スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

最期のメッセージ ~8ミリオンヒットしたブログ記事~

 2011-05-12
Vancouver Sunより。




4728492.jpg
Photo from Vancouver Sun


METRO VANCOUVER -- At 6:40 p.m., on Wednesday, Derek Miller passed away in his Burnaby home. He was 41.
(先週の)水曜日、(5月4日)午後6時30分、Derek Millerはバーナビーの自宅でその生涯を閉じました。41歳でした。


He died of complications from colorectal cancer. His death, his wife, Airdrie said, had been a peaceful one.
大腸がんからの合併症が原因でした。妻のAirdrieは、夫の死はとても安らかなものだったと話しました。

At 7:51 a.m. Thursday, this message was posted by his family on Miller's blog at www.penmachine.com. It was entitled "The Last Post."
木曜日の朝7時51分に家族により、「最後の記事」という題で、Miller氏のブログにこのメッセージが掲載されました。





Here it is. I'm dead, and this is my last post to my blog. In advance, I asked that once my body finally shut down from the punishments of my cancer, then my family and friends publish this prepared message I wrote—the first part of the process of turning this from an active website to an archive.
さて。私は死にました。これがブログにのせる最後の記事です。あらかじめ、私は癌の報復によりこの肉体が機能停止してしまったら、用意してあるこのメッセージをプログに掲載して欲しいと、家族と友人に頼んでおきました。-作業中から、アーカイブに移すという、はじめの部分のプロセスです。


If you knew me at all in real life, you probably heard the news already from another source, but however you found out, consider this a confirmation: I was born on June 30, 1969 in Vancouver, Canada, and I died in Burnaby on May 3, 2011, age 41, of complications from stage 4 metastatic colorectal cancer. We all knew this was coming.
私のことを実際に知る人なら、おそらく、この知らせは他の情報源から耳に入っているでしょう。たとえそうだとしても、これが正式な通知だと考えてください。私は1969年6月30日にカナダのバンクーバーで生まれ、2011年5月3日に、転移性の大腸がん、ステージ4による合併症により、バーバビーで他界しました。私たちは皆、この日が来ることを知っていました。


That includes my family and friends, and my parents Hilkka and Juergen Karl. My daughters Lauren, age 11, and Marina, who's 13, have known as much as we could tell them since I first found I had cancer. It's become part of their lives, alas.
私の家族、友人、両親のHilkkaとJuergen Karl。娘のLauren(11歳)とMarina(13歳)。皆、私が癌だと分かったときから、私がいうまでもなく、ずっと知っていました。悲しいかな、それは私たちの人生の一部となったのです。

Airdrie

Of course it includes my wife Airdrie (née Hislop). Both born in Metro Vancouver, we graduated from different high schools in 1986 and studied Biology at UBC, where we met in '88. At a summer job working as park naturalists that year, I flipped the canoe Air and I were paddling and we had to push it to shore. 
もちろん、私の妻、Airdrieもです。2人ともメトロバンクーバーに生まれ、1986年に別々の高校を卒業し、UBCで生物学を学び、そこで2人は1988年に出会いました。その年の夏、パークスのナチュラリストとして働いていて、2人でこいでいたカヌーをひっくり返してしまい、岸まで押して行かなければなりませんでした。


We shared some classes, then lost touch. But a few years later, in 1994, I was still working on campus. Airdrie spotted my name and wrote me a letter—yes! paper!—and eventually (I was trying to be a full-time musician, so chaos was about) I wrote her back. From such seeds a garden blooms: it was March '94, and by August '95 we were married. I have never had second thoughts, because we have always been good together, through worse and bad and good and great.
いくつかクラスが一緒で、その後連絡が途絶えたりしましたが、何年か後、1994年にまだ私がキャンパスで働いていたときに、彼女は私の名前を見つけ、手紙をくれたのです。-そう!紙に書いた手紙です!-そして(私は仕事としてミュージシャンを目指していて・・頭の中はバンドのことばかりでした)、結局、返事を書いたのです。そんな小さな種から、花が咲きました。それは、94年の3月で、95年の8月には結婚していました。迷いはありませんでした。私たちはいつもうまくやってこれたからです。悪いときもよい時も。


However, I didn't think our time together would be so short: 23 years from our first meeting (at Kanaka Creek Regional Park, I'm pretty sure) until I died? Not enough. Not nearly enough.
しかし、一緒の時間がこんなにも短いとは思っていませんでした。最初に出会ってから、(今も確かに覚えていますが、カナカクリークパークでした)私が死ぬまでの23年。 十分ではありません。 ちっとも十分ではありません。

