スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

潔い決断

 2011-10-08
いろいろなものを奪った災害が、同時に、いろいろなものを残しました。

瓦礫。放射能。。。。。

怖いのは放射能だけではありませんでした。


TERRA DAILYより。

terradaily_logo.jpg





The waste from the Japanese earthquake and tsunami
地震、津波からでた廃棄物


by Staff Writers
Tokyo, Japan (SPX) Oct 07, 2011

On 11 March 2011 there was a legal vacuum in Japan concerning radioactive waste resulting from a nuclear disaster. Current waste management Law places technical and financial responsibility for waste from natural disasters with local authorities. However, this excludes radioactive waste. The Law on rehabilitation of contaminated soil excludes from its scope radioactive soils and waste.
2011年3月11日、日本には、放射能災害の結果発生した放射性廃棄物について、法的な空白がありました。現在の廃棄物処理法は、技術的に、財政的に、地域行政の責任とされています。しかしながら、放射性廃棄物は考慮に入れられていません。汚染土壌の再生についての法律に、放射性土壌や廃棄物については含まれていないのです。


The Law on the management of radioactive materials and waste only concerns those inside the nuclear plants. No lessons have been learnt from previous accidents on Japanese and Ukrainian soils.
放射性物質や廃棄物の管理についての法律は、原子力発電所内だけに限られたものです。以前の事故の経験から、日本やウクライナの土地について、何の教訓も学ばれていなかったのです。


The case of a damaged and leaking reactor turning vegetation, buildings, roads, urban, natural, and aquatic areas outside a nuclear plant into radioactive waste had not been considered.
原子炉が損傷を受け、放射能の漏出がある場合、原発の外の、植物、建築物、道路、町、自然、海洋生物が放射性廃棄物と変貌すると言うことが、考慮されてこなかったのです。


In Japan, incineration is the major means of waste disposal. There are hundreds of incinerators in urban areas. By the end of March, ash containing 100,000 to 140,000 Bq/kg of an "unknown radioactive substance" was recorded.
日本の主な廃棄物処理方法は、焼却です。都市区に何百もの焼却場があります。3月の終わりまでに、その灰は、1kgあたり、10万から14万ベクレルの「核種不明の放射性物質」を含有していた、と記録されています。


Before the alert, a portion of the ash had been incorporated, according to usage, into the commercial production of cement. The ash contamination stems from the concentration of radioactivity incorporated into the biomass.
この警戒態勢の前、焼却灰の一部を、その用途に応じ、商業用のセメント生成に混合していました。放射性物質の濃縮された灰の汚染は、バイオマスに混合されています。


Plants, tree leaves, bark, mosses, hedges, herbs and crops serve as the first receptacle for radioactive atmospheric fallout. It seems that in a reflex action, to safeguard private property, citizens flocked to their lawnmowers, chainsaws, mowers, to significantly get rid of suspect vegetable matter just prior to, or just after the first explosions at the Fukushima Daiichi reactors.
植物、木の葉、木の皮、こけ、生垣、草木、作物は、大気中の放射性降下物の最初の貯蔵物となりました。自分の所有地を守るための反射的な行動として、人々は、福島第一原発の原子炉の最初の爆発の直前、あるいは直後に、疑わしい野菜などを排除するために、芝刈り機、電動のこぎり、刈り取り機に殺到したようです。


Additionally, these items of green waste were burned in household waste incinerators. The ashes concentrate in an order of magnitude of 10 times the radioactivity of the incinerated waste.
それに加え、これらの植物性廃棄物は、一般廃棄物用の焼却炉で焼かれました。その灰は、焼却廃棄物の10倍の放射能までに濃縮されました。


