スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自然への飽くことなき挑戦~テクノロジー~

 2011-06-07
福島原発事故で何が起こっているのか。明らかになってきました。

6月5日に報道された、NHKスペシャル「原発危機 事故はなぜ深刻化したのか」の報道に関わった、全ての方々に、深い敬意を表します。
(ご覧になってない方。是非再放送を録画してみてください。2011年6月13日(月)午前1時30分~2時28分 総合 (12日深夜) ※近畿ブロックは午前1時43分~2時41分の放送になります)

日本の報道とほぼ同じ内容ですが、以下、本日のVancouver Sunより。





TOKYO - Japan in a report prepared for the UN nuclear watchdog on Tuesday said for the first time that fuel in its crippled Fukushima plant may have melted through three reactor core vessels.
日本政府は、火曜日、国連原子力監視機関に対し初めて、破損した福島原発3機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出していた可能性を報告しました。

Almost three months after the massive March 11 seabed quake and tsunami sparked the world's worst nuclear accident since Chernobyl, Tokyo also promised to tighten its nuclear industry safety standards and mechanisms.
3月11日の海底巨大地震と津波が、チェルノブイリ以来の世界最悪の原発事故を引き起こしてからほぼ3ヶ月経ち、日本当局はその原子力業界の安全基準と体制の引き締めも約束しました。

Prime Minister Naoto Kan, approving the 750-page report, said that "above all, it is most important to inform the international community with thorough transparency in order for us to regain its confidence in Japan."
管総理は750ページの報告書で、「何よりも、日本の信用を取り戻すために、国際社会に対しての情報公開が一番重要である」と述べています。

Japan is due to submit the report to the UN International Atomic Energy Agency (IAEA), which sent its own multinational fact-finding team to Japan and is due to discuss the disaster at its Vienna headquarters this month.
IAEAは多国籍調査団を日本に送り、日本政府は、IAEAに対して報告書を提出することになっており、ウィーンで今月行われる閣僚級会合でこの災害について議論されることになっています。

The document was released a day after Japan more than doubled its earlier estimate of total radiation released into the air from the plant in the first days after the tsunami knocked out its reactor cooling systems.
この文書は、日本当局が、津波により原子炉が冷却機能を失なった日に大気に放出した放射能の量を、当初の推定から2倍以上に修正した翌日に公表されました。

Japan's Nuclear and Industrial Safety Agency (NISA) now says it believes 770,000 terabecquerels escaped into the atmosphere in the first six days ? compared to its earlier estimate of 370,000 terabecquerels.
原子力安全・保安院は、当初37万テラベクレルとして推定していたのに対し、6日間で大気に推定77万テラベクレル(テラは1兆)が放出されている見解を示しています。

NISA's revised radiation figure is likely to fuel criticism of the initially slow and vague flow of information from the Kan government and embattled plant operator Tokyo Electric Power Company (TEPCO).
この数字は、管内閣と悪戦苦闘していた東京電力の原発オペレーターに対する、当初からの遅れがちで曖昧な情報公開に対する非難を加速させることになるでしょう。

The new estimate is closer to that of Japan's independent Nuclear Safety Commission which had initially estimated a release at 630,000 terabecquerels in the first month after the 14-metre (46-foot) ocean wave crashed into the plant.
この新たな推定は、単独機関である原子力安全委員会が14メートルの大波が原発を襲った後1ヵ月内に予測発表していた63万テラベクレルに近いものです。


r.jpg
Water rushes into Tokyo Electric Power Co. (TEPCO)'s Fukushima Daiichi nuclear power plant after a tsunami triggered by an earthquake, in Fukushima, in this handout photo taken March 11, 2011, from the fourth floor of the radioactive waste disposal building, and released by TEPCO on May 19, 2011.

