スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

基礎ドックトレーニング~その1

 2011-07-23
ハロイーンの花火事件のあと(事件が多すぎるような・・・?)


それからと言うもの、エリーの音に対する反応はどんどんエスカレートしていきました。

料理をしているときのお鍋がコンロにすれる音や、お菓子の袋が立てるがさがさする音など、本当に何で?と言う日常の何気ない音に吠え立てるようになりました。そして、そのたびに泡も吹き出してくるのです。その泡の量で、ストレス度が分かる、と言う感じでした。


ellie 015



他の犬ともっと触れ合ううちに学ぶこともあるかもしれない、と思い、DOG DAYCARE(犬の保育園?)に連れて行ってみました。


そこでは、ストレステスト(ん??原発ではありません)のようなものをされ、10畳くらいの広さのところに沢山の犬がいて、その中に混じらされ、だんだん犬の数が減っていき、最後にオーナーの犬(シェパード)とエリーだけが残る-という、とても簡単なものでした。


でも・・・エリーの口の周りには、やっぱり泡・・・


その場所自体が貨物の線路、トラックなどの交通量の多い大通りに面していて、その「騒音」に対するストレスもあったようです。


「これだと、かえって本人もかわいそうだから、預かれません」

と言われました



それでも私は、エリーが特に大変な問題を抱えているわけでははく、きっと、トレーニングが足りないのだ!

と気を取り直し・・・


もともと次のステップのトレーニングが必要とも思っていたので、

家の近くの、グループ初級トレーニングを探してみました。


友人が、犬のDAYCARE(保育園)を見かけたことがある、と言うので行ってみると、そこでトレーニングのクラスもやっているとの事で、トレーナも、とても物静かで評判が良い、と、当然ながら宣伝されて、申し込みました。


Mr. トレーナーは、ホッケーもやっていて、息子たちとも意気投合。物腰が穏やかな、好感の持てる方でした。

そのトレーニングのポイントは、


IMG_6287.jpg



-断固とした姿勢でありながら、やさしく。決して肉体的乱暴はしない。

-確固とした自信を持ちながらもリラックス。

-犬に安全だという安心感を与える。

-ルールと悪い事の境界線を決め、それを決して曲げない。

-曖昧ではない、明確なコミュニケーション。

-忍耐強く、一貫性をもって。

-期待を大きく持たず、現実的に。

-オペラント学習~何かの行動が良い結果を生めば、その行動は繰り返される(Positive Reinforcement)。対照的に、悪い行動は、少なくとも良いことが何も得られなければ、そのような行動はだんだん減っていく。

-人に飛びつくなど、好ましくない行動も、このような方法で学ばせられる。飼い主の注意を引く、と言うのは、犬にとっては嬉しいこと。なので、(無視しない限り)その行動は繰り返されるでしょう。


「なるほど~!いいんじゃない?この方法!本にもそんな風に書いてあったし♪」


と思いました。

この教えを胸に叩き込み、

1 Sit-Down-Stay
2 Leash Manners (リードのマナー~引っ張らない)
3 Recall (呼び戻し。COMEコマンド)
4 Heel (いつも真横を歩く)
5 Stand & Position Changes 

のレッスンを受け、
(それぞれのトレーニング方法、興味のある方は、詳細を伝授しますので、ご遠慮なくコメントでもメールでもください)


最後の日は、何かTrick(芸)を覚えさせ披露することになっていました。


エリーの場合・・・


最初の出だしは順調で・・

Mr.トレーナーが話をしているときは、たまに少し首をかしげながら凝視。

「エリー。ちゃんとメモ取ってるね!」なんてほめられたりもしたのですが・・・

3回目の「COME」の練習のとき、外で、大音量の音楽が鳴っていて、ベースの「ドン、ドン・・・」という低い音がずっと続き、エリーの半狂乱発作が始まってしまったのです・・・「Come」どころか、来た!と思ったら、反対方向にダッシュ、とギャンギャン吠えまくりながら走り回り、他の犬まで興奮させてしまい、大惨事に・・・

泡を吹きながら吠え止まないエリーにみんな呆然・・・


Mr.トレーナーのあらゆる努力もむなしく、

「ちゃんと散歩させて来た?運動が足りないんじゃないの?」と。


この言葉で、私は、少し疑問がわいてしまったのです。

この人には、エリーのことはわかってもらえないかも。。。と。




そして最終日。


エリーに覚えさせたトリックは「CATCH IT!」


お気に入りのふかふかボールを投げて、キャッチする、という、「芸」と呼んでよいのか分からない代物でしたが・・・・


072311-1.jpg



ありがたいことに、ちゃんとキャッチできて、大喝采。


エリーは・・・


またもや大興奮。その拍手の音におびえ、吠えまくり、

「収まるまで外に出てて。」

と、なんか、罰を受けて廊下に出された生徒のような心境だったのでした。


それでも無事「卒業」したのですが、


IMG_6291.jpg



結局のところ、このトレーニングは、一般的な犬のトレーニングとしてはとてもよいものだと思いますし、基本的なトレーニングについての知識を得た、と言う意味では収穫がありましたが、


エリーの問題行動を改善することには、助けになりませんでした。




~つづく


おまけ・・・


今日のエリーの寝言・・・




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/479-9233dbf3

コメント
ほ・ほ・ほんとうに寝言ですか~!?

大爆笑! &よくこんな楽しい動画が撮れましたね~☆
【2011/07/25 21:59】 | ruru #- | [edit]
ruruさん

ほ。ほ。ほんとうなんですよ。
まだ体も小さかった幼きころは、よく、こんな風に寝ながら遠吠えしてて、おかぁさんが恋しいのかなぁ、なんておもってて・・・
普通遠吠えはサイレンか、決まった曲に反応するんだけれど、
寝言の遠吠えは久しぶりでした。
たまたま写真をダウンロードしていたときで、ビデオに収めることができました♪
【2011/07/27 22:31】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。