Since mid-March, radioactive contamination has spread to the northern half of the archipelago, without triggering a formal warning, technical and behavioural instructions, or even inter-regional solidarity. Furthermore, under an agreement signed 10 days prior to the disaster, incinerators in Matsudo in Chiba Prefecture exported to the remote Akita Prefecture, about 500 km to the north, 40 tons of ash containing nearly 50,000 Bq/kg of caesium-137.
3月中旬以来、事前の警告や、専門的な、行動についての指示も、地域の連帯意識さえも誘発されることなく、北半島の半分に放射能汚染が広がりました。さらに、災害が起こる10日前に交わされた同意書のもと、千葉県松戸市の焼却所は、Kgあたり5万ベクレルのセシウム137を含む40トンの灰を、北に約500kmほどのところの秋田県に、移送したのです。


They were partially buried in the municipal landfill in Kosamachi. Six containers were returned unopened to where they had originated. The city of Matsudo opened a temporary storage area in a car park for these ashes, whilst announcing that at the end of August the site would be saturated.
その一部は、小坂町の町営ゴミ処理場に埋められました。6つのコンテナは、閉じられたまま、元の場所に送り返されました。松戸市は、これらの灰を保管するため、駐車場に一時保管場所を開設しました。8月下旬には、このサイトは飽和状態となったと発表しています。


Sludge from water and sewage treatment plants have also became radioactive waste. They concentrated the radioactivity of rain and surface water running off roofs, buildings, roads, cars from both natural and wastewater sources. A rebound of radioactivity is anticipated following the disastrous flooding experienced this summer.
水・下水処理場の汚泥も、放射性廃棄物になっています。それは、屋根、建物、道路、道路、車から流れてくる、雨や、自然水、あるいは下水源の放射性物質が濃縮されたものです。この夏の洪水災害などために、放射能の跳ね返りが予測されています。


In mid-June, the Japanese Ministry of the Environment finally issued recommendations:
6月中旬に、環境省がようやく提言書を発布しました。
(環境省の通達は、こちら。)

-Between 100 and 8,000 Bq/kg of Caesium-137: ash and sludge may be deposited in household waste landfills. The Tokyo electoral district buried 6000t in a disposal site along the bay.
1kgあたりセシウム137が100-8000ベクレルの場合:灰と汚泥は、一般ゴミ処理場で預かってもよい。東京地区は、東京湾沿いのゴミ処理場に6000トンが埋め立てられました。


-Between 8,000 and 100,000 Bq/kg: the waste can be landfilled in secure sites to be designated or existing sites dedicated to industrial waste. Constructive precautions such as roofing, the installation of geomembrane sealing or packaging, such as the encapsulation of drums of waste in concrete, shall be taken to reduce pollution of groundwater.
1kgあたり8000-10万ベクレルの場合:指定された安全な場所、あるいは既存の産業廃棄物用に開設された場所に埋め立てられます。屋根、geomembraneシールの取り付け、廃棄物のドラム缶をコンクリートで包むというような、構造上の予防策は、地下水汚染を削減するために取られなければなりません。
(環境省からの通達は、こちら。)

-Above 100,000 Bq/kg: the waste must be confined in sealed packaging and the storage perimeter will be surrounded by piles of concrete in order to absorb radiation. Sites remain to be designated and local population refusal has begun.
kgあたり10万ベクレル以上の場合:廃棄物は、密封された梱包に閉じ込めなければならず、保管所周辺は、放射能を和らげるためにコンクリートを積み上げたもので囲む。その場所は指定され、地元住民の拒否が始まっています。

(一連の環境省からの放射性廃棄物処理についての通達は、こちら。)


By way of comparison, in France, waste contaminated with 100 Bq/kg caesium-137 is normally considered Very Low Level waste and from 8000 Bq/kg as Intermediate Level waste. All these waste items should be stored in specialised ANDRA (National Agency for Radioactive Waste Management) sites.
ところで比較で見てみると、フランスでは、kgあたり100ベクレルのセシウム137で汚染されている廃棄物は、通常「低度廃棄物」とされ、8000ベクレルから「中度廃棄物」とされています。これら全てはANDRA(国営放射性廃棄物管理エージェンシー)の保管所で貯蔵されなければなりません。