NISA also said in its review that it believes much of the nuclear fuel inside three reactors melted down faster than previously believed.
原子力安全・保安院はその調書の中で、3つの原子炉内の多くの核燃料が、当初思っていたよりも早く溶融(メルトダウン)していたに違いないと述べています。

TEPCO has said it believes the molten fuel is now being cooled by water at the bottom of the number one, two and three reactors, citing the relatively low outside temperatures of the containers.
東京電力は、容器の外側の温度が比較的低いことから、1-3号機の溶融した燃料は今は底にたまった水で冷やされているはずだと、話しました。

In its report, Japan's government informs the IAEA that fuel is assumed to have melted down and may have burnt through the reactor pressure vessels of units one, two and three and into their outer steel containment vessels.
日本政府が出したIAEAへの報告書では、核燃料が溶融し、1-3号機の原子炉圧力容器を燃焼し、格納容器に落下したと思われると、報告しています。

(格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性を認めたのは初めて。)
読売新聞より


Tokyo also pledged to reform its nuclear safety systems, including by separating the watchdog NISA from the ministry of economy, trade and industry, which promotes nuclear power ? echoing an IAEA recommendation.
また、政府は、IAEAの提言に従い、原子力安全・保安院を原子力発電を促進していた経済産業省から独立させることも公約しました。

In the report, Japan apologises to the international community for the disaster, expressing its "remorse that this accident has raised concerns around the world about the safety of nuclear power generation."
報告書で、日本は原子力発電について世界中に懸念を招くこととなってしまったこの事故について、痛恨の思いを述べ、国際社会に対して謝罪しています。

4905661.jpg
France's Ecology, Transport and Housing Minister Nathalie Kosciusko-Morizet (R) and Hideichi Okada, Vice Minister for International Affairs of the Ministry of Economics, Trade and Industry of Japan, attend a ministerial seminar on nuclear safety at the Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) headquarters in Paris June 7, 2011.
Photograph by: Gonzalo Fuentes, Reuters



Also on Tuesday, a 10-member expert panel independent of the nuclear industry met for the first time to look into the causes of the world's worst atomic accident since Chernobyl, in Ukraine, a quarter-century ago.
また火曜日に、原子力業界から、独立した10名の専門家の委員会が招集され、25年前に起きた世界最悪のウクライナのチェルノブイリの原子力事故の原因について初めて検証しました。

Panel leader Yotaro Hatamura, a Tokyo University professor emeritus on the study of human error, said at the meeting that "nuclear power has higher energy density and is dangerous. It was a mistake to consider it safe."
委員長の、畑村洋太郎(失敗学の東大名誉教授)は、この会合で、「原子力は濃度のより高いエネルギーで危険です。それを安全と考えることが間違えだったのです。」と述べました。

Meanwhile, frantic efforts continued at the plant to meet TEPCO's stated deadline of bringing all six reactors at Fukushima Daiichi to a stable state of "cold shutdown" some time between October and January.
一方、発電所では、東京電力が発表した、福島第一原発の6つの原子炉を10月から1月の間に冷却閉鎖の状態に持っていくという期限に間に合わせるため、必死の努力が続いています。

Months of hosing operations have left more than 100,000 tonnes of highly radioactive water in buildings, basements and ditches at the plant, and TEPCO is struggling to remove the runoff so it can resume crucial repair work.
ホースの放水による何ヶ月にも渡る作業は、10万トンもの高度の放射能を含む水を、原発建物内、地下、排水溝にためることになりました。東京電力は、修繕作業を再開するために、溜まった水を取り除く作業に悪戦苦闘しています。

Contaminated water has spilled or been released several times into the Pacific Ocean, and environmental group Greenpeace has warned that it has found unsafe radiation levels in marine species as far as 50 kilometres (30 miles) offshore.
汚染水は、何度も太平洋に流れ込みました。環境保護団体のグリーンピースは海岸から50KMにまで安全の域を超える放射能が検出されたと警告していました。

TEPCO has been testing decontamination equipment, some provided by U.S. and French companies, to remove radioactive substances, oil and sea salt from the runoff water so it can be reused as a reactor coolant from about mid-June.
東京電力は、6月中旬から、放射性物質、油や塩分を溜まった水からを取り除き、原子炉の冷却液として再使用できるように、アメリカ、フランスの企業から提供された、除染機器を試運転しています。

With the advent of the summer rainy season, it has also started to ship to the plant 370 truck-sized water tanks with a total capacity of more than 40,000 tonnes to store excess contaminated water.
梅雨の季節の到来で、超過した汚染水をためるため、東京電力は、6万トン以上の容量のある、トラック370台分の水タンクを発電所に送り始めました。




