スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国境を越えた半島~PORT ROBERTS

 2011-07-24
今日も我が家はお出かけしました。(ボア君は、今回も参加しなかったのですが・・朝寝ていたかったか???


IMG_6297.jpg

『今日はどこに行くのかなぁ?』


バンクーバー島へ渡るフェリーの乗船場のあるツワッセンの手前を左折すると・・・


IMG_6300.jpg



国境!


超えたところは、

IMG_6341.jpg

アメリカ合衆国!


国境の職員と言うのは、「何でも疑ってかかる。高圧的な態度を取らなければならない。」という厳しい訓練を受けているに違いありません!


係官「どこに行くの?」

私「ポートロバート。(他にないじゃん???)」

係官「だから、どこに行くの?」

私「だから、ポートロバート。」

係官「(ため息)ポートロバートのどこに行くの?」

私「???始めてきたから分からない。」

係官「???(相当怪しんでいる表情)何しに行くの?」

私「ピクニック。」

係官「?????何でここにきたの?」

私「(そんなの自由でしょ!)友達が、ここが良い所だって教えてくれたからっ!!」

係官「???どこに住んでるの?」

私「バーナビー!(パスポートに書いてないの???・・・書いてなかった・・・)」

このようなちょっと感じの悪い質疑応答。


日本のパスポートを持った2人は日本から来ていて、その他はバーナビーに住んでいて、天気の良い休みの日に遊びに来た。という状況が、あまり理解できなかったのか・・・

その後、オフィスに呼ばれ、犬は外にある汚いケージに入れろと怖い顔で言われ、エリーはおびえて断固入ろうとせず、仕方なく車に残してよい、言われ・・・

IMG_6301.jpg


でも・・・この前新聞で、車の中にたとえ2.3分と思っても、夏の暑い日に犬だけ残していくのは虐待だって記事、あったよなぁ・・・と頭をよぎったのですが、

怖い顔して容赦ない、という感じだったので、窓を少し開けて全員オフィスへ。

同じ質問をされ、同じように理解に苦しむような顔をされ、指紋検査と写真検査、コンピューターが動かなくなって移動・・・・など、かれこれ20分くらい???


犬が心配なので、と車に戻るのを唯一許されたのはラビ君。

その間にオートバイがブンブンきて、エリーは暑い車内で大発狂。

収めようとしていたラビ君は、汗だくで反泣き状態・・・


はぁ、まだまだエリーは修行が必要です。。。。



気を取り直し、無事アメリカに入国すると・・・

そこは、


IMG_6304.jpg

小さな小さな半島で、


snapper1183254901169.png


ここだけがアメリカ。小学校が1つ。中学校以上は、国境を越えてカナダの学校に行くんだとか・・


エリーは・・・

IMG_6306.jpg

口の下にちょっとだけついたアワアワが、国境でのストレスの名残を感じさせました。


でも、


IMG_6308.jpg

海!!!


湖は行ったことあるけれど・・・

波が初めてで・・

波がくると、飛び上がって逃げていたので、かなり笑われました。エリー。君は水難救助犬にふさわしいと言われるラブだよね・・・???


半島の反対側へ行ってみると、

IMG_6320.jpg


緑のさわやかなトレイルが続いていて、


IMG_6326.jpg


そこを抜けると・・・


IMG_6322.jpg



絶壁からの絶景かな!


熟練バードウォッチャーのジージとバーバは、

IMG_6312.jpg


大抵ばらばらに行動しているように見えるのですが、


IMG_6324.jpg


鳥を見つけたときは、いつも並んでおしどり夫婦


IMG_6335.jpg

白頭ワシとその幼鳥、海の向こうに見えるのはタコマ富士とよばれるMt.Baker!


他にも沢山収穫あり!だったようでした。



そして・・・


IMG_6345.jpg
『まま、お買い物中・・・』


大したお店もなかったのですが、ビールとワインがカナダの半額くらいでした・・・ガソリンも安かった!