As of 30 July, according to information released by the Japanese Ministry of Health, 37,000 tons of sludge are to be treated as radioactive waste.
7月30日の時点で、厚生省の発表によると、3万7000トンの汚泥が放射性廃棄物として取り扱われなければならない、とのことです。


As of the end of August, the Ministry of the Environment stated that the ash from 42 incinerators exceeds the threshold of 8000 Bq/kg and public service television and radio network Nihon Hoso Kyokai (NHK) surmised that there were now 50,000 tons of radioactive sludge. Some water treatment stations had to suspend their operations, their workers being exposed to unacceptable levels of radioactivity.
8月下旬の時点で、環境省は、42箇所の焼却場からの灰が、kgあたり8000ベクレルを超えていて、NHKは、今では5万トンの汚泥があると推測しました。いくつかの浄水場は、停止しなければならず、作業員は、許容範囲を超えた放射能を被曝していました。
(16都県の焼却施設のセシウム濃度測定結果は、こちら


It has only been since 28 July that the Japanese government has made plans to develop legislation placing responsibility for radioactive waste scattered in Fukushima Prefecture and other affected prefectures under the technical and financial responsibility of the State. This law has still not been enacted and it would require TEPCO and all nuclear reactor operators to fund waste management.
7月28日になってやっと、日本政府は、国の技術的、財政的責任のもとに、福島県と、他影響を受けた都道府県に飛散した放射性廃棄物についての責任の所在を明らかにする法律を作るための計画を立てたのです。 この法律は、まだ制定されていなく、東電と他の全ての原子炉オペレーターに、廃棄物管理の資金を要請することになるでしょう。


Having failed to anticipate this type of radioactive contagion, Japan is in the process of simultaneously contaminating its logistical means and its household waste, water and sewage treatment facilities.
このような放射能伝染状態を見越すことに失敗してしまい、日本は、論理的な方法と、一般廃棄物、浄水、下水処理施設を同時に汚染してしまっている過程にあるのです。


In May 2011, the government issued a waste management plan for the double disaster of the earthquake and tsunami: classification is encouraged. The roles of the three levels, governmental, prefectural, territorial, were reiterated and defined. Cooperation for the elimination of waste between the prefectures and regions is encouraged. The risks from asbestos, treated wood, dioxins and toxic waste in the wrecks of cars and ships were underlined. No mention about radioactivity.
2011年5月に、政府は、地震と津波の2重の災害から発生した廃棄物管理計画を発布しました。区分けが強調されました。政府、都道府県、市町村の役割が何度も繰り返され、定義されました。都道府県と市町村間の廃棄物除去が奨励されました。アスベスト、処理済の木材、車や船の残骸から生ずるダイオキシンや有毒な廃棄物のリスクは明白にされました。放射能については、言及されませんでした。


The overall amount of post-earthquake and post-tsunami waste is still unclear: 25 million tons according to the government; 80 million according to experts at the Japan Research Institute; 100 million tons according to the Japanese national broadcaster; about half of the annual production of household waste throughout the Japanese archipelago according to Kyoto University or 15 times the annual waste production of the three most affected prefectures - Fukushima, Iwate and Miyagi.
地震と津波の後の廃棄物の全容は、まだはっきりしていません。政府によると、2500万トン。日本総研によると8000万トン。NHKによると1億トン。京都大学によると、日本列島を通して1年分の一般家庭ゴミの約半分、あるいは、被災地、福島、岩手、宮城県の3県の1年分のゴミの15倍、といわれています。


japan-tsunami-lone-pine-lg Terra



In the port town of Ishinomachi, the tsunami waste was equivalent to 100 years of collection. The grouping of raw and sorted waste on temporary sites will take, according to estimations, another two to four years not to mention the complex recycling, disposal and monitoring phases which will last two to three decades.
港町の石巻では、津波による廃棄物は100年分にも及びました。一時置き場の生ゴミ、分別ゴミの仕分けは、推定で、処理に2-4年かかり、さらに様々な、リサイクル、処理、モニタリングの段階は、20-30年続くでしょう。