What was at the end

I haven't gone to a better place, or a worse one. I haven't gone anyplace, because Derek doesn't exist anymore. As soon as my body stopped functioning, and the neurons in my brain ceased firing, I made a remarkable transformation: from a living organism to a corpse, like a flower or a mouse that didn't make it through a particularly frosty night. The evidence is clear that once I died, it was over.
もっとよいところにも行かないし、、もっと悪いところにも行かない。もうどこにも行かない。Derekはもう存在しないのだから。私の体の機能が止まったら、脳神経は発火を停止し、私は著しい変身を遂げます。生きた有機体から死体へ。花かねずみが、凍りつく夜を越せなかったような姿で。私が死んだ証拠は明白で、全てが終わりです。


So I was unafraid of death—of the moment itself—and of what came afterwards, which was (and is) nothing. As I did all along, I remained somewhat afraid of the process of dying, of increasing weakness and fatigue, of pain, of becoming less and less of myself as I got there. I was lucky that my mental faculties were mostly unaffected over the months and years before the end, and there was no sign of cancer in my brain—as far as I or anyone else knew.
私は死が怖くはありません-その瞬間と、そのあとに来るものについては-それは無であるから。ただ、そこへ向かっていくうちに、死にいたる経緯が、力がなくなり、疲労、苦痛が増していき、終わりに近づいていくと、自分自身がだんだん失われていく、と言うことがなんとなく怖く感じられるのです。最期まで、何ヶ月も何年もの間、精神的機能にほとんど影響を及ぼさなかったのは幸運でした。脳に転移が全く見られなかったのです-私たちが知っている限りでは。


As a kid, when I first learned enough subtraction, I figured out how old I would be in the momentous year 2000. The answer was 31, which seemed pretty old. Indeed, by the time I was 31 I was married and had two daughters, and I was working as a technical writer and web guy in the computer industry. Pretty grown up, I guess.
引き算を最初に覚えた子供のころ、自分が大きな節目の2000年に何歳になっているか計算しました。答えは31歳。とても年だと感じました。実際に、31歳までに、私は結婚し、2人の娘に恵まれ、技術系作家、ウェブデザイナーとして、コンピューター業界で仕事をしていました。立派に成長していた、と思います。


Yet there was much more to come. I had yet to start this blog, which recently turned 10 years old. I wasn't yet back playing drums with my band, nor was I a podcaster (since there was no podcasting, nor an iPod for that matter). In techie land, Google was fresh and new, Apple remained "beleaguered," Microsoft was large and in charge, and Facebook and Twitter were several years from existing at all. The Mars rovers Spirit and Opportunity were three years away from launch, while the Cassini-Huygens probe was not quite half-way to Saturn. The human genome hadn't quite been mapped yet. 
それから、いろいろ始めることになったのです。最近10年目を迎えたこのブログもまだはじめていませんでしたし、ドラムをたたきにバンドへ戻ってもいなく、ポッドキャスター(ネットキャスター-iPodなるものも存在していませんでしたから)でもありませんでした。技術畑では、Googleもまだ目新しく、Appleは悩みの種で、Microsoft は大きく常に変化していました。FacebookやTwitterはそれから何年後かに姿を現すことになります。火星探知機が着陸したのは、それから3年後です。土星探知機は着陸するまで、また半分にも到達していませんでした。人間の染色体が機能マッピングされるまでには、全く至っていませんでした。


The World Trade Center towers still stood in New York City. Jean Chrétien remained Prime Minister of Canada, Bill Clinton President of the U.S.A., and Tony Blair Prime Minister of the U.K.—while Saddam Hussein, Hosni Mubarak, Kim Jong-Il, Ben Ali, and Moammar Qaddafi held power in Iraq, Egypt, North Korea, Tunisia, and Libya.
ニューヨークにワールドトレードセンターはまだ立っていたし、Jean Chrétienはなだカナダの主相で、Bill Clintonはアメリカの大統領で、Tony Blairはイギリスの主相でした。フセイン、ムバラク、キムジョンイル、ベン・アリ、カタフィらは、イラク、エジプト、北朝鮮、チュニジア、リビアで勢力を振るっていました。


