スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリから福島~日本へのメッセージ 1

 2011-09-24
アメリカでも、原子力にまつわる真実については、表舞台での報道はできないのでしょう。

以下、The American Reporter, On Native Groundより。




THE CHERNOBYL NIGHTMARE IS REAWAKENED BY FUKUSHIMA
福島に呼び覚まされるチェルノブイリの悪夢


by Randolph T. Holhut
Chief of AR Correspondents
Dummerston, Vermont

DUMMERSTON, Vt. -- As we nervously watch a nuclear catastrophe unfold at the Fukushima reactor complex in Japan, the memories of Chernobyl keep coming to mind.
福島原子炉施設の大惨事が展開するのを見るにつれ、チェルノブイリの記憶がよみがえってきます。


On April 26, 1986, a fire and explosion at the Chernobyl nuclear plant in Ukraine sent a plume of highly radioactive smoke fallout into the atmosphere. Four hundred times more radioactive material than had been released by the atomic bombing of Hiroshima showered upon the Ukraine and parts of Belarus and Russia. More than 336,000 people were resettled as their former homes turned into contaminated ghost towns.
1986年4月26日。ウクライナのチェルノブイリ原発の火の手と爆発は、その大気中に高度の放射性死の灰の煙流を放出しました。広島原爆の400倍の放射性物質が、ウクライナとベラルーシの一部、ロシアに降り注いだのです。住んでいた家々は汚染されたゴーストタウンと変わり果て、33万6千人の人々が移住を余儀なくされました。

chernobylnuclearexpolsion.jpg


I recently had the chance to meet three Russian women who stopped in Vermont as part of a national tour marking the 25th anniversary of Chernobyl.
わたしは、チェルノブイリ25周年を刻むツアーの一環として、バーモント州に立ち寄った3人のロシア人の女性に会う機会に恵まれました。

Tatiana Muchamedyarova, a Russian anti-nuclear activist, was joined her colleagues Natalia Manzurova, who worked as a lead engineer in cleaning up the consequences of the 1986 meltdown at Chernobyl, and Dr. Nataliya Mironova, who founded the Movement for Nuclear Safety and was one of the first organizers to press for government openness on pre-Chernobyl nuclear catastrophes.
Tatiana Muchamedyarovaさんは、ロシアの反核活動家で、1986年のチェルノブイリでのメルトダウンが招いた汚染を取り除く技術者の統率者であった同僚のNatalia Manzurovaさんと、核安全運動を創設し、チェルノブイリの原子力大惨事をもたらす前に政府の情報公開を懇願した最初の主催者でもあったNataliya Mironovaさんが、加わりました。


Russia has 31 civil nuclear reactors that produce 16 percent of that nation's electricity, as well as 13 reactors that are being operated beyond their original projected 40-year life span.
ロシアには31の原子炉があり、国の電力の16%を産出しています。13の原子炉は、当初考えられていた40年の寿命を超えて稼動されています。


"We still don't know what to do with the nuclear waste," said Muchamedyarova. "The first big nuclear accident in Russia, in the 1950s, was when a storage tank filled with contaminated material exploded. I don't know how or why we developed a technology that has no end."
「いまだに核廃棄物の処理方法も分からないのです。」とMuchamedyarovaさんは言います。「ロシアで初めての原子力事故は1950年代に汚染物質がためられていた保存タンクが爆発したときでした。わたしには、どのように、なぜ、終わりのないこの技術を開発したのが、分かりません。」

250px-Ecodefense_Mayak_Exhibition_17_Kyshtym_Memorial wikipedia
Photo from Wikipedia 事故の歴史を記す


The accident she was referring to was at Mayak, located in the Ural mountains. In 1957, an massive explosion spread highly radioactive contaminants over 500,000 people. It was second only to the 1986 Chernobyl disaster in size and scope.
彼女の言う、その事故はウラル山脈にあるマヤークで起きました。1957年、大規模な爆発は、高度の放射性汚染を50万人を超す人々に撒き散らしたのです。同様の規模、範囲となった2度目は、それから間もない1986年のチェルノブイリの災害でした。


