スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリより深刻な福島事故

 2011-09-04
放射能災害は、原子力、核による被害であり、そこには、もう平常の言論の自由と言うものは存在しないのが、ある意味常識のようなもののようです。

でも、インターネットやソシアルネットワークが、情報の流通に革新をもたらした今、そのようなことが通用するのも後わずかなのでしょう。


主要なテレビ、新聞等はもはや沈黙するか、操られているか、と言うことが、あまりにも明らかになってきました。

ヨーロッパやアメリカは、放射能災害の歴史があるので(確か、日本もありました?)、真実を伝える、と言う意味で、日本より「普通」のようです。

以下、政治性のない、独立した高級紙である英国のインディペンデント紙より。





Why the Fukushima disaster is worse than Chernobyl
なぜ福島の惨事はチェルノブイリよりも深刻なのか


Yoshio Ichida is recalling the worst day of his 53 years: 11 March, when the sea swallowed up his home and killed his friends. The Fukushima fisherman was in the bath when the huge quake hit and barely made it to the open sea in his boat in the 40 minutes before the 15-metre tsunami that followed. When he got back to port, his neighbourhood and nearly everything else was gone. "Nobody can remember anything like this," he says.
いしだ・よしおさんは、53年の人生においての最悪に日を思い出しています。3月11日。海に家を流され、友人を飲み込まれました。福島県の漁師である彼は、大地震が来たとき入浴していました。15メートルの津波が到達する40分前に、やっとの思いでボートを出し、海に出ました。港に戻ってきたときには、住んでいるところも、他の全てがなくなっていました。「このようなことは誰も忘れずにはいられない。」と彼は話しました。


Now living in a refugee centre in the ruined coastal city of Soma, Mr Ichida has mourned the 100 local fishermen killed in the disaster and is trying to rebuild his life with his colleagues. Every morning, they arrive at the ruined fisheries co-operative building in Soma port and prepare for work. Then they stare out at the irradiated sea, and wait. "Some day we know we'll be allowed to fish again. We all want to believe that."
今は、壊滅した太平洋沿岸の相馬市にある避難所で暮らしています。いちださんは、この災害で亡くした100名の地元漁師たちの喪に服し、同僚たちと、人生を立ちなおそうとしています。毎朝、相馬港の崩壊した漁協の建物に行き、漁の準備をします。そのとき、彼らは、放射能に曝された海をじっと眺め、待つのです。「いつか漁が許されると思っている。それを信じたいんだ。」


This nation has recovered from worse natural - and manmade - catastrophes. But it is the triple meltdown and its aftermath at the Fukushima nuclear power plant 40km down the coast from Soma that has elevated Japan into unknown, and unknowable, terrain. Across the northeast, millions of people are living with its consequences and searching for a consensus on a safe radiation level that does not exist. Experts give bewilderingly different assessments of its dangers.
この国は、最悪の自然-そして人工的-大惨事から復興しています。しかし、それは3重の崩壊で、相馬から40km南の海岸沿いにある福島原発の余波で、日本は、計り知れない、人の理解の及ばない地域という位置づけにされました。東北中で、何百万人もの人々がその原発事故がもたらした結果とともに暮らしています。そして、安全な放射能レベルについての意見の一致を-そのようなものは存在しないのですが-捜し求めているのです。専門家たちは、その危険性について、人々が戸惑うほどにいろいろな査定を示しています。


fukushima-AP_641024a.jpg


Some scientists say Fukushima is worse than the 1986 Chernobyl accident, with which it shares a maximum level-7 rating on the sliding scale of nuclear disasters. One of the most prominent of them is Dr Helen Caldicott, an Australian physician and long time anti-nuclear activist who warns of "horrors to come" in Fukushima.
科学者の中には、福島は、原子力災害の規模最大のレベル7という同じ評価をされている1986年のチェルノブイリの事故より深刻であるといいます。その中で最も有名な科学者の一人である、オーストリアの医者であり、長期にわたる反原発の活動家であるHelen Caldicott医師は、福島の「これから訪れる悲惨な恐怖」について警告しています。