In my family in 2000, my cousin wouldn't have a baby for another four years. My other cousin was early in her relationship with the man who is now her husband. Sonia, with whom my mother had been lifelong friends (ever since they were both nine), was still alive. So was my Oma, my father's mom, who was then 90 years old. Neither my wife nor I had ever needed long-term hospitalization—not yet. Neither of our children was out of diapers, let alone taking photographs, writing stories, riding bikes and horses, posting on Facebook, or outgrowing her mother's shoe size. We didn't have a dog.
2000年、私の家族はと言うと、いとこは、それから4年は子供も生まれませんでしたし、他のいとこは、今の夫と付き合い始めたばかりでした。私の母の生涯の友達(9歳からの)、Soniaは、まだ生きていました。そして私の父方の祖父、Omaも・・90歳でした。私の2人の子供はまだオムツが外れていなく、自分で写真を撮ったり、物語を書いたり、自転車や馬にのったり、Facebookをしたり、足が母親の靴のサイズより大きくなったりもしていませんでした。犬も飼っていませんでした。


And I didn't have cancer. I had no idea I would get it, certainly not in the next decade, or that it would kill me.
そして私は癌にもなっていなかった。そんなこと考えもしなかったし、まして、その先10年間のうちにそれで命を落とすことになるなんて・・・


Missing out


Why do I mention all this stuff? Because I've come to realize that, at any time, I can lament what I will never know, yet still not regret what got me where I am. I could have died in 2000 (at an "old" 31) and been happy with my life: my amazing wife, my great kids, a fun job, and hobbies I enjoyed. But I would have missed out on a lot of things.
なぜこのようなことを言っているのか? それは、これから先のことを知ることはないということをいつでも嘆くことはできるけれど、今の自分をもたらせてくれたことを後悔はしていないことに気づいたからです。わたしは2000年に(31歳のとき)死んでいたかもしれない。自分の人生はずっと幸せだったのです。すばらしい妻、すばらしい子供たち、面白い仕事に趣味を楽しんできました。でも、もっと沢山のことを楽しむことは、もうありません。


And many things will now happen without me. As I wrote this, I hardly knew what most of them could even be. What will the world be like as soon as 2021, or as late as 2060, when I would have been 91, the age my Oma reached? What new will we know? How will countries and people have changed? How will we communicate and move around? Whom will we admire, or despise?
今、多くのことが私のいないところで起ころうとしています。今これを書いていて、それがどんなことなのかほとんど分かりません。2021に、2060年-私が、祖父、Omaの生きた年、91歳のときに、世界はどんな風にになっているのか?どんな新しいことがあるのか?どんな風にそれぞれの国や人々が変わっているのか?どんなコミュニケーション手段で、どんな移動方法なのか?誰が敬われ、誰が軽蔑されるのか?


What will my wife Air be doing? My daughters Marina and Lolo? What will they have studied, how will they spend their time and earn a living? Will my kids have children of their own? Grandchildren? Will there be parts of their lives I'd find hard to comprehend right now?
妻は何をしているのだろう?娘たちは?何を学び、どんな風に過ごし、どんな風に生計を立てているのか?自分たちの子供を持っているだろうか?孫たちを?彼女たちの人生に、私が今理解できないようなことが、あるのだろうか?


What to know, now that I'm dead

There can't be answers today. While I was still alive writing this, I was sad to know I'll miss these things—not because I won't be able to witness them, but because Air, Marina, and Lauren won't have me there to support their efforts.
今日その答えが出せません。まだ生きて、これを書いていると、これらのことを見届けることができないことにとても悲しくなるのです。私がそこに立ち会えないからではなく、妻と子供たちの努力をサポートするのに、私がそこにいないからです。


It turns out that no one can imagine what's really coming in our lives. We can plan, and do what we enjoy, but we can't expect our plans to work out. Some of them might, while most probably won't. Inventions and ideas will appear, and events will occur, that we could never foresee. That's neither bad nor good, but it is real.
つまり、人生でいつ何が起こるかは、誰にもわからない、ということです。プランを立てたり、楽しいことをしたりできますが、そのプランがうまくいくとは誰にも分からないのです。いくらかの人はできるかもしれません。でもほとんどの人には分からないのです。創案やアイデアは現れ、出来事はただ起こるのです。それを予見することは決してできません。それは良くもあり、悪くもあります。ただ、それが現実なのです。


I think and hope that's what my daughters can take from my disease and death. And that my wonderful, amazing wife Airdrie can see too. Not that they could die any day, but that they should pursue what they enjoy, and what stimulates their minds, as much as possible—so they can be ready for opportunities, as well as not disappointed when things go sideways, as they inevitably do.
娘たちが私の病気と死から学ぶのはそのことだと思っています。そう願っています。そして私のすばらしい、驚くべき妻、Airdrieにも分かると思います。いつ死んでしまうか分からない、ということではなく、今楽しいことを、自分の心のままに、できる限り追い求めるべきだということです。-チャンスを逃さず、横道にそれても失望せず。それが彼女たちが必然的にすることなのだ、ということを。