The preliminary phase of consolidation has come up against a crisis regarding available space. Interim storage facilities are installed in parks, stadiums, wasteland, on tarmac.
整理の準備段階は、利用できるスペースに関して危機的状況に直面してきました。当座の保管施設は公園や、スタジアム、荒地や滑走路などに、備えられました。


This sudden and significant intake is partly due to a shortage of legal landfills. Recycling of all materials is complicated by the presence or suspected radioactive contamination and salt deposits in plant or demolition waste submerged by the tsunami.
この突然な、相当の受け入れは、法的な埋立地の不足からもきています。全ての素材のリサイクルはそれ自体が複雑で、放射能汚染や、植物の塩分堆積、津波で水浸しになった建物が崩壊したときの瓦礫などが疑われるのです。


Incineration and co-incineration in cement kilns are encouraged by the government, prefectures and local authorities are eager to reduce waste volumes, while the radioactive contamination and salt deposits slow or prevent these operations. The excess salt is a pollutant for cement and salt green waste emit dioxins while burning.
焼却か、セメント釜での共同焼却が政府に奨励されています。都道府県も市町村の行政も、廃棄物の量を削減するのに熱心ですが、汚染や塩分堆積が作業を遅らせ、妨げているのです。過度の塩分はセメントの汚染源となり、塩分の付着した植物廃棄物は、燃やすとダイオキシンを放つのです。


The accumulation of wood waste could reach 20 million tons. It was also feared and found that around the demolition rubble there was high asbestos level. The Law on the total prohibition of the use of asbestos only dates back to 2006.
木材廃棄物は、2億トンに達し得ます。アスベストのレベルが高い建物崩壊時の瓦礫が恐れられ、そして見つけられています。アスベストが法で完全に禁止されたのは、2006年からだけなのです。


In the three tsunami target areas, one million tons of scrap metal would be available if they were to be eventually removed from the demolition magma and sorted, but even still recycling the second melting is going to cause problems with regard to technical acceptability due to radioactivity and subsequent risks for Japanese people and those further afield, should the scrap iron be exported.
最終的に瓦礫のマグマが乗り除かれて、分別された後に、3つの津波が襲った地区には、金属の破片が100万トン残ります。これらの金属を溶かしてリサイクルするのは、放射能物質のため、専門的に許容できるか、と言う問題と、それに伴う日本人に対しての、さらに、その鉄の破片が輸出されるならば、そのずっと先にいる人たちへのリスクについて、問題を引き起こすことになるでしょう。


This summer, a new aggravating factor emerged. The waste has been invaded by millions of flies and other insects attracted by decaying food and moisture. 200,000 tons of fish and other seafood products stored in ports in industrial freezers were destroyed or damaged.
この夏、新しく、さらに悩まされる問題が表面化しました。腐敗した食物や湿気に引き寄せられた何百万というはえや、他の昆虫が押し寄せたのです。港や、工業用冷凍庫に保管されていた20万トンの魚や魚貝食品が、だめになり、損害を受けました。


A massive spraying of insecticide was carried out in June by the army or temporary fishing port workers. The Ministry of the Environment has stated that at least 55,000 tons of decomposing seafood were immersed across 50 miles of coastline.
自衛隊や、漁港の臨時作業員により、6月に殺虫剤が大量にかけられました。環境省は、50マイルの海岸沿いに、少なくとも5万5000トンの腐敗した魚介類を埋めたと述べました。


Sludge and sediment, generated by the tsunami, will be ocean dumped under certain conditions subject to multiple interpretations, which open up new concerns for the sea and its resources.
津波により発生した泥と沈殿物はあらゆる解釈付の明確な条件のもと、海に捨てられるでしょう。それは、海や海の資源にとっての新たな懸念を生むことになります。