A combination of past nuclear accidents and the accumulation of wastes from more than six decades of nuclear activities at the site have made the area surrounding Mayak one of the most contaminated in the world, with significant concentrations of strontium, cesium and plutonium found within a 60-mile radius of the facility. It is estimated that there are about 500,000 cancer victims living within that zone.
過去のこれらの原子力事故とその場所での60年以上にわたる原子力活動との組み合わせは、マヤークを取り巻く地域を世界で最も汚染された場所の1つとしました。ストロンチウム、セシウム、プルトニウムがこの施設の半径60マイル(96.5km)に、相当濃縮されています。この地域には、約50万人の癌犠牲者が住んでいると考えられています。


Manzurova is the only survivor of her 14-member team of "liquidators," the people responsible for containing and cleaning up the contamination in Chernobyl. All the others have died of illnesses linked to the intense radiation exposure they received over the five years they worked, and she too is battling various health ailments.
Manzurovaさんは、チェルノブイリの汚染を収め、取り除くことに従事した「リクビダートル」と呼ばれる14名のチームの中で生き残った、たった一人です。他の人は皆、5年間に渡る猛烈な被曝に関連した病気のために亡くなりました。そして、彼女も様々な慢性の病気と戦っています。


More than 600,000 liquidators worked at Chernobyl, but the Russian government has never fully acknowledged how many have since died. Estimates vary, but according to Vyacheslav Grishin of the Chernobyl Union, the main organization of liquidators, 60,000 have since died and 165,000 disabled.
チェルノブイリでは、60万人以上のリクビダートルが働いていましたが、ロシア政府は今までにどのくらいの人が死んだのか、完全に把握していません。推定はいろいろです。リクビダートルの主要な組織であるチェルノブイリ労働組合のVyacheslav Grishinさんは、6万人が亡くなり、16万5千人が身体障害者となったと言います。


Likewise, while only 31 deaths were directly caused by the disaster, estimates for illnesses and deaths linked to exposure to Chernobyl's radioactive plume range from 4,000 by the World Health Organization to more than 200,000 by Greenpeace.
同様に、その災害が原因で直接なくなったのは31名だけでしたが、チェルノブイリの放射性の死の灰で被曝したのが原因で病気になるか死亡した人の数は、WHOの4000人から、グリーンピースの20万人と幅があります。


"The nuclear industry is stressing that not that many people died at Chernobyl, but they don't recognize the long-term effects and the traumas that have been passed down to the next generation," Manzurova said. "They don't see how the quality of life has changed for so many people."
「原子力業界はチェルノブイリで多くの人が死んだわけではないと主張します。でも、長期にわたる影響や、次世代に及んでいる心的外傷を認識していないのです。」とManzurovaさんは語りました。「彼らには、本当に多くの人々にとって、どれだけそれぞれの人生が変わってしまったのか分からないのです。」


chernobylvictim3.jpg



Manzurova said for the thousands that were evacuated from the area around Chernobyl, never to return to their former homes, life is divided in two - time before the accident, and after. "Their previous lives have been wiped clean altogether," she said.
チェルノブイリ周辺の地域から避難させられた、2度と元の家に戻ることのない、生活を2つに引き裂かれてしまった-事故の前と後-何千もの人々のために、Manzurovaさんは話しました。「彼らの前の生活は、全部一緒くたに拭い去られてしまったのです。」


The level of denial by both governments and the nuclear industry of the extent of radioactive contamination after Chernobyl and other nuclear incidents around the world is by design, Manzurova said.
チェルノブイリや他の世界で起こっている原子力事故の後の放射能汚染の程度についての、政府と原子力業界の否定の度合いと言うのは、もくろまれているのだとManzurovaさんは言います。


"If they recognize that they have been victims, [governments and the industry] would have to recognize what created the victims," she said. "If you talk to the nuclear industry, they are so sure they are on the right side and everything is okay."
「もし犠牲者がいるという認識があれば、「政府と業界」は、何がその犠牲者を生んでいるのかを認識しなければなりません。原子力業界と話すと、彼らは、自分たちが正しく、全ては大丈夫なのだと確信しているのです。」


Mironova, who was in Vermont last fall as part of a Russian delegation that examined the decommissioning process for U.S. nuclear plants, said that the Fukushima disaster has opened up a wide variety of unthinkable scenarios.
バーモント州に去年の秋、アメリカの原発の廃炉へのプロセスを調査しにきたロシア派遣団の一人だったMironovaさんは、福島の災害では、様々な考えられないシナリオが表れてきいると言います。


