スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島~真実のための戦い (前編)

 2011-09-28
カナダ、モントリオールが拠点の、人道支援、教養を広めるための福祉活動などを目的に、2001年9.11が起こる2日前の9月9日に設立された、独立したリサーチ、メディアNPO、The Centre for Research on Globalisation (CRG)の記事です。





topbanner.jpg


Fukushima and the Battle for Truth

Large sectors of the Japanese population are accumulating significant levels of internal contamination
広範囲の日本人に相当量蓄積している内部被曝

by Paul Zimmerman
Global Research, September 27, 2011


26798.jpg


Fukushima’s nuclear disaster is a nightmare. Ghostly releases of radioactivity haunt the Japanese countryside. Lives, once safe, are now beset by an ineffable scourge promising vile illness and death.
福島の原発事故は悪夢です。放出された放射能が、日本の田舎の地方を亡霊のようにつきまとっています。かつては安全だった生き物たちが、今では、悲惨な病気と死を約束している、言葉にならないような災難に悩まされているのです。


Large sectors of the population are accumulating significant levels of internal contamination, setting the stage for a public health tragedy.
広範囲にわたる住民が、かなりのレベルの内部被曝を蓄積しています。それは、日本人の健康を悲劇の段階へと導くのです。


A subtle increase in the number of miscarriages and fetal deaths will be the first manifestation that something is amiss. An elevated incidence of birth defects will begin in the Fall and continue into the indefinite future. Thyroid diseases, cardiac diseases and elevated rates of infant and childhood leukemia will follow. Over the next decade and beyond, cancer rates will soar.
最初に現れてくるのは、流産や胎児の死がほんの少し増えるという、何か変だ、という現象でしょう。胎児の障害の事例が増え始めるのは秋でしょう。そして、それはずっと後まで続くのです。甲状腺の病気、心臓の病気、そして、乳幼児、子供の白血病の上昇が後に続きます。10年、そしてもっと先まで、癌の率が急上昇します。


Chernobyl was the harbinger of this heartbreaking scenario. It taught mankind the inescapable biological truths that emerge within populations internally contaminated by heightened levels of fission products. And yet, government and industry schemers attack these truths as unfounded scare-mongering. With cold indifference, they deny that Chernobyl was a mass casualty event. They turn a blind eye to a huge body of research and deviously proclaim that no evidence exists that more than a handful of people suffered harm from the Ukrainian disaster. They publish propaganda, draped in the guise of science, that dismisses the hazard of low levels of internal contamination. Believing their subterfuge to have been successful and intoxicated by their hubris, they are already positioning themselves to stage-manage the public’s perception of Fukushima.
チェルノブイリは、悲痛なこのシナリオの前兆でした。その事件は人類に、逃げることのできない生物学的な真実を教えたのです。それは、核分裂の産物のレベルのが高まることで、内部汚染されてしまった人々に現れます。それでも尚、政府や業界の陰謀者たちは、これらの真実を、根拠のなく怖がらせているのだと非難するのです。そして冷ややかな無関心さで、チェルノブイリが、大量の犠牲者を出した事故であったことを否定しているのです。彼らは、大規模なリサーチ団体から目を逸らし、ウクライナの災害からは一握りの人がその害に苦しんだ、と言うこと以上のことを証明するものは何もない、と宣言するのです。彼らは、低レベルの内部被曝の危険を切り捨てるという、みせかけの科学で覆われた宣伝活動を展開するのです。それらのごまかしがずっと成功を収め、その傲慢に毒されてきたことを思えば、彼らは既に、自分たちが福島に関する人々の見方を管理している立場にいると思っているのです。


Japan’s government, its Nuclear Safety Commission, and the Tokyo Electric Power Company have already demonstrated that they will do everything in their power to keep citizens ignorant of what is taking place. The emerging health crisis is scheduled to be erased. Following a time-tested blueprint worked out by prior radiation releases around the world, data relevant to assessing the medical impact of the accident will not be gathered.
日本政府、原子力安全委員会と東京電力は、国民が何が起こっているのかについて無知であるように、その権力の下に、彼らが全てのことをするのだという態度を示しています。これから現れる健康上の危機は、全て消去されることになっています。過去、世界中で起きた放射能放出のとき、長期に渡り結果の出された青写真に続き、事故の医学的影響を査定するのに関係のあるデータを集めるというとはなされないでしょう。