情報が公開され始めたことは、大きな進展だと思います。

しかし、少し心配なのは、

報告書の骨子です・・・

過酷事故防止策の強化

過酷事故への対応先の強化

原子力災害への対応の強化

安全確保の基盤強化

安全文化の徹底


要するに・・・

原子力はやめる方向性は全く念頭になく・・・

どうやら世の中には、まだまだ自然と共存しようという謙虚な気持ちと覚悟はあまり浸透していないようです。

以下、Green Peace 6月3日の記事より抜粋します。




冒頭、略 (Omission)


unit3-ooh-aah-iaea.jpg


The IAEA was at Fukushima to assess the situation at the disaster site in its role as the global nuclear watchdog and regulator. The problem is that that’s not the organisations only role. The IAEA is a four-headed beast.
IAEAはグローバル原子力監視・規制機関としての役割で、災害現場の状況を査定するため福島にいました。問題は、それがこの組織の唯一の役割ではないということです。IAEAは4つ頭を持つ獣なのです。

中略 (Omission)


The IAEA might like to think it is independent but it is far from it. The way it communicates its message is designed to serve the interests of the nuclear industry and governments not people’s health or the environment. In the aftermath of the Fukushima disaster, the IAEA channelled all its information through the Japanese government who could then, if it chose, to delay or downplay it.
IAEAは独立した組織だと思いたいかもしれませんが、それは事実とかけ離れています。彼らの発言から伝わってくるメッセージは、人々の健康や環境にではなく、原子力業界と政府に有利になるように操作されているのです。福島の災害のあと、IAEAは全ての情報を日本政府を通すことに集中し、その気になれば、遅らせたり、控え目にすることも出来たのです。

Thus we got things like the venting of radioactive steam on March 13 that caused much of the iodine contamination being described as a much safer sounding ‘controlled release of vapour’.
それゆえ、3月13日に大量のヨウ素汚染の原因となった放射性蒸気を排出することを、「蒸気の放出を制御する」というような安全に聞こえる表現をしたのです。
(NHKスペシャルでは、このベントについて、衝撃的な事実を報道しました。水素爆発を回避するための究極の選択だったにもかかわらず、ベントが自動開閉せず、手動でおこなわらければならず、ベントが遅れ、結局は間に合わず爆発にいたったのでした。)

Furthermore, at no stage has the IAEA given any recommendations or analysis of the Fukushima situation. It failed to issue any kind of warning on the likely amounts of radiation released from the overheating reactors or the overly optimistic assessments provided by the Japanese government in the early days of the crisis.
そして、いかなる段階でも、IAEAは日本政府に対し、福島の状況についての提言や分析をしていなかったのです。この危機の早い段階で、日本政府のあまりにも楽観的な見通しや、過熱しすぎた原子炉から放出される放射能の量についての予測に、いかなる警告を与えることもなかったのです。

happy-clappy outlook on Fukushima can be found in the UK nuclear regulator Michael Weightman-led IAEA mission to the destroyed reactors.
ごく最近の証拠は、イギリスの規制員、Micael Weightman氏率いる、崩壊した原子炉へのミッションに見られる、なんともおめでたい見解です。

The Japanese Government’s longer term response to protect the public,including evacuation, has been impressive and extremely well organized.

日本政府の、避難を含む国民を保護に対する対応は、感銘を受けるもので、すばらしく系統だっていた。


What? The village of Iitate close to Fukushima was only evacuated weeks after Greenpeace had found far over-limit levels of radiation there. Schoolchildren were expected to withstand 20 times the International Commission of Radiological Protection's recommended radiation limit. Maybe Mr. Weightman hadn't had the time to follow the news about Fukushima in the last weeks and someone forgot to tell him about this during his trip to Japan.
とは? 福島に近い飯舘村では、あまりにも限界を超えた放射能をグリーンピースが発見した後、何週間もたってからやっと避難させることになったのです。子供たちは、国際放射線防護委員会が提示しているリミットの20倍を被曝していると考えられていたのです。


But the conclusion of the mission report summary maybe beats it all:
そして、そのミッション報告書の結論は、極めつけです。

The IAEA mission urges the international nuclear community to take advantage of the unique opportunity created by the Fukushima accident to seek to learn and improve worldwide nuclear safety.

