スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の残留者~動物を守るために

 2011-10-05
少し前にABCニュースで伝えられた、動物のために、福島立ち入り禁止警戒区域に留まっている方についてのレポートです。

abc_australia_logo.jpg




Nuclear hold-outs refuse to leave Fukushima
放射能残留者、福島に留まる




Australian Broadcasting Corporation
Broadcast: 26/09/2011
Reporter: Mark Willacy


ALI MOORE, PRESENTER: They're known as the nuclear holdouts: Japanese people refusing to leave their homes even though they're in the contaminated no-go zone around the stricken Fukushima nuclear plant.
アナウンサー:放射能残留者として知られている人たちがいます。打撃を受けた福島原発の周辺、立ち入り禁止汚染地区内にも関わらず、自宅を後にすることを拒んでいる人たちです。


In one community, Naraha, which is 20 kilometres from the plant, only four out of the original 8,000 inhabitants remain.
立ち入り禁止地域のうちの一つ、原発から20kmの楢葉町では、8000人の住民のうち、4人のみが残っています。


North Asia correspondent Mark Willacy was given rare access to the evacuation zone to visit one of the nuclear holdouts.
北アジア特派員のMark Willacyは、その残留者の一人を訪れるため、避難地区へ入ることを、特別に許されました。


MARK WILLACY, REPORTER: It's a journey into a ghostly world. Sansai Yamauchi is taking me to see his hometown, the place where he was born and raised.
マーク:亡霊の世界への旅です。ヤマウチ・サンサイさんは、彼の故郷に私を案内してくれました。彼が生まれ育ったところです。


But to get to Naraha, he needs special authorisation because his community now lies in the nuclear no-go zone.
しかし、楢葉町に行くためには、特別の許可が必要です。今ではそこは、放射能立ち入り禁止地区とされているからです。


SANSAI YAMAUCHI, NARAHA RESIDENT (voiceover translation): I worry I will never be able to live here again. It's not safe for the children. The whole place has to be decontaminated.
ヤマウチ:もう二度と再びここに住めないのではないかと心配です。子供たちにとっては安全ではありません。どこもかしこも除染しなければならないところばかりなのです。


MARK WILLACY: Naraha's 8,000 residents have fled, but Mr Yamauchi is taking me to meet Keigo Sakamoto, one of the four refusing to budge.
マーク:楢葉町の8000人の住人は、避難しています。しかし、ヤマウチさんは私をサカモト・ケイゴさんのところに案内します。彼もそこを動くことを拒絶している4人のうちの一人です。


Well Yamauchi-son says he doesn't think he needs any sort of protective clothing, but we've been advised that we should really put this on, so we will. And we're now here coming to meet one of the nuclear holdouts, a man called Keigo Sakamoto. And as you can hear, he's still here on his farm.
ヤマウチさんは、防護服など必要ないと思う、と言います。それでも、防護服を着るように忠告されています。なので、そうします。さて、サカモト・ケイゴさんという残留者の一人に会いに来ました。(動物たちの声が)聞こえてくるように、彼はまだ自分の農場にいます。


Mr Sakamoto's ramshackle farm has become a haven for abandoned animals and there's no way he's going to walk away from his two dozen dogs or his menagerie of geese, chickens and goats.
サカモト氏のがたがたになった農場は、置き去りにされた動物たちの天国となっています。サカモトさんは、24匹あまりの犬や、ガチョウ、鶏、ヤギの群れから立ち去ることなどできないのです。


KEIGO SAKAMOTO, NARAHA RESIDENT (voiceover translation): With all my animals there are about 500 lives here. My animals are everything to me. Plus I was never told officially to evacuate.
サカモト:ここにいる動物たちは、大体500匹くらいです。この動物たちが自分にとって全てなのです。それに、正式に避難するようにとは、一度も言われていません。


MARK WILLACY: We push further into Naraha and the nuclear no-go zone. Once a thriving community, it's now abandoned, overgrown, deathly quiet and contaminated.
マーク:私たちは、楢葉町をさらに突き進み、放射能立ち入り禁止地区に行きました。かつては繁栄したその地域も、今では人気がなく、草が生い茂り、恐ろしいほどの静けさで、汚染されてしまいました。


SANSAI YAMAUCHI (voiceover translation): The local government is working hard preparing things so that residents can return home. But because of the contamination, I don't believe we can come back for at least another five years.
ヤマウチ:地域の行政は、住民を戻すための準備を必死で進めています。しかし、この汚染では、最低5年は戻って来れないと思います。