Chris Busby, a professor at the University of Ulster known for his alarmist views, generated controversy during a Japan visit last month when he said the disaster would result in more than 1 million deaths. "Fukushima is still boiling its radionuclides all over Japan," he said. "Chernobyl went up in one go. So Fukushima is worse."
その、警告者の視点で知られるUlster大学Chris Busby氏は、先月日本を訪れたとき、この惨事で百万人以上の命を奪う結果になるだろう、という議論を引きおこしました。「福島はいまだに放射性同位体を日本中で煮えたぎらせている。チェルノブイリは、1回の事態で収まった。ゆえに、福島の方が状況は悪い。」


pg-22-fukushima-ap_636993t.jpg


On the other side of the nuclear fence are the industry friendly scientists who insist that the crisis is under control and radiation levels are mostly safe. "I believe the government and Tokyo Electric Power [Tepco, the plant's operator] are doing their best," said Naoto Sekimura, vice-dean of the Graduate School of Engineering at the University of Tokyo. Mr Sekimura initially advised residents near the plant that a radioactive disaster was "unlikely" and that they should stay "calm", an assessment he has since had to reverse.
核を防御しようとする科学者の反対側には、原子力業界側の科学者たちがおり、この危機は、制御下にあり、放射能レベルはほぼ安全である、と主張しています。「日本政府と東京電力は最善を尽くしていると信じています。」と、東京大学大学院工学副学部長せきむら・なおと氏は述べました。せきむら氏は、当初発電所近くの住民に対し、放射能災害などありそうもなく、冷静でいるべきだ、と忠告したのです。彼が持ち続けている評価は、逆方向に行かなければならなかったのです。


Slowly, steadily, and often well behind the curve, the government has worsened its prognosis of the disaster. Last Friday, scientists affiliated with the Nuclear and Industrial Safety Agency said the plant had released 15,000 terabecquerels of cancer-causing Cesium, equivalent to about 168 times the 1945 atomic bombing of Hiroshima, the event that ushered in the nuclear age. (Professor Busby says the release is at least 72,000 times worse than Hiroshima).
ゆっくりと、着実に、そして、ずるずると遅れた状態で、日本政府は災害の予測を悪化させてきました。先週の金曜日、原子力安全・保安院と連帯している科学者が、原発から1万5千テラベクレル、1945年に投下された広島原子爆弾-これが、核の時代を促がしたのですが-の168倍の発癌性セシウム、を放出したと述べました。(Busby教授は、放出が少なくとも広島の7万2千倍であると言っています。)


Caught in a blizzard of often conflicting information, many Japanese instinctively grope for the beacons they know. Mr Ichida and his colleagues say they no longer trust the nuclear industry or the officials who assured them the Fukushima plant was safe. But they have faith in government radiation testing and believe they will soon be allowed back to sea.
相反する情報の猛吹雪の狭間で、多くの日本人が直感的に自分の知る指針を模索しています。いちだ氏と彼の同僚は、福島原発が安全だと確信させようとする原子力業界の人間はもう信用できないと言います。しかし、彼らは、政府の放射能検査を信頼し、すぐに海に戻る許可がおりると信じているのです。


That's a mistake, say sceptics, who note a consistent pattern of official lying, foot-dragging and concealment. Last week, officials finally admitted something long argued by its critics: that thousands of people with homes near the crippled nuclear plant may not be able to return for a generation or more. "We can't rule out the possibility that there will be some areas where it will be hard for residents to return to their homes for a long time," said Yukio Edano, the government's top government spokesman. "We are very sorry."
当局のうそ、対応の遅れ、隠蔽の体質をあげて、それは間違えだ、と、懐疑論者は言います。先週、当局はやっと批評家たちにより長いこと論議されていたことを認めました。それは、何千人もの機能を失った原発近くの住民が何世代かにわたり戻れないかもしれない、ということです。「長期にわたり、住民が家に戻れないのが難しいところがいくつかあることは、否定できません。」枝野幸男官房長官は述べました。「大変申し訳ありません。」


