スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

我が家の犬の選びかた-1-

 2011-07-04
小学校2年生のときから20歳まで、マルチーズを家で飼っていました。

彼女を失った悲しみを再び味わうのが怖く、20年以上も犬を飼うのを避けていたのですが、

息子たちの強い要望もあり、決心!

満場一致でイエローラブ!

どこで手に入れたらよいのだろう?ペットショップでは見たことないし・・・



以下、Vancouver Sunより。





The Calgary mother of two had been looking for a new dog after the family’s rescued greyhound died.
カルガリーの2児の母が、保護犬だったグレイハウンドが死んでから、新しく犬を探していました。


In June, Rogi’s 16-year-old daughter came across a cute little bichon-shih tzu mix on website Kijiji and fell in love. She decided to use $350 of her savings to buy it.
6月にRogiの16歳の娘がKijijiのウェブサイトで、かわいいビションとシーズーの混血犬を見つけ、すっかり気に入ってしまいました。彼女は、貯めていたおこずかいの$350をあてることにしました。

Rogi says she thought, “Well, this will be a nice learning experience,” and contacted the owner, who said she lived overseas and that cousins in Calgary were looking after the dog. Arrangements were made to pick up the puppy, reportedly eight months old, at a downtown apartment building.
Rogiは「これはこどもにとっても、何かを学ぶ良い機会になるだろう」と思ったといいます。そして、飼い主に連絡を取ると、自分は海外にいて、カルガリーのいとこがその犬の面倒を見ていると言うことでした。8ヶ月と記されていたその子犬を受け取りに、ダウンタウンのアパートへ行く手はずが整いました。


“When we got there, I realized they hadn’t given me an apartment number. Normally, with a new dog, I would go in and see if it has food aggression and to see how the dog reacted with my daughter and do a couple of tests,” says Rogi.
「そこについたとき、アパートの部屋番号を教えてもらっていないことに気づきました。普通、新しく犬を選ぶときには、部屋に入り、食べ物に対しての攻撃性や、娘に対する反応、そのほか何点かテストしていたのですが・・」


Instead of letting her into their apartment, the sellers brought the dog out to them. He barked at first, but otherwise seemed friendly.
彼女をアパートの中に入れる代わりに、その人は犬を連れ出してきました。はじめその犬は吠えて、でもそれ以外はとてもフレンドリーに見えました。


5024905.jpg
Photo from Vancouver Sun


“They were going on, ‘Oh, we’re so happy we found a home for him.’ They said they had to get rid of him because he was barking in the apartment,” Rogi recalls. They also told her he needed “a little pill for an upset tummy.”
彼らは、「あぁ、この子の家が見つかって本当に嬉しい」と言い、アパートの中で吠えるので手放さなければならなかったと話していた、とRogiは思い起こします。彼らはなた、ちょっとおなかの具合が悪いときの薬が必要だとも言っていました。


“That was a red flag and I told my daughter we shouldn’t be purchasing this dog. They lowered the price (to $300) and genuinely seemed concerned about the dog, asking if they could come visit it. “Me, being so naive, said, ‘Sure, here’s where we live. Here’s my number.’”
それは、赤信号でした。私は、娘にこの犬は買わないほうがよいと言いました。すると彼らは、値段を300ドルに下げたのです。本当に犬のことを心配している様子で、自分たちがこの子犬に会いに行っても良いかとたずねました。私は、何も疑わずに「もちろん、ここが住んでいるところで、これが電話番号よ」と教えたのでした。


In the car, the dog began showing signs of stress. When Rogi did a shoulder check while driving, it leaped up and bit her face. Once home, the dog urinated all over the house. It was snarling, fearful and snapped at Rogi when she shooed it off the sofa. She immediately phoned the sellers. No answer. She then emailed them, asking to return the dog. They responded a few days later with, “Buying a dog isn’t like buying groceries. You should have thought about this first.”
車の中で、この犬はストレスの兆候を示し始めました。Rogiが運転中にショルダーチェックをした時、その犬が飛びついて彼女の顔に噛み付いたのです。家に着くと、その犬はあらゆるところにお漏らしをしました。歯をむき、おびえた様子で、Rogiがソファーから追い払おうとっすると、噛み付きました。Rogiはすぐさま飼い主に電話をしましたが、誰も応答しませんでした。Eメールで、犬を返したいを送りましたが、何日か後に「犬を飼うのは、食料雑貨を買うのとは違います。あなたは最初にそれを考えるべきでした」という返事が来たのです。


“I was quite angry. I’ve had a dog my whole life and our dogs have always been well-behaved. We are very dedicated to our animals.”
「とても腹が立ちました。私はずっと犬とともに暮らしてきましたが、どの犬もしつけがキチンとしていました。動物に対しては、ひたむきな努力をしてきたのです。」