Radiation doses to the population will be woefully underestimated. The hazards associated with low levels of internal contamination will be obliterated from all discussions of risk. Academic journals that support the nuclear agenda will be flooded with bogus studies demonstrating that no health detriment was suffered by the population. The heightened incidence of childhood leukemia will be attributed to some as yet unidentified virus unleashed by population mixing following the evacuations caused by the tsunami. (This theory is currently in vogue to deny that the heightened incidence of leukemia among children under five years of age living nearby to nuclear reactors is radiation induced.) The birth defects will be summarily dismissed as impossible because the risk models upheld by the International Commission on Radiological Protection don’t predict them. The possibility that the models are fraudulently constructed escapes consideration. (See a Betrayal of Mankind by the Radiation Protection Agencies, available as a free download at http://www.du-deceptions.com/excerpts.html.)
人々の被曝量については痛ましいほどに過小評価されるでしょう。低レベルの内部被曝に関連する危険は、危険性についての全ての審議から痕跡を消されるでしょう。原子力議事を支援する学会の会報には、人々が健康上の損害で苦しめられたという事実はない、というでたらめな研究を論証することで溢れかえるでしょう。子供の白血病の上昇事例は、津波が原因の避難がもたらした人々の移動で、まだ未確認のウィルスか何かのせいだとされるでしょう。(原発付近に住んでいた5歳以下の子供たちの白血病事例の上昇は放射能が引き起こしたのだ、ということを否定する理論が、現在流行しているのです。)胎児の障害は、国際放射線防護委員会(ICRP)が支持しているリスクモデルで予測されていないので、不可能だとして、即座に退けられるでしょう。そのモデルが不正に校正された可能性があり、考慮されないままになってしまうのです。(放射能防護エージェンシーによる人類の裏切りを参照ください。318ページに渡る英文です。。。)


How is TRUTH to gain ascendancy when blocked by this institutionalized matrix of deceit? What agency can possibly take the lead to accurately document the full scope of the disaster, identify its victims and those at risk, and publish trustworthy public health information? Who is going to take responsibility to protect the children?
この組織的虚偽の基盤に妨げられたとき、どの様に真実の優位性が獲得されるのでしょう?どのようなエージェンシーが災害の全容を正確に記録し、その犠牲者と危険性を認定し、信頼性のある人々の健康についての情報を出版するのを先導することができるのでしょうか?子供たちを守るという責任を負ってくれるのは、誰なのでしょう?


To wait for the government to come to the rescue is naive. The history of radiation accidents testifies that governments routinely betray their citizens in deference to their nuclear weapons program and the nuclear industry. No, only one alternative is open to the people of Japan. They must become proactive. They must seize the initiative and wrest control from government and industry of the “perception” of the catastrophe.
政府が救済しに来てくれるのを待つというのは、世間知らずというものです。放射能事故の歴史は、政府がいつも、核兵器プログラムや原子力業界を守るために国民を欺いてきたことを証明しているのです。いや、1つだけ選択肢が日本人に開かれています。先を見て行動しなければなりません。国民が主導権を奪い取り、この大惨事の「認識」について、政府や業界から、その制御力を取り上げるのです。



The accident at Fukushima demands that a peoples’ campaign be initiated to produce an honest assessment of the current situation, catalog the medical consequences as they emerge, and offer accurate advice as to how citizens can protect themselves. Using the internet as a platform, scientists from all relevant disciplines must band together with interested laypeople with something valid to contribute to create a widely distributed open source research project. The evolving online encyclopedia will archive all pertinent data and preserve it from future tampering.
福島の事故には、現状況についての誠実な査定を導くための人々のキャンペーンが着手され、医療上の経過が浮上するごとに列挙され、自分たちでわが身をどの様に守ればよいのかについて正確な助言が与えられることが必要なのです。インターネットを意見発表の場をして利用し、関係のある学問からの科学者たちが、広く行き渡る開かれたリサーチプロジェクトを創設するのに貢献できる有効な何かを持つ素人の人々と共に団結しなければならないのです。進化しているオンライン百科事典は、全ての適切なデータを保存し、後に不法に手を加えることから守ります。