Last Friday, hundreds of former residents from Futaba and Okuma, the towns nearest the plant, were allowed to visit their homes ? perhaps for the last time ? to pick up belongings. Wearing masks and radiation suits, they drove through the 20km contaminated zone around the plant, where hundreds of animals have died and rotted in the sun, to find kitchens and living rooms partly reclaimed by nature. "It's hard to believe we ever lived here," one former resident told NHK.
先週金曜日、原発に最も近い町、双葉町、大熊町の農業を営む何百人かの住民が所持品を取りに行くため、一時帰宅を許されました。おそらく、これが最後でしょう。マスクと防護服に身をまとい、原発付近20km汚染地区を抜けて行きました。そこでは何百頭の動物が死に、日に曝されて腐敗していました。台所や居間は一部動物にあらされていました。「ここに住んでいたとは信じられない。」とある住民はNHKに話しました。


Several other areas northwest of the plant have become atomic ghost towns after being ordered to evacuate ? too late, say many residents, who believe they absorbed dangerous quantities of radiation in the weeks after the accident. "We've no idea when we can come back," says Katsuzo Shoji, who farmed rice and cabbages and kept a small herd of cattle near Iitate, a picturesque village about 40km from the plant.
原発から北西のいくつかの地域は、強制避難地区になった後、原子ゴーストタウンとなりました。-遅すぎる。と多くの住民は話します。彼らは、事故のあとの数週間で、放射能を危険な量吸収してしまったと信じています。「いつ帰れるか見当がつきません。」としょうじ・かつぞうさんは言います。彼は、米とキャベツを栽培し、飯館村の近くで少し家畜も育てていました。原発から40kmのとても美しい村です。


Although it is outside the exclusion zone, the village's mountainous topography meant radiation, carried by wind and rain, lingered, poisoning crops, water and school playgrounds.
避難地区の外ですが、山の多い地形は、風や雨で運ばれた放射能がとどまり、作物や水、校庭を汚染するということを意味しています。


The young, the wealthy, mothers and pregnant women left for Tokyo or elsewhere. Most of the remaining 6000 people have since evacuated, after the government accepted that safe radiation limits had been exceeded.
若く、経済的に余裕のある母親や妊婦は東京や他の場所へ去っていきました。残された6千人のほとんどは、政府が安全な放射能レベルの限界を超えていると認めた後に避難させられています。


Mr Shoji, 75, went from shock to rage, then despair when the government told him he would have to destroy his vegetables, kill his six cows and move with his wife Fumi, 73, to an apartment in Koriyama, about 20km away. "We've heard five, maybe 10 years but some say that's far too optimistic," he says, crying. "Maybe I'll be able to come home to die." He was given initial compensation of one million yen (£7,900) by Tepco, topped up with 350,000 yen from the government.
しょうじ氏(75)は、衝撃から怒りを感じ、そして、政府から彼の野菜、6頭の牛を処分し、73歳の妻のふみさんと、20kmほど離れた郡山のアパートへ移らなければならないと告げられ絶望を感じました。「彼らは5年、おそらく10年と言いましたが、それはあまりにも楽観的だと言う人もいます。」と涙ながらに彼は話します。「おそらく死ぬまで戻ってはこれないのでしょう。」彼は、東電からの賠償金100万円を与えられ、政府から35万円を受け取りました。


It is the fate of people outside the evacuation zones, however, that causes the most bitter controversy. Parents in Fukushima City, 63km from the plant, have banded together to demand that the government do more to protect about 100,000 children. Schools have banned soccer and other outdoor sports. Windows are kept closed. "We've just been left to fend for ourselves," says Machiko Sato, a grandmother who lives in the city. "It makes me so angry."
しかしながら、避難地区外の人々は、最も厳しい議論を強いられています。原発から63kmの福島市の保護者たちは、10万人の子供たちを守るために政府に更なる要求をするため団結しています。学校は、サッカーや他のアウトドアースポーツを禁じています。窓は閉められたままです。「私たちは自分たちで守るしかなかったのです。」と、市内に住む祖母のさとう・みちこさんは言います。「とても腹が立ちます。」


