スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリから福島~日本へのメッセージ 2

 2011-09-25
カナダトロントメトロ紙からです。

Metro visits Chornobyl's radiation zone
メトロ紙、チェルノブイリ放射能汚染地区訪問


記事にまつわる写真が►こちらに。


A short bus ride past the Chornobyl security checkpoint, where guards prevent entrance into the 30-kilometre ‘exclusion zone,’ our group gathers to hear rules for the contaminated area.
チェルノブイリの30km立ち入り禁止地区へ進入を取り締まっている警備チェック地点を過ぎ、バスで少し行くと、 私たち一団は汚染地区のルールを聞くために集まっていました。


The list is brief — do not touch anything, wear long sleeves and closed-toe shoes, and, sternly: “Remember, you are not tourists here,” Misha, our guide, says.
それは簡単なものです。何にも触らない。長袖を着る。つま先が隠れている靴を履く、そして、いかめしく、「覚えておいてください。あなた方は、ここでは観光客ではないのです。」と私たちのガイドMishaは言いました。


After the recent Fukushima disaster in Japan, the International Atomic Energy Agency announced this week a projected slowdown on the growth of nuclear power. Chornobyl, as well, to this day is evidence of what happens when things go wrong.
最近日本で起きた福島の災害の後、IAEAは今週、原子力の成長が遅れるであろうという予測を発表しました。 チェルノブイリも、今までに物事が間違った方向に行ってしまったときに、何が起こるのかを示す証拠です。


It’s been 25 years since the world’s largest nuclear disaster occurred, but Chornobyl, along with the populated areas that surround it, are still plagued by long-term health, environmental and — perhaps most crippling for those who live there — financial consequences.
世界で最も大きな放射能災害が起こって25年になります。しかし、チェルノブイリと、その周辺の人の住んでいた地域は、長期の健康障害、環境面、そして、-おそらくそこに住んでいる人にとって最もどうにもならないのは-財政面での成り行きの結果に苦しめられています。


Dzvinka Kachur, a United Nations Development Programme (UNDP) information officer, argues many problems are caused by a stigma of Chornobyl-affected zones. Trips like those to the exclusion zone can help dispel myths about radioactive fallout — for instance, visitors will not see ‘mutants’ running amok in a barren region, she says.
国際連合開発計画(UNDP)の情報職員であるDzyinka Kachurさんは、問題は、チェルノブイリで影響を受けた地区の汚名が原因なのだと主張します。立ち入り禁止地区へ行く事は、放射能物質の副産物についての神話を拭い去る助けになります。-たとえば、訪問者が、この不毛の地で奇形の生き物が暴れ狂うのを目にすることはないでしょう。


For a forbidden zone, the level of activity in Chornobyl is surprisingly high. About 3,500 people work in the plant, to keep safety mechanisms operating. Another 3,000 work as maintenance, security and decontamination staff outside of it — although they only work two weeks a month, due to high radiation levels.
この禁じられた地区のためのチェルノブイリでの活動レベルと言うのは、驚くほど高いものです。約3500人が原発で働き、機械の操作の安全を保っています。さらに3000人がその外でメインテナンス、警備、除染を行っています。ただ、高レベルの放射線量のため、月に2週間だけ働いています。


Standing in front of Reactor #4, which is enclosed in an aging, rusted, tomb called the “sarcophagus,” our beeping, hand-held dosimeter shows external radiation levels to be about 30 times higher than that in capital Kyiv.
「サルコファガス」(石棺)と呼ばれる年月のたった、さび付いた墓のような建物に囲まれた4号機の前に立つと、ピーピーなっている、手に持っている線量計は、首都キエフより30倍高い放射能レベルを示していました。


jmWORLDcherobyl_wideweb__470x342,0 Reuters
Photo from Reuters


“But this isn’t the most radioactive place we will see,” the guide says with a sardonic grin. “I will show you where it’s much higher.”
「でも、これが一番放射能レベルの高い場所ではないのです。」とガイドは冷笑して言いました。「これからどこがもっと高いかお見せしましょう。」


