スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

考えごと

 2011-08-10
ずっと頭から離れないことがあり・・・

昨日から、一段と仕事にも集中できなくなっていて・・


むさぼるように情報を探っている私の足元で、


IMG_6575.jpg

今晩も、平和な寝息が聞こえています。

菅総理を辞めさせてしまってよいのだろうか?

彼は、「脱原発」の指針を唐突に打ち出し、

「ストレステスト」をいきなり導入し、

「核の抑制のない世界を目指す」とスピーチで明言しました。

これら全ての言動に対し、与党も含めた政治家たちもマスコミも、こき下ろしの批判をしました。

確かに、演説もうまくないし、カリスマ性もない。

福島原発事故の対応、現状については、問題だらけ。

でも、それは果たして菅総理のせいだけなのだろうか?

周り中が、今こそ果さなければならない重要な指針に猛反対している中で、一人で抵抗していたように感じられてしかたがない・・・

タイミングが悪いと酷評された、その全ての唐突さに、政治家らしからぬ良心を感じたのは、私だけなのだろうか?賞賛され、メディア全体で盛り上げて、実践に向けての動きに変わっていくべきものが、得体の知れない力でつぶされようとしているように感じるのは、私だけなのだろうか?

「脱原発」を打ち出さなければ、再稼動は当たり前のように行われていたでしょう。

「ストレステスト」を言い出さなければ、電力会社のやらせも、安全を確認するコンピューターシュミレーションの1桁違う誤入力も明るみに出なかったでしょう。1桁違っていて、安全に問題がない、と言い切っている電力会社。しかも、福島原発の事故が収束もしていないのに。安全性の向上が最重視されている今に、です。少しのミスも許されない原子力の現場で、です。

原発と原爆が同じ核であり、非人道的なものであるという見解を、世界に向けて断言した主相なのです。

回転ドアの政治と皮肉られている日本の政治は、この場に及んでも回転していると国際社会から見られても仕方がありません。

暗闇の中にいる、いかにも政治家と言う顔つきの男が、東電の幹部となにやら密談している様子が目に浮かんでしまい・・・

「もう少しだから、辛抱してくれ。悪いようにはしないから。」

そんな妄想に悩まされ・・・

菅総理が後退した後は・・

「脱原発」はうやむやになり、「ストレステスト」は簡易化され、「核による抑制」がなければ日本は植民地と化する、という主張が当たり前のように受け入れられていくのでしょうか・・・

今、不安でたまらないのです。

ふと、エリーに目を移すと、

IMG_6571.jpg


うん!そうだね

きっと大丈夫!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/491-a431406a

コメント
 政治の裏の世界は私達にはわかりません。
菅降ろしが盛んですが、
次の首相になるのは誰なのか、
その首相になったからどう変わるのか
何もわかりません。
でも「脱原発」だけは受け継いでほしいです。

 私の出身地はある大物政治家の選挙区です。
ずっと彼の選挙ポスターを見てきたので
馴染みがあります^^;
マスコミに嫌われ、かなり悪党扱いですが
あの人が上に立ったらどう変わるのかなぁ・・・。
【2011/08/11 21:45】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
日本の政治は、腐っています。
菅さんを引きずりおろし、小沢だろうか、前原だろうが、だれがやろうが、最初は、勝利に酔いしれ、そのうち、揚げ足取りと、言葉尻に引っかかり始め、自分達が、選び、送り出した人を、引き釣りおろすことに、力を注ぐ。

敗戦以降、何回同じパターンを見た????

いい加減、国民はあきあきしている。そういう、己が選んだトップの人に協力を惜しみ、揚げ足取りに精を出す、政治家軍団が、根こそぎ変わるか、マインドセットを変えないかぎり、日本は、世紀末現象から、ぬけられないと思います。

そして、そういう政治家を選んでいる、国民一人一人のレベルまで、協力、反省、叡智の構築。。。

何世紀かかるんだか。
【2011/08/12 22:22】 | Meiko #- | [edit]
kojirouさん

馴染みの大物さんは、日本を変えてくれそうですか?
日本は、今変わらなければ、ますいです
【2011/08/13 21:59】 | Blue Dolphine #- | [edit]
めいこさん

何世紀も待ってたら、日本はちょっとまずいですよね・・・
私も、腐っていました。全く政治に興味がなかったし、あきらめてカナダに来てしまって、さらに「勝手にやってれば」、って思ってたし、いろいろなことを知ろうともしなかったし・・・
でも、今、私でさえそうなので、かなり多くの国民が、目覚めましたよね!だって、今しかないですよね。
もう、国の動きをよそに、自治体や、心ある専門家、住民が動き出してもいます。
そういう方々が、国の政治も変えていって欲しいと願っています。
だから、一人でも多くの国民が、やっぱり行動に移さなければなりませんよね。
政治家のマインドセットを導くべく、がんばりましょう。
何か良い案があったら、教えて下さい!!!
【2011/08/13 22:07】 | Blue Dolphine #- | [edit]
今は、ソフトバンクの孫さんや、ワタミの渡辺さんなど、企業家で、そして、普通の暖かい血の通った、民間人が、ところどころで、小さな運動や、小さな動きを引っ張り始めていますね。(私は、10年後は、この2人は、日本にとって、特別な人になっていると思うんです。。。)

残念ながら、日本の国民は、Blue Dolphineさんのような、普通の一般人の、でも、ずば抜けて秀でている提言で、動いたりは、なかなかしない。

それでも、このブログをすこしでも沢山の人が、真剣に読んでくれる。。ようになると良いね。私のブログとのリンクも、もうすこし、アップデートで、Pasteされるように、いじっておきます。

私は、今こそ、日本中のお金持ちが、『人の心』を発揮して、政治とは無関係なところで、社会を前向きにさせるべく、お金を使うべきだと思います。

戦後の金持ちは、己の懐ばっかり心配してたけど、そんな時代は終わった。んじゃない???

そして、政治家のネームプレートにリーダーシップを託す時代も、終わりに近づいていると感じていますが。。。。
【2011/08/14 19:01】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

もともとこのブログは、エリーを通して伝わってくるメッセージを息子たちに伝えるのが1番の目的で、後は遠くの友人に近況を伝えるのが目的でした。日本語の読めない息子と友人のために、英語表現も入れるようにしてました。
日本の友人には、カナダの様子も伝えたくて、興味深い情報をのせたり、犬が好きで見てくれている人たちがいることを期待して、動物、特に犬にまつわることは、紹介したりしていました。
3.11後は、自分の関心が大幅に日本に移ってしまい、心の中で何度も何度も思い浮かんできてしまう言葉だけを記事にしてしまっていました。なので、テーマに一貫性のないブログになっているよなぁ、と最近感じています・・・
もともとは、ほんわか「犬ブログ」なんですよ-笑
なので、本当に一番効果的なアクションを起こしたいときは、主相官邸や、省庁、知事、など実際に関係のあるところにメール、電話をしています。また、今回の原発問題でアクセスが沢山ある、情報豊富なところにコメントを入れたりしています。そのほうが、自分の言いたいことが、同じ関心を持っている人に伝わると思って。
なので、私のブログで、もし、「よし!私も行動に移そう!」って言う気持ちになってくれる人がいたとしたら、本当に嬉しいです。1人でも、大きな力です。
ありがとうございます。
【2011/08/14 22:18】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。