A vet check revealed the “puppy” was 18 months old. Its medical history and vaccination record were unknown. Its adorable exterior masked a tiny tyrant who hated children. And that little tummy upset- Worms, from a nasty habit of eating other animals’ feces.
獣医のチェックを受けると、この「子犬」が18ヶ月であることが分かりました。今までの健康状態やワクチンの記録は全く分かりませんでした。外見はとてもかわいいマスクをしたちっちゃな暴君は、子供が大嫌いだったのです。そして、ちょっとおなかをこわすというのは、他の動物の糞を食べる悪い癖が原因の寄生虫でした。


Nervous about having given out their home address, Rogi and her husband decided not to contact the sellers again. They debated euthanizing the dog.
住所も教えてしまったことが心配で、Rogiと夫は売り手に連絡をするのはやめることにしました。この犬を安楽死させるか議論したのです。


“Our daughter was very stressed. It got to a point where she hated the dog.”
「娘はとてもまいっていました。犬が嫌いになるまでになってしまったのです。」


Rogi and her family learned the hard way that buying a pet on the Internet is fraught with peril.
Rogiと家族は、インターネットでペットを買うことが、危険をはらんだものだと、大変な想いをして学ぶことになりました。


The anonymity of buyers and sellers on the Internet makes it difficult to hold responsible those who mistreat animals, says Brad Nichols, Calgary Humane Society’s head of protection and investigations.
インターネット上の匿名の売り手と買い手は、動物の間違った扱いをしているものの責任追及を難しくしています、とカルガリーのHumane Societyの保護・調査長のBradは言います。


“When there’s profit, people seem to forget animals are feeling beings rather than a commodity,” he says.
「そこに利益が生じると、人は、動物が商品ではなく、感情をもった生き物であると言うことを忘れてしまうようです。」


Do your research 
リサーチをしましょう

Pets for profit. Backyard breeders. Puppy mills. Homeless animals.
利益を生むペット。バックヤードブリーダー。パピーミル。捨てられた動物たち。


All are tied in with what Bill Bruce, director of animal and bylaw services for the City of Calgary, says is the need for the “responsible procurement” of pets.
カルガリー市、動物条例・保護サービスの局長、Bill Bruce氏は、全ては、ペットの責任のある選び方に結びつくと言います。


He and other animal welfare experts say would-be pet owners must become informed and start asking questions: Where did this cat or dog come from? Under what conditions was it raised?
彼や、他の動物福祉の専門家は、ペットを飼おうをしている飼い主は、充分にそのペットのことを知り、質問をしなければならないといいます。この猫、または犬はどこからやってきたのか?どういう環境で育てられたのか?

Over the past two years, the Vancouver Humane Society has had more calls from people complaining they bought a dog off the Internet only to discover it had significant health problems. The society offers a service, when funding is available, to help pay emergency veterinary bills when the owner can’t afford it, said spokesman Peter Fricker.
バンクーバーHumane Societyは、この2年間に、インターネットで犬を購入した人から、健康上の大変な問題が見つかったという苦情の電話が増えたと言います。Humane Societyでは、飼い主が獣医にかかる費用が出せないとき、資金が許せば救急治療費を援助しています、とスポークスマンのPeter Fricker氏は話します。


He said there was a recent case of a young couple buying a puppy after reading an ad on Kijiji only to watch it die within days. Besides paying hundreds of dollars for the puppy, their vet bill was almost $1,000, he said.
彼によると、最近Kijijiの広告を読み、子犬を購入した若いカップルは、その子犬が数日間で弱って死んでいくのを眺めるだけだった、というケースもあったと言います。


“We are extremely concerned about the number of animals for sale on the Internet,” says Patricia Cameron, executive director of the Calgary Humane Society, which takes in 8,500 animals every year.
「インターネットで売られている動物の数には、とても懸念しています。」と、年間8500匹の動物を受け入れているカルガリーHumane Societyの取締役、Patricia Cameronさんは話します。



中略 ~Omission~



The humane society is seeing ads from breeders offering up to eight different kinds of animals online. Many are so-called backyard breeders, amateurs who get a pair of breeding animals and set themselves up in business.
Humane Societyは、オンラインで、8種の動物を売っているブリーダーの広告を見ました。ほとんどは、いわゆるバックヤードブリーダーで、素人が動物を繁殖させ、ビジネスを立ち上げているのです。

“You post a free ad on the Internet and you start to get $700, $800, up to $3,500 per animal,” Cameron explains. “It seems like easy money, but responsible breeding isn’t a high-margin activity. There’s a lot of costs and you can’t do it like a production line where every time the female goes into heat she has a litter. Irresponsible breeders do exactly that and the animals pay the price.”
インターネットで無料の広告を掲載し、700ドル、800ドルから果ては1匹につき、3500ドルで売っているのです。簡単なビジネスのようですが、責任のあるビリードは利益率の高いものではありません。コストがかかり、毎回雌の発情期に出産するという生産ラインのようにはできないのです。無責任なブリーダーは、そのようなことをし、動物がその値段を払っているのです。


Again, the anonymity of the Internet fuels pet exploitation.
インターネットの匿名性は、ペットの売り込みを加速させます。



