スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

エリーの獣医さん

 2011-08-12
さて、基礎トレーニングを無事終了したエリーですが、(ようやく話が元に戻りました・・・)

それからも、何かが改善されている、という感じは全くありませんでした。

毎日教えられたトレーニングを繰り返し、

冬になって人がいなくなったテニスコートで、リードマナーの練習をしたりしていたのですが、

この年の冬は、本当に記録的にバンクーバーに雪の多い冬で・・・



Sano 065


エリーが生まれて初めて耳にしたある音が、また彼女を発狂させてしまうのでした。

それは・・・


「雪かきのおと」


そういえば、秋には、落ち葉を掃く音にも、猛烈に怒って吠えてたっけ・・・



何が参ったかと言うと、


雪の日の散歩の時に、雪かきの音で突然発狂してしまうと、

私は、ものすごい力で引っ張られ、滑って転んでしまい、

坂道が多いので、結構危険なのです


そんな日のお散歩から帰ってくると、ヒーヒーなきながら泡吹きが止まらなくなり、

掃除が大変なのもそうですが、なんだか見ていてつらくなってくるのです。

この時点でのエリーの音に対する反応は、明らかに異常でした。

室内では、料理のときに出るいろいろなの音、お菓子の袋を開ける音、雑誌のページをめくる音など、散歩の時は、車、トラック、飛行機、ヘリコプター、雪かき、そして・・・ごうごう唸る強風の音(私も怖い・・)などなど。あらゆる日常の音に、吠える、引っ張る、泡を吹く。

夏は草を猛烈な勢いでむしっていましたが、雪の場合は、狂ったように掘りまくる。止めようとするとうなり声を上げ、噛み付こうとする。完全に我を失いパニック状態にある様子・・・


こんな犬、見たことないなぁ・・・

なんて、少し大げさに思いつめてしまったりして、インターネットでいろいろ調べていると。。。

DOG NOISE PHOBIA 音恐怖症

ひどいときは安楽死・・・・・・???!


家族会議を召集し、

多少(かなり)お金がかかるだろうけれど、獣医さんに見てもらおう!ということになりました。


Sano E 063


エリーの獣医さんは、おそらく30台前半くらいの女医さん、Dr. R。

私は、かなり思いつめた表情でもしていたのでしょうか・・・

彼女は、

「エリー、最初に見たときにマーリーを思い出したのよ」(映画にもなった「マーリーとわたし」というベストセラーのイエローラブ、男の子のお話。~世界で最悪の犬~というサブタイトル。そのマーリーの最悪のいたずらの数々に、家族の心の豊かさが満ちていくお話)

あれは、エリーが2ヶ月のとき。

クリニックに入ったとたん、なんだか嬉しそうに、リノの床の上をバタバタを動き回り、落ち着きというものが全くなく、診察台の上からは飛び降りようとし、注射の後には、ガァガァいいながら床に背中を擦りつけ、彼女にたしなめられてたっけ・・・


これって、子犬なら普通、と思っていたけれど、そうじゃなかったのかな?


音に対する反応を説明すると、彼女は、「健康上の問題ではなく、おそらく少し大変な犬なのかもしれない」と。症状から唯一疑われるのは脳の障害。血液検査をしました。


彼女は、定期健診、ワクチンのために訪問したときにいつも言っていた言葉を、この日も繰り返しました。

「今は大変だけど、必ず、よいコンパニオンドッグになるのよ。」


そして、この日はもう一言付け加えました。

「もし、SPCA(動物保護施設)に連れて行こうと思うようなことがあったら、そのときは必ず連絡して。」


そんなことは、不思議と一度も思ったことがなかったけれど、なんとなく、それだけ大変な犬なのか・・・と確認したような気持ちになり、

と同時に、彼女が引き取る気持ちがあるのだ、と感じました。


そして彼女はこのとき、彼女の愛犬のトレーナーを紹介してくれました。

「きっと助けてくれるから。大丈夫。」と。



Sano 076


血液検査の結果は問題なし。

良かった。このときは、これだけで、久しぶりにものすごく安心したのでした。



今だから分かることがあります。

子育てもそうだったよなぁ・・・・


不安や、心配は、気の弱い子の気持ちを不安定にさせてしまう、ということ。

この不安、心配は、優しい気持ち、守りたい、という強い気持ちからくるものなのだけれど、それは、怖がりな子や敏感な子の場合は、かえって不安にし、弱くしてしまう、ということ。


そして、それは、Dr.Rが紹介してくれたトレーナーが、改めて教えてくれたことなのです。


Sano 072 

エリーは・・・

このとき、断固とした、迷いのない、厳しいリーダーシップを求めていたのです。




つづく



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/492-78e5cebb

コメント
こんにちは!
この間のコメント見て、チャチャも早速トレーニングカラーを試してます。
恐るべき効果!

そして今更ながら、ようやくブログ作ってみました。
まだテスト中でこれからごしょごしょ変えていくと思いますが…

これから、よろしくお願いします!
【2011/08/14 13:14】 | 真帆 #IIGNyTQk | [edit]
まほちゃん

1歳のお誕生日おめでとう!!
おおきくなったんだねぇ。
同じカラーで試してみた?通称GOOD DOGカラー♪
これがあれば、母犬になれるのです!!

これからも楽しみに見させてもらいます。
【2011/08/14 22:02】 | Blue Dolphine #- | [edit]
はじめまして。

しろぽんと申します。

ブログを拝見し、涙がとまりません。
まるで私の思いを言葉にしてくださっているような…前に進めば、光が見えてくるのだと思えるような内容でした。

もうちょっと、頑張ってみます。
【2012/09/01 05:32】 | しろぽん #- | [edit]
しろぽんさん

もうちょっと。もうちょっと。。。
ってがんばってみたら、きっとすぐそこに出口があったのに気がつくかもしれません。
応援しています。
しろぽんさんは、やさしくて、愛情たっぷりな人なのですね :)
【2012/09/01 17:44】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。