スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バンビがエリーになった日

 2011-07-06
2008年5月17日、土曜日。

看護婦をしていると言う、自称ブリーダーさんから連絡があり、夜8時15分に見せてもらいにいくことになりました。


「見るだけだそ!」と釘を刺すパパ。


実際に対面すると、


「かっわいいなぁ~」


と、全員一目ぼれ。

誕生日は、ラビ君と同じ3月24日だと。運命の出会いだと思いました。


生涯何か問題があれば、責任を持つと書かれた、署名付の紙を受け取り、

動物病院での記録も頂き、

070611-1.jpg

あれほど頭に叩き込んでいた、相性テストはすっかり忘れ、

お代金を払って、即効連れて帰ってきました。


家に帰る途中、クレイトとドックペン、フード、スナックを購入。

完全な「衝動買い」です。


家に来ても、ほとんど寝てたなぁ。

翌日。


パパの発案で、サザンの「愛しのエリー」から、


Vandusen Gardens 023

名前を、『エリー』に決定しました。



Vandusen Gardens 021

目が覚めているときは、何でも噛みたくて、



Vandusen Gardens 016


とことこ、どこにでも行って見たくて、



Vandusen Gardens 020


ボア君、12歳、ラビ君、9歳、私もパパも今より3歳若かった春のことでした。


Vandusen Gardens 018


ちょっと遊ぶとすぐ寝ちゃって・・・


Welcome! エリー!!

そして、私たちは、10の約束を、心に刻んだのでした。


~つづく


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/466-df8ba6c4

コメント
衝動買いだったんですねぇ。

うちも、そうですけどね。

1回見たのに、このこは、やめるとか、できそうにないです。

まず、であったこが、うちにくるこって思っちゃいます。

10の約束・・・私、10番目がいつも涙なしでは読めません。

いつも、実家では犬を飼っていたけど、息を引き取るときは、私がいない時でした。
今、飼ってる犬の前の犬は、妹が見届けてました。
ごんたって、言うんですけど、妹が小学生のころからすごく可愛がっていて、いつもごんたに なぐさめられていたような関係でした。

妹はイギリスに留学していて、日本に帰って来てから亡くなったのです。

妹は、すごく悲しんでました。

その頃、私は結婚してたから家にはいなかったので、めめとのお別れが、きっと初めての経験になるのです。

避けてはとおれない道だけど、まだ3歳だけど、考えると涙がでてきて、もうだめです。

【2011/07/07 00:56】 | meme #- | [edit]
 ウチはオットが次男に「野球の試合で全部ヒットを打ったら犬を飼っても良い。」と言ったら
2本打ってコールドで勝っちゃったので犬を飼ったという、
まさにどうしようもない理由です(´-д-)-3
そしてBlue Dolphine家のようにブリーダーさんから受け取って
その足で、サークル、フード、オモチャ、トイレシートを買いました。

 その後はいたずら坊主のやることに家族全員大変な目に合いましたが、
誰もクゥを返す気持ちはなかったなぁ・・・。
小さかった時もそれはそれはかわいかったけど
大きくなってもまたかわいくてしかたないですよね。
【2011/07/07 21:21】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
めめままさん。

そうですよね。一度出会ってしまったら、そのまま置いて去れませんよねぇ・・・
あぁ、ちょっとほっとしました。
浅はかだったかなぁ、って心のどこかで感じたことが度々あった気がするんですよ。
今は、そんなことないですけどね。

私は、前に飼っていたマルチーズの最後に立ち会いました。
一人暮らしをしていたんですけど、具合が悪いと母から連絡があって、自宅に戻ってました。
肺炎で、最後の晩は、呼吸が本当に苦しそうで・・・
マリーが苦しそうにしているところで、1mくらい離れて、ずっと見ていました。
ただ、見ているしかできませんでした。
母は耐え切れず他の部屋にいました。
荒い呼吸をしながらマリーは瞬きもせず私を見ていて、
私も彼女を見ていました。
最後の呼吸の時も。
「ありがとう」ってその目が語ったような気がしました。
息を引き取った直後に、接待ゴルフに行っていた父から電話があり、
「大丈夫か?」って。
すぐ帰ってきて、とだけ言いました。
お寺の末息子だった父は、その日、お経をあげてくれました。

20年以上、犬、飼えなかったんです。
でも、今は、もうちょっと強くなってるかな???
息子たちにとっても、犬を飼って、最後まで見送るのは、学校の勉強より大事なことだと思っています。
【2011/07/07 21:49】 | Blue Dolphine #- | [edit]
kojirouさん

すごい。次男君、2本打っちゃったんですね!!
犬、ものすごく欲しかったんだ~!
私の場合、そのブリーダーさんは、ちょっと怪しいブリーダーさんでした。
毎年産ませてるって言ってたし、普通の家のバックヤードで産ませて売ってる、っていう感じの・・・
田舎の方の、動物にとって環境の良いところで育てている、本職のブリーダーさんではなかったんですよ。
忙しいことを理由に、手っ取り早く見つけよう、としていた私の責任でもありますが。

いろいろありましたが、今では、がんばってよかった~って思ってます。
かなり問題犬ですが、すっかり家族です。(みんなに、保護センターから里親になったの?ってよく言われます)

クゥちゃんは、本当に愛嬌があって、大好きです。
寝姿コンテスト、今度見つけたら、応募しちゃっていいですか?
あと、カウチに人間みたいに座ってるやつ!
絶対優勝しますよ!!!
【2011/07/07 21:56】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。