IAEAミッションは、この福島の事故により与えられた唯一の機会を利用し、原子力の安全性について学び、安全強化を探ることを、国際原子力社会に推進します。



Of course! Nuclear safety is in good hands. The Fukushima disaster was the cold shower needed to refresh nuclear safety culture.
もちろん!原子力の安全は、キチンと考えられています。福島の悲劇は、原子力の安全文化を活性化するための冷たいシャワーだったのです。

It’s time the IAEA was reformed. It should remember that it serves the people of the world not the nuclear industry or governments with dirty and dangerous secrets to hide.
今こそ、IAEAが改善されるときです。彼らが、汚れた、危険な機密を隠して、原子力業界や政府に仕えるのではなく、世界中の人々に仕えるものであることを思い出すべきです。





この記事の筆者は、怒り心頭なのでしょう。

ちょっと強すぎる と思った表現を省きました。


でも、想いは同じです。

NHKスペシャルで、すべての人が「安全神話が崩れた」といっていたのが重く心に残っています。

日本で対応に関わった当事者は、IAEAより分かっている、と言うか、強く、深く、気づかされた、という印象を強く受けました。


それでもまだ、人は、自然を征服できると思っているのでしょうか??



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/444-d8f24fdb

コメント
なるほど。 IAEAのことがよーくわかりました。
日本政府だけでなく、IAEAでさえ真実から目を背けているのですね。
ショックですし悲しいです。
自然と共存できなくなったら地球は終わりですよね。

NHKスペシャル再放送、見ます!
【2011/06/08 06:57】 | ruru #- | [edit]
ruruさん。コメントありがとうございます。

NHKスペシャルの報道は、IAEAの見解をことごとく裏返すものでしたよ。
日本政府も、当時関わっていた各方面の責任者も、皆、全てを告白し(信じるにたるものでした)、対応の不備を全面的に認めていました。
「3月11日以降のことを全て消したい。」という言葉も重かったです。IAEAの立場は、悪くなるでしょうねぇ。信用なくなりますよね。あまり気にしない人も沢山いるような気もしますが・・・
急に再生可能エネルギーに全面的に変換していくのが現実的でないのはわかります。
でも、今、節電対策で、残業をなくす方向にあるのは、人の生活として、とてもよい変化ですよね。
効率的に仕事をして、自分の時間、家族の時間をもっと楽しむ。結構、生活そのものが充実することに多くの人が気づくかもしれません。都会の人たちは、夜のネオンがなくても、もっと大切なことに気づき、前より楽しめるかもしれません。
人の叡智が、日本人の勤勉さが、自然に相反するものの開発に使われるのではなく、自然と共に生きていく技術開発に使われて欲しいと願って止みません。(ちなみに私が住むBC州は、水力発電です)
危険性のあるエネルギーの安全性を向上させて、大自然に立ち向かうのではなく、環境を破壊する、原子力発電や化石燃料を少しずつ減らし、再生可能エネルギーに転換して、自然に対する尊厳を重んじる、という方向性が、これを機に確立して欲しいと思います。これがグローバルに進むと、石油をめぐって、宗教抗争をさらに複雑にさせている世界の紛争の数々も、もっとシンプルなものになりそうな気もしますよね。人の世は、お金、権力と言う観念が故、それほどシンプルにいかないであろうことが、最大の壁ですが・・・
中学生のころでしたか、「畏怖」という言葉を学校で教えてもらったとき、その文脈は「自然への畏怖」でした。この言葉は、文字とか、意味とか言うより、感覚でずっしりと理解した、という気がします。どうして、多くの人が、忘れてしまうのでしょうね。
でも!今回の災害は、その大きさゆえに、教えられたことが多く、いろいろな気付きがあったと思います。それが、きっと日本を変える大きな力になると、今でも思ってるんですよ:)
【2011/06/08 21:11】 | Blue Dolphine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/21 05:08】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。