This spot turns out to be a patch of moss behind the cultural centre in the abandoned town of Prypiat. The town used to be home to about 50,000 people who evacuated in about three hours the day after the accident.
そのスポットは、人気のないプリピャチ町内の文化センターの裏手、こけの生えた一角だと判明しました。この町はかつて5万人が住み、事故の後、約3時間以内に避難させられました。


To avoid panic, residents were told they would be returning to their homes, so they packed light. Their belongings were left to decay, be destroyed in the de-contamination process, or were stolen by looters.
パニックを避けるため、住民は戻ってこれると告げられました。なので、彼らは荷物を身軽にしたのです。彼らの所有物は腐敗するまで放置され、除染過程の中で破壊されるか、強盗に盗まれました。


Some personal items are still strewn amidst the rubble — Soviet posters; children’s books; an old tennis shoe in the Cultural Centre’s gymnasium. The town has the air of a war zone with scattered, decrepit buildings protruding amidst overgrown foliage.
いくつかの私物はまだ瓦礫の中に散らばっています。-ソビエト連邦のポスター、子供の本、文化センターの体育館にある古びたテニスシューズ。その町には、生い茂った雑草の中からつきでた老朽した建物が散在し、戦地の空気が漂っていました。




Before the trip, we were warned about deer and wolves running around. Some scientists argue nature has persevered and Chornobyl has been turned into a mecca for animals with no humans as a threat. But aside from giant, two-metre catfish swimming in the nuclear plant’s cooling pond, only mosquitoes buzz around the town.
この旅の前に、私たちは、鹿や狼が走り回っていると警告されていました。科学者の中には、チェルノブイリは、人間という脅威がなく、自然が保護され、動物たちのメッカになっていると主張する人もいます。しかし、巨大な2メートルのナマズが泳ぐ原発の冷却池のほかには、ただ、蚊が町中で羽音をたてているだけです。


“No one ever sees the wild animals there,” says Timothy Mousseau, a Canadian scientist who has been researching health and ecology in Chornobyl for more than 10 years. “It’s a myth.”
「ここで野生動物を見たという人はいません。」と、この10年以上、チェルノブイリで健康と生態を調査しているカナダ人の科学者、Timothy Mousseauは言います。「これは神秘です。」


Subsidies little more than small potatoes
補助金は、ばかにならない


Currently, the government is legally bound to deliver hundreds of subsidies to those living in affected regions. In theory, these encompass a wide range of benefits — from bonuses on salaries for people who do find work, to free breakfast meals for elementary school kids.
現在政府は、被災地区に住む人々に何百もの補助金を配布することが法で義務付けられています。理論上は、それらが広範囲にわたるベネフィットを網羅します-仕事を見つけた人々の給料に対してのボーナスから、小学校の生徒の無料の朝食にいたるまで。


But not all subsidies are paid out by the state. A typical resident receives the equivalent of less than 50 cents per month as their bonus for living in contaminated areas, says Mykola Vasylenko, head of economic development in Ivankiv, a town about 50 km from Chornobyl.
しかし、全ての補助金が、国から支払われるわけではありません。典型的な住民は、汚染地区に住んでいることに対してのボーナスとして、月に50セント以下しか受け取っていません、と チェルノブイリから約50kmにある町、Ivankivの経済開発部長のMykola vasylenkoさんは話します。


However, if all of the promised subsidies were paid out in full, it would amount to one fifth of Ukraine’s entire state budget, says Dmytro Petrushenko, head of the Bordianka District State administration. “We need a radical change — an elimination of all subsidies,” he says.
しかしながら、もし、約束された補助金が全額払われるとすると、それはウクライナの国の総予算の5分の1の額になります、とBordianka地区管理局長のDmytro Petrushenkoさんは言います。「私たちには、急進的な変化が必要です。-全ての補助金の廃止です。」