Many parents have already sent their children to live with relatives or friends hundreds of kilometres away. Some want the government to evacuate the entire two million population of Fukushima Prefecture. "They're demanding the right to be able to evacuate," says anti-nuclear activist Aileen Mioko Smith, who works with the parents. "In other words, if they evacuate they want the government to support them."
多くの保護者は、何百キロも離れた親戚や友人の所に子供たちを預けています。福島県内の2百万人の子供たち全てを避難させるよう政府に求めている人もいます。「避難する権利を要求しているのです。」と反核運動化で、保護者と活動を共にしているAileen Mioko Smithさんは言います。「別の言い方をすれば、もし避難したければ、政府にそのサポートもして欲しいということです。」


So far, at least, the authorities say that is not necessary. The official line is that the accident at the plant is winding down and radiation levels outside of the exclusion zone and designated "hot spots" are safe.
少なくとも、今のところ、政府はその必要がないと言っています。政府の見解は、原発が収束してきて、避難地区の放射能レベルと、ホットスポットと認められるところが安全だ、と言うことです。


But many experts warn that the crisis is just beginning. Professor Tim Mousseau, a biological scientist who has spent more than a decade researching the genetic impact of radiation around Chernobyl, says he worries that many people in Fukushima are "burying their heads in the sand." His Chernobyl research concluded that biodiversity and the numbers of insects and spiders had shrunk inside the irradiated zone, and the bird population showed evidence of genetic defects, including smaller brain sizes.
しかし、多くの専門家は、危機がまだ始まったばかりだと警告しています。チェルノブイリ付近で放射能の遺伝子に与える影響を10年以上研究してきた生物学者のTim Mousseau教授は、福島の大勢の人々が「頭隠して尻隠さず」状態にあり、心配している、と言います。彼のチェルノブイリの調査では、生物多様性と、昆虫と蜘蛛の数が、放射能に曝された地区内で減少し、鳥類は、脳の大きさが小さくなるなど、遺伝子の欠陥が認められる、と結論付けました。


"The truth is that we don't have sufficient data to provide accurate information on the long-term impact," he says. "What we can say, though, is that there are very likely to be very significant long-term health impact from prolonged exposure."
「長期にわたる影響についての、正確な状況を提供するための充分なデータがないことが事実です。」と、彼は言います。「ただ、言えることは、長引く被曝からの影響は、かなり長期にわたり、健康に影響を与えると言うことです。」


In Soma, Mr Ichida says all the talk about radiation is confusing. "All we want to do is get back to work. There are many different ways to die, and having nothing to do is one of them."
相馬市で、いちださんは、放射能についてのあらゆる発言には混乱させられると話しました。「私たち皆が望んでいるのは、仕事に戻る事なのです。死に方にはいろいろあります。何もすることがない、というのは、そのひとつなのです。」




政府が福島の人々に行った説明会の映像です。



泣けてきました・・・・




4月の海外、日本の報道です・・



経済、物質的豊かさを求めて止まない人たち。

人の命の重さを見失わない人たち。

どちらか1つを選択しなければならないとしたら・・・???



いくつかのブログで、目にはしていましたが・・・こんなことが起きているのに・・・日本のメディアは報道せず、

ブログなどを毎日見ていなければ、当事者である日本人は何も知らないでいるなんて。

今は確か21世紀。日本は確か民主国家の先進国???幻だったのか・・・・


3.11で、多くの人の魂が研ぎ澄まされた一方で、日本の国にとって要であるべく多くの人が魂を抜かれたようです・・・

次世代に残さないための復興税。想像を絶する数の、何世代にも渡る健康障害の補償は、どの様に実現するのでしょうか???とても心配です。

今は・・・


IMG_6730.jpg


研ぎ澄まされた魂の力を、信じたいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/506-a072786c

コメント
Blue Dolphineさんの記事、毎回、興味深く読ませていただいています。
海外や色々な団体、マスメディアが色々な情報を提供してくれるだけに、いよいよメディア・リテラシーが重要な時代になったなと感じています。