"You have a paralyzed government trying to deal with a natural disaster, a disaster that cuts across every sector of society," she said. "And then you have to deal with a nuclear disaster on top of that. It is like a wartime situation in Japan, and the world needs to understand that."
「政府は、各地域社会を分断してしまった自然災害の対応をしようと立ちすくみ、その上、放射能災害の対応もしなければならないのです。日本は今戦時中のような状況です。そして世界がそれを理解する必要があるのです。」と彼女は言いました。


As bad as Chernobyl was, and as bad as Fukushima is becoming, there is the potential for an even bigger disaster in Russia. In addition to handling its own wastes, Russia is taking in spent radioactive material from Britain, France and Germany for reprocessing, turning it into a profit center for the Russian government.
チェルノブイリと同じような悪い状況になりつつあります。それどころか、ロシアの災害よりも大きくなる可能性さえあるのです。ロシアは、自分で出した核廃棄物を取り扱うことにくわえ、イギリス、フランス、ドイツから使用済み放射性物質の再処理も取り扱っています。それはロシア政府の利益へと変貌するのです。


Last fall, Mironova said that Russia is positioning itself to be "the superpower of energy." Russia already has substantial natural gas reserves and an equally substantial uranium mining industry, she said. Reprocessing the world's nuclear fuel fits into that strategy.
Mironovaさんは、ロシアが去年の秋、自分の国を「エネルギーの超強大国」と自ら位置づけたと言います。ロシアには、充分な天然ガスの蓄えと、同様に充分なウラン鉱山業があります。世界中の核燃料の再処理は、その計略にうまく一致するのです。


Mayak is still one of the biggest nuclear facilities in Russia, and reprocesses about 200 tons of spent fuel annually, according to Oleg Bodrov, a Russian engineer and physicist who is one of the founders and current chairman of the Green World Council, a St. Petersburg, Russia, environmental group.
マヤークは今でもロシアで最大の核施設の1つで、年間約200トンの使用済み燃料の再処理しています、とロシア、セントピーターズバーグの環境保護団体、グリーンワールドの評議会議長であるOleg Bodrovさんは言います。


An extraction process called PUREX (plutonium and uranium recovery by extraction) is used to separate those two elements from spent fuel. But the process, Bodrov said, creates 22,000 cubic meters of radioactive waste for every cubic meter of spent fuel.
PUREXと呼ばれるプルトニウムとウランの抽出手順は、使用済み燃料からこれらの2つの要素を分離するのに使われます。しかし、その経過は、使用済み燃料1立方mにつき、2万2000立方mの放射性廃棄物を作り出すことでもあるのです。とBodrovさんは述べました。


Fissile-material-storage-facility Wikipedia
Photo from Wikipedia マヤーク核廃棄物保管場


Of the 13 Russian reactors that got authorization from Rosatom, as the Russian Federal Nuclear Agency is known, to extend their operation, Bodrov said 11 are of the same design as the Chernobyl reactor. An accident at these reactors, many of which are located in more populated areas, would have even worse environmental consequences than the Mayak or Chernobyl disasters.
ロスアトム(ロシアの国営原子力企業)に稼動の延長を認定された13の原子炉のうち、11炉はチェルノブイリと同じデザインです。それらの多くは、人口が多い地区にあり、もしこれらの原子炉で事故があれば、環境に与える結果はマヤークやチェルノブイリ災害よりも深刻になるのです。


But the nuclear industry in Russia, the United States and in every other country where there are reactors still believes there is nothing to worry about.
しかし、ロシア、アメリカ、全ての原子炉を持つ国々の原子力業界は、何も心配はないと、いまだに信じているのです。


"The nuclear establishment is the same in every country," Mironova said. "It suppresses the truth."
「原子力体制は、どの国も同じです。」Mironovaさんは語りました。「彼らは、真実を隠すのです。」





チェルノブイリで25年前に起こったことは、まさに今の福島をみているようです。

そして、今のチェルノブイリは、25年後の福島、そして日本の姿なのでしょうか?


私たちは、チェルノブイリで犠牲になった人々を、記憶の彼方に置き去りにしてはなりません。

事故から何十年も経過してもなお、その爪あとを消すことができないことに目をつむってもいけません。


彼らは、私たちに、その教訓を残してくれているのです。

私たちにはまだ、未来を変える猶予が残されています。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/521-9af71cd5

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。