Such complex circumstances leave local and international development programs at an unenviable position of tackling radiation-related problems on one hand, and social and psychological problems on the other.
このような複雑な状況は、地域、国際的発展プログラムを考えるとき、一方で、放射能関係の問題の取り組み、もう一方で、社会的、心理的問題という好ましくない立場におかれているのです。


Out-of-work youth
若者の失業者


On a hot August morning, a handful of clients are at a Luhyny unemployment centre for a workshop aimed at helping people under 30 to get jobs. “A well-qualified construction worker is much more valuable than an under-qualified engineer,” Olga Omelychuk, the orientation specialist tells them.
暑い8月のある日、Luhyny失業センターには、多くの人たちが、30歳以下の人の仕事探しの手助けするための講習会に来ていました。「資格を取る前の技術者よりも、資格の充分な建設作業員の方が重宝するのです。」と、オリエンテーションのスペシャリスト、Olga Omelychukさんは参加者に話しました。


In the town of about 4,000 people, about 550 are registered as unemployed. Brochures at the centre promote jobs such as electricians and tractor drivers.
人口4千人のその町内には、約550人が失業者として登録されています。センターのパンフレットは電気技師やトラクターの運転手を激励しています。


A blonde woman says she is trained as a dentist but wants to find work as a cook. For residents like her, leaving for a larger city is difficult. If they can’t immediately find work, the cost of living becomes too high and they’re forced back to Luhyny.
ブロンドの女性は、歯科医として訓練を受けましたが、料理人としての仕事を見つけたいと言います。彼女のような住民にとって、大きな街に移るのは困難なのです。すぐ仕事を見つけられなければ、暮らしに必要な費用は高すぎて、Luhynyに戻らざるを得ないのです。


‘We didn’t want to live in Siberia’
「シベリアには住みなくありませんでした。」


After the initial incident, Maria Bovsunivska and her two children were given the choice to move from their small town, a few hours from the capital, Kyiv. They chose to stay.
最初の事故のあと、Maria Bovsunivskaと彼女の2人の子供たちは、彼らの、首都キエフから数時間離れた小さな町から移るという選択肢を与えられました。彼らは、留まることを選びました。


Her 25-year-old daughter, Tatjana, said they didn’t like what was being offered. “We didn’t want to live in Siberia,” she said briskly while her mom gently nodded her head in agreement.
25歳の娘、Tatjanaは言われた場所が好きではなかったと言います。「私たちはシベリアには住みたくなかったのです。」彼女はきっぱりと言い、彼女の母親も同意するように静かにうなずきました。


Some of their neighbours were relocated to small apartments that they had to share with other families. To Maria’s family, that was evidence they made the right choice by staying put.
何人かの近所の人たちは、小さいアパートに移され他の家族と一緒に暮らさなければなりませんでした。Mariaの家族にとっては、それは、留まるという選択が正しかったと言う証拠です。


The dangers of a 100-kilometre diet
100km圏内食事の危険


Mousseau is conducting a study on children in Chornobyl-affected areas, examining the long-term effects of radiation exposure. “There are very measurable impacts on the children there,” he tells Metro, of Norodichesky, a region adjacent to Chornobyl. “Many of the children have significant (radiation) doses as a result of what they’re eating,” he says.
Mousseauさんは、チェルノブイリ被災地区内の子供たちの研究をしています。長期にわたる被曝の影響を調べているのです。「チェルノブイリに隣する地区、Norodicheskyの子供たちには、測定できる影響が出ています。」と、彼はMetro紙に話しました。「多くの子供たちは、彼らが食べたものから、相当の被曝をしているのです。」と彼は言います。