130 plants processing and storing toxic products have been destroyed or damaged by the tsunami. Hundreds of oil spills have been visible to the naked eye. 25,000 hectares of land, greenhouses and agricultural cooperatives have been washed out. The sludge and sediment are poly-polluted.
加工された130の植物と、貯蔵されていた有毒の生成物が津波で破壊され、損傷を受けました。石油が漏れているのが何百も肉眼で目撃されました。2万5000ヘクタールの土地、温室、農協が流されました。泥や沈殿物は、多量に汚染されました。


Medical bodies have observed that amongst those most at risk from respiratory, asthma, skin and eye problems, a set of conditions had already been noticed after other disasters where the survivors were subjected to inhalation and clouds of toxic compounds and dust.
医療団体は、呼吸器、喘息、皮膚や目に問題を抱えた最も危険度の高い人々を見守っています。これらの症状は、既に他の災害の生存者が吸入したり、有毒な混合物やほこりの煙に曝されることで認められていることなのです。




国は、「ここは危険なので、もう住めません。」となぜか言えない。

地元の自治体は、何とか人に帰ってきてもらい、元の笑顔、活気のある町を取り戻したい、

という切ない希望を転換できないでいる。

必死で、除染の計画を立てる。

地域行政が除染の計画を立てただけで、国は避難勧告を解除。

除染が、通常の安全な状態まで持っていくことが現実的でないと気づき、

年間許容被曝量を緩めることを考える、国。

みせかけの条件を整えて、

みんな笑顔で戻って来れるのでしょうか???


放射能は消えません。除染=放射能の移動です。

と言うことは・・・

しようとすればするほど、汚染は広がりませんか?

放射能だけでなく、他の有害物質も、です。

全ては、かつて、自然界になかったもの。

人間がいなければ、存在していないもの、です。



汚染された土地を元に戻すために、汚染土を他の土地で引き受け、

瓦礫を他の土地で処理し、

海に捨て、

不安と汚染を日本全体、さらには地球全体に拡大するのではなく




奪われた生活から新たに出発しようと新しい土地にやってきた被災者の人たちを、

温かく迎え、悲しみや悔しさに寄り添い、

あるいは、新たな土地の新たなコミュニティーを作ることを支援することが、

皆が笑顔になれる復興ではないでしょうか?



全ては、「住民を戻し、元の場所で復興する」という考えから逃れられないところに、

今の悲劇があるのだ、と思います。

早く、これを断ち切り、転換させなければ、と願います。



元のきれいだった土地に、安全基準を変えなければ住めない、

そのようなところの住民、ペット、家畜は出す

汚染された廃棄物、瓦礫は出さない。他に飛散した汚染を、ここに戻す

汚染が拡大しないよう、囲いをめぐらせ閉じ込める




取り返しのつかないことが起きてしまったのだ、と言う事を潔く認め、

潔い決断を!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/531-281b54d3

コメント
賛成。

なんで、現実を現実のまま、受け入れられない?

元には、永遠に戻らない、戻せないって、どうして、理解しないんだろうね。

島国の内側から捉える発想と、外から見るひとのOut side boxなる、視点からの違い。。だけとは、思えないよね。。

【2011/10/09 11:29】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

きっとカナダなら早い段階で、こんな政策をバシッと出しているでしょうね。
残るのは自由。自分の責任で、みたいな。白、黒、はっきり!!!

難しいことはたくさんあるけど、理屈の通る、誰もが理由を納得できる基本方針を、明確に国民に打ち出さない日本政府に、苛立ちを感じるときがあります。国民性?わからない・・・・日本を長く空けすぎたかな???それとも、もともと、そういうことが理解できないから、今、カナダにいるのかな???それとも、原発問題だから?

http://iwaiff.com/201110/jp/friends/friends_after_311_movie_koide.html
この動画見てみてください。映画監督の岩井俊二氏の小出裕章氏へのインタビューです。

そして、今日の、瓦礫についての小出氏の発言。
http://www.youtube.com/watch?v=_uJpozSaSkY&feature=player_embedded

でも私は違うとおもうんです。
やっぱり基本は、戻らない。
諦めが悪いだけなのでしょうか・・・
少しでも多く、きれいなところを、子供たちのために残したい。です。
少しでも未来を明るくしなければ、だめですよね。絶対!