現実的な日本に居る日本人の多くは、政府の情報操作・隠蔽などは分かっているけれども、でもそんな日本・今住んでいる所から出る術も無いので、なるべく絶望的なマスコミより少し希望的観測なマスコミを見ようとしてしまっているんじゃないかと思います。

もちろん、既に多くの人が節電や脱原発への意思は持ち始めていると思いますが、それ以上の行動は、毎日生活してる中で、なかなか現実的にできるものが無いんじゃないかと。
マイナス的なマスコミを目にしつつも、日々、生活していくことで精一杯なんじゃないかと…

あと、やはり国土が狭く、第三次産業が核となっている時代の日本に生活しているだけに、必要十分な節電はしつつも、大幅な経済や生活レベルのダウンは、現実的に望めない人が多いのでは無いでしょうか。


臭いものには蓋をしろ、出る杭は打たれる、良い意味でも悪い意味でも協調性のある国民性の問題もあると思っています。
分かっていても情報操作されてしまう、世の流れに流されてしまう。身を任せてしまう。
個人の意思より協調性を重んじる。

新聞やテレビなどのメディアが情報操作・隠蔽している可能性を理解しつつも、目の前の大きなうねりに身を任せるしか知らない(教育されてこなかった)ので、結局、情報操作しているであろうメディアに身を任せてしまう。

多くの知人を見ていると、そんな気がします…



私も実際、脱原発の必要性を知人に説いたりしてみましたが、意外と多くの身近な知人は、ほんの少しの計画停電でさえ大変な思いをしただけに、脱原発は非現実と考える人が多いです。
火力に戻すと温暖化が進むというのも、彼らの主張です。
身近な知人の思想さえ変えられない自分の無力さを感じますね…
【2011/09/05 17:24】 | Maho #PKEetxYM | [edit]
まほちゃん

長いコメントのお返事・・・
消えてしまいました・・・

今度、改めて・・・涙
【2011/09/06 22:43】 | Blue Dolphine #- | [edit]
まほちゃん。

気を改めて。遅くなりましたが、返信コメントです。

私たちの世代は「無気力・無関心の世代」と呼ばれていました。学校教育は完全に一方的な受身で、与えられた情報、教えられたことに対する疑問を突き詰めて考えたり、議論したりする余裕もなく、とにかく受験のための詰め込み教育でした。そんな戦後の教育が今の日本人を作ってきてしまったのだと思います。

今の日本の教育がどのように変わっているかは、実際のところわかりませんが、友人や日本で英語を教えたことのあるカナダ人の知り合いなどの話からは、その教育スタイルが若年化し、悪化しているように感じられ、息子たちのカナダでの学校教育を見ていると、日本の子供たちの将来が、かなり不安に感じたりもします。

ほとんどの日本人が、必要以上に発達したテクノロジーに忙しく操られ、財力と権力のあるものが都合の良いように作ってきた仕組みに流され、長い間疑問を持つ余裕もなく、目先のことやごく身近なことしか見えなくなり、その仕組みの中を生き抜くために大事なものを見失ってきたような気がしてなりません。

情報操作や隠蔽は、程度はいろいろでも、身近なところで常に起こっていることは確かだけれど、これだけ多くの命が脅かされていて、誰もが、もう人事ではないにも関わらず、分かっていて黙殺しているのだとしたら・・・それは、日本が、私が思っている以上に病んでいる、ということでしょう。もし、今原発の真実(核廃棄物を増やし続け、危険な負の遺産を遠い遠い後世代にまで残すことなど)を分かっていても、今のそのままの生活を変えることなどできない、と本気で思っているのだとすれば、それは溢れすぎた物質社会の中で完全に中毒状態に陥っていると言うことだと思います。