The accident from its inception must be documented. With published reports frequently in conflict with one another, all available information, whether from government sources, citizen investigators or eyewitnesses, must be gathered for future evaluation. Worldwide meteorological data since March 11 must be assembled. All official and unofficial measurements of radiation in the environment, both in Japan and worldwide, must be collected and collated. This is essential information required for future epidemiological studies.
この事故は、その発端から記録されなければなりません。頻繁に衝突するそれぞれのレポートを出版し、政府の情報源であろうが、市民の調査者であろうが、目撃者であろうが、入手できる全ての情報が、後々の評価のために集められなければなりません。3月11日以降の世界規模の気象データが整理されなければなりません。環境中にある公式、非公式の放射能測定値が、日本と世界規模両方で集められ、対照されなければなりません。これは、後の疫学的研究に必要な、不可欠な情報なのです。


Contaminated agricultural areas must be identified. Samples of all edible material for human and animal consumption must be evaluated for safety. As suspected radiation-induced illness begins to appear in the population, healthcare providers and victims must make public their experiences. Initially, this information will be anecdotal but nonetheless invaluable. It will identify emerging trends of morbidity and mortality and define population subgroups requiring more systematic scientific investigation.
汚染された農地が特定されなければなりません。人間と動物が消費する食物の全てのサンプルが安全性を見極められなければなりません。放射能が誘発した病気だと疑われるものが人々の中に現れてきたら、医療関係者と犠牲者はその経験を公にしなければなりません。最初、この情報は逸話のようですが、それでもとても貴重なのです。その情報をもとに、病気や病死の傾向を認定し、さらに系統だった科学的調査が必要な特定のグループを明確にすることができるのです。


Researchers working alone or in groups must seize the initiative to pursue study in their fields of expertise and interest. (One excellent suggestion by Gordon Edwards of the Canadian Coalition for Nuclear Responsibility is the widespread collection of babies’ teeth to provide objective data on the geographic dispersion and uptake of strontium-90 [1].) Methodologies, data and results need be posted online as they become available. Free access to the whole body of work must be guaranteed so as to allow scrutiny by people from all over the world. Transparency must be paramount.
調査者は、個人であろうが、団体であろうが、その専門分野と関心のある分野での研究に従事する主導権を握らなければなりません。(カナダ核責任連合のGordon Edwards氏からのすばらしい提案のひとつは、赤ん坊の歯を広く集め、地理的な分布とストロンチウム90の吸収の客観的データを提供する、ということです。)方法論、データと結果は、オンラインで公開される必要があります。世界中の人々によりセキュリティーが許されるように、研究の全容へのアクセスが確保されなければなりません。情報公開が最重要なのです。


An open dialogue will allow divergent points of view to be fairly represented. Disagreements over research protocols or the interpretation of results will point the way to new avenues of investigation where clarification and consensus might be achieved. Objective investigation via the scientific method will be the final arbitrator of truth. The ultimate goal of this effort will be to produce an unbiased determination of the public health consequences of radiation released into the environment, assess the accuracy of current standards of radiation safety and identify how improvements can be made for the common welfare of humanity.
開かれた対話は、公平に、それぞれに象徴される異なった見解を導きます。リサーチの記録や結果の解釈に対する意見の不一致は、明確さや、意見の一致が達成されるための調査への新たな道を示すことになるでしょう。科学的方法を通しての客観的な調査は、真実への最後の調停者となるでしょう。この努力の究極の目標は、環境に放たれた放射線が人々の健康に与える結果についての、先入観のない決断を生み出し、放射能の安全性についての現在の基準についての正確性を査定し、人道において共通の福祉を果すためにどのような改善が可能なのかを見極めることなのです。


~つづく~

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/525-d8da305e

コメント
たぶん、彼らの分析が、これから起こることを言い当てているでしょう。じゃあ、そうだとして、福島の人を、どこに、集団疎開させますか? どこの自治体が、現実的に受け入れますか? 福島のがれき、土壌汚染除去といって、取り去った土じたい、受け入れてくれる先が見えない現在。 日本に住む日本人は、もう、出口も、逃げ道も、逃げ場所も無いことを、意識下の世界で、知っている。己を守ろうとするが故の、事実に向き合わない過小評価と、しばらくは、伴に耐え忍び、その先は、忍びがたい現実に、未来永劫向き合っていかなくてはいけない。。そんな、今を、そこに生きる人は、どう解釈して、どう、己の未来に打って出るんだろう。。。。ね。