MARK WILLACY: Mr Yamauchi then goes to visit the other three holdouts, members of the Kato family. But a note on the door reveals they've gone hunting for supplies, so Mr Yamauchi leaves them some bottled water.
マーク:ヤマウチさんは、他の3人の残留者を訪ねます。カトウさん家族です。しかし、物資調達に出かけていると書かれたメモがドアに貼られていました。なので、ヤマウチさんは、そこに飲料水のボトルをいくつか置いていきました。


He prepares to leave Naraha having once again failed to convince any of the holdouts like farmer Keigo Sakamoto to come with him.
彼は、楢葉町を離れる準備をしています。サカモト・ケイゴさんのような残留者のみんなに一緒に来るように説得をしましたが、また、だめでした。


KEIGO SAKAMOTO (voiceover translation): Of course I'm worried about my health, but I have no other options. I just can't abandon my animals.
サカモト:もちろん自分の体は心配です。でも、他に選択肢はないのです。この動物たちを見捨てることができないだけです。


MARK WILLACY: But before Mr Yamauchi drives away, he checks on his own home, where the remains of his final meal there still sit on the table. It is now time to leave and let Naraha slip back into its deathly silence.
マーク:ヤマウチさんは、車で立ち去る前に、自宅を確認しました。そこには、彼が食べた最後の食事が、まだテーブルの上にありました。ここを去る時が来ました。そして、楢葉町は、また、恐ろしいほどの静寂に戻っていくのです。




そんな風な現実の中、国の考える救済策とは・・・


やはりABCからです。

Japan set to lift some Fukushima restrictions
日本政府、福島一部(緊急)避難(準備)地区解除



ABCラジオからです。[CLICK PLAY TO LISTEN]をクリックすると、ラジオが流れます。

Mark Willacy reported this story on Tuesday, September 27, 2011 12:30:00


PETER CAVE: The Japanese government has announced it will be lifting the evacuation advisory for five towns near the crippled Fukushima nuclear power plant.
ピーター:日本政府が、崩壊した福島原発付近の5つの町の避難勧告を解除すると、発表しました。


The order will allow about 30,000 people to return to their homes once they have been decontaminated.
このことにより、除染が完了すれば、3万人の人々が自宅に戻れることになります。

I spoke to our North Asia correspondent, Mark Willacy who had just returned from a trip within the exclusion zone.
避難地区への旅から戻ったばかりの北アジア特派員、Mark Willacyに話を聞きました。


MARK WILLACY: Well it's saying that these municipalities in this area which is about 20 to 30 kilometres from the Fukushima plant have promised to decontaminate their areas, they've promised to restore what they're calling lifelines to meet the conditions for lifting this advisory.
マーク:さて、問題のこれらの町は、福島原発から20kmから30km圏内の地域にあり、この地区の除染と、勧告を解除するための条件に見合うライフラインを回復することを約束しました。


So there is a feeling that these communities aren't as contaminated as the ones closer in to the Fukushima plant. So it means that about 30,000 people can return home. These areas weren't under a compulsory evacuation order, this was just an advisory which meant that residents could either evacuate or they should remain indoors.
それは、これらの地域が、福島原発からもっと近い地域より、汚染されていないという印象があります。なので、3万人の人々が自宅に戻れるということを意味しています。これらの地域は、強制避難命令が出ていた場所ではありませんでした。住民は避難もできるし、室内に留まるように勧告されていただけなのです。


Now about half of the people stayed about half left so those other half, the 30,000 can return, probably from around the weekend.
今は、約半数の人々が留まり、もう半数の人々が立ち退きました。なので、この半数の3万人が、おそらく週末あたりに戻れるのです。


PETER CAVE: Given the amount of disinformation that's been put out by the power companies and to some extent by the government, are people going to be confident to do that?
ピーター:電力会社と、ある程度は政府からも出されていた故意の誤報のことを考えると、人々は戻ることに自信があるのでしょうか?


MARK WILLACY: Well that's the big question. These municipalities involved, there are five of them, seem to believe that the situation is under control. They've convinced the central government in Tokyo that that's the case. So if these residents do believe their local government then everything's okay.
マーク:えぇ、それが大きな疑問なのです。これらの町は、5つの町なのですが、状況が制御できる状況にあると信じているように見えます。東京の中央政府に、そうなのだと説得したのです。ということは、もし、住民が彼らの地域の行政を信じるのであれば、全ては大丈夫、と言うことのようです。


I think a lot of the distrust as you mentioned is towards TEPCO the operator of the plant and also the national government and the way it's handled the situation, there's been a feeling that it's been incompetent, indecisive, and that the political leadership really hasn't grasped the seriousness on the ground.
原発のオペレーターである東電と、日本政府には、ピーターが言及しているように、大いに不信感を感じます。そして、この状況の取り扱い方を見ていると、無能で、決断力がないように感じられ、政府のリーダーシップは、現場の深刻さを全く把握していないようなのです。


