物虐待事例について、主要な役割を果すことになります。


Dr. Green has successfully led field operations for various animal rescues across the country, including recovery efforts during Hurricanes Katrina and Rita with the American Humane Association, and Hurricanes Gustav and Ike during his time at IFAW. Additionally, Dr. Green has made frequent trips to Port-au-Prince, Haiti, to improve animal welfare conditions since the January 2010 earthquake there and spearheaded a study which identified effective efforts for vaccination and spay/neuter initiatives to provide animal welfare groups with essential information to design and target areas of Port-au-Prince with the greatest need for future intervention activities. Dr. Green has made monumental contributions to the field of animal rescue and relief efforts worldwide by applying scientific background and research to response efforts.
Green氏は国内を通して、アメリカHuman協会に在籍していたときは、ハリケーン・カトリーナ、リタを、IFAWの在籍中は、ハリケーン・グスタフやアイク含む、様々な動物救助の現場活動を見事に統率してきました。さらにハイチのポルトープランスには2010年1月に起きた地震以来、動物福祉を改善するために、頻繁に足を運び、予防接種や、避妊処置を主導するよう、本質的インフォメーションを動物福祉団体に提供し、将来的に介在活動が大規模に必要な、ポルトープランスの最適な地域の構想を立てるという、効果的な取り組みを見極めるという研究の先駆者となったのです。Green氏は、その科学的背景と、リサーチ、対応の取り組みを発揮することにより、世界的に現場における重要な貢献をしてきたのです。

Picture2_20111011152813.jpg
Phto from IFAW


"The ASPCA is a recognized leader in the U.S. for working collaboratively with other agencies in addressing animals in crisis, and I'm excited to be joining the organization," said Dr. Green. "With disaster incidents increasing and our country experiencing severe weather conditions, I hope to expand our response capacity and continue to help animals in critical need."
「アメリカSPCAは動物の危機を取り扱う他のエージェンシーと協力して活動をするリーダーとして認められている組織で、その一員となることが楽しみです。」とGreen氏は述べました。「災害が増え、わが国はでは、深刻な天候状態を体験しています。私たちの対応能力を拡大し、必要に迫られた動物たちの救済を続けたいと思います。」


Dr. Green is a frequent speaker on such topics as best practices in animal evacuations, relief and recovery efforts. He is also certified in numerous animal rescue operations, including swift water and rope rescue, technical animal rescue, and has completed the Department of Homeland Security/FEMA coursework. Dr. Green has a doctorate in education from Brigham Young University, and was Assistant Professor at Gonzaga University and the University of Puget Sound.
Green氏は、動物避難、救済、再生の取り組みなどの課題で、よく講演もしています。また、急流ロープレスキュー、専門的動物レスキューなどの数々の動物レスキューオペレーションの資格を持ち、国防・連邦緊急管理曲のコースを完了しています。Brigham Young大学の博士課程を卒業し、Gonzaga大学とPuget Sound大学の助教授でもあります。


The ASPCA Field Investigations and Response team frequently responds to natural disasters, including major events like Hurricanes Katrina and Rita in 2005 and Hurricanes Gustav and Ike in 2008, and is commonly called upon by state and municipal governments and other animal welfare partners to lend expertise during large-scale animal rescue operations. This year alone, the ASPCA has assisted more than 20,000 animals throughout the country that were affected by natural disasters, including the tornado response in Joplin, Mo. and severe flooding in Memphis, Tenn., Caruthersville, Mo., and several communities in upstate New York following Hurricane Irene.
アメリカSPCAの現地調査、対策チームは、2005年のハリケーン・カトリーナやリタ、2008年のハリケーン・グスタフやアイクなどのような自然災害に対応し、州・市の政府、他の動物福祉パートナーの大規模な動物救助オペレーションのため、その専門知識を貸すように要請されます。今年だけで、ミズーリー州のジョプリンの竜巻、テネシー州のメンフィス、ミズーリー州のCaruthersville、そして、ハリケーン・アイリーンによるニューヨーク北部の洪水を含む自然災害によって被害を受けた2万以上の動物を助けました。





頼もしいですねぇ。

カナダも、SPCAが頼りになりそうです。


でも・・・・


グリーンさん。


IMG_6849.jpg



日本の福島の動物たちは・・・


その後、全く口を閉ざしてしまったのは、どうしてだったのでしょう???


提言はある程度生かされたと思いますが、

IFAWの専門知識と技術、発言力は、もっと必要とされていたはずです。



いつか、



IMG_6851.jpg



話してくれますか???


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/532-6985349d

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。