I've also been lucky. I've never had to wonder where my next meal will come from. I've never feared that a foreign army will come in the night with machetes or machine guns to kill or injure my family. I've never had to run for my life (something I could never do now anyway). Sadly, these are things some people have to do every day right now.
私は幸運でもありました。何も考えずに食事はいつも出てきたし、よその国の軍隊が夜に火縄やマシンガンを持って私を殺したり、家族を傷つけたりするなどと恐ろしい想いを抱いたこともありません。私は自分の人生から逃げる必要もありませんでした。(今私が決してできないことですが)悲しいかな、世の中には、いつも、たった今も、そういう人たちがいるのです。


li-620-miller.jpg
Photo from CBC


A wondrous place

The world, indeed the whole universe, is a beautiful, astonishing, wondrous place. There is always more to find out. I don't look back and regret anything, and I hope my family can find a way to do the same.
世界は、全世界は、実に美しく、驚くばかりの、すばらしいところです。そこにはいつも発見があります。私は後ろを振り返らず、何も後悔はしません。そして、家族も、同じような道を見つけて欲しいと願っています。


What is true is that I loved them. Lauren and Marina, as you mature and become yourselves over the years, know that I loved you and did my best to be a good father.
何が真実かって、私は家族を愛していることです。LaurenとMarina。これから成熟し、何年かのうちに、自我を見つけるでしょう。そして、私が彼女たちを愛していて、良い父親になろうとしてたことを分かってくれるでしょう。


Airdrie, you were my best friend and my closest connection. I don't know what we'd have been like without each other, but I think the world would be a poorer place. I loved you deeply, I loved you, I loved you, I loved you.
Airdrie。君は私の一番の友人で、一番近く結びついていました。お互いが一緒でなければ、どんなだったか分かりませんが、世界がもっと面白くないところだったと思います。本当に愛していました。深く、沢山、愛していました。




Miller had been one of the earliest and best known bloggers in Vancouver. He had been online since 1983. He had started his website in 1997. His curriculum vitae showed a sharp and encyclopedic mind — a marine biology degree, a writing diploma from UBC, a park naturalist, an editor and author, an expert in computer technology, a photographer and musician. He had written for, among many others, us here at The Sun. His band, The Neurotics, always played at the Sun Run starting line to warm up the runners. Miller was the band's drummer.
Miller氏は、バンクーバーで一番早くブログをはじめ、一番知られていたブロガーでした。彼はネット上に1983年から存在していました。1997年にウェブサイトを立ち上げました。彼の履歴は、その鋭い博学な思考が表れています-海洋生物学位、UBCより執筆資格を取り、パークナチュラリスト、編集社、作家、コンピュータ技術専門家、写真家、音楽家。多くの執筆の中で、このSun紙にも執筆していました。彼のバンドは、いつもSun Runのスタート地点で演奏し、ランナーを盛り上げていました。Miller氏は、バンドのドラマーだったのです。


"He had an analytical mind," his wife, Airdrie said, "and he was the kind of guy that would read the dictionary for fun. He liked grammar, and loved to write." [In his blog, Miller declared that words were his passion.
「彼は、分析的思考の持ち主でした」と妻Airdrieは語りました。「辞書を読むのが楽しいような類の人間だったのです。文法がすきで、書くことが大好きでした。」-ブログの中でもも、言葉が自分の情熱だと宣言していました。


中略 ~Omission~


"His blog posts were more philosophical than he was in person. In person, he was an excellent father, an excellent husband and very sensitive. A Type B guy. Easygoing.
「ブログは実際の彼よりも哲学的なものでした。人間的には、すばらしい父親、夫で、とても繊細な人でした。典型的B型で、楽天的でした。」


"He was everything to me. He changed my life in more ways than one. He introduced me into a big family. He introduced me into the concept of being laid back. And he didn't sweat the small stuff. I loved him, and I'm going to miss him terribly."
「彼は私の全てでした。いろいろな形で私の人生を変えました。大きな家族をもたらし、くつろぐことを教えてくれました。小さいことは気にしませんでした。彼を愛していました。これから本当に寂しくなります。」


中略 ~Omission~


On Wednesday, after Miller's last message was posted, the site crashed.
水曜日、Miller氏の最期のメッセージが公開されてから、このサイトは繋がらなくなりました。

It had been overwhelmed by readers sending in their condolences.
悔やみの言葉を送る読者が殺到したためです。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


かけがえのないものを失ったときはいつも、かけがえのないものを得るような気がします。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/426-c7db7ab1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。