【2011/10/10 22:50】 | Blue Dolphine #- | [edit]
今のままだったらさぁ、私たちが、また息して、生きている間に、日本の30%くらいは、放射能汚染と、汚染された瓦礫と、その他有害物質を含む瓦礫で、影響を受ける土地。。と化すかな。。海も心配。自然にそんなに早い浄化能力はないわけだし。

でも、だだもれは、まだ、終わってないし、最終的に冷却保存体制に入ってからだって、永遠にだれかが、その温度管理と、絶対的保全を守り続けなくちゃならない。。。

小さな島国が、これから、未来永劫そんな苦労と共に歩む。。って、なんたる悲劇。一国も早く、世界中の人が、ちゃんとこの惨劇から、学んで、同じことを繰り返さず、無知の名の下に、汚染を動かし、薄めたとしても、広げる。。。てのは、やめて欲しいし、やめなかったら、どうなっちゃうのぉぉぉぉ?? 今、見えないから、感じないから。。って、平気。。っていう憶測が、連れてくる事実、現実。。を見るのが、怖いよなぁぁ。

政治の問題だけじゃない。人としての、正しい知識と叡智の構築。。。時代の流れより早く、これを構築しないと。。。。。。。
【2011/10/11 16:20】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

30%が汚染されないで残るかどうか、というところでしょうか・・・100%すでに汚染はされちゃってますよね。程度の問題で・・・今までの核実験や、チェルノブイリでも、日本に放射能がとんできているわけですし・・・海は、今でも毎秒2億ベクレル放出されているそうで、それでも、激変したのだというのだから、そのうち海の幸なんて、食べるものではなくなるかもしれませんね。(これは、かなり悲しい・・・)

イギリス、フランス、イラン、インド・・・・福島なんて、なんのその、で原発推進してます。アメリカもですよね。そんな国のメディアは、日本よりひどいときがある・・・まだまだまともなことを伝えているメディアは世界中でも少ないみたいです。カナダも・・・いまいちです。

私は、自分が被曝して病気になるより、財力や権力に心を汚染されてしまった時の、人間の悲しい現実のほうが怖いような気がしています。息子たちが被曝で病気に苦しむことになったら、深い憤りに変わるだろうなぁ・・・今希望が持てるのは、財力や権力に汚れていない市民の力だけです。どんなにつらい現実も、生き方によっては満たされることができると、信じてるんです。

めいこさんの念力で、この「気づき」の波をもっと、もっと、広げてください!!
【2011/10/13 21:48】 | Blue Dolphine #- | [edit]
汚染瓦礫焼却についてずっと考えていましたが、bluedolphineさんと同じ意見です。
汚染瓦礫受入可能表明をした自治体の中で、名前を公表したのは半分です。
名前を公表した自治体の住民は反発できるけれど、公表していない自治体の人々は反対表明もできないまま、いきなり瓦礫が持ち込まれるのでしょうか・・・。

bluedolphineさんの言われるように、政府は全国の自治体に汚染瓦礫受入を要請するのでなく、「新たな土地の新たなコミュニティーを作ることを支援する」為に、福島の人々が移住可能な土地の有無を全国の自治体に問い合わせるべきです。
除染が意味を成さないほどの高濃度汚染地域の除染も、福島の第一次産業継続も諦め、福島に放射能の墓場を作って、そこで瓦礫の管理を。

そうすれば、瓦礫・汚染食物・除染の問題よりも、もっともっと心配な、福島の子供たちの移住問題も解決できます。
でもどうしたらいいのでしょう?