私は、思いを巡らせるだけで、胸がつぶれちゃいそうな気分になります。悲しい。その悲しみと、なぜ、そして、どう、生きていく??????
【2011/09/29 20:27】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

津波の衝撃で、毎朝通っている通勤路も間違えるくらいの頭の混乱のなか起こった、原発水素爆発。そのときは、まだ日本の技術をもってして、大きな悲劇に発展するはずはない、と信じていました。4月下旬。立ち入り禁止地区が法的に定められたころから、どうしようもない不安といやな予感に悩まされる日々が続きました。ほぼ夢遊状態だったと思います。6月初めのNHKスペシャル「原発危機事故はなぜ深刻化したのか」を見たとき、不安を打ち消すために心の中で支えてきた細い柱の数々が、音を立てて崩れました。涙を止めることができず、呆然としました。それからずっと、放射能の正体、今おかれている現状、そしてこれから起きること、全てを受止めるよう努力してきました。絶望の淵に立たされたとき、人は、自暴自棄になったり、うちに閉じこもったり、現実逃避したり、誰かを責めたり、自分を責めたり、いろいろします。でもそれは、全てを受け入れることに必要な、とても大事な過程なのだとも思っています。そして、全てを受け入れるという強さをもてたとき、その人には、自分が生きている意味と、自分が何をすべきなのか、という究極のに目的を見出す事ができるのだと思うのです。

真実を伝えることが、それを受け入れるまでの悲痛な葛藤とパニックを起こすことは当然です。だからと言って、それをしなければ、どうしても前に進むことなどできず、必要以上に被害や悲しみは、残酷なほど深く広がってしまうことになります。この、とてもつらい現実の中で、皆が同じ痛みを乗り越えて、共に立ち向かわなければならないのに、真実がうやむやになり、いろいろな憶測が飛び交い、疑心暗鬼になり、被害者同士(既にそれは福島の住民だけでなく、日本全体、そして西海岸等、境界線などなくなっています)のいざかいが起き、立ち往生したり、後退したりで時間が無為に経過してしまっては、悲劇はさらに拡大してしまいます。

この悲劇は今に始まったことではなく、私は、今まで自分の知らないところで、多くの人がこの悲劇の中で苦しんでいたことに目を向けず、きづかなかった事に、自分が許せなくなり、どうしようもない腹立ちを感じ、申し訳ない気持ちでつぶれそうになります。

この記事に書かれているように、私は今、もうひとつの現実を受止めようとしています。国は真実を伝えないだろうと言うことです。それは一国の問題ではなく、世界中からの圧力です。今まで確立されてきた原子力国際舞台のリーダーたちは、今までのように彼らのミッションを遂行するでしょう。それは同時に、危険を無視した政策が取られるということでもあります。もう、グローバル規模の市民が、真の専門家や医学に携わるものと共に(ECRRなどです)独自で、防護コミュニティーを作っていかなければならないのだと、強く感じています。いくら緊急避難準備区域が解除されても、戻らない。脱原発と同時に、医療支援制度の確立を強く求めていく。放射能レベルの記載を、自発的に生産、小売側が推進していく。記載のない商品を、消費者は買わない。法律なんかなくても、市民が自分たちの身を自分で守るためのルールを作るしかないと思うのです。もう、スポンサーや権力に魂を抜かれたメディアや学者、医者は必要ありません。放射能に苦しめられた挙句、それが闇に葬られることほど残酷な仕打ちはないと思います。そしてそれが、ずっと今までなされてきて、どれだけ多くの人がその無念を背負ってきたことか。

全国からの弁護士が立ち上がったように、市民、医師、そしてジャーナリストが、大きな1つの防護社会を形成していく必要があると思っています。そして、その動きは始まっていて、これから広がっていくでしょう。後は、これらの数々のグローバルな動きをどう、まとめて、繋げて行くかです。それは、20年30年、あるいはもっと長期に渡る、日々の地道な積み重ねの活動です。私が命を閉じる前に、この犯罪(無差別大量虐殺及び拷問)を犯してきた人たちが、国際人権法で裁かれる時が訪れたら、と願っています。そんなに長生きはできないかな・・・

長くなりました・・・コメントありがとうございます。。。
【2011/10/01 14:43】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。