Reputable breeders meet prospective owners several times, assess their suitability, introduce the breeding pair and have lineage and veterinary records at hand.
信頼のあるブリーダーは、見込みのある飼い主に何回か面会し、飼い主として適正がどうかを見極め、両親を紹介し、血統書と獣医の記録を持っています。


Backyard breeders and the operators of higher-volume puppy mills prefer to meet people in parking lots or beside a trail for a quick cash-for-animal exchange ? no questions asked.
バックヤードブリーダーや、大量のパピーミルのオペレーターは駐車場や道端で面会し、動物と現金の交換を簡単に済ませようとします。質問は何もされません。


“It’s a classic case of what you don’t want to support as a caring, responsible pet owner,” says Cameron.
これは、面倒をよく見ている、責任のあるペットの飼い主としては、支援してはいけない典型的なケースです。


She doesn’t believe pet owners want exploited animals ? they’re looking for animals to love as family members, but lack of awareness and education sabotage good intentions.
Cameronさんは、売り込まれている動物を欲しがる飼い主は信用しないと言います。彼らは家族同様にかわいがれる動物を探していますが、意識と教育の低さが良い意志を妨害しているのです。


Spaying and neutering are also key.
避妊処置はまた、鍵でもあります。



Six years ago, Julie Bousfield got her first dog from a backyard breeder after responding to a free classified ad for border collie-cross puppies.
6年前、Julie Bousfieldさんは、ボーダーコリーの雑種の子犬の無料の広告を見つけて、初めて犬をバックヤードブリーダーから買いました。


“Basically it was someone wanting to off-load some puppies and make a quick buck,” says Bousfield. “At the time, we didn’t know any better. We went and looked at the litter and there were a couple of really big red flags: the mother was timid, the father wasn’t there. A couple of the male puppies were really aloof to people. Now, I’d know to turn around and walk the other way.”
「基本的に、何匹かの子犬を減らして、簡単にお金を手に入れたい人だったのです。私たちは、そのときあまり知識がありませんでした。ただ子犬たちを見に行き、何点かの赤信号は感じました。母犬はとても臆病で、父犬はいませんでした。オスの子犬たちは人にぜんぜん近づかなかったのです。今なら、そのまま引き返し、違う道を選んだでしょう。」


Bousfield handed over “a couple hundred bucks,” took nine-week-old Daisy home and soon discovered her many behaviour problems.
Bousfieldさんは、200ドルあまりを渡し、9週目のDaisyを家につれて帰り、彼女の多くの問題行動をすぐに見つけました。

“I don’t think [the litter] had any socialization to people. She’s fearful, scared of strangers, scared of other dogs, scared of just about everything.”
「あの子犬たちは、人間との交流を全く持っていなかったと思います。Daisyはとてもおびえ、知らない人を怖がり、他の犬を怖がり、とにかく何でも怖かったのです。」


Bousfield has spent four years and countless hours working with dog trainers and taking classes to help Daisy. Now a volunteer with the Animal Rescue Foundation, which rescues unwanted and stray dogs and cats from first nations and rural communities, she’s learned a lot about the ugly issues surrounding companion animals.
Bousfieldさんは、4年間、何時間もドックトレーナーと訓練し、Daisyを助けるために、トレーニングクラスにも通いました。今では、先住民や、田舎のコミュニティーで捨てられた野良犬、猫を救助している、アニマルレスキュー基金のバランティアで、ペットにまつわる醜い問題をいくつも学ぶことになりました。



~To be continued.
~つづく



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/464-09eccb7f

コメント
 私もクゥをウチに迎えて動物を飼う難しさを知りました。
今思うと何も知らなかった。
と言うか自分が子供の頃の飼い方しか知りませんでした。
動物を飼うためには、それなりの覚悟と知識が必要ですよね。
そして商売のためにむやみやたらに子犬や子猫を増やしたり、
悪い飼い方をした時の罰則も必要だと思います。

 ウチの田んぼの周りに犬のウ○コの放置が多くて
長男が田んぼの持ち主に注意されたり
他の人も怒鳴られたりしています。
自分の土地にそんな落し物があって怒る気持ちもよくわかるし
やってないのに怒られるこっちも残念です(T_T)
【2011/07/05 21:26】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
私の場合、知識が行動に結びつかなかったんですよ~。
ぼちぼち話しの続き、書いていこうと思ってます・・

お迎えのうちの黒ラブ君。もうお年寄りで、でも、すごくハンサムで。
飼い主さんは、おトイレのとき、正面玄関をあけて、黒ラブ君を外に出すんですけど、通りをはさんだ、うちの玄関前の芝生でいつも用をたしてくれるんですよ。。。飼い主さんは、家の中で戻ってくるの待ってるらしく、気づくこともなく・・・私がいつもお片づけ・・・
それは、少しマナー違反では?とおもいつつ、黒ラブ君のハンサムぶりに負けて何もいえません・・・苦笑
【2011/07/05 22:31】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。