Mousseau grew up in Ottawa, and studied in Toronto and Montreal. Currently, he is a professor of biological sciences at the University of South Carolina. His research so far has found that children in the area have reduced pulmonary function, and concludes that some will have “significant respiratory problems as they age.” His team has also found abnormal growth defects, he adds.
Mousseauさんは、オタワで育ち、トロントとモントリオールで学びました。現在彼は南カロライナ大学の生物科学の教授です。彼の調査では、今のところ、その地区の子供たちに、肺機能の低下が見つかり、「子供たちが成長するにつれ、重大な呼吸系の問題になる」と結論付けました。彼のチームはまた、異常な成長欠陥が見られているとも付け加えます。


“Clearly, there’s a need for monitoring and public health studies,” he says.
「明らかに、公の健康についての研究をモニタリングする必要があります」と彼は言うのです。

Mousseau’s study is on children who live near the immediate vicinity of the exclusion zone. But even those living in affected zones hundreds of kilometres away are experiencing health issues — some suspect these are related to contaminated soils, other argue they are lifestyle-related problems.
Mousseauさんの研究は、立ち入り禁止地区のすぐ近所に住んでいる子供たちについてです。しかし、何百キロも離れた地区でさえも、健康上の問題があるのです。-ある人は、汚染土に関係しているといい、他の人は、ライフタイルに関係していると主張します。


In Zaliznytsia, a village in Ukraine’s northwest Volyn region, a local gym teacher says about half of the elementary students are exempt from cardio-intensive gym classes because of health problems.
ウクライナのVolyn地域の北西、Zaliznytsiaという村では、体育の先生が、約半数の生徒が、心臓に負担のかかるクラスを、健康上の理由で免除されていると話します。


In Luhyny, a small village about 100 km from the exclusion zone, Dr. Ivan Godlevski says the number of people treated for cancer at his hospital has increased 30 times since 1986.
立ち入り禁止地区から約100kmの小さな村、Luhynyで、Ivan Godlevski医師は、彼の小さな病院で癌の治療を受けた人の数は、1986以来、30倍になったと言います。





2011-04-07-11-39-36-1-a-gas-mask-and-a-shoe-have-been-pictured-lying-at.jpg
Photo from EzineMark.comA gas mask and a shoe have been pictured lying at a kindergarten in Prypiat, the abandoned city near the Chernobyl nuclear power plant since 198P
1986年以来プリピャチの幼稚園に横たわっているガスマスクと片方のくつ




さよなら原発集会で、福島からきた武藤類子(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)さんの言葉。
全文と動画はこちら

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


大混乱の中で、私達には様々なことが起こりました

素早く張り巡らされた安全キャンペーンと不安のはざまで
引き裂かれていく人と人とのつながり

地域で、職場で学校で、家庭の中で
どれだけの人が悩み悲しんだことでしょう

毎日毎日否応なく迫られる決断
逃げる、逃げない
食べる、食べない
子どもにマスクをさせる、させない
洗濯物を外に干す、干さない
畑を耕す、耕さない
何かに物申す、黙る。
さまざまな苦渋の選択がありました

そして今、半年という月日の中で次第に鮮明になってきた事は

「事実は隠されるのだ」
「国は国民を守らないのだ」
「事故はいまだに終わらないのだ」
「福島県民は核の実験材料にされるのだ」
「莫大な放射能のゴミは残るのだ」
「大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ」
「私達は捨てられたのだ」


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

チェルノブイリ事故の25年後と違う日本の未来を目指すために、

まず、武藤さんが見出した現実を受止めなければなりません。

事実は隠されます。

事故は終わっていません。

国は守ってくれません。

放射能は残ります。

でも、その現実の中でも、まだできることがあります。

福島県民も、他日本中で被曝してしまった全ての人たちも、実験材料になどさせません。

原発をどうして行くかは、国民の強い意思を貫かなければなりません。

武藤さんたちは、捨てられてなどいません!!たくさんの仲間がいるのです。


人々の叡智を結集して、「原発の安全性を世界最高水準に高める。」のではなく、

放射能の世界で、人々が前を向いて生きていくための仕組みを構築していくことは、不可能ではないはずです。


日本人には、必ず出来るはずです




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/522-6d26fb61

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。