後でおこるであろう都合の悪い事を考えないようし、そのときになってあわてふためき、絶望する、というようなことになるとしたら、それはあまりにも悲しくおろかなことです。放射能については、特に核技術が根底にあり、国家がらみの機密事項がまとわりつくものなので、一般市民が扱うにはあまりにも巨大な問題だったと思います。でも今、その隠されてきた放射能の危険性が加速してその姿を現し、目に見えない、恐ろしい牙が忍び寄る不安や恐怖の中に、いやおうなく引きづりこまれ、追い詰められいる人たちが沢山いるのです。そして、それを受け入れて立ち向かわなければ、それはどんどん広がり、本当に取り返しのつかないことになってしまいます。

その正体に目をつぶりたいのは自然で、偉い肩書きのある先生に「危険などない。大丈夫。」と諭されたとしたら、きっと人々は、神様のような存在にも感じることでしょう。そういう中で、新興宗教と言うものが生まれがちなのだと思います。現実逃避。信じていれば救われる、とすがるような心。でも、そのような虚空の欺きは、人を骨抜きにし、さらに弱くしてしまいます。真実が人を強くし、向き合う力を引き出してくれるのです。そうやって、今まで骨抜きにされ、流されることをよしとしてきたのが日本人で、それが日本人の社会でした。

今回のトリプル災害は、目覚めるための大きなきっかけだったと思います。それでも見てみぬふりをする人ばかりなのであれば、日本はもう、崩壊間違いなしです。でも、私は、今、本当に多くの人たちが、報道されていないところで、大きな波を作っているのを感じています。それは、それこそ津波を起こし、今までの物欲社会を飲み込み、まっさらにする力さえ持っているように感じています。この革新が、後退していると思う人は、芯まで魂を抜かれてしまった人で、これからの新しい世界では、時代遅れとされていく人たちでしょう。原発が止まると電力が足りない、とか、火力が増えることになる、と思っている人がいるとすれば、それは、あまりにも余計なテクノロジーに汚され、情報を選ぶ能力さえ萎えてしまい、今の情報社会から取り残されている人たちです。

再生可能エネルギー政策も、そんな物欲社会の延長になってしまってはいけません。太陽パネルを敷き詰めた果てしなく広大な土地の映像を見たとき、かなり違和感を感じました。エネルギーを必要なだけ使う、自然との本当の共存をグローバルで目指していかなければならない時代に来ているのだと思います。必要以外のエネルギーは、たとえ再生可能エネルギーでも、自然の調和を乱すものだと考えます。世界中いたるところで起きている多くの災害が、それを物語っているのです。

何が正しくて、何が間違っている、ということは、道徳に反しない限り、決まった答えがあるわけではないと思います。ただ、考える力、行動するエネルギーを失なわないためにも、人を変えようとするのではなく、自分が変わらなければならないのだと、強く感じます。だから。。。まほちゃんが無力だと感じることはないし、自分が正しいと思うことを、言い続け、できることをし続けることが大事なんだと、そんな風に思います。

長くなりました・・・(相変わらずだよね・・・)
【2011/09/08 19:47】 | Blue Dolphine #- | [edit]
長文消えると、かなりショックですよね…
こんなにお返事いただいて、ありがとうございます。


本当に多くの人たちが目覚めていることを願いますが…
どうも自分の周りや、インターネットにより分かる多くの人々の意見を見る感じでは、私は、目覚めているのはまだまだごく一部のような気がしてしまいます。

最近は、危険性を表す数値などが、今まで流されてきた平均的な数値より大きな数字の記事が出ると、逆に、風評だ・情報操作だと決めてかかる人が多いのが気になっています。

「風評被害」「情報操作」という言葉が多く出回ると、より危険だと言う記事は、真実かもしれないことまで全て風評扱い・情報操作扱いする人が多い。
まるで「風評被害」「情報操作」が流行り言葉の様に。

悲しいかな、やっぱり日本人って、自分で調べたり考えたりする力に乏しく、流行りに流される人が多いなと感じてしまいます。


でも確かに、「人を変えようとするのではなく、自分が変わらなければならない」ですね。
Blue Dolphineさんの素晴らしい姿勢、見習っていきたいと思います!
【2011/09/08 22:35】 | Maho #PKEetxYM | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。