Now these local governments are saying we have got the situation under control, so please come back, we'll get everything de-contaminated and we'll get our lives back to normal. But for the communities closer in, within 20 kilometres of the plant and including some even further out that are hot spots, the future doesn't look quite as rosy.
現在、地域行政は、コントロールが可能な状況まで達したと言っています。なので、戻ってきて欲しい、と。全てを除染し、通常の生活に戻すと言うのです。しかし原発から20km以内、ホットスポットのあるさらに遠いところまでも含めて、原発に近い地域にとっては、その未来がばら色のようには見えません。


PETER CAVE: Given the number of people that have to be moved and the cost of de-contamination, I guess the bill is going to be substantial?
ピーター:移住しなければならない人々の数と、除染のコストを考えると、その法案は実質的なのでしょうか?


MARK WILLACY: That's right and the bill is actually being discussed at the moment here in Tokyo and you know you are talking about tens of billions of dollars and in fact we're also talking about compensation bills for TEPCO, the operator of the plant.
マーク:そのとおりです。この法案は実際に、この瞬間、ここ、東京で議論されています。お察しのとおり、これは、何十億ドルという単位の話で、原発のオペレーター、東京電力の賠償法についての話でもあるのです。


And we've had a government panel overnight say that it is looking at four trillion yen in compensation costs at least. Now four trillion yen at today's exchange rate is about $AUD53 billion. So that Tokyo Electric Power Company, or TEPCO, is facing a hefty bill but it's probably a bill that will be passed on to the Japanese government and from there to the Japanese consumer.
政府審査委員会が昨夜にかけて開かれ、最低賠償金として、最低4兆円を見ていると述べました。なので、東京電力は、高額の請求に直面していて、それは、日本政府に、そして日本の消費者に回されるかもしれないのです。


PETER CAVE: You've just come back from the exclusion zone, just give us some idea what it's like up there.
ピーター:マークは、避難地区から戻ったばかりですが、どのような感じだったか教えてもらえますか?


MARK WILLACY: Well it's quite eerie in parts. You drive along roads that have no other cars on them, there are men standing on the side of the roads wearing contamination suits. They look rather ghost like. So it is a very creepy scene.
マーク:えぇ、所々で、とても不気味な感じでした。車の全く走っていない道をドライブしていると、道端に防護服を着た男性が何人かいました。彼は亡霊のように見え、身の毛のよだつ情景なのです。


r832859_7687474.jpg


And then you go into these communities where there's just not a soul around, the only living things are the odd stray dog or cat, saw some cows, farm animals that have been left to fend for themselves. We saw some dead farm animals too.
そして、あたりに生命が感じられない所に入っていき、生き物といえば、野良犬や野良猫だけで、自分たちで何とかやっていくように取り残された牛や家畜も目にしました。家畜の死体もありました。


So it is a rather eerie, creepy feeling but it's like one of those science fiction movies where everyone's just disappeared overnight and you're the only one left in the town and it's going to be a long time before I think we'll see people back in those sorts of communities that are quite contaminated.
なので、それは、ぞっとする、身の毛のよだつような感じなのですが、一晩にして人が皆消えてしまい、その町に、自分ひとりだけ残されるという、サイエンスフィクション映画のようであり、こんなにも汚染されてしまった地域に人々が戻るのには、長い時間がかかるだろう、と思えるのです。

PETER CAVE: Our North Asia correspondent Mark Willacy in Tokyo.
ピーター:北アジア特派員、東京のMark Willacyでした。






そして・・・
9月30日。。。


「指定が解除されたのは広野町全域、南相馬市、田村市、楢葉町、川内村の一部で、対象住民は計約5万9千人。国や県、各自治体が放射性物質を取り除く除染を進め、安全が確保され次第、ふるさと帰還が実現するとみられる。」
共同通信より)



サカモトさんが動物たちと暮らしている農場は、解除された地区なのでしょうか?


除染も、ライフラインの復旧も、まだ計画が提出されただけで、何も現実となっていないのに、解除すると言うのは・・・?

安全が確保されて、初めて解除される、と言うのが、民主制の世界の常識的論理だと思っていました。


達成感も、安心も、喜びも、何も感じられないこの解除宣言。


政府の政策の信用がさらに失われただけのような気がします・・・


自分の命と、動物の命との狭間で、おそらく一瞬一瞬に、それぞれの命を感じながら生きているサカモトさんと、政府がその場しのぎで表明している政策の、この大きなずれは、一体・・・・


「残る」と決死の覚悟で決断した人と、「避難する」と苦渋の選択を決意した人。

この両者ともを支援する政策が必要です!!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/529-b8ef93cf

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。