少しでも放射能の影響を少なく見せかけるため、緊急時避難準備区域を解除し、既に相当量の被曝をしている小さな子供たちに、もっと被曝をさせるんです、日本政府は。
そして、区域に戻る住民には「危ない!戻らないで!」と叫ぶ人々の警告は通じません。
いろんな事情で戻らざるをえない方もいるでしょうが、「危険だと信じたくないから信じない」人の方が多いのではないでしょうか。

政府の方針は変わらない。
いまだに政府を信じ切っている住民にも放射能の危険性が伝わらない。
もうどうしたらいいのか、途方にくれます。

『福島~真実のための戦い(前編)』のコメント欄でbluedolphineさんが言われているように、今後は「グローバル規模の市民が、真の専門家や医学に携わるものと共に独自で、防護コミュニティーを作って」いくしかないと思います(bluedolphineさんの先を行く考えにはいつも感嘆しています)。
でもそれには時間がかかるでしょう。
それまで、何の罪もないたくさんの子供たちが被曝していくのをずっと見ているしかないと思うと、やり切れなくなります。
【2011/10/14 22:22】 | ruru #- | [edit]
ruruさん

「危険だと信じたくないから信じない人」は、たくさんいるのでしょうね。
どうしても認めたくない人もいると思いますし、知るのが怖くて知ることを避けている人もいるかもしれません。自分のことだけで精一杯で、他の人のことを考えるより、まずは自分の問題を解決したいと、それぞれの悩みのなかで、毎日が精一杯の人もいると思います。長年の洗脳状態から抜け出せない人も沢山いるでしょう。忙しすぎて、視線が低くなってしまい、目先のことで精一杯で、全体像や先のことが見えない人も多いと思います。

その一方で、知らなければいけない、と強く思う人もいて、知ってしまったら、もうそこからは逃げられなくなる人も、沢山いるのでしょう。放射能問題に向かうとき、岩井俊二氏の「Friends after 3.11」じゃないですが、とても深い新しい友情が生まれるのかもしれません。そして、今までの人間関係に、すこし隙間風が吹くこともあるのかも・・・だから、今までタブーとして、避けられてきたのかもしれないですね。そして、だからこそ、ここまで原発推進の仕組みが強固になってしまったのでしょう。

今、本当に、その人それぞれの人の価値観が、それぞれの人が一番大事に思っているものが、それぞれの人の生き方が、手に取るようにわかるなぁ、と感じています。

いろんな人がいて当然だし、それぞれに、それぞれの大切な想いを背負って日々生きているのだと思います。

人の命が一番大事、と思う政治家もいれば、経済成長が一番大事、と思う政治家もいます。中には私利私欲や、権力争いにがんじがらめにされてしまっている人もいるのでしょうが、本当に日本のことを考えて、それぞれの価値観を描いている人も多くいるのだとも思います。

私は、どんな価値観を持った人も、一人でも多くの人が、人としてのそれぞれの尊厳を持って最後まで生きられる日本になって欲しいと思っています。これからの厳しい未来を見たくないなら今は見なくてもいい。でも、そのときが来てしまった時に、そんな人も絶望のどん底に突き落とされておしまい、ということのないような仕組みを、どうしてもつくっておきたいと願っています。

そのためには、誰になんと言われても、元に戻らない土地に住む人を外に出し、放射能物質はできるだけ元に戻らない土地に保管する。と言うことを実現して欲しいです。汚染を広げない、被爆者を増やさない、被曝量を最小限にとどめる。これは基本中の基本だと思います。

気付いたところから、できることをやっていくしかないですね。そういう草の根運動は、少しずつ強固になってきていると、そう信じます。誰かを変えよう、とか、政治を変えよう、とか、そうではなくて、ひたすら、自分の信じることを、あきらめずに、力尽きるまで、1つずつやっていこう、と思っています。自分と違う人も、今の政治も、全部受け入れちゃいましょう。変わってくれたら嬉しい。でも変わらなくても、それでもよい。それなら、自分が変わればよい。きっと、いつか自然に変わっていく。それを前提に、できることを。毎日本当に手探りです。

つらくなったら、又お話しましょうね♪

ruruさん。いつもうれしいコメントありがとうございます。
【2011/10/16 21:10】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。