またまた収穫あり


IMG_6346.jpg


帰りはカナダの入国を済ませ、(こちらは車内のみでOK)


IMG_6356.jpg

バーナビーに帰ってきたねぇ。

すぐ近くなのに、

国境を越えると、景色がガラリと変わり、なんか、遠くまできた、と言うような気分になりました。


やっと、夏みたいな気分、味わえました



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/480-0758da3d

コメント
大変でしたね…(T_T)
エリーちゃんかわいそうにー。

波がこわいエリーちゃん、泳ぐ気持ちはまったくないみたいだね(笑)

お買い物を待ってるエリーちゃんがめっちゃかわいい顔してました♪
じいちゃんとばあちゃん、楽しんでますねo(^o^)o

【2011/07/26 05:53】 | meme #- | [edit]
 島国に住んでいると国境という概念がないです^^;
アメリカに入るのは難しいのに
カナダには簡単に入れるのですか?
何ですかね、この違いは。
おじいちゃんとおばあちゃんはとても行動的ですね。
カナダの夏を楽しんでくださいね。


 あたしも行きたい・・・。
【2011/07/26 21:31】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
ご両親来ていらっしゃるのですね。
とんだハプニングもあったようですが楽しく素敵な時間をお過ごし下さい。

エリーちゃんは騒音が怖いのでしょうね。
なんとか、騒音から気を引ける方法があるといいのですが・・・ん~~~、例えば大好きなオモチャやがあれば騒音などでパニックになった時にそのオモチャを見せて安心(落ち着かせる)させるとか。オモチャじゃなくてもブランケットでもいいし、エリーちゃんが安心できる何かで騒音でのストレスと解放してあげる。オヤツでも何でもいいんだと思います。なにかエリーちゃんが一番好きなもので気が引けて安心できるものがあるといいと思います。
少しでもストレス解消できるといいですね。
【2011/07/27 08:56】 | wocean #o5Blwsxk | [edit]
kojirouさん

この国境は・・・だって、その半島だけがアメリカで。
どうしてそんなところに国境線を引いたんだか・・・
何もないところだから、住民は国境こえて、カナダ側の(突然ひらけます)お店やレストランに言っているんだろうなぁ、と思います。で、カナダで消費税落として・・・アメリカに税金払って・・・そして、カナダの学校に行く???インターナショナル学生扱いなのかな?お金すごくかかるんですよ。それとも特例を認めているのかな???なんか、不思議な感じでした。
カナダは、移民を取るときに、散々犯罪暦などの細かい書類を出したので、そういうチェックはないのですが、税関チェックは口頭で簡単にありました。
海外に行くときって、たいてい行くときはチェックが厳しくて、帰ってくるときは簡単ですよね。
私は、二重国籍を許していない日本の市民権を失う決意がまだできずに、カナダ人になれないでいますが、移民権を持っているので、カナダには、「住民」とみなされています。カナダの国境職員も、やっぱり高圧的な人が多いですよ。国を守る、と言うのが任務なので、仕方がないのでしょう。

カナダに、是非いらっしゃってください。
【2011/07/27 22:49】 | Blue Dolphine #- | [edit]
wocean さん

ありがとうございます。
今、ある新聞のインターネットペット販売の記事を見て、昔のエリーのあれこれの思い出を、少しずつ書いていて、この後まだ続きがあるのですが、エリーの場合、恐怖心が強すぎて、ある意味パニック症状を起こしてしまうので、たとえステーキだとしても、どんなに好きなものを(たいてい食べ物ですが)鼻先にぶら下げても、もう、ぜんぜんだめなんです。
私たちを救ってくれたあるトレーナーのアドバイスをいまさらながらにうなずいてしまうのですが、とにかく、苦手な怖いものに直面する機会をできるだけ多く作ること。そして、その状況に慣れていくしかない、と言うことみたいです。この頃ずいぶん良くなりました。今日の日帰り旅行でも、オートバイの音や、トンカチをたたく音(これもものすごく苦手なんです)に沢山遭遇したのですが、後半は疲れもあったのか、ずいぶん落ち着いていたので。
無理のない程度に、少しずつチャレンジさせていこうと思っています。最近落ち着いていられるようになったので、そのときには、思いっきりの愛情表現と、スナックをあげています:)
【2011/07/27 22:59】 | Blue Dolphine #- | [edit]
memeままさん

あの、追いかけられ行列事件の前は、泳いでたんですけどね。
まだ泳ぎ始めたばかりで、たまに、バタバタと前足を動かして、おぼれてるみたいにも見えたけど(笑)
あれ以来、本当にいろいろなことに臆病になってしまって・・・
気長に、また本能が働き出すのを待とうと思います。
私は泳ぎが得意ではないのですが、犬が泳いでるの見てると、なんかかわいくて。
イルカと泳ぐのが夢なんですけどね・・・
エリーと息子には、おぼれたときに助けてくれるくらいになってほしいのですが・・・
あまり欲張りになってはいけませんね(笑)
じーじとばーば、楽しんでくれてるかな。鳥さえいれば、それだけで楽しめるひとたちなんですけどね(笑)
【2011/07/27 23:01】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。